フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:お散歩( 35 )

ガチョウの赤ちゃん♪

jeudi, le 18 mai, 2012
d0135907_56154.jpg

うちから緑溢れる運河沿いの小径を30分位歩くと、街の中心の大きな公園に着きます。休日によくここまで夫と2人で散歩をします。

街の中心の歴史的な建物や小さなお店のウインドーを眺めながら歩いたり、途中でカフェでお茶をしてみたり、帰りは違う道を通って帰ると2時間程ののんびりした散歩を楽しめます。フランス人は本当に散歩が好きで、天気のいい日曜日はのんびりと家族で気持ち良さそうに歩いている人達が結構います。 

d0135907_57168.jpg

普段はこの国に思うことがいろいろあったりするけど、ゆったりしたフランス人の休日の過ごし方は豊かだなあ、、、なんて思ったりもします。

この公園にはガチョウの家族がいて、眺めていると行動がおもしろくて笑えます。♪
最近3羽の赤ちゃんが生まれて、家族みんなで守っている姿に感動しました。

d0135907_57447.jpg

2週間位前はこんな黄色い姿でしたが、今は白い羽毛に生え変わって大分大きくなっています。

d0135907_581980.jpg

昨日の昼間は再び夏のように暑くなりましたが、昨日の夜から今日にかけて急激に気温が下がり、真冬みたいに寒くなりました。。。 外に出ると寒さで手がかじかむ程でした。

雨が1ヶ月ぐらい続いたり、急に暑くなったり寒くなるので、ベランダで育てている植物が急に元気がなくなったりします。。。。。

d0135907_585536.jpg

うちのアパートの建物の前庭で庭作りを数日前に始めました。

途中で事件が何度かありましたが、今の所無事に解決したので昨日から庭作りを再開しました。有機栽培のトマトやピーマンの苗、いろいろなハーブと花の苗を植えました。南西向きの庭だけどうまく育つといいなあ。。。

明日から夫が花壇の柵を作って、ペンキを塗ってくれます。
水色にしようか、少しくすんだ黄緑にしようかただ今迷っています。^▽^

d0135907_593897.jpg

今の季節はマロニエの木にたくさんの花がついています。
白っぽい花の他にピンクのもののあって、マロニエの並木道は本当にきれいでうっとり眺めてしまいます。

d0135907_533149.jpg




私のイラストのホームページは、今週末か来週の始めには公開できそうです。
時間がかかってしまっていますが、完成したら是非是非遊びに来て下さいねー。

サイトの名前は「PETIT PASTEL プティ・パステル」と言います。
フランス語で「小さなクレヨン」という意味です。

サイトのロゴはこんな風にしました。♪♪


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-05-18 05:53 | お散歩
mercredi, le 28 mars, 2012
d0135907_3134681.jpg

今日も太陽の陽射しがサンサンと降り注ぐ、とっても気持ちのいい日でした。
夫の仕事が休みだったので、お昼過ぎからゆっくりと郊外の大型スーパーへ食料品のお買い物に行きました。

今日はイクラを見つけたので買ってみました。
鮭や海老、ホタテ貝も新鮮なものが手に入ったので、今夜は玄米ごはんと一緒に”海の幸ごはん”にしてみようと思っています。イクラを食べるのは久しぶりなので、とーーーっても楽しみです!!!

フランス語でイクラは”oeufs de saumonウフ ドゥ ソモン”(鮭の卵)と言います、そのままの呼び方ですねー。^▽^


d0135907_3142740.jpg

夏時間になってから、春を通り過ぎて夏のようになってきています。
川ではカヌー遊びをしている人達がたくさん、上半身裸の人までいてびっくりしました!

