フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

休暇へ

8月22日

いつも遊びに来てくださる皆様、どうもありがとうございます。
実は、今日の午後にイタリアのシチリア島に休暇に出掛けます。
9月1日にパリに戻ってくるので、シチリアの旅行記を楽しみにしていて下さいねー♪


d0135907_1919073.jpg



そんなわけで、昨日は急遽、田舎に住む友人のお家に遊びに行ってきました。
街の様子などは、パリに戻った後に、記事を更新します。

上の写真は、友達の庭で育っている大きなズッキーニ☆


d0135907_19192533.jpg



こちらは巨大なルバーブ♪


d0135907_1920588.jpg



そして色とりどりのきれいな花たち。。。

今から空港へ向かいます。
ではでは、9月に♪
[PR]
by cihir | 2008-08-22 19:25 | パリの暮らし

魚のラビオリ

lundi, le 18 août


魚のラビオリを作ってみました♫

d0135907_5193273.jpg



今回のラビオリの生地は、セモリナ粉入りです。

生地の作り方だけはイタリアのパスタの本を参考にして、詰め物はシンプルに白身の魚だけにしてみました。

そして、ソースは自家製のトマトとたまねぎとオリープオイルのソース。
とても簡単にシンプルに作ったけど、これがめちゃくちゃ美味でしたー♫♫
すごい勢いで食べ終えてしまった私。。。

ちょっとしばらくの間は、手打ちパスタにはまってしまいそうな予感。。。
もう、とってもおいしいんです〜。


d0135907_5221018.jpg



上の写真は今回使ったセモリナ粉。


d0135907_5252194.jpg



こちらは、私がよく夕食後に散歩に出掛ける近所の通りです。
このパリでは珍しい赤い屋根の2階建ての小学校の建物は、私の大のお気に入りです。
古き良きフランスといった趣のクリーム色の壁の建物がなんかかわいくて。。。
音楽祭やクリスマス市などの街の催し物は、いつもこの小学校の前で行なわれます。


d0135907_526645.jpg



こちらは近所の家々です。
テラスで夕方のひと時を楽しんでいたカップルが写ってしまいました。。。


d0135907_5305100.jpg



フランスには、日本で見たことのなかった小さな花がたくさん咲いているので、近所の庭を眺めながら散歩をするのは、とても楽しいなあ。


d0135907_5354386.jpg



いつも食料品屋さんに行く時に通る道に生えている、顔みたいな木。
今までいつも横を通っていたのに、ずっと存在に気付かずにいました。
[PR]
by cihir | 2008-08-19 06:04 | パリの暮らし

ショートブレッド

vendredi, le 15 août  22℃/11℃ 日の出6.43 日の入り21.05

大好きなショートブレッドを作りました。


d0135907_19363126.jpg



ショートブレッドはスコットランドのビスケット。材料も作り方もとーっても簡単なので、急にお菓子が食べたくなった時や、友達の家に遊びに行く時によく作ります。

材料は小麦粉3、バター2、砂糖1の割合で、適当に混ぜた粉と砂糖(ふるわなくていい)に細かく刻んだバターを指先で適当にさっと混ぜて焼くだけ。
コツは良い有塩バターを使うことと、バターを溶かさないように混ぜることかな。
イギリスのお菓子は少しいい加減な感じで作るととってもおいしく出来るのです♫


d0135907_19371530.jpg



あっ、時間があまり無くってものすごーく慌てて作ったので、形がとってもいびつでちょっぴり恥ずかしいです。。。
このビスケット、手で形作るので、いろんな形に出来て楽しいんですよ。

今回はチョコレート味も作ってみました。
友達の家に夜ごはんに呼ばれたので、以前にもこのブログに載せことのある得意のQuatres-quatres というパウンドケーキを作って持って行くつもりにしていたのです。ところが、いざ作ろうとした時に、ゴムベラが無い事に気付き断念。。。

時間があまりなかったので、うちにある材料で作れるお菓子といったら、ショートブレッドだけだったのです。。。

それも無塩バターしか無かったので、少し塩を足して作ったのですが、やっぱり有塩バターで作った方が断然おいしいなー。


d0135907_19383437.jpg



うちの近所の庭に咲いていた色とりどりの花たちがかわいかったので、思わずバチリ。


d0135907_19425217.jpg



最近、実をつけた植物をたくさん見かけます。
まだ8月中旬だけど、パリはもう秋なのでしょうか。。。
木々も少し紅葉しているし、枯れ葉もたーくさん落ちています。。。


d0135907_19434583.jpg



夜、時間が出来るとセーヌ川沿いに散歩に出掛けることにしている今日この頃の私ですが、昨日は一段と寒かった〜。。。
寒さに備えて薄手のウールのセーターに、これまた薄手のウールの上着を着て暖かくして出掛けたのですが、それでも寒くって、コートと手袋を身につけたい程だったんですよー。

