フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー

<   2008年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ハーブとヴォージュ広場

mercredi, le 30 juillet  30℃/19℃ 日の出 6.21 日の入り 9.32

2.3日前からまた急に暑〜くなりました。
昨日は最高気温32℃もありました。
パリの建物は近隣のヨーロッパ諸国同様、たいていの場合は家やアパートには冷房がついていないので、日中の太陽の日差しを吸い込んだ石造りの建物の壁の内部は、夜が更けるにつれ、どんどん気温が上昇します。

わたしの住んでいる建物の住人達も、夜中まで窓を全開にしていました。
窓を開けていると蚊が入ってきます。。。

d0135907_22112080.jpg



しかし、うちにはティートゥリーのエッセンシャル・オイル(写真左)あるので蚊なんてへっちゃらー♪なんです〜。 オイル1滴程を身体のいろんなところ塗っておくと、蚊が一瞬近寄って来るものの、すぐ離れていくんですよ。
すごい。さすがアボリジニの万能薬です。

昨夜は眠る前に、蚊がぶんぶん近寄って来る腕や首を中心にオイルを塗っておいたおかげで、ぐっすり熟睡。ところが朝起きてみると、油断していた足を刺されていました。それもくるぶしの辺りを集中的に。。。よほどお腹が減っていたのか。。。??

上の写真は、私が普段愛用しているエッセンシャル・オイルたちです。
この超コンパクトでいろいろ問題ありの、このパリのアパート暮らしを少しでも快適にする為に、最低これだけは、どうしても必要。
植物の力に頼るしかない私なのです・・・。

ティートゥリーのエッセンシャルオイルは、殺菌力があるので、洗濯物を外に干せない&手洗い、手絞りという洗濯三重苦を抱える私にとって必要不可欠。
洗濯液やすすぎの時にオイルを数滴たらしておくと、太陽の光の下で干せなくても嫌な匂いがしません。

そして、部屋の掃除の時にも活躍。
この部屋、シャワーボックス(玄関入ってすぐの所、キッチンの流しの1mちょっとの所に無理矢理設置されている)と壁の間に3cmぐらいの隙間があるのですが、ここ、絶対に手も掃除機の細い吸い込み口も入らないので、何年来ものホコリがたまっている(はず)。覗いてみると、かなり積もっています。。。

そうなので、毎日掃除を欠かさず、靴を脱いで生活しているにもかかわらず、毎朝ホコリがすごいんですよー。床も毎日拭いているのに、とても汚れている。。。
そんなわけど、ティートゥリーオイルの殺菌力の力を借りて、ちょっとでも清潔ライフを手に入れようとしている私なのです〜♬

ティートゥリーのオイルを薄めた液で部屋中の床や壁を拭くと、爽やかな自然な香りがして、気分すっきりさっぱり。(カビも防止・・・パリのひとり用アパート、湿気が多いので重要ポイントです。。。)

ローズマリーとラベンダーのオイルは髪を洗った後のリンスに使っています。
ローズマリーは髪にとてもいいので、つやつやさらさらを保てますよ〜。

あと、今切らせていますがオレンジのオイルも愛用しています。
掃除や、匂い消しなどに使っています。
まだ使った事はありませんが、料理やお菓子作りにも使えます。


d0135907_22115198.jpg



こちらは、つい最近ルーブル宮のショッピングセンターで買って来たハーブ療法の本です。かなり前から気になっていた物を思い切って買っちゃいました♬♬

ハーブティー、エッセンシャルオイルを使った手作りのクリームや化粧水の作り方も載っていて、とても楽しくわくわくする本です。


d0135907_2212292.jpg



そして、こちらはこのブログでも何度か登場しているお気に入りのはちみつです。
南フランスのリュベロン地方の近くで採れた天然のアカシアのはちみつです。
一度天然のはちみつのおいしさを知ってしまうと、スーパーのものは食べられなくなってしまいますよ〜。。。

