フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 127 )

dimanche, le 3 décembre, 2012
d0135907_28483.jpg

この間作ったチャツネは、こんな風に保存瓶に詰めました。


d0135907_291529.jpg

日中太陽の光が当たると、きらきら輝いてきれい。。。
手作りの瓶詰めは出来上がった後にキッチンに並べて、眺めるのもうれし楽しい。♪


d0135907_2105040.jpg

1ヶ月熟成させたら試食できます〜。

チャツネは1ヶ月経った後も、瓶の中でどんどん熟成して味が変化するので、
とても興味深い食べ物です。本物の白ワインビネガーをたっぷり入れて煮詰めたので、
2年ぐらいは保存できます。

これがあると、また更に料理の楽しみが広がりそうです。♪


d0135907_2124455.jpg

きのう念願のベッドとキルトを手に入れました。


d0135907_214531.jpg

偶然寄ってみたお店で、ずっと前にいいなーと思っていた物が
半額になっていたのでした。♪ ♪

フランスのお店は日本みたいに親切丁寧&無料の配達なんてないので自分たちで車で運びました。久しぶりのベッド、めちゃめちゃうれしい!!! 実は結構哀しい雰囲気だった寝室がとてもすっきり、かわいくなりました。

ベッドを購入する前に日に、小さな寝具のお店で、トナカイ柄のとっても素敵なウールの毛布を買ってあったので、寝室が一気にかわいくなって嬉しいー。

その小さなお店には、フランスっぽい雰囲気一杯の手作りの素敵なクッションやキルトがあって、本当に本当に素敵。手作りのパッチワークのキルトがとても気に入ったので、また昨日見に行ってきました。

広げて見せてもらったら、夫も私も一目惚れ!!
手で作られてキルトって本当に素敵でかわいい。

値段は結構高めだったけど、思い切って購入。
とても満足なお買い物でした。
 実は掛け布団も足りなくて、ずっと寒かったのでうれしいな。

これから快適に眠れます〜〜〜。


d0135907_2144850.jpg

上の写真のカップ&ソーサーは、お店の人がプレゼントしてくれました。
キルトと同じ、ヴォージュ地方で作られている陶器。

小さなエスプレッソのカップとほぞ長いお皿の組み合わせが素敵で気に入っています。

今日は、残りの未熟な緑のトマトで、またまたジャムを作りました。
昨夜はトマトと柑橘類を2時間以上かけて細ーく刻みました。
結構大変だったけど、これで美味しい物が出来るなら満足です。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-12-03 04:25
jeudi, le 30 novembre, 2012

私のお気に入りのビスケット缶です。♪ ♪
d0135907_11527.gif

この中にビスケットの抜き型をしまっておいたり、
焼き上がったガレットやいろんなビスケットを保存しておくのに便利。


d0135907_10154529.jpg

屋根に白い雪が積もったお家の形がかわいいので、
キッチンの片隅に置いてます。♪


d0135907_10163082.jpg

雪だるまの絵も何とも言えずかわいい。。。
こういうフランスっぽい雰囲気の溢れる雑貨が大好きです。


d0135907_1017569.jpg

ビスケットの抜き型は、こんなのが揃っています。

ここのメーカーの型は生地を抜きやすくて、とてもきれいな形に焼けるんですよー。


d0135907_10174423.jpg

カトラリーの形のビスケットも、出来上がりがすごくかわいくて気に入っています。

お客さんが来た時に、温かい飲み物に添えて出すと
とても喜んでもらえます。

甘いビスケット同様、ハーブの入った塩味のビスケットもフランスでは人気。
みんなを家へ食事に招待した時は、に食前酒と一緒に出すと話題になって楽しいー。


d0135907_10181519.jpg

今フランスは、街中の通りに飾り照明がつけられ、
教会や大聖堂の前に大きなクリスマス・ツリーが置かれて神聖な雰囲気です。

フランスのクリスマスは宗教的行事なので、日本とはまた違った感じです。
この時期、各家庭ではクリスマスのためのお菓子を少しずつ準備します。

雪だるまやモミの木の抜き型でクッキーを沢山焼いたり、ドライフルーツたっぷりの発酵生地で作るお菓子を焼いたり。。。 

最近はいろんなジャム作りに夢中になっていましたが、明日はこの抜き型を使って、
たくさんビスケットを焼こうと思っています。♪ ♪


d0135907_1019251.jpg

ブレッツェル型は、ハーブとチーズの入った塩味ビスケットにしてみようかなー。
どんな風に出来上がるのか楽しみー。♪

ビスケット缶&抜き型はエクスキ・ティエリーで取り扱ってますよーーー。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-30 10:59