日も刻々と短くなり、秋の到来を感じるこの頃です。。。
夏はまた戻ってくるのでしょうか??
[PR]
by cihir | 2008-08-15 20:17 | パリの暮らし
samedi, le 9 août 25℃/16℃ 日の出6.34 日の入り21.16

ラビオリを作りました〜♫


d0135907_0363379.jpg



茹でたてラビオリくんたち、ぶりっぷり〜です。

ラビオリの生地は小麦粉とたまごと塩だけを捏ねて作りました。
うちでパスタの生地を作るとめちゃくちゃおいしいですねーemoticon-0109-kiss.gif


d0135907_0365886.jpg



先週の土曜日に買ってきたラビオリ用のカッターのおかげで、簡単、快適に生地を切り離すことが出来ました。うれしい♥

2年ぐらい前に初めて手打ちラビオリを作ったときは、カッターが無かったので仕方なく包丁で切り離し、形がなんとも無骨だったのでした。。。
(あっ、でも味はばっちりでした〜。 その時作ったのはカニのラビオリでした)

あっ、今回も大きさはちょっぴりバラバラですが。。。


d0135907_0372575.jpg



ラビオリはレシピ通りに作りましたが、中の詰め物とソースは大分アレンジしました。

参考にしたレシピでは、詰め物の材料はパルミジャーノ、リコッタと2種類のチーズ、それにたまごと茹でたじゃがいもでした。
しかし、レシピ通りのチーズを揃えるとなると、この物価高のフランスでは結構材料費が高くついてしまうので、家の冷蔵庫に残っていた頂き物のグラナ・パダーノというイタリアのチーズのみを使いました。
それも、わずかに残った端っこの部分を必死ですりおろした私なのでした。。。

ソースはオリーブオイルで炒めた野菜にオリーブオイルとバター少々を足した超シンプルなものにしました。

でも、これが美味しく出来て、とてもとても満足〜♫
このオリジナル・ラビオリ、うちの定番になりそうです。


d0135907_0375341.jpg



うちにあるイタリアのパスタの本には、いろんな手作りパスタの作り方が載っていて、見ているだけで創作意欲を刺激されます。
夜寝る前に見ると興奮して眠れなってしまうので、ちょっぴりキケン。。。
ラビオリの生地だけでも、中の詰め物によって生地の配合や材料が違い、いろんな種類があっておもしろい。
(食べ物に関してはめちゃくちゃ凝り性なイタリア人、尊敬しますー)

生地によって、セモリナ粉を使うレシピもあったので、早速近所のお店で買って来ました。次は、ブロッコリーのペーストの詰め物入りのラビオリを作ろうかと計画中。作り方の写真と材料を見ただけで、もう、絶対おいしいのが想像できるんです。。。

★猛暑と冷夏★
今週の水曜日は33℃の猛暑になったパリ。
(わたしの住んでいるアパートの建物は、昼間暑いと、その間に建物の壁が吸った熱気で、夜になる程、室内の気温が上昇します。)

水曜の夜は意外な事に、夜の12時迄はそれ程部屋が暑くならず、ほっとしていた私。そのまま窓を明けっ放しにして寝ていたました。

しかし、その後どんどん気温が上昇し部屋が暑くなり、蚊がたくさん入って来て、ウトウトしてくる度に”ぷうう〜ん”耳元にやって来るのが気になって眠れず。。。 いつの間にか少し眠った後、ものすごーい熱気で目が覚め、時計を見ると明け方の4時。
信じられないほど部屋が暑くて顔と頭がかっかと火照っていてびっくり。
(まるで熱中症にかかったかのようでした。。。)
今まで経験した事の無い独特の暑さ。。。
あまりにも暑いので窓から顔を出してみると、風が全く無いのでぬる〜い。。。
中庭を挟んで5メートルと離れていない真向かいの住人が上半身裸で窓辺に立っていてびっくり。。。

結局その夜は熱気で1時間ぐらいしか眠れず、、、。
”今日こそは扇風機を絶対買いに行くっ!!”と思っていた所、ラジオの天気予報を聞くと、なんと木曜日の気温は23℃。。。 いきなり10℃単位で気温が変わるので大変です。
でも、あのすさまじい熱帯的な夜は再び経験したくないので、多少寒くても22〜23℃の涼し過ぎる気温のほうがましかも。。。