これ、本当においし〜。
くせがないので、紅茶に入れて飲むと最高。

私の台所にはいつも1キロ入りの瓶が常備されています。
このはちみつ、結構ファンがいるみたいで、入荷されるとすぐに売り切れてしまうんですよ。


d0135907_2213991.jpg



先週散歩に行ったヴォージュ広場です。
ここはいつ行っても落ち着いた雰囲気でほっとくつろげます。



d0135907_22135220.jpg



みどりの芝生と赤いレンガの建物が素敵。

パリに引越して来たばかりの頃、よくひとりでぶらっとこの広場にやって来ては本等を読んでいました。ある日、結構人が多めだったのですが、すいている場所を発見し、芝生に寝そべりながらのんびりくつろいでいた私。
しかし、数10分後に係の人らしき人に、ここは立ち入り禁止なのでと教えられました。周りを見渡すと、しっかりと”芝生休息中”の札が立っていました。。。
どうりで誰もいなかった筈でした。。。



d0135907_221428100.jpg



ヴォージュ広場の四方を囲むレンガの建物の1階はギャラリーやレストランになっています。
[PR]
by cihir | 2008-07-30 23:22 | パリの暮らし
samedi, le 26 juillet.....no.2

昨日に引き続き、今日の夜もセーヌ川沿い及びシテ島を散策してきました。

d0135907_6471034.jpg



夏のセーヌ川は、冬の灰色の寂しい雰囲気とは打って変わって色鮮やか。
写真の左の方の、橋と橋の間にある緑の木々が生えている所がセーヌ川の真ん中に浮かぶ小さな島、シテ島です。

島の先端の川岸や三角形の公園には、いつもパリっ子達がピクニックやひなたぼっこをしている姿を見ることができます。

私もこの狭ーい川岸を歩いて来ましが、なかなか良い所でしたー。

右手に浮かんでいる船たちには人が住んでいるようでした。
木のテーブルや植木鉢の植物などが置かれた快適そうなテラスや、かわいい台所が見えました。


d0135907_6474296.jpg



シテ島の川岸から眺めたパリ左岸です。


d0135907_6481846.jpg



Carrouselカルーセル橋から眺めたシテ島です。
島の中央部分には、NOTRE DAMEノートルダム寺院がわずかに映っています。

セーヌ川沿いのパリの街並は、角度によっていろいろな表情があります。
この眺め、”水の都パリ”と呼びたいほど美しかったです。。。

d0135907_6485116.jpg



シテ島を散策中にこんな広場を発見。
右手には、小さな公園があり、地元の人達が静かな時を過ごしていました。


d0135907_6492792.jpg



観光客がものすごーくたくさんいるノートルダム寺院の辺りとはまるで雰囲気が違って、とても落ち着いた雰囲気でした。

今日も暖かな1日でした。
この夏はあまり暑くないせいか、ノートルダム寺院の周りの木々はすでに紅葉が始まっている様子で、びっくりしました。。。まだ7月末なのに、木々の葉っぱの色が黄色や赤っぽくなっていたんですよ。。。
これからパリは夏っぽくなるのでしょうか・・・。

その2へつづく・・・
”セーヌ川とシテ島その2”は、このページの最下部の<次のページ>をクリックしてどうぞ〜♬emoticon-0100-smile.gifemoticon-0157-sun.gif
[PR]
by cihir | 2008-07-27 07:31 | パリの暮らし
samedi, le 26 juillet  23℃/15℃ 日の出 6.16 日の入り21.37

昨日に引き続き、今日の夜もセーヌ川に浮かぶ小さな島、シテ島をぶらぶら散策してきましたー♬

d0135907_605347.jpg



裁判所からそれほど遠くない所に、おしゃれなレストランの集まった広場を発見。
パリに2年近く住んでいながら、ここにやって来たのは初めて。
この広場では、学生の人達がボールで遊んでいたり、老夫婦がベンチでのんびりしていたりと、パリの中心とは思えない程ゆったりした時間が流れていました。


d0135907_623632.jpg



こんな雰囲気の素敵なレストランを見つけました。


d0135907_652660.jpg



こちらの2軒のレストランもシックな雰囲気が漂っていました。


d0135907_661056.jpg



なぜか、この小さなホテルの入り口に心惹かれてしまった私。


d0135907_664610.jpg



広場を出て、シテ島の先端の部分にある”Square du Vert Galant”という公園でくつろいだ後、再び川岸を歩いて、Pont des arts芸術橋まで戻って来ました。
この橋を渡ると、すぐ正面にルーブル美術館の壮大な建物があります。