チャツネを煮込む夜♪

mercredi, le 29 novembre, 2012
d0135907_7282244.jpg

自家製チャツネを詰めるために、この間手に入れた物より一回り小さい瓶を買ってきました。フランスのジャムや保存食を作るための道具は種類が豊富。

丈夫で手頃で、昔から全然変わっていない簡素な形が何とも言えずかわいい。。。

このメーカーの瓶はとっても丈夫なガラスで作られていて、
別売りのゴムの部分だけ替えれば、何度でも永遠に繰り返し使えるのです。

最近スーパーで売られている台所道具はメードインチャイナがほとんど。
すぐに壊れたりします!!!

イギリス製かと思っていた”真空パックにするための機械”は「5年間保証」と書かれてあり、安心して買いましたが、実はメードインチャイナでした。壊れる以前に、最初から全く動きませんでした。。。

去年ぐらいからフランスに住んでいる他の人達のブログで、うちにあったのと同じクルミ割りを何度か見かけました、クルミを割る部分が黒で、持ち手が木で出来ている、一見なかなか良さそうな外見です。

フランスでクルミ割りを買おうとしてる人は、これを見つけたら要注意です!
小さなモニターの実演販売ビデオ付きで売られています。4〜5ユーロぐらいだったかなあ、、、。
今年から、黒だけでなく、いろんなパステルカラーが4色位加わり、何だか楽しそうな雰囲気に満ちています。そして結構熟れている様子。

この「クルミ割り」、ダメダメな品質だとは知らず、3年位前に近くのスーパーで夫と一緒に買って帰って大喜びしていました。これさえあれば、クルミを毎日簡単に割って食べれるねーなんて言いながら。

使ってみたら、3度目で壊れました。

もう使った後だし、フランスだし、お店に持って行っても絶対交換も返金もしてくれないだろうと思ったので、めちゃめちゃ悔しかったけど、どうしようもないので無かった事にしました。

クルミを割る金属(みたいな部分。古い金属のような謎の素材の上にゴムみたいにペンキが塗ってあって一見、鉄製みたいに見える。)が、木の取っ手にボンドをチョイチョイと塗って貼って差し込んであったので、クルミを割る時にかかる強い力ですぐに壊れました! 

貼り合わせてある重なりの部分が2cm位だし、金属もどき部分と取っ手部分の間に隙間があるので、うちにあるボンドで貼り合わせても、使う度に外れて、なんかものすごく気分悪いので捨てました。

ものすごく雑で材料をケチった作り&悪徳商品!! 
フランスのメードインチャイナは品質管理がとても甘いらしく、お店に並んでいる品物は不良品がいっぱい。多くのフランス人も買った後にすごくガッカリしてるみたいで、買い物する時に、どこの国で作られたのか確かめている人をよく見かけます。私達もしつこいぐらいに確かめ、メードインチャイナはもう絶対に買いません!! でも、電化製品はほとんど、ちゅうごく製品なので、ドライヤーが必要なのに、損をするのが嫌でなかなか踏み切れず、髪の毛は冬でも自然乾燥です。。。

何度も騙されたのでねー、もう本当にこりごりなんです。。。
生産国が記されていない品物、PRC と書かれた物も要注意です!


そんなこんなで、折角買ったものが不良品で悔しい思いをしたので、長い間使い続けられる、素敵な道具たちに出会うと、とても嬉しくなります。

せっかく気に入って買ってきた物はやっぱり大事に愛着を持って使いたいですよねー。


今日買って来た保存瓶たちは洗った後に、オーブンに入れて130℃位で殺菌消毒。♪
鍋に湧かした熱湯で消毒するより楽で布巾を使わずにすむので、長期保存したい場合はこの方法が雑菌を防げて安心なのです。


d0135907_7291043.jpg

昨夜仕込んだチャツネの材料は20時間ぐらい寝かしました。

熟れていない緑色のトマトは、味に深みを出すために長く味を染み込ませる必要があるからです。

ステンレスの底の分厚い鍋でコトコト、、、ことことことこと、長ーい時間弱火で煮込みました。♪ ♪

煮込む前から既に甘辛くてとても良い味で、そのままドレッシングや魚料理のソースに出来そうでした。^▽^ これを煮込んで熟成させたら、どんな美味しさになるのでしょうか。。。 かなり期待出来そうです!


