フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:フランスのチーズ( 10 )

最高なモンドール♪ ♪

jeudi, le 25 janvier, 2013
d0135907_2574536.jpg

フラッシュ・コンテの冬限定の山のチーズ、モンドール。♪ ♪


d0135907_2583399.jpg

ニンニクと白ワインを入れて箱ごとオーブンで焼くと、最高ーーー。


d0135907_2594213.jpg

チーズと同じサヴァア地方のワインがぴったりです。

日本の友達に、モンドールを買ったけど匂いがきつくて美味しくなかった、、、
と聞いて、飛び上がる程びっくりしました。。。

モンドールは箱のモミの木の香りはするけど、匂いの強いチーズではないからです。

きっと消費期限が大分切れた古い物だったのか、質の悪い物だったのだと思います。
日本ではとても高価なのに、せっかく買ってもおいしくなかったら悲しくて悔しいですよね。


d0135907_30209.jpg

オーブンの中の様子を見ながら30分位色づくまで焼くと、
こんな風になります。


d0135907_31072.jpg

サヴォア地方の山では、ずっと昔から焼きモンドールが
冬のごちそうです。♪


d0135907_31315.jpg

中はとろとろの熱々〜。
ニンニクと白ワインの風味が最高です。

夢中で食べて、あっと言う間に無くなりました。


d0135907_321180.jpg

茹でたジャガイモにからめたり、^▽^

他にも茹でた海老、前日に焼いた固くなったパンも合います。


d0135907_325327.jpg

10月から3月までが旬の冬限定のチーズ、冬の間にあと何度が食べたいなあー。

エクスキ・ティエリーで、農家で手作業で丁寧に造られた、
とても美味しい最高のモンドールを買えますよー。

他にもいろいろ本物の農家産の厳選チーズが揃っています。♪ ♪

d0135907_332598.jpg

昨夜はなんとマイナス13℃でした!!

今日のマイナス3℃が暖かく感じます。^▽^
もう2週間以上雪が積もって、道はかちかちに凍っています。。。

3日前、私達の住んでいる3階建ての建物の屋根から、突然積もっていた全ての雪が塊のまま地面に落ちました。外から凄まじい音がして一瞬何が起こったのか理解出来ない程の衝撃。。。

後になって、建物の入り口のガラスの雨よけが割れている事に気付きました。

誰もそこに居なかったのは幸いでした!!

大きなガラスの塊が入り口の戸と郵便受けの間に落ちていて
、ガラスが直撃していたら、、、と考えたら恐ろしかったです。。。。。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2013-01-26 03:54 | フランスのチーズ
vendredi, le 25 novembre
きのうは久しぶりにチーズ専門店に買い物に行きました。♫
d0135907_3473537.jpg


今回のお目当てはサヴォア地方の「REBLOCHONフブロッション」。
お店には3種類置いていますが、奥様に一番のおすすめを教えてもらい購入。

このフブロッションはフランスの冬のチーズ料理「タルティフィレット」に使うととっても美味しいのだと教えてくれました。タルティフィレット用に売られているチーズより断然おいしいのだそうです。

前回行った時にサヴォア地方の冬限定の箱入りのモンドールをオマケに下さったので、お礼に自家製のいちごのジャムをプレゼントしました。すると、またまた沢山オマケをいただきました!!!

この前いただいたのとは違う種類のモンドール、これがものすごーくおいしくて1日でほとんど無くなりました。もうひとつのチーズは名前を知らないのですが、これもまた違った美味しさで感動!!! 次回行ったら買わなくては。

お店の開店準備中で毎日いろいろしていますが、今日は街の中心の大きな郵便局にポステクスポートいう名前の小包のサービス条件について調べに行ってきました。何しろフランス郵便局の職員は人によって言う事が違うので、あまり気軽に問い合わせしないことにしています。質問をする時は、必ず中央郵便局の窓口に行きます。ここの職員は仕事がで出来る人が選ばれている様子。割ときちんと答えてくれます。その後フランス郵便のホームページで確かめるのが今までの経験上一番効率よく必要な情報が得られます。

今日はうちから歩いて街まで行ったので、距離の関係上中央郵便局の次に大きい局に行ってきました。専用の箱と封筒を見つけたので、サイズと値段をメモしていると職員が声をかけてきました。紛失や破損の保険は料金の中に含まれているのか、あまり正確な答えを期待せずに聞いてみました。

