フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ひよこ豆のコロッケ♪

mardi, le 17 avril, 2012
d0135907_1483689.jpg

3日前に焼いた”天然酵母のセミ全粒粉のパン”の残りで、自家製パン粉を作りました。♪

天然酵母のパンは日にちが経っても固くなりにくいので、完全に乾燥しきっていない、少し柔らかめのパン粉になりました。

パン粉を入れる空き瓶を探している時に、しまい込んですっかり忘れていた、2、3ヶ月前に焼いたパンを固くなる前に1cm角位に切って乾燥させたものが出て来ました。

パン粉を作るつもりで瓶に中に入れてあった角切りしたパンは良い具合にカチカチに乾燥していたので、ニンニク潰し用の道具を使って細かくしてみました。とても簡単、力入らずで細めのパン粉になりました。♪

パンは固くなる前に切って乾かしておくと、とても長持ちするのですねー。
これからはカチカチになるまで置いておいて、時間のある時に砕いてパン粉にしよう、、、と、思いました。^▽^ 

乾燥しきっていない時はフードプロセッサーが必要ですが、完全に乾燥していると、手動で簡単に砕けるので、これからはこの方法でパン粉を作ろうと思います〜。

なるべく電気やガスなどのエネルギーに依存しない暮らしが出来たらいいなあ。。。
と日々考えているので、この小さな新しい発見は何だかちょっぴり嬉しいです。。。。。

パン粉ははちみつの空き瓶に入れて、手作りのラベルを貼りました。♪
こんな風にすると、キッチンがより一層楽しい場所になって、便利になりました。

d0135907_1491132.jpg

古い方のパンで作った細かいパン粉には、ハーブを混ぜてみました。
料理に使うのが楽しみです〜〜〜。

d0135907_14934100.jpg

今日は、出来立ての生パン粉を使って、ひよこ豆のコロッケを作りましたよー。
これが本当にとーーーってもおいしいのです。♥

ひよこ豆は一晩水に浸けて、火を通さずにフードプロセッサーで細かくしました。
海の塩やハーブ等、その時に気の向いた物を混ぜて、全粒粉、タマゴ、自家製の粒の大きめのパン粉をつけて、少なめのオリーオイルで揚げ焼きにしました。

我が家の揚げ物は、フライパンに2cmぐらいの少なめのオリーブオイルで作ります。
こうすると料理した後に油がほとんど残らないので片付けが楽だし、いつも新鮮な油を使って調理出来て、体にとって安心なのがいいなあ、、、と、思っています。♪♪ 

d0135907_1502595.jpg

外国に住み始めてから長い期間、日本のパン粉が恋しく思っていました。

ヨーロッパのには日本で売っているようなパン粉が無く、かなり細かい粉末状なので、数年前までは日本に帰る度にパン粉を買って来て、大切にチビチビ使っていました。

しかし市販のパン粉は添加物が気になるので。いつの頃からか買わなくなりました。^▽^

パン粉は家でとっても簡単に出来るので、とーってもオススメです!
安上がりだし、それに何と言っても自家製のパン粉で作る揚げ物は、衣がカリカリッ、サクサクで、ものすご〜くおいしいです!!!

手作りのパン粉のコロッケの味を知ってしまったら、もう市販のパン粉には戻れませんよ〜。^▽^♪♪

それにしてもヒヨコ豆って、いろんな料理に使えてとっても便利。
給料日前の節約中の日々のお財布にとーっても優しくて、料理にボリュームとコクを与えてくれる素晴らしい食材です!

ひよこ豆を使って豆腐も作れるらしいので、今度試してみます。

d0135907_1511227.jpg

今日のひよこ豆のコロッケは、亜麻の実入りの玄米ごはん、ニンジンの簡単煮物と一緒にいただきました。
何もつけなくて、そのままでとてもおいしいコロッケです。

先日紹介したタンポポのサラダとも相性抜群でした。^▽^


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-04-18 03:00 | 料理