d0135907_7302726.jpg

出来上がったチャツネを詰める時には、このジャム用のジョウゴを使いました。
これ、とっても便利で快適に瓶詰めができるので、とっても気に入っています。♪

チャツネは大体、材料が半分の量になるまで煮詰めましたが、それでも沢山の量が出来上がりました。明日時間があったらラベルを作って写真を載せようと思います。^▽^

d0135907_7333330.jpg

最近またまた保存食作りに熱中してますが、今週からクリスマスのお菓子を作り始めようと思ってます。アルザス地方には、「ブレッツェル」と呼ばれる、塩辛くて固いパンがあります。これ、外で買うと塩辛くてあまり美味しくないけど、形がかわいいのです。

このブレッツェルの形をしたクッキーの抜き型が、とてもかわいいんですよー。
この型を使って、たくさんクリスマスのクッキーを焼くのが楽しみ。

フランスでは12月になると、家庭でクリスマスのお菓子や料理の準備を少しずつしながら過ごします。24日までの1ヶ月間、家中に一段と美味しそうな匂いが溢れる楽しい時期です。

他にもいろいろなクッキーの型があります。エクスキ・ティエリーで近々、クリスマスの缶と一緒に販売開始しまーす。
ホームページに遊びに来てくださいねー。cihiroのお気に入りのキッチン雑貨や体にやさいい食べ物がありますよ〜。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-29 09:27
mardi, le 28 novembre, 2012
d0135907_81436.jpg

この前の土曜日にマリーさん夫妻の農家でいただいた、未熟な緑のトマトです。♪

4キロある内、1キロちょっとを使って「緑トマトのチャツネ」を
仕込みました。

つい最近とっても素敵でワクワクする本を見つけました。
保存食や、雑穀で作るお菓子やパンの作り方がたくさん載っているのです。♪♪ 

フランスでは写真無しの文字だけの料理の本を買うことが多いけど、今回は写真入りのとてもきれいな本。使われている雑貨や麻のリネン、瓶や鍋などがアンティークで、私の大好きな世界なんです。毎日読む度に心の底から刺激を受け、毎日いろいろ試してみるのが楽しいーのです。


d0135907_824348.jpg

チャツネは野菜や果物を甘酸っぱく煮込んだもの。
きちんと作れば2年は持つので、大量に仕込みました。

ボフォー、コンテ、エメンタール等の固いタイプのチーズ、冷たい肉類、フォアグラと一緒に食べると美味しいのです。

今日仕込んだ作り方は、材料を見ただけで絶対においしいと確信!
出来上がりがとても楽しみです。

野菜、果物、香辛野菜を山のように刻んで準備しました。
切り刻む作業に時間がかかったけど、本物のおいしい食べ物を作るためなら頑張れるのです。

参考にした本によると、美味しいチャツネを作るコツは、材料を手で刻むことだそう。フードプロセッサーで素早く刻んだ材料は、出来上がりが全然違うそうです。著者の言いたい事が私にはとても分かります。今まで様々な料理を作ってみて、何となく私もそうなのだと感じていたので、そんな風に考えている人がいることが、何だかとても嬉しい!

実はうちには電子レンジがありません。
何となくマイクロ波で温められた食べ物は、栄養が壊れて切っているような気がして抵抗があって、、、。根拠には別にないけど、ただ何となくそんな風に感じるので、もう長い間使ってません、、。アンティーク風なキッチンが好みなので、場所を取るのと見た目がかわいくないのが一番最初に使わなくなった原因です。^▽^

最近、その予感は結構当たっていたことが分かりました。
何十年か前に電子レンジで調理された食品について調査をした人がいて、マイクロ波で熱した食品の栄養はほとんど壊れ、その上体に悪い成分が出来てしまうそうです。。。。。

私はシンプルに包丁とガスの調理器具を使って料理をするのが好きです。
前の日に炊いた玄米ご飯を蒸して温める作業が、何だか自分にとって心地良いのです。

チャツネや緑のトマトのジャムを作る時は、沢山の材料を包丁でひたすた刻むので、手間がかかって大変だけど、時間をかけて手で作った物はやっぱり他の物には替えられないなあ、、、と思ったりします。

時間の使い方も、人それぞれ価値観が違ってておもしろいなあ。。。と思います。
私はテレビを見ないので、その代わりにキッチンでいろいろ作って遊んで余暇を楽しんでいるのです。♪

