フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

オイルサーディン♪

jeudi, le 19 mai
d0135907_21111840.jpg


新鮮なイワシが手に入ったので、初めてオイルサーディンを作ってみました。♪

作り方はとっても簡単。塩水に漬けた後、エキストラ・バージン・オリーブオイルにハーブや唐辛子、粒コショウ等を入れて1時間程火を通しました。

出来上がりは大満足、すごくおいしかったです。♪
骨ごと食べられて、パンにも玄米ごはんにもとても合います。!!
自家製を食べてしまうと、もう缶詰を買う気がしなくなりますよ。

10日位保存するつもりで作ったけど、おいしすぎて3日後にはもう無くなってしまいました。: P



d0135907_2112268.jpg


また新鮮なイワシを見つけたら絶対作りたいです。

しかし残念なことに、海が遠いこの地方では市場でもなかなか日本並みの新鮮な魚を見つけるのは一苦労。。。 イワシ、サバ、アジなどの日本でもおなじみの魚は日本より安く手に入るけど、あまり新鮮でないことが多いのです。市場の魚屋さんの場合、近くで魚の鮮度をある程度は観察出来るので、古いものを買ってしまう事はあまりないけど、日本のようにじっくり確かめることは出来ないので、買った後に不満に思う事もよくあります。。。スーパーでは離れた所からしか見ることが出来ないのでほとんど買わなくなりました。売っている人も魚の事を知らないのか、腐りかけの物が普通に売られていることがあるのです。。。 家に帰って包みを開けて、捨てた事も実はなんどもあります。。。

メッスの市場の魚も、冷凍した物を解凍して店頭に並べられていることが結構あり、本当に残念。。。 ついこの間、奮発して鮭を一尾丸ごと買いましたが、もうガッカリでした。。。 5〜6等分にして冷凍しておこうと、魚に包丁を入れてみて大ショック!! 身がブヨブヨで、少しドロドロ溶けているようなる箇所まであり、魚屋で一度冷凍しておいた物を解凍し、更に何日か店頭に出していたのが明らかな状態。。。 仕方ないので切り分けた魚は、その日に食べる分を残して冷凍しました。。。。。 日本に住んでいたらこんな古い魚は食べないけど、12ユーロも払ったこともあり捨てる事もできず、塩焼きにしました。 古くて身体に悪そうだなあ、、、と思いながら、、、、、。しかし調理してしまうと古いのがほとんど分からなくなりました。 こちらのレストランの魚料理、結構古い魚を使っているかも、、、そういえば思い当たる節があるなあ、、、と、思っていきた今日この頃です。。。

でも河が近いので、新鮮なマスはいつでも手に入ることはとてもうれしいことです。
マスの塩焼き、最高においしくて玄米ごはんが進みます。♪


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-05-19 22:20