フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:料理 ( 108 )

じゃがいものニョッキ

jeudi, le 31 juillet 33℃/17℃ 日の出6.23 日の入り21.30

変身前のじゃがいもたちです♪


d0135907_5264350.jpg



きょうはこれでじゃがいものニョッキを作りました。

3回目の挑戦でやっと成功。
今まで手持ちのレシピで作ってみたのですが、どうも生地がうまくまとまらず、生地を1時間寝かせた後にニョッキを茹でてみても、なんだかゆるゆる過ぎる状態でした。。。

そうなので、今日はレシピの分量に小麦粉を多めに足して、チーズの量も増やしてみました。


d0135907_5271837.jpg



すると、じゃあーん、こんなのが出来ました〜010.gif
わーい、うれしいな。おいしく出来上がりました。


d0135907_5274662.jpg




材料はこんな感じです。

チーズは、イタリア人のお友達にいただいたGRANA PPADANOグラナ・パダーノという、パルミジャーノに似たものを使いました。
このチーズ、クセがなくて食べやすいです〜。


d0135907_528121.jpg



じゃがいものニョッキ&とマトソーズにチーズをた〜っぷりと振りかけていただきました。おいし〜〜〜010.gif058.gif♪♪

あっ、私のニョッキ、ちょと大きくなってしまったので、余った生地で再び普通サイズのニョッキを作ってみます。次回はバターのソースで食べてみようかな。。。


念願のニョッキを作れるようになってとても嬉しい。
今年の4月にボローニャの小さなレストランで食べたトマトソースのニョッキがおいしくて、忘れられずにいたのです。

テーブルに運ばれてきたそのお店のニョッキを見た途端、すごーくおいしいのがわかりました。すごくおいしいものって、見た目もおいしいオーラを発しているのかなあー。。。


ニョッキ、あのおいしいボローニャのお店のものと同じぐらい、すごーく美味しいのが作れるように、しばらく研究してみよう〜


d0135907_5284965.jpg



上の写真は、昨日作ったフォカッチャ(もどき)です。
イタリアで買ってきた料理の本のレシピでは、ビール酵母を使っているのですが、パリでは手に入るのか不明。。。
近所の品揃えに良い自然食品屋さんやスーパに行ってみましたが、発見できず。。。
仕方ないので、ビールに小麦粉の酵母を溶かして作ってみました。

酵母をどのぐらい入れていいのか分からず、少なめにしたら、生地の膨らみもすくなめでした。焼き上がりは、”ファカッチャに似たパン”といった感じでした。
ビール酵母、イタリアの友人に送ってもらおうかなあ〜。。。


フランスにも猛暑がやってきました。
昨日の夜は、日中にアパートの建物の壁に吸い込まれた熱気で、私の部屋は真夜中になってもどんどん気温が上がり、のぼせ気味の私でした。

窓を閉めていると部屋中すごい湿気と熱気で体力を消耗するほど。。。 
昨夜の私、頭から湯気が出ていたかも・・・。

窓を閉めて一旦眠ったものの、暑くて目が覚めた程です。
うち、扇風機も無いので。。。

今朝は、信じがたい暑苦しい部屋で目覚めました。

夕方の5時現在、昨夜から朝にかけて冷やされたアパートの建物の壁のおかげで、ひんやりとやっと涼しくなった我が家。

しかし今日の最高気温は33℃。
またまた時間差攻撃で、今夜もものすごい湿気と暑さに包まれるのであろうことは確か。。。今から扇風機を探しに行こうかなあ〜。。。


去年も一昨年も、猛暑になりかけた時に扇風機を買いに行こうと思っていたのですが、1週間近く30度を超す暑さが続いた後は、急に涼しくなってしまったのです。
そうなので、今回も扇風機を買うか買うまいか悩む所です。。。

私のミニミニ・ストゥーディオは20平方メートルとものすごーく狭いので、涼しくなって使わなくなると、ものすごく場所を取るので。。。
この猛暑が続かない事を祈るのみ。

[PR]
by cihir | 2008-08-01 00:12 | 料理

昼ごはん

dimanche, le 8 juin

今日の昼ごはんはブロッコリーとサーモンと白アスパラのクリームソースのパスタでした。

d0135907_61765.jpg


このパスタ、適当に作ってみたけど、とてもおいしく出来て大満足。
アスパラからとても良い味が出るので、調味料は海の塩だけ。

今日はのんびりと日本で買って来た本をゴロゴロしながら読んでいて、全然身体を動かしていないのに山盛り食べてお腹いっぱい。。。
ごはんの後も再びゴロゴロ読書を堪能した1日でした。
明日からまたバリバリがんばるのだ。