ルーブルの近くの地下鉄の駅からは、乗り換えなしでうちまで15分ほどで帰れるので、セーヌ川沿いは私にうってつけのお散歩コースです。

これから”セーヌ川とシテ島その1”を更新します。インターネットの接続が切れませんように。。。emoticon-0157-sun.gifemoticon-0100-smile.gif
[PR]
by cihir | 2008-07-27 06:44 | パリの暮らし

うちの近所のお昼時

vendredi, le 25 juillet

わたしの住んでいるNeuillyはパリの副都心La Defenseラ・デフォンスのすぐ近く。
凱旋門とラ・デフォンスの近代的な新凱旋門を結ぶAvenue Charles de Gaullesシャルル・ド・ゴール通りには会社が多く、お昼時になると辺りのレストランには、パリでは珍しいスーツ姿の人でいっぱいになります。

d0135907_6485053.jpg



このイタリア料理のレストランは、12時から2時半頃までのお昼時にはテラス席はこんな感じで賑わっています。


d0135907_6492656.jpg



フランス人は公園でサンドイッチのお昼ごはんを食べながらのんびりするのも大好き。
お昼時になると、パン屋さんにはバゲットの長いサンドイッチなどを買う人達の行列ができます。

さすがパンの国フランス、バゲットのサンドイッチ、種類が豊富です。
フランスのパン、まだまだ知らない種類がたくさんあるので食べ比べしなくては。。。


d0135907_6503515.jpg



うちの近くは、大通り以外はこんな感じの緑の葉っぱがうっそうと茂った並木道が多く、まるで森の中を歩いているように静か。
小鳥の歌声も聞こえてきて、田舎にいる気分を満喫できます♥


d0135907_724491.jpg


今の季節はたくさんの花が咲いていて、本当に散歩が楽しい。
夜ごはんの後にふらっと散歩に出掛けても、10時ぐらいまでゆっくりぶらぶらしつつ、爽やかな風と暖かい太陽を満喫できるのが夏の素晴らしいところです〜♪

最近のお気に入り散歩コースは、セーヌ川沿い。
うちから地下鉄で15分程のルーブルの辺りで川岸に降り、その日の気分によって気の向くままに歩きます。今日はシテ島の辺りまで行き、いろいろと新しい発見がありました。
今日のお散歩の写真は次回更新のブログに載せます〜。
[PR]
by cihir | 2008-07-26 08:12 | パリの暮らし

イタリアの料理の本たち

jeudi, le 24 juillet 16℃/28℃ 日の出6.14 日の入り21.40
今日のパリは、暖かな天気のいい気持ちいい1日でした。
ここ3日程、昼間は暖かくて、またまた夏が戻ってきた感じです。

今回は4月にイタリアで買ってきた料理の本たちを少し紹介します♬


d0135907_624095.jpg



この本は、イタリアからパリに戻る際のボローニャの空港の本屋さんで、一目惚れして手に入れたものです。厚みが4.5cmの分厚い本で、中身も大変充実しています〜。


d0135907_63361.jpg



このパスタの本もすばらしいんですよー。
いろいろな手打ちパスタの作り方が載っていて、見ているだけで興奮気味になってしまう私です。。。この本を寝る前に読んでいると、作りた〜い欲求でいっぱいになってしまい、眠れなくなってしまいます。。。
近いうちに作ってみたいものが盛りだくさん過ぎて〜♬


d0135907_641262.jpg



これは、トスカーナ地方の伝統的料理&お菓子の本。
ボローニャ滞在中、ずっとトスカーナ料理の本を探していて、やっと見つけた1冊です。イタリア語版が見つからず、英語版を購入。


d0135907_645466.jpg



そして、これはジャムの本。
ずっとジャム作りに憧れている私ですが、作り方を読んだ時点で満足してしまい、いまだに作っていません。。。
それに、近頃のインフレ+パリの物価高で、旬の果物がめちゃくちゃ高くて、キロ単位で買うなんてとんでもない今日この頃なんです・・・・・。

