フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:フランスの蚤の市( 7 )

さくらんぼ柄のカップ

vendredi, le 13 novembre
******************************

この間の日曜日は、うちの近くにある小さな村の蚤の市に出掛けて来ました。
そして、さくらんぼ柄のこんなカップを見つけましたよ。♪


d0135907_2142918.jpg



見つけた途端に、色合いのかわいさとポッテリとした感じに心惹かれてしまいました。


d0135907_215265.jpg



うちに持って帰って早速洗って、キッチンで写真を撮りました。まずはガスレンジの上で1枚。♪ フランスのオーブン付きガスレンジはフタが付いていて、使わない時はフタを閉めて配膳台替わりにも使えるんですよ。 このレンジの上に蚤の市で見つけたお気に入りの雑貨を置くと大抵は何でもしっくりと似合ってしまうので、ここにいろいろなモノを飾りたくなってしまいます。(実際にいろいろ置いてしまうと、フタを開けて使う時に不便ですけどね。・・・・・・); D



d0135907_2162075.jpg



それにしても優しくて懐かしいような色合いが何とも言えず好きです。。。



d0135907_2204595.jpg



あまりにも気に入ってしまって、うれしくてキッチンのいろんな場所でパチリ。 まずは以前に他の蚤の市で見つけたクリーム色の秤と一緒に。



d0135907_2254474.jpg



買う前は、小さな観葉植物を入れて飾るのがいいかな、、、なんて思ってたけど、小さな果物や木の実を入れても似合うかも。。。 春になったらさくらんぼを入れようかな、、、なんて想像してひとりワクワクしてしまいました。

自家製ヨーグルトをたっぷり入れて、手作りのジャムを乗っけるのもいいな。。。 いつものヨーグルトが一段とおいしくなりそうな気がします。




d0135907_226696.jpg



うちのお気に入りの冷蔵庫ともパチリ。



d0135907_2263326.jpg



そしてキッチンの窓辺にも似合います。



d0135907_2265685.jpg



まだ置き場所を決めてないけど、今のところ料理中以外はフタを閉じたガスレンジの上に並べています。
[PR]
by cihir | 2009-11-14 03:12 | フランスの蚤の市
vendredi, le 23 octobre.....no.2

今週の日曜日にDombasle-sur-Meurtheの蚤の市で見つけたキッチンの保存缶です。

d0135907_4113315.jpg



左端に写っているチコリ・コーヒーの缶は、以前に別の蚤の市で同じ物を手に入れたのですが、今回はシリーズすべて揃っているのを見つけましたよ。色合いや絵柄が大変好みなので今回の出会いはうれしくてて心がはずみました。♪ 


d0135907_4115985.jpg



うちのキッチンのタイルとも相性抜群です。
それにしても色合いが何とも言えずに好きだなあ。。。


d0135907_4122434.jpg



どこの置こうか迷った結果、今はキッチンの古い食器棚の上に並べています。


d0135907_4132936.jpg



こちらは外から眺めたうちのキッチンの窓です。
窓辺は近いうちに植物の鉢植えを置く予定です。


●うちの菜園●

d0135907_414359.jpg



9月末に植えた白タマネギが芽を出しました。♪♪
30個ぐらい蒔いた種の中で、やっとひとつ出て来たのです。
結構深く植え過ぎてしまったので心配していましたが、やっと出て来ました。
最近降り続いた雨の恵みのおかげです。
黄緑色が眩しくてきれい。。。 うれしいな。
上手く育ちますように。


d0135907_414237.jpg


そしてこちらは、冬サラダです。
9月上旬頃にノワスヴィルの夫のお母さんの友達に苗を分けてもらいました。

苗をいただいてから2、3日放置してしまったため、萎れかけのものを植えたので上手く育つのか自信が無かったのですが、どんどん大きくなっています。
[PR]
by cihir | 2009-10-24 05:28 | フランスの蚤の市