チャツネの材料は一晩寝かせて、明日コトコト時間をかけて煮込みます。
出来上がりを詰めるために、テリーヌ用のガラスの瓶も買ってきました。♪♪

チャツネは出来上がってから暫く寝かせておきます。
ワインみたいに熟成して、時間が経つほど味に深みが出るのです。


d0135907_85383.jpg

これは、うちのお気に入りのスフレンハイム焼の「クグロフ」と「ベッコフ」。

ベッコフは、中に肉や野菜を入れてオーブンで煮込むアルザス地方の郷土料理です。料理の名前も容器の名前もベッコフと言うんですよ。♪

小さめのサイズなので、ベッコフ以外にも他のオーブン料理も作れます。

昔から長い間使われてきた陶器や鋳鉄の鍋を使って、ゆっくり時間をかけて火を通して料理をすると、素材の美味しさを引き出してくれます。寒い冬はこんな料理が心も体も温めてくれますねー。^▽^


d0135907_864271.jpg

これにスープを入れてもかわいい〜。
使わない時はキッチンのインテリアになるのもうれし楽しい。

エクスキ・ティエリーで取り扱っています。

ぜひぜひホームページに遊びに来てくださいねー。
私達のお気に入りの、フランスの体にやさしい食べ物もいろいろあります。♪ ^▽^


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-28 09:20
vendredi, le 24 novembre, 2012
d0135907_8412131.jpg

オレンジ色のカボチャでジャムを作りました。♪ ♪
これが、とってもきれいな色で感動。。。

出来上がったのが夜だったので、写真が暗めですが、
キラキラ、本当にきれいなのです。^▽^


d0135907_8415838.gif
d0135907_843334.jpg

昨日から2日がかりで、2回に分けて煮込みました。
それそれの段階で、カボチャと果物たちがどんどんきれいな色合いに変化していったので、次はどんな風になるとかワクワク、とっても楽しかったんです!!

フランスの食材はとても興味深く、うちに沢山ある文字だけのレシピが沢山詰まった本を参考にいろんな食べ物を作るのが楽しくて楽しくて。。。

このオレンジ色のカボチャは、北海道の種からフランスで作られたんですよーーー。でマリーさん夫妻の旦那さんが取り寄せ、有機栽培&無農薬で作ったのです。

日本にもヨーロッパのようなカボチャがあるなんて知らなかったので驚きました。どうりで、西洋カボチャのように水っぽくなく、実が詰まってたわけだ〜、と大きく納得。

このジャム、1回目に煮た後に味見してみたら、この時点で既においしくて感激!
カボチャに柑橘類の香りと味が移って、とっても爽やか〜。

意外な組み合わせのようだけど、ジャムになる前の状態でもデザートとして食べられそう。♡

1.7キロのカボチャを使って、400g位入る瓶に4個出来上がり〜。
これを使って、いろんなお菓子を作れそう。とても楽しみ。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-24 09:06
mercredi, le 6 novembre, 2012
私達の最近のお気に入り、シャウルス。♪
d0135907_10103223.jpg

フランス北東部、シャンパーニュ・アルデンヌ地方のチーズです。


d0135907_1022549.jpg


歴史がとても古く、13世紀にポンティ二の近くの大修道院の修道士たちによって造り始められました。


d0135907_10122738.jpg

クリーミーでクセが無く、熟成が進むと、皮の内側が部分的にトローリとしてきて、コクのあるバターのような味になります。

熟れ具合によって少しずつ味と風味が変化するのが何とも魅力的。


d0135907_2022546.jpg

シャンパーニュ地方のチーズなので、シャンパンにとっても合います。♪

シャンパンと同じ製法で作られた、アルザス地方の発泡ワイン「クレモン」と一緒にいただくのも、なかなか幸せです。^▽^


d0135907_1013179.jpg

生のままワインと一緒に食すのも最高ですが、美味しいフランスのパンに乗っけてもいけます。未精製の小麦粉で作られた田舎パンや、雑穀入りバゲットとも相性抜群です。♪♪

キッシュにたっぷり入れて焼いても、とっても美味!
家でタルト生地から手作りすると、本当においしくて感動しますよー。

農家で自然なエサで育てた牛の生乳と自然塩を原料に、昔ながらの製法で手間ひまかけて丁寧に作られた本物のチーズ。本当に本当においしくて仕方ありません。♪ 工場で作られた大量生産品のチーズとは全く別の食べ物、本物を食べてみると違い分かります。