わたしの住んでいる建物、他の建物に比べて湿気が多くて、熱を吸収しやすいみたい。。。 夏暑くて冬寒いアパートみたいです。

昨日は最高気温22℃ぐらいでした。
夜になると寒くて、布団を2枚も掛けて眠りました。

パジャマも夏用だと寒くて、セーターを着てソックスを履いて寝た程です。
(冬物のパジャマは、このアパートに引越して以来、部屋干しだったのと、冬の間低温多湿で洗濯物が3〜4日乾かなかった事が原因で、ゾーキンみたいなニオイが染み付いて取れなくなってしまったので捨てちゃったんです。。。 普通に清潔な暮らしに戻りたいです。。。)
今日もちょっと寒いけど、明るく元気に夏を堪能しよう。。。♫♫
[PR]
by cihir | 2008-08-10 00:20 | 料理

ズッキーニ

mercredi, le 6 août  32℃/17℃ 日の出 6.31 日の入り21.21

丸いズッキーニです♫


d0135907_0425632.jpg



今日は、この丸ごとズッキーニに、トマトの玄米リゾットを詰めて焼いてみました〜。


前日に煮込んでおいたトマトソースに、スプーンでくり抜いたズッキーニと玄米と入れてリゾットを作り、、ズッキーニの器に詰め、チーズをのっけてオーブンで焼いただけです。


d0135907_044221.jpg



15分程焼くと、こんなのが出来上がりました♫
チーズがぐつぐつ溶けておいしそー♥


d0135907_049245.jpg



あつあつを食べてみると、おいしー。emoticon-0109-kiss.gif
器のズッキーニもまるごと食べれるのが楽しかったなあ。。。

あっ、リゾットの中にもたーっぷりとチーズを入れたほうが、よりいっそう美味しかったはず。次回はチーズをたくさん入れて再び作ってみます。

インフレのフランス、チーズの値段がものすごーく高いんですよ〜〜。。。
今回はフラッシュコンテ地方のコンテというチーズを使いました。


d0135907_05477.jpg



こちらは月曜日の夜ごはんの後に散歩に行って来たセーヌ川。
きらきら輝いたセーヌ川は本当に美しく、たくさんの人達が集まっていました。

今日のパリは午後6時現在で32℃もあり非常に暑いので、今夜は私の部屋の気温がぐ〜〜〜んと上昇しそうです。。。
今のところ、外がそんなに暑いのが信じられない程涼しくて快適な私の部屋ですが、夜9時を過ぎる頃から明け方までどんどん部屋が暑くなるはずです。。。

しかし天気予報によると、またまた明日から寒くなるのだそうです。
そうなので、今から太陽を満喫しに出掛けてきま〜す。
[PR]
by cihir | 2008-08-07 01:38 | パリの暮らし

FLAN☆フラン

lundi le 4 août 24℃/13℃ 日の出6.24 日の入り21.24

FLAN フランを作りました。
フランスのパン屋さんだったら、どこにでも売っているとても庶民的で、フランス人の大好きなお菓子です。


d0135907_57882.jpg



プリンとカスタードクリームの間みたいなぷりんぷりん弾力のあるタルトです。

しかし、、、この不自然な方向から写した写真・・・。
実は、中までよく焼けなくて、切り目をお見せできないのです。。。

形もいまひとつな出来・・・になってしまいました。


d0135907_5125367.jpg



私が参考にしたレシピの写真は、表面が結構焦げていましたが、お店で売っているような焦げ目の無いフランを作りたくて、オーブンの温度を少し低めにしてしまったのがいけなかったのかも。。。

それと、中に詰めるクリームを作る時に、牛乳をよく沸騰させなかったのが原因かも。。。 私、牛乳が沸騰した時の匂いが苦手なので、沸騰しかけた時に火を止めてしまったのです...。emoticon-0111-blush.gif


d0135907_515101.jpg



材料は、こんなのを使いました。


d0135907_516528.jpg



こちらは、生地(LA PATE SABLÉE)の材料。


d0135907_5164493.jpg



この生地はかなり柔らかだったので、平均した厚みに伸ばせず、穴あきさんになってしまいました。。。
たまごが大きかったのかな。

おいしいフランを作れるようになりたいなー。
次回は違うレシピで試してみよう〜♬

☆omake☆
家に近所の植物


d0135907_5174235.jpg



これは、日曜日の夜に近所を散歩した時に見つけた青い花たち。
可憐に風に揺れている姿がとってもかわいかった〜。

週末の間、パリは少し寒くて秋みたいでした。
20℃も無かったような感じでした。
並木道には、枯れ葉がたくさん落ちていて、木々の葉っぱの色も黄色や赤っぽくなっていて紅葉しているみたいに見えました。

今年の夏は寒い日が多いから、植物たちは、もう秋が来たのかた勘違いしているのかも。。。


d0135907_5195475.jpg



知らない間に、いろんな植物が実をつけていました。
メロンとりんごの間の子のような実、食べられるのかなあ〜??
[PR]
by cihir | 2008-08-06 05:29 | パリの暮らし