この本には、バナナのジャムなんてのも載っていました。
でも、アプリコットやさくらんぼ、森の果物たちでジャムを作ってみたい私です。。。


d0135907_65352.jpg



今夜は、ナスの前菜を作ってみました。

いつも買い物をするお気に入りのお店が商品整理のためにお休みだったため、スーパーで野菜を買いました。
ナス1kgにトマト500g。

しかしっ、一番安いトマト(といっても、去年はこの値段でも高いほうだった)を選んだら、中身が全く熟れてなくて、白っぽい色をしていて、見るからにあまりおいしくなさそうでした。。。

案の定、ナスとトマトをにんにくとオリーブオイルで炒めた後、煮込んでみたけど、トマトの質があまり良くなかったので、おいしくできませんでした。。。
そのままで食べてもいまいちだったので、ひと手間加えてタルトにしちゃいました〜♪

☆☆omake☆☆
ーうちのキッチンー
d0135907_661128.jpg



うちにキッチンはとても小さいので、いつも電気オーブンの上に普段よく使う物たちを置いています。オーブンを使う時には、いちいち他の場所に移動させなくては行けないので、少々面倒なんですけどね。。。
[PR]
by cihir | 2008-07-25 06:58 | パリの暮らし
lundi, le 21 juillet...no,4

ルーブル美術館の門の近くのセーヌ川沿いの道には、
Paris plagesパリ・プラージュ(パリの浜辺)の青い看板がありました。


d0135907_83953.jpg



この坂道を下ると、すぐにセーヌ川の岸に着きます。
ここからの眺め、まるで本物の海みたい。。。♬


d0135907_834370.jpg



なんだか、本当に海にやって来たみたいにわくわく気分を味わえました。


d0135907_84365.jpg



Pont des Artsは車の通らない橋。
夏の間は夕方から夜にかけて、ワインや食べ物を持って来てピクニックをしている人をよく見かけます。


d0135907_855246.jpg



久しぶりにみる雲一つない青空〜。
すばらしい〜〜〜emoticon-0157-sun.gifemoticon-0100-smile.gifemoticon-0100-smile.gif


今日はインターネットの調子が抜群によく、
すいすーいと更新できてごきげんな私です♬♬

夜になると、また冷え込んできました。。。
セーターとタイツを身につけていても少し寒いです。
明日も晴れると良いなー♥

[PR]
by cihir | 2008-07-22 08:31 | パリの暮らし
lundi, le 21 juillet...ni.3

引き続き”Paris Plageパリ・プラージュ”
☆パリの浜辺で海水浴気分☆の続きです。

d0135907_7321250.jpg



本当にたくさんの人がセーヌ川に集まってきていました。



d0135907_7324220.jpg



またまた人工の虹を発見。


d0135907_7331581.jpg



セーヌ川の岸に浜辺を作ってしまおうなんて、とても楽しいアイデアだなー。
こんな自由な発想の街づくりをしているパリに住んでいることをとても嬉しく思う私で
す♬


d0135907_7334769.jpg



真っ青な空が夏らしくていいなあ〜。。。


d0135907_734405.jpg



パリは首都だけど、ゆったりと時間の流れる街です。
セーヌ川の流れを眺めていると、なんとなく気持ちもゆったりしてくるように感じます。


d0135907_7352520.jpg



青い空とさわやかな風があれば、それだけで嬉しくなってしまう私。。。
青い空の映った蒼い川はなんとも美しいなあ〜〜〜。

その4へつづく。。。♬emoticon-0157-sun.gifemoticon-0100-smile.gif
[PR]
by cihir | 2008-07-22 07:58 | パリの暮らし
lundi, le 21 juillet.....no.2

”Paris Plagesパリ・プラージュ”で浜辺のようになったセーヌ川の川岸。

d0135907_714713.jpg



いつもと全く雰囲気が変わって、少しリゾート風になりました。


d0135907_7144137.jpg



川岸の所々に、霧のように細かいシャワーが出でいて、人工の虹が出来ていました。


d0135907_7152513.jpg



パリの街と青いパラソル、なかなか合っていて素敵に見えます。


d0135907_7161272.jpg



ちいさな子たちもうれしそうに遊んでいました〜♥その3へつづく・・・
[PR]
by cihir | 2008-07-22 07:26 | パリの暮らし
lundi, le 21 juillet