臨時で雇われている人なのか、(悪名高い)郵便局の子会社クロノポストの人なのか、少し挙動不審な感じの人でした。。。保険は別料金だと言うので、詳細を聞いてみると、資料を取って戻ってきました。「日本へ送る場合の保険料金はいくらですか。」の質問に、パンフレットを見ながら「、、、、、日本は香港じゃないよね、、、。えーと、日本へは保険はありません」

ええええっつーーーー!!! なんじゃらほい?
あまりにすごい予想外の答えに笑ってしまいました。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-11-26 04:20 | フランスのチーズ
vendredi, le 21 janvier

d0135907_1284372.jpg


日本では私が大変信頼している歯医者さんがいらっしゃいまして、15年以上お世話になっています。特にフランスに来てからは本当に言葉では表せない程お世話になり、感謝の気持ちで一杯です。
パリに滞在していた頃に事故で帰国した時は、予定をわざわざ私の治療の為に何日も空けて下さり、集中的に短期間で治療をくださり大感動でした。。。 その後も本当に良くしていただき、助けていただき何とお礼を伝えていいのか分からない程でした。こんなに深く信頼出来る歯医者さんと出会った私は幸せ者だなあ、、、といつも心から思っています。

去年の11月の日本帰国の一番のきっかけは虫歯でした。
10代の時にヤブなお医者さんの治療に何年も気付かず大変なことになった経験があるので、以来、知らない歯科医院にはどうしても行きたくないのです。「フランスには腕の良い歯医者さんがいるよ。紹介するよ」などと他の人が親切に言ってくれても、これだけはどうしても信頼出来ないので、何か問題があると飛行機代をかけてでも日本に帰るのです。。。

日本に帰らなかった2年間の間、ちょっと帰りたいなあ、、、と思う事は何度もありました。
インターネットで航空券の値段を調べた後、ダラダラ考えているうちに面倒になってそのままというパターンが多かったのですが、今回は虫歯発見の翌々日にはチケットを手配していました。 

日本では帰国の翌日と出発前日に診察をしていただき、安心してフランスに戻る事ができました。♪ そして検診をしていただいた後に、とーっても美味しいうなぎ料理をご馳走してくださいました。ずっと夢にまで見ていたウナギは、いつも何故か時間が足りなくなって食べる機会を逃していたので、もう3年ぶり以上でした!!!

昨日はいつものチーズ専門店に行き、大のチーズ好きの先生に食事をごちそうになったお礼にチーズを2種類選んできました。本当は、少し前にブログで紹介した私達のお気に入りのカマンベールとリヴァロ・チーズを送るつもりで予約をしていたのですが、日本に送る事の出来る賞味期限の長い商品が品切れなのでした。 取り寄せにあと1週間ほどかかるそうだったので、違う農家のカマンベールと、サヴォア地方のロブロッションというチーズを送ることにしました。 どちらのチーズも3種類あったので、チーズ屋さんの奥さんに一番美味しいものを教えていただきました。♪

両方とも農家で丁寧に生乳から造られた物なので、スーパーで売られている殺菌乳から出来た工場の大量生産品とは全く違うんですよ〜。 切ってみると、チーズが生きているのが実感出来ます!

日本にチーズを持って帰る時や送る時は、上の写真のように特別の機械で真空パックにしてもらえるんですよ。こうしておくと傷まずに日本に届くので安心です。♡


d0135907_1275855.jpg


自分達には、写真の右に写っているアルザス地方のトム・チースを買いました。
このチーズ、そのままでも温めてもどちらもおいしくて大好き!

クセがないので日本人好みのチーズかと思います。
うちで焼いた天然酵母の全粉粉のパンに乗せてグリルで焼いたら、とーってもおいしかったです。

おいしい素材は、こんな風にシンプルな食べ方が一番ですね〜。♪

左の二つは、農家産の生乳で造られたカマンベールとモンドールというチーズです。
チーズ屋さんの奥さんが太っ腹にオマケにつけてくれました。^▽^

フランスの生活はいろいろ大変な部分もあり、今の私はいろいろ事が受け入れられない時期なのかも知れません。外国に住んでいるとそんな時期もやってくるので、あまり深く考えずに日々仕事をがんばっていこうかと思っています。こんな時期でも、フランスのこだわって造られてたおいしい食べ物に出会うと、この国に暮らしていることに喜びを感じます。


d0135907_1265141.jpg


日本から送ってもらったお餅は、夫と一緒にお雑煮にしてほとんど食べてしまいました。
最後に残っていた3つは、夫の外出中にこっそりひとりで食べることにしました〜。 ^▽^