d0135907_6174511.jpg


これは昨日自然食品屋さんで買ってきた白アスパラです。
とーってもお高くて、1キロあたり10ユーロもするので、3本だけ買いました。

この白アスパラ、初めて食べた時はあまりのおいしさに大感激。。。
野菜界のキノコと呼びたい程、味と風味があり、新鮮な物をささっと簡単にパスタのソースやリゾットにするだけで何ともいえないおいしさ。。。
ただただ黙々と食べてしまうほどなんですよ〜♬010.gif

d0135907_6190100.jpg


バスティーユ近くのスーパー・モノプリにはイタリア製品が充実しているので、近くに行った時には必ず立寄ることにしています。

このパスタはクリーム等の濃厚なソースと合わせると最高です。
横のヒラヒラがおいしさの更に引き立てます。
こんな形のパスタを考えるイタリア人をこよなく尊敬する私。
このパスタを考えた人って、すごく食いしん坊だったんだろうなあ〜。


d0135907_619576.jpg


これがパスタのパッケージです。
他に私が気に入っているのは、中が空洞になった太めのパスタやスパゲッティがちじれたような形のもの。


d0135907_6335191.jpg


こちらはうちの近所のブローニュの森の小川です。


d0135907_6464723.jpg


そして、この植物はヨーロッパでよく見かける”ちくちく”です。
(私が勝手にこう呼んでいます。。。)
この葉っぱに触れると、しばらくの間手がやけどしたみたいにチクチク痛むんですよ。。。

この日、ブローニュの森に行った時に、歩いていて手が当たってしまったのでした。。。
[PR]
by cihir | 2008-06-09 06:48 | 料理
samedi, le 19 janvier

ほうれん草のムサカを作りました。

パリには、いろいろな国のお惣菜屋さんがあります。
中でも、わたしのお気に入りはイタリアやギリシャのお惣菜。
レストランより手頃な値段で、本場のおいしい料理をお腹いっぱい食べられます。
ショーケースの中の、色とりどりの料理が食欲をそそります。。。

d0135907_7434250.jpg


パリに来たばかりの頃、よくギリシャのお惣菜屋さんでムサカやタラマ、パン屋さんでバゲットを買って、セーヌ川沿いでピクニックをしました。
それ以来、ナスのたっぷり入ったムサカは私のお気に入りのひとつ。
タラマを塗って食べるバゲットも絶品。

今回は、普通の素揚げのナスの入ったムサカを作りたかったのですが、旬の野菜ではないナスは、1キロ4ユーロ以上(600円ぐらい)もして高いので、ほうれん草を代用しました。

d0135907_7443024.jpg


陶器の四角い耐熱皿が家にないので、段ボールで型を作ってしまいました。
アルミ箔を巻いて、内側にはクッキングシートを入れて、ムサカに直接アルミが触れないようにしました。

d0135907_8322985.jpg


型の一番下に、マッシュポテト、その上にひき肉と野菜のミートソース風、茹でたほうれん草を乗せ、濃いめに作ったホワイトソースをかけて、チーズとパン粉を振りかけて、オーブンで15分程焼きました。

d0135907_746870.jpg


デザートは、さっぱりと、フローズンヨーグルトのメープルシロップかけ。

フランス人には、日本語の”ほうれん草”と”おへそ”が同じ音に聞こえるらしいんですよ。日本人にとっては全然違う発音なのに、おもしろいですね。 
フランス語では、hを発音しないので、”ほ”も”お”も同じ音に聞こえるみたいです。

d0135907_9541456.jpg


これは、きのうアトリエの近くで見つけた小さな春。
まだまだ寒いけど、植物たちは着々と春に向けて準備をしているようです。。。
葉っぱの散ってしまった寒々とした木々も、近寄って良く見ると、すでに枝の先にいくつものふくらみがついています。

春になったら、また、たくさん美味しい物を作ってピクニックに出掛けるのが楽しみだなあー。
[PR]
by cihir | 2008-01-20 08:42 | 料理
vendredi le 28 décembre くもり

きょうは、初めてパッシー地区へ散策に出掛けました。
私の住んでいる街から、ブローニュの森をはさんですぐ向こう側にある高級住宅街です。細い路地を入ると、地元の人達の生活ぶりが伺えます。

お菓子屋さん、パン屋、チーズ、乳製品の専門店、オマール海老や牡蠣が豪勢に並ぶ魚屋さん、イタリア総菜の専門店、ワインの店、どの店もとても雰囲気がすてき。

コインランドリーを発見。
・・・値段を見てびっくり、6キロ 11ユーロ也!!  他の地区の3倍。。。

小さな本屋さんを見つけたので入ってみました。
絵本、料理の本、とってもかわいい来年のイラスト付きスケジュール・ブックなど、眺めていると、いろいろ欲しくなってしまいます。。。