きちんと発酵、熟成された本物のチーズは美味しいだけではなく、ビタミンやミネラル等の栄養もたっぷり。体に良い食べ物なんですよ〜。

発酵食品のチーズは体を温めてくれるので、これからの季節、冬にぴったり。


d0135907_9554464.gif

私達が気に入って、毎日の暮らしの中で食べているお気に入りのチーズたちを
エクスキ・ティエリーで買えるようになりました。♪ ♪

フランスでしか手に入らない、農家産の本物だけを厳選。
真空パックにしてフランスより直送、現地での美味しさそのままお届けです。^▽^

多くの人達に本物の食べ物の素晴らしさを知っていただけたら嬉しいです。♪

ホームページはこちらです。→エクスキ・ティエリーHP
どうぞよろしくお願い致します。♪♪

↑11月15日 追記
ただ今、チーズの販売をお休みしています。最高な状態で日本のみなさまにお届けするために、いろいろ検討中です。販売の再開が決まりましたら、 HPとブログでお知らせいたします。

d0135907_1014583.jpg

自然な草を自由に食べて育っている牛たちは、1匹1匹個性があっておもしろいんですよ〜。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-07 11:17

緑トマトソース♪

mardi, le 16 octobre, 2012
d0135907_20435813.jpg

こちらは日本の真冬の寒さですが、マリーさん夫妻の有機栽培の農家では
まだまだトマトがたくさん収穫されています。

先週は、家から持参した袋に適当に詰めたら、測った時に5キロもあって驚きました。大きなカボチャもいろんな種類を買ったら手持ちの現金が足りず、”来週でいいですよ”と言ってもらい、とても助かりました。

この農家に来るようになってから、いつの間にかレストラン並みに野菜を大量に購入するようになりました。。。


d0135907_20445872.jpg

フランスのトマトは種類が豊富で楽しい。
今年は緑色のトマトに出会いました。

これは熟れてなくて緑色をしているのではなく、こういう種類のトマトなのです。^▽^

青っぽい味がするかと思っていたら、よく熟れていて、甘みがあって味が濃くて最高でした!! 赤いトマトよりも美味しくて本当にびっくり!!!

生のまま、何も付けずにいただくのが一番おいしいと思いました。


d0135907_20453287.jpg

日本ではトマトが苦手で、体のためだけに無理して食べていましたが、イタリアの家庭菜園の素晴らしい真っ赤な無農薬のトマトに出会った時の感激は忘れられません。。。イタリアのレストランのメニューのある「トマトのサラダ」を注文すると、大きなボウルに冷たい水が入っていて、その中に丸ごとのトマトがゴロンゴロン浸かっています。自分たちで好きなように食べるのです。本物の野菜は、何も手を加えないのが最高なんですね。。。♪

ジューシーな緑のトマト、この夏は毎日のように食べていました。


d0135907_20462298.jpg

常温でキッチンのカゴにいれてあった緑トマト達がすごく熟れていたので、これを使ってトマトソースにしてみました。

真っ赤なトマトのソースも別の鍋で同時に仕込み、1年間保存出来るよう高温殺菌もしました。
今回のは南フランス風・トマトソース、
タマネギ、ニンニク、オリーブオイル、海の塩で作りました。


d0135907_2047714.jpg

ガス調理台の左奥にあるのは圧力鍋。
フランスの家庭では一般的な鍋で、短時間でいろいろなものが調理出来るので便利&エネルギーの節約になります。

この鍋で蒸すジャガイモは、ものすごくホクホクで最高です!
2段調理も出来るので、下の段で玄米を炊きながら、上の段でジャガイモを蒸すことも出来る、素晴らしい調理道具なのです。玄米好きの人にはとてもオススメです。浸水なして30分位でふっくらもっちり炊きあがります。我が家の圧力鍋は、ほとんど炊飯器化しています。^◀^


d0135907_2047429.jpg

うちにはハチミツの空き瓶がいっぱいあって、捨てなくて本当に良かったです。
お店で瓶を買うと、結構高いのです、、、、、。


d0135907_2048923.jpg

こちらが緑トマトのソースです。
コクがあって深い味わいです。

パスタに絡めても、海の幸のカレーピラフにドロンとかけても合います。
色はちょっとマスタードみたいになりました。

最近スーパーで売られている瓶詰めには、いろいろ保存料や酸化防止剤など体に悪い物質が入っている物が殆どですが、1時間煮沸殺菌をすれば、そんな物を入れなくても保存ができるのです。そして何と言っても優しい味がするのがいいな、、、と思います。