最近は夜の8時過ぎまで明るくて、ひと月前までは寒い冬だったのが幻のようです。。。

いろいろな花が咲いていて、とてもきれいです。


d0135907_315190.jpg

こんな緑の中を30分位歩いて街の中心へ向かいました。
並木の向こう側は運河になっていて、カモや白鳥がいるんですよ。

フランスでは水曜日は小学校が休みなので、たくさんの子供たちとその家族が緑の中で遊んでいました。大人も子供の休みに合わせて休みを取ったりするので、お店や公園は週末と同じ位賑わっていましたー。

d0135907_3154987.jpg

上の4つの写真は夫が撮影しました。♪

d0135907_3164232.jpg

たくさん歩いた後は、お気に入りのサロン・ド・テで休憩。♪
今日はアーモンドとカスタードクリームの入ったタルトを注文しました。
私達のお気に入りです♪

d0135907_3172062.jpg

そして、キノコのキッシュも頼んで、2人で半分こしました。
アッツアツでとーーーっても美味でした!!!
もうひとつ食べたかったくらいです。。。

d0135907_318239.jpg

タルト生地が薄くてサクサク〜。
今度マネして作ってみようと思います。

お茶をした後は、”月の満ち欠けと野菜作り”の本やハーブの種を買いました。
私達の住んでいる3階建ての小さなアパートの建物には前庭があります。他の住人は庭仕事に興味が無くて誰も使っていないので、入居時に不動産屋さんの人に”良かったら庭を使ってね”と言われていたので、この春から夏にかけてはここで野菜た花などを育ててみようと計画しています。

最近のフランスには本当にうんざりすることが多くいのですが。春になるといろいろな楽しみが増えることだし、どうしようもないイヤな事はさっさと忘れて毎日を楽しく過ごそうと思いますー。♪♪



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-03-29 04:11 | お散歩

12月のエギザイム♪

vendedi, le 16 decembre
アルザス地方の小さくて素敵な村エギザイムを再び訪れました。
d0135907_2358106.jpg


初めてここにやって来たのは1年以上前の9月でした。

初秋のエギザイムは、木骨作りの古い家々の窓辺に色鮮やかな花が美しく飾られてていて、おとぎの国のようなかわいい街並みに深く感銘を受けた私達なのでした。

久しぶりのアルザス訪問を計画した時、最初に頭に浮かんだのはこの魅力的な中世の村エギザイムでした。

前回立ち寄った小さなレストランは、淡い黄色の壁の木骨作りの建物がとても素敵で、内装も食事の内容もとても素晴らしかったので、是非またこのお店で食事をしたいと夫も私も楽しみにしていました。


d0135907_23592044.jpg


2度目のエギザイムもとても素敵でした。♪

前回と違って今回はクリスマス・マーケットが村の中心の広場で開かれていて、温かくてワクワクするようなクリスマス前の優しい雰囲気が溢れていました。


d0135907_00266.jpg


12月になると、クリスマスの翌日までの約1ヶ月の間、フランス中の街でクリスマス市が開かれ、民芸品やおいしい食べ物、クレープやパン・デピス(スパイスの入ったクリスマスのお菓子)、ホットワインなどが売られています。

アルザス地方は、クリスマス・マーケットの本場。
フランスのクリスマス・マーケットの発祥の地なのです。

さずが本場だけあって本当に素敵で輝いていました。
他の街よりもクリスマスの雰囲気が濃くて、とても感激しました!!!

d0135907_01077.jpg


古いパステルカラーの建物には、簡素だけど可愛いい装飾がされていて、絵本の中から飛び出してきたような風景にウットリしてしまいました。♪♪


d0135907_014051.jpg


村のメインの通りを曲がると、こんな細い路地があり、かわいい家が立ち並んでいます。

この通りに小さなソーセージとサラミの専門店があって、小さなお店の造りがとってもかわいいのです。このお店がクリスマス・マーケットに出店していたので、沢山味見をさせてもらい、5種類のサラミを買いました。

フランスのサラミは種類が15種類以上あり、ヘーゼルナッツ入り、ハーブ入り等、もう様々な種類があり、本当にフランス人は食いしん坊な国民なのだなあ、、、と感心させられます。色も形もいろいろあって、見ているだけでも楽しいのです。