おっと、マカロンの作り方の本を発見。
いろんなマカロンのレシピが載っています。う〜ん、作ってみたい。
まだ食べたこともないのに・・・・・。
この間、久しぶりにケーキを作って以来、妙にお菓子作りがしたくてたまらない今日この頃。。。

うちに帰る前に、いつもの自然食品屋さんへ。
新鮮なサラダ菜がありました。
フランスのサラダ菜は、色が鮮やかで、葉っぱの形がなんともいえずいい。。。
さすが、サラダの本場、サラダ用の葉っぱの種類がとても多い。
今日の夜ごはんは、コロッケとサラダ菜に決まり。
d0135907_9404658.jpg
コロッケのじゃがいもを茹でながら、きょうの主食は何にしようかな〜、としばし考える。
冷蔵庫の中に、昨夜こねた手作りうどんの生地が入ってることを思い出したが、うどんをつくる気分じゃないなあー。
何かいいアイデアはないかなー。。。

d0135907_942313.jpgそーだ、大胆な発想の転換をして、この生地でパンを焼いてみようー。
考えてみれば、このうどん生地は、水と、塩と全粒粉で出来ているから、フライパンで焼くぺたんこなパンと材料は同じ。
名付けて、うどんパン。


さっそく、丸く、7ミリぐらいの厚さににのばして、何も塗らないフライパンで焼いてみました。
待つこと15分、うどんパンの誕生。
焼きたてを、何もつけずに食べてみました。
う〜〜〜ん。。。。おいし〜♡。
これ、いけます。パンになってる。
全粒粉の生地って、味があっておいしい。。。

d0135907_9442255.jpg

じゃがいもとタラと玉ねぎのみじん切りで作ったコロッケ。揚げたてです。ソースも手作り。d0135907_9453834.jpg

うどんパンにバターとコロッケとサラダをのせて、明日の朝ごはんに。
d0135907_9462798.jpg
[PR]
by cihir | 2007-12-29 09:58 | 料理

フランスでうどん

jeudi, le27 décembre 7℃/5℃

今日は最高気温がなんと7度もありました。
現在、夜の11時50分ですが、暖房しなくても全然寒くありません。
クリスマスが過ぎ、一歩ずつ春が近づいてきている感じがします。

今日の日の入りは、夕方の4時59分。
きのうより1分日が長くなりました。(*a_a*)♪

きのうの夜、発作的にうどんが食べたくなりました。
パリには、うどん屋がありますが、とってもお高いので、私はいつも自分で作ってしまいます。
作る時に相当気合いが必要なので、滅多には作りませんが。。。

今回は全粒粉のうどんに初挑戦。
そんなうどんは世の中にないと思いますが、どうしても試してみたくなり、きのうの夜に生地をこね始め、一晩寝かし、今日ゆでました。

うーーむ・・・むずかしいです。。。
料理の世界は奥が深し。
茹でている途中で、うどんが切れてしまいます。
1本の長さが10センチのミニミニうどんになってしまいました。
しかし、塩を多めに入れたせいか、味はおいしい。
色はそばのようになりました。

うちの冷凍庫で凍っていたタラをてんぷらにして上に乗っけてみました。
わかめと自家製一味とうがらしを添えて。

おかずはほうれん草巻き玉子焼き、にんじんのきんひら、ほうれん草の胡麻和えです。
この間買った、フランス産のしょうゆで作りました。
おいしかった。♡
久しぶりの和食の夕べでした。 また作ろう〜。


d0135907_8294797.jpg
わーい、うどんん定食のできあがり。
d0135907_8305242.jpg
なかなかいけました。今度は少し他の種類の小麦粉を足して再挑戦してみるのだ。
d0135907_8342096.jpg
切りおえたうどん
d0135907_835390.jpg
茹でる前までは長いうどんでしたが。。。
[PR]
by cihir | 2007-12-28 08:37 | 料理

ちらし寿司とサモサ

samedi, le 22 décembre 晴れ 

ちらし寿司を作りました。♪ (*^_^*)
ぜーんぶフランスの材料だけで。

もう、とてもとてもおいしく出来て感激。。。♡
すし飯は、玄米とリンゴ酢、精製されていない茶色い砂糖で作りました。
具は、海老、にんじん、HARICOT COCO PLAT という20㎝ほどもある長ーいインゲン、そして、穴子の代わりにオイル・サーディーンを醤油と砂糖で甘辛く煮ました。

しょう油は、有機栽培の材料を使った物で、フランス製です。
味は、ちょっと甘くて、日本のしょう油とはちょっと違うけど、お寿司の具の人参とイワシを甘辛く味付けしたかったから、ちょうどよかったです

大好きな錦糸卵をたっぷりかけて食べました。
パリの日本人の友達みんなを招んで食べさせてあげたいほど・・・でした。

そして、サモサ風の揚げ物を作りました。
本当は、本格的サモサを作ってみたかったのだけど、うちに材料が無かったので、オリジナルを作ってみました。
そして、 ・・・・・これが大ヒット!! もーう、とっても美味〜〜〜。

