フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

有機栽培農家でお買い物♪

samedi, le 25 février, 2012
いつもより早起きして、車で20分程の距離の農家へ産みたて卵と野菜を買いに行きました。
d0135907_2352192.jpg


とっても安くしてくれたルッコラ。
とても沢山ありますが、75サンティーム(80円位)でした。

八百屋さんで見ると、葉っぱがバラバラにされて売られていますが、こんな風に育つのは初めてしりました。

フランス語では「ロケット」と言います。

何に使おうか考え中です。
新鮮なうちに手作りマヨネーズを添えた具沢山のサラダにしようかなあ。。。
余ったらペーストにしてパスタにかけようかなあ。。。


d0135907_23524369.jpg


根野菜もたーくさん買いました。
少なそうに見えますが、ジャガイモは3キロ近くあります。^▽^

左手前のは、この間スープにした「パネ」です。


d0135907_23533273.jpg


そして、一番の目的はこの産みたて卵たち。

農薬を使っていない干し草を食べ元気に走り回っているニワトリが産んでくれる卵は、とっても大きくて、ものすごーーーく美味しいのです。♪♪

オレンジ色のエサを与えていないので、卵の黄身の色はオレンジ色ではなく、自然なレモン色をしています。一番おいしい食べ方は半熟卵です!!


d0135907_2354648.jpg

この卵で手打ちパスタやお菓子を作っています。^▽^
パウンドケーキなど、泡立てて膨らませるお菓子を作るときは、他の卵よりも大分泡立つのが早く、とてもよく膨らんでくれます。素材の力ってホントにすごいです。


d0135907_23544863.jpg

この農家で作ったグロッセイユ(スグリの実)のジュレ(果物の水分に砂糖を加えて煮詰めたもの)をいただきました。


d0135907_23555288.jpg

中はこんな風です。

フランスの人たちの話を聞いていると、果物のジャムやジュレ、シロップ漬け等は、夏の間に生で食べきれない程に収穫できる果物を、捨てずに保存するための生活の知恵なのだなあ、、、ということが分かりました。

自然に育てられたフランスの果物は、味が濃くてとってもおいしい。
生のまま食べるのが一番だけど、農薬や化学肥料を使っていない果物は傷むのも驚く程早いのです。。。

スーパーで売られているイチゴやサクランボは何日か日持ちがしますが、夫の実家に毎年初夏に実をつけるサクランボは、取ってから2日を過ぎるとしおれてしまいます。この農家で去年たくさん手に入れたイチゴ達も、2日も置いておくとしフニャッとしぼんできてしまうのです。自然な食べ物はデリケートなんですね。^^

そんなわけで春から夏にかけては、手に入れたおいしい果物が傷んでしまう前にジャムやシロップ漬けを作るのに大忙しでした。それぞれの果物の旬が2〜3週間なので、去年はいろんな種類のジャムを作っているうちに、あっという間に8月が終わったという感じでした。


d0135907_2357568.jpg

グロッセイユのジュレは、ヨーグルトに入れていただきました。

市販品のように甘すぎず、日本人にもちょうど良い甘さで、グロッセイユの味も濃くてとっても美味でした!!! 


d0135907_004097.jpg

グロッセイユは7〜8月ごろに小さくてかわいい実をつけます。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑本日よりこちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。


                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-02-26 00:45