この村のマーケットでは、どもお店も味見をすすめてくれるので、短時間の間に普段では考えられない早さで買い物してしまいました。^▽^


d0135907_022052.jpg


普段は結構節約して暮らしている私達なので、クリスマス・マーケットでのお買い物はとっても楽しかったです。

私が特に気に入っているのは、職人さんの造ったこだわりのオリーブの木で造られたスプーンとフォーク。表面加工無し、ニスの塗られていない、本物の木のカトラリーはなかなか質の良い物が見つからないので、即購入決定しました♪ 手作業でていねいに造られているので、丈夫で使い心地も満点です。他にもまな板や木べら等、良い物がたくさんあったので、来週また行こうと夫と話しています。


d0135907_025663.jpg


上の写真がエギザイムのクリスマス・マーケットです。


d0135907_034865.jpg


近くには、キリスト生誕の模型が飾られていました。

この日は晴れたり曇ったり雨が降ったりと、忙しい天気でした。
雨空や雪の多いこの時期ですが、1日の半分は晴れていたので楽しく散策ができました。♪

エギザイムの後は、ニーデルモスシュビルというとっても小さな村を訪ねました。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-12-17 01:10 | お散歩

メッス♪

mardi, le 28 juin
アパート情報を得る為に、日曜日はメッスのタバコ屋さんへ新聞を買いに行きました。
d0135907_1517774.jpg


家の中は少し寒かったので毛糸の上着を持って行こうとすると、夫が「外はすごく暑いよ」と言いました。半信半疑で外に出てみると、すごい暑さと熱風でした。メッスに向かう途中に通る薬局の気温の表示は33度!! 前日まで何週間も寒くて冬の上着が必要な程だったんですよーーー。 最近の天気は極端だなあ。。。

新聞の賃貸情報で数件興味のある物件を見つけたので、今週は幾つか見に行くことになりました。まず週始めの昨日は、メッスの街の中心まで徒歩20分位のところにあるアパートでしたが、全く気に入りませんでした。。。 今日も明日も午前中に1軒づつ見に行きます。良い所だといいなあ、、、と切実に願っている私です。

今日も朝からものすごく暑いです。
きのうの予報は35℃でしたが、実際に外に出て計ってみると、何と45度もありました!!!!!

なんか今までに経験した事のねい熱気が渦巻いていました。


でもおかげで、午後中洗濯をしまくり、永遠に減る事がないと思っていた山盛りの洗濯物が一気に片付きました。うれしい&スッキリ! 

ちなみにこの時の家の中は18度。
教会並みに寒い我が家。。。  

夜になると外壁が昼間吸収した熱で少しずつ暑くなり、日が暮れた10時を過ぎてからどんどん室内の気温が上昇。 外は気持ちの良い風が吹いていました。

しかし隣人達が夜中までバーベキューをしていたので、すごい匂いのため窓を開ける事が出来ず。。。 無茶苦茶暑くて、仕方なく扇風機を出しました。 その後やっと窓を開けて涼しい風を部屋に入れる事ができたのは12時半を過ぎてからなのでした。

夜の風、とっても気持ちいいですね。
星空のきれいな夜でした。♪




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-06-28 16:18 | お散歩

散歩

lundi, le 30 mai
きのう家に帰る前に散歩したノワズヴィルの村の牛たちです。♪
d0135907_3541410.jpg



夫の実家から徒いて15分程の所にある村の端っこの丘には、毎年夏になると牛が放牧されます。
その丘の向こうには緑の丘陵の風景が広がり、教会を中心に赤い屋根の家々が建ち並ぶフランスらしい小さくて古い村が遠くに見えます。まるで童話から飛び出してきたかのような懐かしいようなその風景は、ずっと昔から変わっていないのでしょうね。

散歩の途中にロバや馬、ポニー、羊やヤギ達に出会えるノワズヴィルの村を訪れると、何故だか分からないけど心の故郷に戻って来たような不思議な安らぎを感じます。東京育ちの私がどうして遠く離れた異国の小さな村に対してこんな風に感じるのか自分でも不思議なのですが、、、私はいつの頃からか自分自身の心のふるさとを探し求めていたように思います。

小学生の頃東京中北部のある市に住んでいた私は、自分の住む街が大好きで大変誇りに思っていました。11歳の時に家族の都合で遠く離れた土地に引越し、なかなかなじめずにいました。大人になってからも常に小さい時に過ごした街へ戻りたい気持ちが消えませんでした。その後東京や横浜で暮らしましたが、いつも自分の故郷だと呼べる場所が無い不安定な気持ちが心の底にあったように思います。


d0135907_3551352.jpg


夫と知り合ったばかりの頃、パリからTGV(フランス版新幹線)に乗ってこのノワズヴィル村に遊びに来ました。そこには私が渡仏する前からずっと頭の中に描いていたフランスと同じ風景が広がっていて、何とも言えない、それまで味わったことのなかった懐かしいような甘い感覚で胸が一杯になったのでした。 