d0135907_2049051.jpg

また今週もトマトをいっぱい買って来たので、またまた瓶詰めが増えそうです。。。


d0135907_20494356.jpg

農家では秋の野菜や果物もどんどん育ってくれています。
カボチャやカリフラワー、ブロッコリー、パネ(ニンジンみたいな形の白い野菜)などなど。うれしい。。。

リンゴもこれからが旬なので楽しみ。♡
今回買って来たリンゴたち、形平ぺったかったり歪んでたりしますが、今日焼きリンゴを作ってみたら、今まで食べた中で一番おいしくて感激!砂糖を使わず、春に作ったリュバーブのシロップとハチミツをかけてオーブンで焼きました。またいつか紹介しようと思います。


d0135907_2050259.jpg

今度の土曜日で農家のトマトは終わり。
片付けを手伝いに行く予定です。^n^


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-10-16 21:43

トマトソースの瓶詰め♪

jeudi,12 ,octobre2012
d0135907_4394080.jpg

今年の夏は本当に美味しいトマトをたくさん食べました。

農家で直接手に入れた夏野菜を使って、先月から密かに冬を迎えるための準備を始めていました。まず最初に5キロ以上あった真っ赤に熟れたトマトで、トマトソースの瓶詰めを一杯作りました。

トマトと、タマネギ、ニンニクで作る、イタリアのお友達に教えてもらった伝統的&基本のトマトソースは、作り方も材料もシンプルだけど、これが最高!

まず始めは基本のトマトソースを500g入りの瓶7個分作りました。
これがキッチンの戸棚に常備されていると、トマトの無い冬の間もおいしいイタリア料理が簡単に用意出来ます。♪


d0135907_443189.jpg

寒くて雨が多すぎた春、そして雨がほとんど降らなかった夏のせいで、有機栽培の農家では折角手間ひま掛けて育てたのにダメになってしまった作物が幾つもあったそうです。

しかし何故かトマトは豊作で、毎週いろんな種類のピカピカ輝く真っ赤なのが山盛り収穫されていました。


d0135907_444381.jpg

9月を過ぎても、どんどん実るトマトを毎週2キロも3キロもカゴ山盛りに買って来て、生で食べたり南仏風トマト料理を楽しみつつ、時間のある時にまとめてトマトの瓶詰めを一杯作りました。

そして今回は、基本のトマトソースとは別に教えてもらった、香辛野菜をいろいろ入れるソースを大量に作りました。パスタを茹でるような寸胴の大鍋いっぱいに。♪

調理法は簡単だけど、野菜をすごく沢山切るのがとても大変でした。^◀^



d0135907_4453894.jpg

3キロ近くのトマトをも刻むのが結構大変でした。。。
でも、おいしい食べ物のためならがんばれます。♪♪

d0135907_4462280.jpg

たっぷりの美味しいオリーブオイルで野菜を炒めた後にトマトを入れて、40分ぐらい煮込みました。トマトソースを作る時も質の良い無農薬のオリーブオイルと使うと、コクが違うように思います。


d0135907_4465924.jpg

平たいパセリも入れて弱火で煮込むと、味に深みが出て一層おいしくなります。


d0135907_4473488.jpg

コショウは、こんなのを使っています。

黒コショウよりマイルドで大好きです。
特に緑色のコショウがおいしい。


d0135907_4481682.jpg

これは、パリ時代から愛用しているニンニク潰し器です。
とても便利で、今ではもう手放せない大切な台所の道具です。

頑丈に作られているので、永遠に使えそうです。


外国に住む前はニンニクをあまり料理に使うことはなかったけど、イタリアに滞在して本物のイタリア家庭料理に出会ってから、私のキッチンにはいつもニンニクがゴロゴロいろんな所に転がっています、。。フランスに来てからも、素材の味を大切にするイタリア料理、そして南フランスの野菜をたっぷり使う料理を好んで作っています。


d0135907_4493264.jpg

40分位煮込むと、お鍋の中はこんな風になりました。


d0135907_4512041.jpg

野菜こし器でなめらかに漉して、塩、コショウで味付けをして出来上がり〜。


d0135907_4523884.jpg

夏の夕日のような色のトマトソース、、、良い色だなあ。。。^◀^


いろんな野菜が入っているので、旨味たっぷり。
パスタの他に、魚やコロッケにかけてもおいしい。

d0135907_4534279.jpg

熱いうちに、予めオーブンで熱消毒しておいた熱い瓶に詰めて、


d0135907_4551323.jpg

殺菌のために煮沸します。
今回は沸騰してから1時間火にかけました。

こうしておくと、1年間常温で保存出来ます。

この他にも、9月からたくさんの保存食を作りました。
夏の太陽を一杯浴びた野菜たちの瓶詰めがあると、酷寒の冬も楽しく乗り切れそうな気がします。♪




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-10-12 05:57
lundi, le 9 octobre 2012
d0135907_2212088.jpg