はかり

dimanche, le 18 octobre


今日はいつもより早起きしてDombasle-sur-Meurtheという街の蚤の市に行ってきました。

d0135907_257289.jpg



そして見つけてきたのは、優しいアイボリー色のはかりです。
この丸みを帯びた形、それにしっかりした作りや質感がなんとも気に入っています。♪


d0135907_2575233.jpg



これを発見したのは、引越しのための整理を兼ねておばあちゃんが昔愛用していた古い道具を売っている夫婦のお店。夫も私も一目見て気に入っていたので、結構手頃な値段で手に入ってうれしかったな。♪


d0135907_2581238.jpg



はかりのトレイの裏側には、いろいろな食べ物の100g当たりのカロリーが書かれています。古いモノってこんな小さな計らいがあるところがいいな。

ちなみにバター100gは760キロカロリーだそう。。。


最近私達の間で定番化しているのは、蚤の市に行くと必ずソーセージを買うこと。
フランスのソーセージはサラミみたいに固そうな表面が白っぽく粉が吹いたみたいになっていて、肉好きの人達にはたまらないのだろうな、と容易に想像できます(私は肉類を食べないのですが)。こちらの蚤の市には大体ソーセージ専門のブースを2,3軒出ていて、今日のお店には全部で12種類ありました。夫が選んだのはヘーゼルナッツ入り、プレーン、セップ茸、くるみ入りの4種類、ものすごーくおいしいのだそうです。今キッチンのドアの取っ手に紐付きのを3本ぶら下げてあります。; )



おまけ
d0135907_2583328.jpg


こちらは、うちから車で20分程のところにあるメッスの街です。
昨日の朝に屋内市場に食料品の買い物に行った時に撮ってきました。

d0135907_258536.jpg


景色はすっかり晩秋だけど、まだ街の至る所に花が飾られていてきれいでした。


d0135907_2591660.jpg


こちらはライン川の支流、モーゼル川です。
[PR]
by cihir | 2009-10-19 04:31 | フランスの蚤の市
samedi, le 9 octobre

セルヴィニーの蚤の市で出会った、アルザス地方のコーヒーカップのセットです。

d0135907_02434.jpg



出会った途端にひと目惚れしてしまいました。。。
お店の人に聞いてみるとと、古い物だけど在庫として倉庫にずっと眠っていたので新品同様だとのこと。


d0135907_03867.jpg



それにしても、アルザス地方独特のこの子供模様の絵がとってもかわいい。。。
カップの反対側には違う絵が付いていて、これまた素敵。

小さな取り皿風のお皿も大のお気に入りです。

お砂糖入れの絵も何とも言えず、ついついぼぉーっと見とれてしまいます。;p


d0135907_033365.jpg



クリーム入れも愛らしい。。。。。


d0135907_035426.jpg



上の写真は、地元のおばあちゃんが売っていた花模様の古いホウロウの鍋。
おばあちゃんが昔から大切に使ってきたのが感じられて、見つめているとなんだか温かい気分になります。

所々ホウロウが剥がれていので、木の洗濯バサミ入れにして使っています。


d0135907_041431.jpg



お花の絵の付いた容れ物は、以前の記事に写真を載せたことがありますが、陶器の小麦粉入れです。大のお気に入りです。♫

右端に写っているのは、いろんな形のクッキーの型のセットです。


d0135907_043820.jpg



うちのキッチンのいろんな場所に、蚤の市で見つけてきた宝物たちを飾っています。

以前の記事でも一度紹介しましたが、左端の鳥の絵の付いた山吹色の容器はベッコフです。
小さめのサイズなので、野菜の煮込み料理を入れたりと、食器代わりにも使ったりして重宝しています。:D


d0135907_045921.jpg



そしてこちらは、8月に種を蒔いたバジルです。

本当はもっと早く種まきをしなければいけなかったので上手く育つか心配でしたが、少しずつ大きくなりました。
[PR]
by cihir | 2009-10-11 00:38 | フランスの蚤の市