ノワズヴィルの夫の実家には結婚前から半年ほど住んでいましたが、本当にこの村が大好きで、メッスや他の街を訪れた後にこの家に帰てくるとほっとした気持ちになったものです。

ノワズヴィルの村には1軒だけ空いている貸家がありますが、家賃が非常に高くて手が届かないのがとても残念。。。 メッスに通勤可能な範囲で、ノワズヴィルぐらい大好きになれる小さな村をずっと探していますが、素敵な村にはなかなか空いている家が無いもんですね。。。 ごく近い将来、私達の理想に近い家が見つかりますように。。。。。


d0135907_3564356.jpg


この小径には野生のミラベルやカリンの木がいくつもあり、秋になると沢山の実をつけます。自由に採ることができるので、今年はジャムやコンポート、ミラベル酒を作ってみたいと思っています。



この小径を手前に行くと、気の優しい馬とガンコなポニーが2匹で暮らしている野原があります。
何ヶ月か前に散歩していた時、そのポニーが柵の外に出て、草をむしゃむしゃ食べながらひとりで散歩していました。その自由気ままな姿を微笑ましくてずっと近くで見ていると、馬たちの飼い主がエサのリンゴと水をたくさんもってやって来ました。言葉を交わしているうちに、彼の動物に対する深い愛情にふれてとても感動しました。


d0135907_3572664.jpg



クリスマスの翌日から6月にかけて毎日少しずつ日の長くなるヨーロッパの夜は、10時近くまで明るくて、ついつい時間の経つのを忘れてしまいます。

まだ太陽の光がある夜9時過ぎから日が暮れる10時前にかけての散歩は本当に気持ちよくて最高です。刻々と変わる空の色や丘の向こうに沈んで行く大きなオレンジ色の太陽を見ると、自然の偉大さを感じると同時に優しさと希望に満ちた気持ちが溢れてくるのを感じます。


フランスの夏は美味しいものや太陽の恵みに溢れ、本当に素晴らしい季節だなあ、、、と毎年この季節になると実感します。

上の写真に写っているのは、秋が旬のカリンです。
まだ固くて青い実をつけています。
この実が熟すころには、自分のなりたい自分に少し近づいていたいと思います。



d0135907_4131250.jpg


こちらは夫の実家の庭のラベンダーです。
来月にはいい香りを放ち、摘み頃になるそうです。

このラベンダーで自家製の手洗い用洗濯石けんを作るのが楽しみ。♪



d0135907_401021.jpg


きのう摘み取ったサクランボは1キロ500グラムもありました。
日本のいちごケースで例えると、4〜5杯分ぐらいです。今日の午後、新聞を読みながら真っ赤に熟れたサクランボをつまんでみると、あまりの美味しさに食べる手がどうしても止まらず、ものすごく沢山食べてしまいました。。。そしてしばらく新聞に集中した後にサクランボが目に入ってしまい、止まらなくなるという繰り返しでした。おいし過ぎてキケン!!誰も止めてくれる人がいないので目につかない所にカゴごと移動させました。; D

自然になったサクランボってビックリするほどおいしいですね。。。
こんなおいしいのを食べてしまったら、もうスーパーのは食べられません。。。



d0135907_444395.jpg
d0135907_454572.jpg



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-05-31 08:16 | お散歩
lundi, le 24 novembre.....no.4


こちらの広場には、街の観光案内所がありました。

d0135907_111765.jpg



ルクセンブルグは、街の至る所、どこも非常に清潔に保たれているのが印象的でした。


d0135907_1114282.jpg



灰色の屋根の街並みが落ち着いた雰囲気を醸し出しているように感じました。。。


d0135907_112667.jpg



くねくね曲がりくねった路地裏を見つけると、いつもわくわくしてしまう私。
この辺りは、高級な洋服屋さんが並んでいました。


d0135907_1123287.jpg



ルクセンブルグの国旗のはためく眺め。。。


d0135907_1125838.jpg



木々の葉っぱが殆ど散ってしまった姿に、冬が駆け足で近づいて来つつあるのを感じました。この広場の裏にある教会からは、鐘の音が響き渡っていました。

ルクセンブルグ☆その1〜その3次のページをクリックしてどうぞ♫
[PR]
by cihir | 2008-11-25 01:53 | お散歩
lundi, le 24 novembre...no.3