じゃーん、今年も去年に引き続き、今日から”Paris Plagesパリの砂浜(直訳)” が始まりました。8月21日まで1ヶ月間続きます。セーヌ川の川岸に砂が敷きつめられた所あり、青いパラソルが並んだ所あり、かき氷の売店やカフェのあり、音楽を奏でるバンドもいました。

今日の夕方に早速行ってみると、たくさんの人達がデッキチェアに寝そべっていたり、パラソルの下で涼んだり、ピクニックを楽しんいました。

今日のパリ、気温が昨日よりは上がって少し暖かくなり、太陽がさんさんと照り、澄み切った青空の広がった素晴らしく美しい日になりました。

今日は4本だてです。
インターネットの接続が切れない限り、更新を続けていきます〜。



d0135907_6443312.jpg



セーヌ川沿いの古本屋さんのおじさんと犬。
なかなか絵になっていたので、思わずぱちり♬


d0135907_6454444.jpg



この道の下の川岸には、ずらっと青いビーチパラソルが並んでいます。
いつもは散歩する人がちらほら歩いていて静かな川岸には、今日はたーくさんの人々が集まってきていました。


d0135907_6461312.jpg



ここから眺めるパリはとてもきれい。
どこかの小さな街のようにも見えます。

川の左側の岸に見えるのは、paris plageに集まってきた人々です。


d0135907_647966.jpg



この景色、まるで南の島のような雰囲気。
太陽の光がきらきらして、本当に素敵でした。


d0135907_6474225.jpg



こうして見ると、本当の海みたいだな。。。♬
この時すでに夜の8時を過ぎていました。

その2へつづく・・・
[PR]
by cihir | 2008-07-22 07:09 | パリの暮らし
vendredi, le 18 juillet
パリ市庁舎近くのBHVというお店にキッチン用品を買いに行ってきました。

d0135907_604257.jpg



無漂白のコットンの布で作られたお茶用のフィルター&麻のふきんです。
フィルターはデンマーク製です。


d0135907_623291.jpg



裏にイラスト付きの使用方法が書かれています。

お茶が大好きで、1日に5、6杯は飲む私。
フランスに住み始めてから、便利で長持ちする茶こしを求めて、いろいろ探したり試してみましたが、また納得できるものに出会えずにいます。。。

さて、このフィルターの使い心地&長持ち度はどんな具合なのでしょうか。。。
明日の朝に早速試してみます〜。


d0135907_615633.jpg



こちらは、フランスに来て初めて手に入れた魚介類の料理の本です。

当時住んでいたTOURSトゥールという街の中心の本屋さんで見つけました。
この本屋さん、とても明るい雰囲気で、お店の人も親切。
最上階の3階には、料理、手芸、花や庭関係の本、旅行書などがあり、その奥にとても素敵なサロン・ドゥ・テ(喫茶店)があり、ここで買ったばかりの本を読みながらくつろぐのが好きでした。

この本のレシピで作った手打ちラビオリ、すごーくおいしかった〜。
前回のブログにのせたたまねぎとツナのタルもこの本を参考にしました。


d0135907_6155977.jpg



こちらは、じゃがいも料理の本。
ヨーロッパ中のいろいろなじゃがいも料理のレシピがのっています。

レシピごとに描かれているじゃがいものイラストがかわいくて、眺めているだけで満足してしまい、まだひとつも作っていません。。。


d0135907_6164889.jpg



そして、こちらは私の愛読書、天然酵母のパンの本です。
フランスの伝統的かつ本格的なパンの作り方と、パンの材料の小麦粉、塩、水、についても詳しい説明がのってる素晴らしくて楽しい本です。
すべて昔ながらの手作業で作っているところが気に入っています。

この本を全部度読破したら、フランスのパンや材料についてかなり詳しくなれそうです。。。

この本を参考に、小麦粉の天然酵母を近いうちに育て始める予定です〜♬
[PR]
by cihir | 2008-07-19 06:51 | キッチン雑貨