とても久しぶりにアルザス地方の小さな中世の村を訪れました。
今の季節、村の周りの葡萄畑は明るい黄緑色にキラキラ輝き、とても素敵でした。

13世紀に作られた門をくぐって、村の中に入ります。
何度来てもこの門を通る時は、ワクワクしてきます。


d0135907_2222610.jpg

9月から10月初旬のアルザスはまだまだ温かくて、お昼時にはレストランのテラスでのんびり昼食を取る人達で賑わっています。

この小さな村の中心の通りは普段は車が入れないので、とても快適。
昔ながらの小さな食料品屋さんや雑貨屋さん、地元のワインのお店が軒を連ねていて、中を覗きながら歩くのがとても楽しく魅力的な所です。


d0135907_2235220.jpg

中世の古い家々はきれいに手入れされていて、どの家の窓辺にも鉢植えのゼラニウムが飾られています。本当に素敵で、絵本の中の挿絵のような世界です。♪


d0135907_2244447.jpg

アルザス地方は、他のフランスのどの地方とも違っていて、独特の文化、歴史、言語、郷土料理や工芸品など、とても興味深い物が詰まった宝の山のような場所です。 昔この地域ではアルザス語が使われていましたが、ドイツ占領時代に禁止され、今ではほとんど話す人がいないのだそう。私達がよく行くお店の人は、市民講座で自分たちの言葉であるアルザス語を習いながら、この言葉が消えてしまわないよう、ボランティアで子供達にも教えいるのだと話していました。

アルザス語はフランス語ともドイツ語とも違って、とても難しいのだそうです。


d0135907_225268.jpg

この村はワイン好きの人にも、たまらない所です。♪
メインの通りにも、路地裏にもいくつかワインセラーがあり、いくつか味見をしながらゆっくりとワインを選ぶことが出来ます。

日本にもフランスのワインはたくさん売られていると思いますが、やっぱり現地で飲むものは格別です。日本にいた時はワインが苦手だったのに、イタリアやフランスに住んで現地のものを飲んでみて好きになしました。保存料や酸化防止剤が入っていない良いワインは、飲みやすくておいしいです。
ヨーロッパの気候がワインをおいしく保存するのに丁度いいというのも、現地のワインがおいしい大きな原因のひとつですね。


d0135907_2263440.jpg

アルザス産ののチーズは、マンステール、トム・ダルザスなど。
両方ともとても美味しいですが、マンステールは匂いがかなり強めです。^▽^
、、、”強い”という言い方を通り越して”強烈”と表現した方が適切かも知れません!

しかし不思議なことに、口の中に入れると強烈な匂いがあまり感じなくなり、とってもおいしいのです!! 本当に不思議です!! 生もままも最高だけど、トゥルトと言うパイみたいなお惣菜タルトに入れても、アツアツ、トロトロでめちゃくちゃ美味です。


d0135907_2271948.jpg

アルザス名物と言えばシュクルットやベッコフ等の大皿オーブン料理が有名ですが、お手軽な食事としていただくタルト・フランベもアルザス的な食べ物です。

見た目は少しピザに似てますが、うすーく伸ばしたパン生地に、液状の生チーズを塗り、ベーコン、マンステール・チーズを乗せてかまどで短時間焼いた料理です。薄いのに、結構お腹が一杯になります。♪ 今度うちでも作ってみたいと思っています。


d0135907_2275562.jpg

このワインもとても美味しかったです。
色の美しさにも感動。。。。。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-10-09 03:26
dimanche, le 7 octobre, 2012
d0135907_684178.jpg

ロレーヌ地方の秋の果物クエッチで、今年もジャムを作りました。♪♪
フランスに昔から伝わるジャムは、火を通す時間が短いので、食べてみると果物の味そのままで感動します! ジャムと呼ぶのがもったいないような、「食べるジャム」「果物を味わうジャム」なんです。♪

ジャムはフランス語でconfiture(コンフィテュール)と言います。
自分でジャムを作るようになってからこの呼び方にとても納得しました。 

長く寒い冬の間に農作物が育たず、そして手に入らなかった昔、フランスでは春から秋にかけて果物や野菜を砂糖漬けや塩漬けにして冬のための食料として保存していました。丸ごと果物を砂糖漬けにする保存食のことをconfit(コンフィ)と言います。