シックな小さなお店の集まっていた広場です。


d0135907_0192298.jpg



上の写真の、テラスに藤のテーブルとイスの出されたお店は、こじんまりとしたサロン・ド・テ(喫茶店のような感じのお店)です。チョコレートや小さなタルト等のお菓子がカウンターのガラスのケースに並んでいて、どれもおいしそうでした。。。
店内には木の古い素朴な感じの小さなテーブルとイスの並んでいて大変私好みの雰囲気でした。

今回このお店を覗いた時は、お昼ごはんを食べた直後だったので、お菓子を味見することが出来ず少し残念でしたが、次回ルクセンブルグに行った際には是非行ってみたいなあ〜と思っています。

d0135907_0201583.jpg



水色と白のしましまの日よけのあるレストラン、”カフェ・フランセ”でお昼ごはんを取ることにしました。

前菜には、きのこのホワイトソースがたっぷりかかったトーストを、
主菜には、ほたて貝の料理をいただきました。

どちらもとても美味でした。。。


d0135907_0204630.jpg



私達がいただいた料理の写真は撮っていないのですが、食事の時に出されたパンとバターの写真です。

このパン、すごくおいしくかったので、食事の前にたくさん食べてしまった私。。。


d0135907_0211475.jpg



私達が行ったレストランのある広場はこんな感じでした。


d0135907_0214959.jpg



ゆっくりと遅めの昼食を堪能した後は、再びルクセンブルグの街のそぞろ歩き。。。


d0135907_0222034.jpg



冬時間になった今、午後5時を過ぎると外はかなり暗くなってきます。
日のある午後の時間を惜しみつつ、ゆったりのんびりと休日の午後は過ぎて行ったのでした。。。

つづく

ルクセンブルグ☆その1、その2次のページ
ルクセンブルグ☆その4前のページをクリックしてどうぞ〜♪001.gif
[PR]
by cihir | 2008-11-25 01:06 | お散歩
lundi, le 24 novembre.....no.2

古い街並みの続く路地をのんびり散歩しながら、街の中心へ向かいました。


d0135907_23141298.jpg



薄茶色の壁とクリーム色の窓枠の建物が続く坂の急な通り。
坂を下る度に景色が少しづつ変わり、なんとも素敵な街並みを楽しむことが出来ました。


d0135907_23152439.jpg



街の中心へ入ると、砂糖菓子のような優しい色合いのの建物が現れました。
窓枠や玄関の扉の形がとてもかわいい。。。


d0135907_23155182.jpg



昼過ぎには太陽が顔を出し、少し暖かくなってきました。
やっぱり青い空の下での散歩は気持ちいいなあ〜。。。


d0135907_23164838.jpg



ルクセンブルグの街の中心には、絵本から飛び出してきた様なお城のような形の建物がたくさんありました。


d0135907_2318635.jpg



屋根裏部屋の窓が並んだ屋根もかわいかったなあ〜。。。


d0135907_23184031.jpg



壮大な建物にしばし感動。。。


d0135907_23505038.jpg



写真の左側に写っている、小さな三角屋根の建物には、警備の兵隊さんがいらっしゃいました。

つづく
ルクセンブルグ☆その1次のページ
ルクセンブルグ☆その3前のページをクリックしてどうぞ♪001.gif
[PR]
by cihir | 2008-11-25 00:02 | お散歩
lundi, le 24 novembre

フランスの11月11日は、第一次大戦休戦記念日の祝日です。
フランスでは街中のお店が閉まっていたので、私が滞在している村から車で1時間半程の隣国、ルクセンブルグに行って来ました。

