フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

クーズベリー♪

vendredi, le 2em juin
クーズベリーの実をたくさん摘みました。♪
d0135907_23322685.jpg


きのう6月2日は聖霊降臨祭という祝日だったので、またまたノワズヴィル村の実家に遊びに行って来ました。夫のお母さんは去年の夏からつき合い始めた彼がいて、今では実家で一緒に暮らしています。結婚していなくても、こんな風に一緒に暮らすことはフランスでは珍しいことではないようです。お母さんは今年60歳、彼は67歳、こちらの年齢に関係なく自分達の幸せを求める前向きさや、自分達の気持ちに素直に生きている姿勢はとても素敵なことだなあ、、、と、思います。

彼はちょっと性格が玉にきずなことがあり、妹達や妹の旦那さん達にあまり好かれていないのですが、2人は結構しあわせそうで第二の人生を楽しんでいる様子です。今彼らは南フランスを旅行中なので、下の妹は実家でひとりの生活を満喫中。♪ 私達もひんぱんに妹に会いに行って、楽しく過ごしています。


d0135907_23335537.jpg


先週行った時には沢山なっていたサクランボは、小鳥達がほとんど食べてしまい、手の届かない高い所にほんの少し残っているだけでした。そのかわり他の果物が熟していました。

前庭にはクーズベリーの赤くて小さな実が鈴なりになっていたので、ジャムを作るために沢山摘み取ってきました。クーズベリーの日本名はスグリといって、ユキノシタ科の落葉小低木。6ミリぐらいの小さくて真っ赤な実をつけます。そのままで食べることもできますが、ちょっと酸っぱかったです。


d0135907_23351963.jpg


クーズベリーはペクチンが豊富なので、サクランボと一緒にジャムにするといいそうです。後で自然食品屋さんでレモンを買って来て、早速今晩作ってみたいと思っています。楽しみ〜。♪♪

フランスに住んでいると日本では起こりえないような問題に悩まされることがありますが、こういった、小学生の頃にに読んだ外国の童話に出てきたような森の果物や、小さくてかわいい果物を摘んでジャムやお菓子作りを楽しめる暮らしは、やはり良いものだなあ、、、と、思ったりします。夫の実家の庭は何気ないけど、とても素敵。緑の匂いに包まれた小鳥達の鳴き声しか聞こえない心地良い場所です。ここにやって来るといつも、自分達だけの庭のある暮らしへの強い憧れが募ります。。。。。


d0135907_23364236.jpg


クーズベリーの隣には、イチゴが赤く熟していました。
1cm位の極小から2cmぐらいと大きさが様々で、食べてみるととーっても甘くっておいしかったです。やっぱり化学肥料を使わずに育った果物は格別ですねー。

他にはリュバーブやミントも育っていました。
ミントも少し採ってきたので、乾燥させてミントティーにしてみるつもり。


d0135907_23374656.jpgd0135907_23392224.jpgd0135907_23403297.jpgd0135907_23413866.jpg
d0135907_2343271.jpg


イチゴのすぐ近くに生えているラベンダーは、この間より紫色が濃くなっていてイキイキしていました。

夫の上の妹は去年の夏に、タンスやクローゼットを入れるポブリを作るために沢山摘んで帰りました。香りもよくて虫除けになるので、私も今年はマネしてみようと思っています。♪

家の庭で収穫した植物たちを生活に使う暮らしは、私の理想です。。。
植物のある毎日は、気持ちが優しくなれるような気がします。




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り,ブログランキングのサイトに飛びます。
1日ⅰ回クリックの応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-06-04 00:45