空も空気も霧がかかり白っぽい、自然の色彩のあまり無い冬に、この果物ゴロゴロのコンフィテュールの瓶を開けると、楽園のような色彩に溢れた夏を思い出し、もう少し頑張って厳しい季節を乗り越えようと、元気が出ます。 フランスの昔から伝わるジャムのレシピは、「コンフィ」に近くて、果物をそのまま楽しめて、とても美味しくて大好きです。


d0135907_610440.jpg

ジャム作りに必要なレモンの旬は夏なので、お店にある時になるべく沢山買っておくようになりました。旬の時期を過ぎると無農薬の物が全く手に入らなくなるんです。。。

化学肥料を使っていないレモンは小さめですが、中はとってもジューシー。♪


d0135907_610374.jpg

市場に売られているフランス産の果物や野菜は、有機栽培ではない物でも農薬をほとんど使っていません。クエッチは特にすぐに虫がついたりカビが生えてしまうので、買って来たらなるべく早く使うようにしています。


d0135907_622024.jpg

クエッチはスモモの仲間で、スモモのことをフランス語ではprune(プリュヌ)と言います。

皮は紫色をしていますが、中は山吹色。
ヨーロッパの人は、葡萄でも、果物は何でも皮ごと食べるんですよー。
そしてジャムも皮ごと作るので、より一層味が濃くて美味しいのかも知れません。


d0135907_6112350.jpg

クエッチのジャムは、砂糖とレモン汁を振りかけて12時間以上そのままにしておきます。

うちでは未精製の有機栽培のものを使っています。
精白されていないお砂糖は旨味が多いので、ジャムが一層おいしくなるのです、♡

我が家のジャムは全然お砂糖控えめではなく、果物と同量です。
一度にたくさん作るので、2、3年保存しても大丈夫なように。♪

そしてもう一つの理由は、未精製の砂糖は白砂糖にする過程で捨てられてしまう栄養のある部分が残っているので、同じ料の白砂糖と比べて甘さが大分控えめです。^▽^ この捨てられる部分がミネラルやカルシウム等なんです。


d0135907_613461.jpg

半日以上置いておくと砂糖が溶けて、薄紫色のきれいなシロップになります。


d0135907_6134815.jpg

ゆっくり沸騰させてから、木べらでグルグル混ぜながら短い時間火にかけます。。。♪


d0135907_6283693.jpg

1、5キロ使って、こんな感じに大きな瓶4つ分でき上がりました。
日本のジャムの瓶の2倍の大きさです。^◀^

去年初めて作ってみてとても美味しかったので、今年はこのジャムを3回も作りました〜。
クリスマスのプレゼントに家族に贈ったり、日本の友達にも小さな瓶の詰め合わせを送りたいなあ、、、と思ったので。♪

今キッチンはジャムの瓶だらけです。
今日でジャム作りや保存食作りが一段落したので、来週はラベルをたくさん作って貼る予定です。


d0135907_6151831.jpg

去年のラベルはこんな感じでした。
ひと瓶だけ大切に取ってありました。


d0135907_616779.jpg

9月になってからいろいろジャムを作ったので、冷蔵庫にレモンの皮が一杯残ってました。無農薬のレモンは直ぐにカビが生えてしまうので、急いで火を通して、レモンピールにしました。♡

無農薬のレモンは捨てる所がほとんどなくて、丸ごと使い切れるのがうれしいです。

このレモンピールは、7日間かけて完成させました。
常温で1年以上保存が出来るので、お菓子を作る時に少しずつ使えます。




d0135907_2222257.jpg

FACEBOOKに、chihiroのイラストのページが出来ました。

↑画像をクリックして、ぜひぜひ遊びに来て下さいね。♪♪
出来立てホヤホヤのプティ・パステル@フェースブック、
,気に入っていただけたら、「いいね!」をクリックして応援してくださいねー。

フェースブックに登録していなくても、見ることが出来ます。
どうぞよろしくお願い致します。


d0135907_1913158.jpg


d0135907_344379.jpg



↑上の画像をクリックすると、PETIT PASTELプティ・パステルのホームページが開きます。

Chihiroが心を込めて作った小さなポストカードが7種類揃っています。
お時間のある時にでも、のぞきに来てくださいね。♪♪

皆様のご訪問、心よりお待ちしております。^◀^
こちらもどうぞよろしくお願い致します。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-10-08 07:44