レゼトンの蚤の市

jeudi, le 8 octobre

こちらは前回紹介したセルヴィニーの蚤の市で見つけたコーヒーポットと食器のセットです。

d0135907_6434230.jpg


このセットはフランスの物ではなくてドイツで作られたものです。

懐かしい雰囲気の花柄と、ぽってりとした質感や優しい色合いがとても気にいっています。


d0135907_6441056.jpg



このセットは6人分のカップ&ソーサー、ケーキ皿がついています。
この食器を使って毎朝アツアツのハチミツ入り紅茶をいただいています。

急にお気に入りの食器や調理道具が我が家にやって来て、キッチンが少しにぎやかになりました。



d0135907_6443590.jpg



上の写真のは、1930年代のチコリコーヒー(チコリの根を粉末にしてコーヒーのようにしたもの)の缶です。

古い物ならではの色合いや花の絵がかわいい。。。


d0135907_644594.jpg



1週間後の9月27日には、レゼトン村で開催された蚤の市に行ってきました。


d0135907_6453674.jpg



このレゼトンの蚤の市は結構規模が大きくて、アンティーク商の人達のお店もたくさん出ていました。
一通り歩いて見て回るだけで2時間以上は経っていました。


d0135907_6461039.jpg



上の写真は、アルザス地方の”ベッコフ”という陶器の調理道具です。

見つけた途端ひと目惚れ。。。
こんな感じのベッコフが欲しいなあ〜と、ずっと頭の中でイメージしていた通りのモノに出会えて大感激。夫もとても気に入ったので即購入を決定。


d0135907_646402.jpg



こちらも同じお店で売られていた一回り大きめのベッコフ。
これまた私が欲しいと思っていた色合いで、手描きのお花模様がとってもかわいい。

2つ買ったら少しオマケをしてくれました。♪

まだまだいろいろと買って帰った物あるので、少しずつ紹介していきます。
[PR]
by cihir | 2009-10-09 07:28 | フランスの蚤の市
mercredi, le 7 octobre

前回紹介したノワスヴィルの蚤の市を訪れた後は、お昼ごはんを挟んで
隣の村の蚤の市へ行ってきました。

d0135907_7104718.jpg



こちらはノワスヴィルよりたくさんのお店が出ていて、たくさん古くてかわいいモノ達を見つけて来ました。


d0135907_7113929.jpg



ここの蚤の市でも夫の友人達にばったり会って何度が立ち話。。。
みんな何かお気に入りを手頃な値段で見つけたそうで、嬉しそうでした。♪


d0135907_712205.jpg



お店を出している村の人達もフレンドリーで、私達2人とも蚤の市の雰囲気がすっかり気に入りました。


d0135907_7143147.jpg



上の写真は、私達が見つけてきたキッチン用品の一部です。
写真の下に写っているのは、ノワスヴィルで買った、ケーキを分ける時に使うナイフです。

この他にもコーヒーポットとカップとお皿のセット、アルザス地方のティーカップなど掘り出し物を見つけて大満足。とても気に入って大切に使っています。


d0135907_719730.jpg



この日は、モントニー・フランヴィルという別の村でも蚤の市があったので行ってきました。
次回はその時に買って来たお気に入りを紹介しようと思っています。♪♪
[PR]
by cihir | 2009-10-08 08:16 | フランスの蚤の市
mardi, le 6 octobre.....no.2

9月になるとあちこちの小さな村々で、”ブロッカント”という蚤の市が開かれます。
古物やがらくた等、いろんな物が売られています。

d0135907_0451842.jpg



まず最初に私達が訪れたノワスヴィルの蚤の市には時々アンティーク商人もいましたが、お店を出している人達のほとんどは、屋根裏に眠っていた古い物を売っている村の住人の人達でした。



d0135907_0454587.jpg



こちらの蚤の市では、木の取っ手の付いたケーキを取り分けるナイフを買いました。
写真は次回の記事に載せる予定。


d0135907_046647.jpg



普段はとっても静かなノワスヴィルの村もこの日は結構賑わっていて、景色が違って見えました。

お店を一通り見ている間にも、何人もの友人や顔見知りの人達にばったり会い、立ち話なんかをしているうちにあっという間にお昼になりました。


d0135907_0462654.jpg



夫の実家でお昼ごはんを作って食べた後は、別の村の蚤の市に出掛けました。


d0135907_0465336.jpg



掘り出し物探しもとっても楽しかったけど、かわいい村の風景も素敵でした。


d0135907_047127.jpg



途中で何度かかわいい家々の前で足を止めたりしつつ、今度はかわいいモノにたくさん出会えるかな、、、なんてわくわくしながらお店の並んでいる通りを目指して歩いていった私達なのでした。

つづく
[PR]
by cihir | 2009-10-07 01:15 | フランスの蚤の市