フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

翌々日

lundi, le 23 mai
今朝の窓からの眺め。
d0135907_20423790.jpg


起きて鎧戸を開けると、また木が燃やされていました。
土曜日からもう3日目!


d0135907_20434787.jpg


今日は、隣の無職の同性カップルが作業をしています。

早く燃えるようにアルコールをかけて燃やしているので、嫌な匂いがします。。。
もう3日も窓を開けられないし、たまった洗濯も出来ないし、はっきり言ってすごく腹が立ちます。

こんな丸太まで燃やしています。
冬に暖炉を使う人にあげればいいのに、、、と思います。

こちらの各市町村には、粗大ゴミやプラスチックのゴミ、剪定した木の枝や雑草等を無料で処理してくれる施設があります。せめてそういった施設に持って行って欲しい。。。 庭でアルコールをかけて燃やして空気を汚染するのはやめて欲しい。。。 

、、、と思ったところで、こんな事を平気で、しかも嬉しそうにする人達、話しても無駄なのは分かっているので何も言いませんけどね。。。。。


d0135907_20443644.jpg


切られた幹をうちのアパートとの仕切りにして、植木鉢を飾っているのを発見した時は吐き気がするほど頭に来ました。

☆☆☆☆事の始めリ☆☆☆☆☆

木が切られる3日前に、うちの玄関のドアに紙切れが挟まっていました。
その紙にはパソコンで打たれた文面があり、まずスペルの間違いだらけのその文章にびっくりしました。

内容は、「大家の了解を得て21日の土曜日にモミの木を切ります。汚れる恐れがあるので庭に洗濯物は干さないで下さい。その他壊れたら困る物は置かないで下さい。」とのこと。すごく驚いたけど、ここの住人の常識には衝撃を受け続けて1年以上経つので、以外とそれほど驚かない自分に驚きました。


木が切れれる理由は、庭の向こう側の家の人達の希望だとばかり思っていました。

当日、もしかしたら根元から切られる訳ではないのかも、、、と、少し希望的な予測をいだいていました。向かいの家の陽当たりの為に木を切るのなら、下の方の枝だけを切れば問題ないことに気付いたからです。

土曜日の午前中に農家にタマゴや野菜を買いに行って家に戻ると、モミの木の下3分の1ぐらいの枝が切り落とされていて、向かいの家の窓や庭にかかる枝は取り除かれていました。この時点で沢山の枝が地面に落とされていたので、これで終わったのだと安心していました。

しかし午後になり、ふと窓の外を見ると、木のてっぺんから3分の1が切り落とされていてショック。。。 この時はなんの為に木を全て切らなければならないのか全く理解が出来ませんでした。

とうとうモミの木が根元から倒された後、少し離れたことろにあった木も切られ唖然とした私。。。この木の枝は庭の向こうに建ち並ぶ家々の屋根より大分高い位置にあり、どの家の太陽の光も遮っていなかったのです。


そして昨日、分かりました。


d0135907_20454216.jpg


上の写真に写っているアルミの小屋を建てた人が原因です。
(上の写真は、切り倒される前の大きなモミの木)

この小屋は、同性カップルの階上に住んでいるカップルの片方ルサーンジュが建てたもの。(本来こういうものを建てる時は許可が必要なのですが、無許可で建てました)


d0135907_20462469.jpg


この人がルサーンジュ(と私が勝手に呼んでいる)。

庭で物を燃やすのが趣味なのか、時々ゴミや雑草を燃やします。
アルコールをかけて燃やすので、ものすごい嫌な匂いが洗濯物に染み付いてすごく迷惑な人です。

これまでに10数回は被害に遭いました。
一旦洗濯物に染み付いた匂いは簡単に取れず、1回洗濯機で洗っても匂いが残ります。あまりのことに捨ててしまいたい衝動に何度もかられましたが、その度にお風呂の浴槽に熱いお湯と洗剤を入れて丸1日の付け置き洗いを2度繰り返し、その後洗濯機で洗いました。

すぐに洗う気分になれない時に、匂いのついた洗濯物をカゴの中に入れておきました。すると時間とともに匂いが強烈になり、アパート中がすごい匂いになってしまったのです。部屋を換気しようと窓を開けると、外はもっとすごい匂い。。。 暑い夏は窓を開ける事が出来ずに本当に困ったものでした。

いつ燃やされるか予想出来ないけど、月曜から木曜日までの午前中はほとんど燃やさないので、この4日間のうちの早朝に洗濯をするようにしていました。4月から9月の間は晴れると昼も夜も必ず庭でバーベキューをし、これまたアルコールをかけて草や紙を燃やすのて、平日の夕方+金曜日からの週末の3日間はどんなに天気が良くても洗濯ができないのです。。。。。

この半年の間に、燃やす人はルサーンジュだけではなく、他にも近所に何人もいることが分かりました。私はこれ迄イギリスとイタリアとフランスの街や田舎のいろんな場所に住んできたけど、こんな隣人に出会ったのは今回が初めてです。ものを庭で燃やす行為が理解出来ません。それも空気を汚染するアルコールをかけて燃やすなんで、、、。

話がそれましたが、このルサーンジュが自分の庭にアルミの小屋を建てたのが原因で、自分の庭の陽当たりが悪くなったのです。庭で家庭菜園をして野菜を育てているので、陽当たりが足りないのをモミの木のせいにして、今回木を根元から切り倒す事になったのです。

この事実が分かってから、本当にムカムカ腹が立って仕方ありません。
野蛮人もいいとこ! そして彼に賛同する人がここには多数いるようです。

それにしてもこの人、半裸でうちの前をうろうろするので、家にいると視界に入って、本当に情けない気分です。。。

d0135907_20475492.jpg


早朝、モミの木に集まる鳥の歌声と窓いっぱいに広がる緑の風景がとても気に入っていました。

しかし今日は、もう鳥達はやって来ませんでした。


d0135907_20471582.jpg


昨日の夜に撮った庭の写真と、今朝撮った写真を比べてみると、あまり変わっていないことにに気付きました。どうやら丸太は昨日の夜からずっと燃やされ続けられていたようです。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-05-23 22:33