オーブンの上火で焼いたら、こーんなにプックリとおいしそうに焼けました。
海苔は無いので、カツオブシと本醸造のコクのあるお醤油をかけていただきました。
。。。直火で焼いたお餅は最高でした!!!!!
今度は大好物の玄米モチを美味しい焼き海苔で磯辺焼きにしたいなあ。。。


d0135907_1262455.jpg


こちらは既に料理に使ってしまいましたが、先週作り置きしておいたタマネギ炒めです。これでタマネギ15個分です。とーっても便利なのでまたまとめて作っておかなきゃ。

来週は他にもいろいろ保存食を造る予定です。♪
今、厚手のお鍋でヒヨコ豆を煮ています。
豆類もまとめて煮ておくと、おかずに簡単和風デザートにと重宝します。^△^



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1日1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-01-22 04:14 | フランスのチーズ
dimanche, le 9 mai
きのうの夜に作った、アルザス料理のマンステールのトゥルトです。

d0135907_2259682.jpg


コルマールのサロン・ド・テで食べたものを自分流に再現してみました。

外側の生地は、アルザス料理の本のトゥルトの作り方を参考にしました。
中身はマッシュしたジャガイモと炒めた玉ねぎ、それとアルザスのチーズ、マンステールです。

低めの温度で1時間かけてゆっくり焼いてみると、とってもサクサクのおいしい生地になりました。


d0135907_2305618.jpg


こちらがマンステールです。
いつものメッスのチーズ専門店で、4分の1を買って来ました。


d0135907_233157.jpg


早速中身を出してみると、、、
話には聞いていたけど、匂いがかなりきつい。。。。。
想像以上の匂いにびっくりしました。

あまりの匂いにそのまま食べてみる気になりませんでしたが。そのままもとってもおいしいのだそうです。


d0135907_2334534.jpg


上の写真は、焼きたてのトゥルト。
とても良い色に焼き上がり、大満足な私でした。


d0135907_2341036.jpg


切り立てはこんな感じです。
アツアツの湯気で写真がモワモワです。。。: D

1時間焼かれてトローリと溶けたマンステールは、匂いが飛んでいて食欲をそそる良い香りに変わっていました。♪


d0135907_234407.jpg


初めてでこんなにおいしく出来てうれしいな。
夫はお店で食べた物よりずっとおいしいと言ってくれました。
今月末の彼の誕生会では、このマンステールのトゥルトを食べたいそうです。♪



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             


いつも来てくださってありがとうございます。♪
コメントとメールのお返事がまだの皆様、もう少し待っていてくださいね〜。001.gif

[PR]
by cihir | 2010-05-09 23:27 | フランスのチーズ

MONT D'OR☆モンドール♪ oishii

mardi, le 30 mars
メッスの街のチーズ専門店の奥様に頂いたMONT D'ORで、
Fondue au Mont D'orフォンドュ・オ・モンドールを作ってみました。

d0135907_2035661.jpg


フォンドュ・オ・モンドールとは、「モンドール」という
フランスのフラッシュ・コンテ地方の丸い木箱に入ったチーズを使って作ります。

チーズの真ん中を丸くり抜き、そこにワインを流し込んでオーブンで焼いたものを、
ハムや蒸したジャガイモにつけながら食べる、シンプルな山の簡単料理です。



d0135907_20355757.jpg


チーズ屋さんの奥様が教えてくださった通りに作ってみたら、
とってもおいしく出来て感激でした。。。


d0135907_20361960.jpg


上の写真は、下準備を終えた後のモンドールです。
チーズの真ん中は、こんな感じにくり抜いてワインを注ぎます。


d0135907_2036503.jpg


材料はモンドール一箱、辛口のジュラ白ワイン(Jura地方のワイン)、
それと冷たい水道の水。

そしてチーズと一緒にいただくジャガイモやハムを好きなだけ用意しておきます。
ホクホクのおいしいジャガイモと良いハムがあれば、とてもおいしくいただけますよ〜。

☆下準備☆:ジャガイモを蒸すか、茹でておく

    オーブンを低めの温度に温めておく。(170〜180℃の間くらい)
    温度は各家庭のオーブンにによって異なるので、
    調理中は様子を見ながら焼くといいと思います。
    (私の場合は175℃に設定しました)