d0135907_22193462.jpg



ルクセンブルグでは、この日は普段通りの火曜日。
私達が到着した頃には、街で働く人達がお昼ごはんに外に出掛ける時間帯でした。

上の写真は、ルクセンブルグの街をぐるりと囲んだの城壁の門です。
この門をくぐり、しばらく歩くと、古い建物でいっぱいの街の中に入れます。


d0135907_22205734.jpg



城壁の石の壁に生えていた雑草が、なんとなく愛らしかったので、思わずパチリ。


d0135907_22213162.jpg



この細い小径をしばらく歩くと、小さなレストランやカフェがあり、近くで働く人達がワインを飲みながら、和やかに昼食を楽しんでいる姿を見かけました。


d0135907_222213100.jpg



この日は、私が暮らしている所もルクセンブルグも、気温は5℃と結構寒く、朝から空は曇りがち。。。


d0135907_22224211.jpg



フランスとは違った雰囲気や建物がとっても新鮮でした。


d0135907_22231854.jpg



三角のとんがり屋根の建物多いのが印象的でした。


d0135907_2224110.jpg


街行く人々の格好もフランスの人達とは少し違っているように見えました。

私が暮らしている地方からルクセンブルグは近いので、この街まで仕事のために通勤しているフランスの人達も結構いるのだそうです。


つづく
引き続き、”ルクセンブルグその2〜その4まで”更新して行きます。
みなさんに楽しんでいただければ、大変うれしく思います。
ルクセンブルグ☆その2前のページをクリックしてどうぞ〜♪001.gif056.gif
[PR]
by cihir | 2008-11-24 23:03 | お散歩

セーヌ川とパリの雲

lindi, le 7 juillet
ただいま夜の10時35分。
ようやく空が暗くなり、分厚い大きな雲の向こうの西の空にかすかな夕焼けが見えます。きょうは寒い1日で、街行く人々はコートや厚めのジャケットを羽織っていました。

きのうの日曜日の夕方に再びセーヌ川沿いの散策に出掛けました。

d0135907_5333466.jpg



この日は、パリ観光の中心のPalais Poyalの駅で降り、ルーブル宮の中庭を抜け、porte de lion の門から表通りに出てセーヌ川へと向かい、近くの階段から川岸へ降り散策開始。

ルーブルとセーヌ川の間の大通りQuai François Mitterrandは、いつも交通量が多めなのですが、川岸へ降りると驚く程静かでのんびりした雰囲気があります。

ルーブルの斜め向かいには”Carrouselカルーセル”という名の橋があります。
川岸から見上げた橋の向こうに広がった青い空に、真っ白な雲がもこもこ浮かんでいる景色は何とも素敵な眺めでした。


d0135907_5341815.jpg



コンコルド広場方面へ少し歩くと、川の向かいにオルセー美術館が見えてきます。
さすが世界遺産に指定されているセーヌ川河岸ですね、、、。
非常に美しい眺めです。
この100年以上前に駅舎として建てられたオルセー美術館の建物、何度見ても飽きません。

私は、セーヌ川のこの場所からこの美術館を眺めるのが大好きで、時折ここにやって来ては、ベンチに座ってぼお〜っしたひと時を過ごしてリフレッシュしています。。。今回は、持参していた小さなスケッチブックを広げてデッサンをしてみました。


d0135907_5351536.jpg



しばらく散歩を続けた後に、先程のの橋の方向に戻ると、巨大ワニのような怪獣のような形の雲がこちらに近づいてきていました。


d0135907_5355567.jpg



そして気がつくと、いつのまにか円盤状の巨大な雲が真上に広がっていました。
この頃から急に寒くなって来ました。。。
本当に今年は急に暑くなったかと思うと、寒い日々が続いたり・・・という繰り返しです。ぶるぶる〜〜〜。。。


d0135907_5363332.jpg



円盤状の雲の到来の10数分後にはの空いっぱい、雲だらけになってしまい、小一時間前までは晴れていたのが嘘のような空模様になりました。。。
でも、所々に晴れた青い空が覗いていて、なかなか幻想的でヨーロッパ的な空なのでした。


d0135907_537994.jpg



パリの街には、何故か分厚い雲が似合うような気がします。。。
昔読んだおとぎ話の挿絵のような眺めです。
どこかから魔女が現れそうなこんな空も結構好きな私。。。

上の写真は、Place de Louvreルーブル広場前の教会です。


d0135907_540210.jpg



こちらは、HOTEL DE VILLEパリ市庁舎の向かいの建物。
セーヌ川沿いの建物には、たくさんの彫刻や色々な模様が彫られていて、散策をする度に新しい発見があるので、全く飽きることがありません。。。
[PR]
by cihir | 2008-07-08 06:24 | お散歩