フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

全粒粉で手作りぎょうざ♪♪

mercredi, le 6 février, 2013
d0135907_9401455.jpg

最近、自家製の皮で餃子を手作りするのに凝っています。♪ ♪

餃子の皮って、家で作るとおいしいですねーーー。


d0135907_9472922.jpg

今回は小麦粉の半分を全粒粉にしてみました。

すると、皮がとっても香ばしく&もちっとして最高でした!!


フランスって本当に小麦粉がおいしい国なので、パンもパスタもうどんも餃子も素晴らしく美味しく出来上がります。特に有機栽培の石臼で挽かれた細かい小麦粉は味が濃くて、もう絶対にこれがないと私の料理もお菓子作りも成り立たないほど、毎日の生活の中で重要な食材になっています。^▽^


我が家には常に、精白度の異なる小麦粉が3〜5種類あります。

開封後は保存瓶に密閉していれてありますが、
頻繁に使うので週に何度も入れ替えてます。^◀^

昔の絵本に出て来るみたいな、5キロ分位入る大きな小麦粉専用の壷が欲しいなあ〜。♪


d0135907_9481981.jpg

日本から大切に持って帰った本醸造の美味しいお醤油がもう大分前に無くなったので、今回の餃子はオリーブオイルと海の自然塩でいただきました。

これが意外な事に、とーーーーっても美味でした〜。

製造過程で薬品を使っていない一番搾りの良質なオリーブオイルは、
全く独特なクセが無くておいしいです。。。

うちでは和風な料理も全てエキストラヴァージンのオリーブオイルを使っています。

酸化防止剤を使った化学的な物は匂いが苦手だけど、本物の良いオリーブオイルはどんな料理にも合うんですよーーー。


d0135907_9485831.jpg

この餃子には、海老とカリフラワーの葉っぱを刻んだ物が入ってます。

以前はカリフラワーの葉っぱや茎の部分って捨ててしまってたんですが、
塩ゆでにして食べてみたらとても味が濃くて美味しくてビックリしました。

白い花の部分より味があっておいしい。
キャベツの味を濃くしたみたいな感じです〜。

この餃子を夫も私も大層気に入り、
昨夜はフライパンを分厚い2つ使ってたくさん焼きました。♪ ♪

中身は野菜と海の幸だから、一杯食べても大丈夫。^_^!


d0135907_9533246.jpg

我が家で使っている小麦粉のうちで、一番精白度の高い物は「タイプ65」。
精白度は高めですが、小麦粉の栄養分がまだ残っている状態の粉です。

スーパー等で売られている大量生産品はタイプ45に分類され、
小麦の栄養葉ほとんど残っていなくて、ほとんどデンプンです。


d0135907_9545762.jpg

うちではタイプ65でお菓子やうどんを作ってます。♪
パスタはタイプ65に全粒粉を混ぜると更においしくなります〜〜〜。

昔ながらの方式で石臼で挽いた小麦粉って、本当に細かくて
美しいんです。。。

有機栽培の小麦粉エクスキ・ティエリーで買えますよー。^◀^

手作りの体に良い食べ物が好きなお友達にも紹介して頂けると、
とても嬉しいです。。。
どうか応援して下さいねー。よろしくお願いいたします。


d0135907_9493851.jpg

こちらは数日前に作った、マスとほうれん草の餃子。

フランス版片栗粉の「ジャガイモのデンプン」を加えると、
焼き上がった時に中身がジューシー。。。♪ ♪


d0135907_9555369.jpg

昨日は1日に3回も雪が降りました。
夜明けに大粒の雪がさらさら降り始め、あっという間に窓からの眺めが白くなりました。
まだ人々が眠っている時の雪景色が何だか大好きです。


d0135907_9574320.jpg

春が来るまで、あと何回雪が降るかな。。。

そろそろチューリップの球根をたくさん植えようかなー
なんて思っている今日この頃です。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2013-02-07 10:46 | 料理