★作り方★

① ボールに水道の冷たい水を入れ、モンドールを箱のまま15分間浸す。
 (箱に水がしみ込み、冷たい水でチーズが固くなる)

② チーズの中心を直径3cm程ナイフで丸く取り除く。
 (ひとつ上の写真のように、底までくり抜く。
  これはワインをチーズにしみ込ませる為)

③ 先程くり抜いた直径3cmのチーズの穴にワインを注ぐ。

④ 低めの温度に温めておいたオーブンに、
 ワインを注いだチーズを箱ごと入れて20分間焼く。
 (湿った箱は燃えないので大丈夫)

⑤ チーズが焼けくると熱で粘りが出てきて、モンドール特有の香りがしてくる。

⑥ オーブンからチーズを箱ごと食卓に出します。
 (非常に熱いので気をつけて下さいね!!)

 蒸したジャガイモやハムにアツアツに焼けたチーズを
 スプーン等で各自添えながらいただきます。♪


d0135907_2037388.jpg


焼き上がりはこんな風になります。
あまり焼きすぎると、おいしさが逃げてしまうそうです。


d0135907_203827.jpg


各自スプーンで好きなだけすくってはジャガイモにつけて食するのは、とっても楽しいひと時。♪ 昔の山の冬の暮らしの中で、このアツアツの料理は格別素晴らしい食事だったのでしょうね。。。


d0135907_20394177.jpg


ジャガイモに、こーんなにたっぷり乗せました。。。
おいしい。。。

d0135907_20401182.jpg


寒い冬に、大勢で食べるのも楽しそう。♪


d0135907_2040398.jpg


チーズを焼く時に使ったのと同じジュラ・ワインと共に。♫ : )



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

d0135907_2041011.jpg


次回の更新は、またアルザス地方の事など。。。♫
[PR]
by cihir | 2010-03-30 22:25 | フランスのチーズ
vendredi, le 12 mars
うちの冷蔵庫にあるチーズたちを紹介します。♪

d0135907_4432887.jpg


上の写真の左から、Saint nectaireサン.ネクテール、Langresラーングル、そして私達がいつも食べているEmmental françaisフランス産エメンタール。
(エメンタールはスイス産も売られているので、このように呼ばれます)


d0135907_4435476.jpg


とってもおいしい硬質のチーズ、サン・ネクテール。
AUVERGNEオーヴェルニュ地方のPuy-de Domeで造られています。

写真では小さく見えますが、1辺の長さが9,5cm、高さは4cmです。


d0135907_4441628.jpg


クセがなくてまろやか、コクがあって後味がなんともいえません。。。
日本人の口にとても合うチーズだと思います。


d0135907_4444111.jpg


そしてこちらラーングルは、少し匂いが強めですが、食べてみるとまろやかでクセがありません。CHAMPAGNE ARDENNEシャンパーニュ・アルデンヌ地方で造られています。クリームのように柔らかいチーズで、最初にほんのり酸味を感じました。


d0135907_445109.jpg


こちらもとっても美味でした。
お酒はあまり飲めないけど。おいしいチーズを食べるといつも、良い赤ワインが飲みたくなります。


d0135907_445447.jpg


明日はアルザスの小さな街に遊びに行くので、そこでおいしいワインを買ってこようと思っています。楽しみだなあ、、、。


d0135907_4461020.jpg


こちらは、今日の夫のお弁当です。
野菜は、夫がmagimixで切ってくれました。

おかずは人参とポロネギとセロリの炒め物、ミニオムレツ、サバの塩オーブン焼き、紫キャベツのサラダ、そして玄米です。

夫は仕事中の4時の休憩時間にオヤツを食べるので、いつもいろいろ作っています。手作りパンとチーズとりんごだったり、果物のタルトだったり、その日の気分でいろいろ作っていますが、何故か今日はお弁当風になりました。♪

******************************
最近の本
******************************

d0135907_4463374.jpg


寝る前に本を読んだり、料理の本を眺めるのが好きな私。
最近はこんな本を見ています。♬

粉料理の素晴らしい本です。
塩味の様々なタルト、お菓子の甘いタルト、ブリオッシュ、クロワッサンの生地で作るいろいろなパンの作り方が載っている、とても楽しくてワクワクする本です。


d0135907_4465859.jpg


いろんな種類の生地の作り方が丁寧に解説されているところも気に入っています。


d0135907_4471912.jpg


指先でこんな風にタルトの淵の模様を作る技術に惚れ惚れします。。。。。

************************************************************
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックの応援をして頂ければうれしいです。♫
058.gif056.gif
[PR]
by cihir | 2010-03-13 06:51 | フランスのチーズ
mercredi, le 20 janvier
近所の大型スーパーCORAで、少し前から気になっていた本を買ってきました。