フランスには、”FEUILLES de BRICK” という、小麦粉と水と植物油で作られた、直径30センチぐらいの、薄い春巻きの皮の様なものがあります。
これに、茹でたじゃがいもを軽くつぶし、塩で味付けしたものと、コンテ・チーズを入れ、適当な形に巻いて、オリーブオイルで揚げただけ。
1枚の皮で4つ作れます。

このサモサ風揚げ物に合うソースを作りたかったのだが、トマトを濃縮したペーストを買い忘れたので、ハーブ塩とカイエンヌペパー塩(プロヴァンス・ハーブと海の塩を混ぜたもの & カイエンヌペッパーと塩を混ぜたもの) を作って、胡麻と一緒に、飾りも兼ねて振りかけてみました。
これが、大成功。
カイエンヌペッパーがピリッと効いていて、なんともいえず、食べる手が止まりませんでした。

そういえば、材料が足りない時ほど、おいしいオリジナル料理がうまれるように思います。
一生懸命工夫するからでしょうか。。。♪

d0135907_9584833.jpg

[PR]
by cihir | 2007-12-23 10:05 | 料理
jeudi, le 20 décembre  晴れ 1℃/-4℃

ぶるぶる。。。相変わらず寒いです。
特に朝はとても冷えます。今朝はマイナス4度でした。
明け方、頭が寒かったので、パジャマについているフードを被って眠りました。。。

布団の中でじっとしていると、部屋の中で、氷のように冷たい空気の粒がが動いているのを感じます。 キッチンの窓からすきま風が入ってくるんです。

今、一階まで階段でゴミを捨てにいって来ました。
そして、私の部屋のある6階まで階段を昇って戻って来ました。
6階まで階段で行き来すると、足がぽかぽかして、その後、身体中がぽかぽかに暖かくなるんです。これも、足湯と同様に日課にしてしまおうかな〜。

いやいや、外は凍りそうな寒さでした。
あの寒さからしたら、私の部屋は結構暖まっているのかも。。。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
きょうの夜ごはんは、オムレツ。
またまた思いつきで作った、オリジナルなオムレツです。
じゃがいもとチーズの入ったスペイン風オムレツに、だら〜んと鮭のホワイトソースをかけてみました。
ホワイトソースに、きつね色に炒めたにんにくとパブリかの粉を入れたので、オムレツにぴったりのおいしいソースになりました。

最初は、普通の形のオムレツを作るつもりだったのだけど、あまりにも黄色いたまごの色がきれいだったので、こんな形にしてみました。
・・・でも、写真に撮ってみると、たまごのきれいな黄色がうまく撮れていなくて少し残念。。。

フランスのたまごは、どれも殻がうす茶色。
キッチンの窓辺に、ワイヤーのかごに入れて置いておくと、なんか雰囲気があってかわいい。




d0135907_925229.jpg

[PR]
by cihir | 2007-12-21 08:53 | 料理
mercredi le 19 décembre 晴れ 0℃/-5℃

今朝の7時の気温はマイナス5度。
とんでもない寒さです。。。 ぶるぶる〜〜〜。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
寒くなるとなぜかじゃがいもが食べたくなる。
最近は、じゃがいもと鮭の組み合わせが気に入っています。

今日の夜ごはんは鮭のオーブン焼き。
付け合わせは、思いつきで作った、オリジナル・じゃがいものグラタン。

グラタンに使ったチーズは”comte'コンテ”。
大量の牛乳を使って作る濃厚な固めのチーズで、私はこれが大好き。
チーズフォンデュの材料にもなります。

じゃがいもグラタンと鮭の組み合わせ、抜群でした。
特にじゃがいもがとってもおいしかった。♡♡♡
付け合わせのはずだったのに、メイン料理のようにモリモリ食べてしまいました。

作り方はとっても簡単なんですよ〜。♪
おいしいじゃがいもとチーズがあれば、適当に作ってもおいしい。

耐熱容器に、角切りにして茹でたじゃがいも、生クリーム(フランスのものは、すでに濃厚なクリーム状になって売られている。フランスの牛乳が濃厚だからなのかな・・・)を入れ、海の塩で味付けし、適当に切ったチーズを加え、バターも少々加え、200度のオーブンで10分ぐらい焼き、細かいパン粉を表面に振りかけ、更に5分位焼き、焦げ目をつけました。

ごはんの後は、最近日課になりつつある足湯をしました。
今、足がほっかほかでしあわせ〜。。。
d0135907_8332775.jpg
d0135907_836107.jpg

[PR]
by cihir | 2007-12-20 08:37 | 料理