d0135907_6352528.jpg


この本は素敵なイラスト付きで、フランスのいろんな地方の伝統的な手作りのパンの作り方が紹介されています。そして興味深いパンにまつわる話も書かれていて、読むのがとても楽しみ。♪

d0135907_6355027.jpg


上の写真は、本の見開きのページです。

ずっと作ってみたいと思っていた塩味のパンのようなお菓子「bretzelブレッツェル」のレシピが載っているので、作ってみるのが楽しみです。。。

フランス語のページですが、ブレッツェルの写真はこちらで見られます。
オーストリアのカフェ&パン屋さんの看板もかわいい。。。


d0135907_6361435.jpg


そしてこちらは、ノルマンディー地方のBrémontier Mervalという地方で造られたチーズです。


d0135907_6363343.jpg



ハートの包みを開けると、ハート形のチーズが出て来て感動。。。
かわいい。♬


d0135907_6365419.jpg


半分に切ってみると、中はこんな風になっていました。


d0135907_637167.jpg


まずは小さな一切れを味見。
う〜〜〜〜ん、とーっても美味でした。。。

大根おろしのようなツーンと来る風味が何とも言えませんでした。
そのまま食べてもおいしいし、うちで作った無発酵のぺたんこパンにつけてもおいしかったです。


d0135907_6373514.jpg
d0135907_6375234.jpg


そして上の写真は、うちの居間の片隅です。
キッチンに付いてる収納が、すごい湿気のために使用不可能なので、食器や瓶類などを間に合わせで居間の小さな棚に置いています。。。

私達のアパートには、自分たちで買った家具はまだほんのわずか。
ベッドや小さな棚に洋服の収納家具は夫の実家から持って来ました。

キッチンのテーブルや椅子も親戚の人に頂いたもの。自分たちで家具を手に入れる時は、やはり長く大切に使える物、2人共すごく気に入った物を選びたいな、と思っています。

何軒か家具のお店を見に行ったものの全然納得出来る物が見つからずにいたのですが、ある小さな村の蚤の市に行った事がきっかけで、手作りの素敵な家具を作っているアトリエと出会う事ができました。

アトリエを訪れてみると、どの家具も本当にかわいくて素敵。見ているだけで感動の連続。。。そして木の家具に触れてみるとみると、手触りが何とも言えずに気持ちいいのです。 しかし、値段が高めなので、買うのはもう少しあとかな、、、なんて思っていたのですが、夫も大変気に入っていて思い切って注文しました。11月の初旬のことでした。

そして、今月末あたりに私達の家具が出来上がる予定です。
楽しみだなあ。。。
[PR]
by cihir | 2010-01-21 07:38 | フランスのチーズ

ROBLOCHON

dimanche, le 27 décembre
クリスマスのために、いつものチーズ専門店で奮発して手に入れた2種類のチーズ。

d0135907_449543.jpg


写真左に写っているRoblochonはサヴォア地方の、生乳から造られた柔らかいタイプのチーズです。


d0135907_450138.jpg


前々から夫がおいしいと絶賛していたので、いただくのを大変楽しみにしていたのです。


d0135907_4503371.jpg


真剣にナイフを入れる夫の指が少し写っています。: )


d0135907_4505150.jpg


切り口に小さな穴が見えるのが特徴です。

クリスマスイブの食事の後にいただく予定にしていたこちらのチーズ、一皿目の料理だけで既にお腹がすごく一杯になってしまったので、クリスマスを過ぎた26日、昨夜のごはんの後に一切れ味見してみました。


d0135907_4511480.jpg


おいしいー。。。。。。

食べ終わるまで言葉が出ませんでした。。。

d0135907_4513457.jpg


柔らかい上品な味が何とも言えず素晴らしい!!
そして塩味が控えめでまろやか。

またお気に入りのチーズが増えました。
明日はハートのパッケージのチーズを食べてみます。; P
[PR]
by cihir | 2009-12-28 05:26 | フランスのチーズ

チーズ専門店へ♪

jeudi, le 19 novembre
******************************
この夏にお世話になった方へこちらのチーズを送るために、昨日の午後にメッスの屋内市場のいつものチーズ専門店へ行ってきました。

1週間後に食べ頃になるものを選んでもらおうとお店の奥様にお願いすると、、輸送中に傷まないように特別な包装をするから翌朝に取りに来るように言われました。その特別な包装をするための機械はそちらのお店には置いてなくて、市内の本店にあるので朝一番で行って来てくれるとのことでした。それにしても、こういう事に気を配ってくれるなんて感動、さすが食いしん坊の国だなあ、なんて感心してしまいます。。。

日本へ送る2種類のチーズは、透明の袋に空気とともに入っていました。これで湿気なんかを防いで良い状態で送る事が出来るのだそうです。
今度日本にチーズのお土産を持って帰る時は、この包装をお願いしようと思います。

今朝お店に行ってお会計を済ませると、奥様に小さな包みを渡されました。

d0135907_2344437.jpg


上の写真がその中身。
小さな丸いチーズのお裾分けでした。。。
うれしい・・・・・・。

このお店の奥様、いつもこんな風にさりげなく色々なチーズを下さるのです。
今回日本に送ったチーズも、元はと言えば、以前太っ腹にも丸ごとの半分ずつを頂いて大変気に入ったものなのです。本当にいつも感謝の気持ちで一杯です。。。。。



d0135907_2345923.jpg



そして上の写真はpavé d'affinoisという、とぉーってもおいしいチーズです。
こちらも最近奥様にオマケに頂いて気に入ったので、夫が仕事中に買いに寄ってくれました。

言葉では上手く表現出来ないけど、クリーミーな感じの風味も素晴らしい大変良いチーズです。
これを食べると一瞬でう〜っとり・・・・・、そしてお酒があまり飲めない私も美味しい赤ワインが少し欲しくなります。


d0135907_23452858.jpg



全体的に雪のように白くて、見た目も味もデリケートな感じです。
少しずつ少しずつ大切に味わいながら食べたくなるチーズです。


d0135907_23454726.jpg



このチーズを知ってからまだ1週間程ですが、我が家の定番になることは間違いありません。友達が遊びに来る時は絶対に買っておこう!! ; D

写真だと大きさの想像がつかないかと思って、今測ってみました。
幅が8cm、高さが4、5cmでした。


d0135907_23461448.jpg



そして、こちらも最近頂いたもので、コンテの36ヶ月物です。
本当に頂いてばかりなんです。。。

私達がいつも食べている物は18ヶ月物ですが、こちらは2倍の年月寝かされたもので、とてもとてもたまらなく美味でした。


d0135907_23463256.jpg



こういう切り売りのチーズも色々おいしい物がたくさんあるので、日本のお友達に送りたいなあ、、、なんて思うけど、やっぱり個別包装されていない物を送るのは難しいのかなあ。。。


d0135907_23465374.jpg



夫が仕事に出掛けた後にちょこっと味見してしまいました。。。
[PR]
by cihir | 2009-11-20 00:35 | フランスのチーズ

ガペロン

dimanche, le 1er novembre.....no.2
              

こちらは私達がとっても気に入っていチーズ達です。

d0135907_3303442.jpg


夏の始め頃、いつも行っているメッス市内のチーズ屋さんの奥さんに、この2種類のチーズを半分ずつ頂き、食べてみてそのおいしさの虜のなってしまった私達。。。

この奥様は時々オマケしてくれたり、注文してないチーズをそっと袋の中に忍ばせてくれるんです。そのおかげで、今まで知らなかったいろんな地方のおいしいチーズに出会うことができて本当に感謝しています。


d0135907_330547.jpg


上の写真は、オベルニュ地方のPont Asitierという村の農家で造られた黒こしょう入りの「ガペロン」というチーズです。柔らかめのタイプで、少しピリッとした粒丸ごとの胡椒との組み合わせが素晴らしくて感動しました。

お酒はあまり飲めないのだけど、このチーズを頂くと、たまらなくおいしい赤ワインが飲みたくなってしまいます、、、、、。


d0135907_3311464.jpg


いつもより薄めに切って食べるのが気に入っています。


d0135907_331394.jpg


よく熟れた外側と真ん中辺りの少し若めの味の違いもまた楽し。


d0135907_332393.jpg


こちらはル・プティ・フという、私達の住むロレーヌ地方のチーズです。
うちからそう遠くないGorzeという村で造られたもので、こちらも柔らかめのタイプ。
少し濃厚で苦みのある味がたまらない、私達の大好きなチーズです。
[PR]
by cihir | 2009-11-02 04:10 | フランスのチーズ