バジル

samedi. le 2 août

生のバジルの束です♬

d0135907_5125421.jpg



このバジルさんたちを使って何を作ろうかな〜・・・と考えつつ、昨日の夜寝る前にイタリアのパスタの本をパラパラめくっていたら、Lasange estive☆夏野菜のラザニアという、とてもおいしそうな一皿に目が釘付けになりました。
ラザニアやラビオリを生地から作ってみようと、午前中から何軒かのお店をはしごして、道具や材料の調達に行ってきました。

しかし、肝心のチーズが品切れだったので、これは来週のお楽しみに取っておくことに♬ 


d0135907_5132332.jpg



そして、こんなリゾットを作ってみました。
うちにあるリゾットの本を参考に作ったRiso sadano e pomodoro☆セロリトマトのリゾットです。

にんにくとタマネギとトマトとセロリとオリーブオイルだけで出来た素朴なリゾット。おいしかったー emoticon-0109-kiss.gif

あっ、このリゾットのレシピの写真にバジルの葉が飾ってあったので、バジルを少し消費できるかな、、、と思って作ったのですが、飾りにしか使ってませんでした。。。
食べ始めたから気付いたうっかり者の私。。。


d0135907_5134697.jpg



たくさんのシンプルなリゾットのレシピがたくさん載っている楽しい本です。
しかし、写真は一つおきにしか載っていないので、出来上がりをうまく想像できないリゾットがいくつもあるんです。。。


d0135907_5141797.jpg



BHVというお店で買ってきた耐熱皿とガラスのびんです。
うちにたくさんあるバジルをオリーブオイル漬けにするのにちょうどいい大きさ。


d0135907_5145098.jpg



昨日買ってきたバジルの束はかなり量があり、そのまま置いておくとすぐしなしなになってしまうので、オリーブオイルに入れて保存しつつ、いろんな料理に使う予定。

今日オイル漬けに出来たのは、ほんの3分の1の量。
うちにあるオリーブオイルを全部使っても、全然足りませんでした。。。
今日、スーパーに行った時に、少しケチって250mlのオリーブオイルにしたのが間違いだった。。。

もっとオリーブオイルを足さなくては。。。

このバジルオイルを料理に使ったり、生野菜やゆで野菜にだら〜んとかけて、自然塩をぱらぱらとかけて食べると、めちゃくちゃおいしくて大好き♬


d0135907_5151354.jpg



こちらは、手作りのラビオリの生地をくり抜いたり、切ったりする道具です。
イタリアのパスタの本で、おいしそうな野菜のラビオリを見つけ、作る気満々になってしまったので、プロ用調理道具の問屋さんに探しに行ってきました。


d0135907_5154586.jpg
今週の火、水、木の3日間30℃を超える猛暑になりましたが、昨日からまたまた、あっさりと寒くなりました。

昨日の最高は23℃、最低気温15℃。
半袖で外に出ると腕が寒く、街行く人々は厚めのジャケット等を着ていました。。。

そして、今日も寒かったです。。。
あまりにも極端に気温が変わりすぎるなあー。
まあ、あの猛暑が続かなくて良かったけど、今日は小雨が降り風が強く、夕方から少し晴れて暖かくなってきたけど、なんとなく秋っぽい1日でした。

天気予報によると、来週も涼しい日々が続くそう。。。
[PR]
by cihir | 2008-08-03 06:34 | パリの暮らし

じゃがいものニョッキ

jeudi, le 31 juillet 33℃/17℃ 日の出6.23 日の入り21.30

変身前のじゃがいもたちです♪


d0135907_5264350.jpg



きょうはこれでじゃがいものニョッキを作りました。

3回目の挑戦でやっと成功。
今まで手持ちのレシピで作ってみたのですが、どうも生地がうまくまとまらず、生地を1時間寝かせた後にニョッキを茹でてみても、なんだかゆるゆる過ぎる状態でした。。。

そうなので、今日はレシピの分量に小麦粉を多めに足して、チーズの量も増やしてみました。


d0135907_5271837.jpg



すると、じゃあーん、こんなのが出来ました〜emoticon-0109-kiss.gif
わーい、うれしいな。おいしく出来上がりました。


d0135907_5274662.jpg




材料はこんな感じです。

チーズは、イタリア人のお友達にいただいたGRANA PPADANOグラナ・パダーノという、パルミジャーノに似たものを使いました。
このチーズ、クセがなくて食べやすいです〜。


d0135907_528121.jpg



じゃがいものニョッキ&とマトソーズにチーズをた〜っぷりと振りかけていただきました。おいし〜〜〜emoticon-0109-kiss.gifemoticon-0157-sun.gif♪♪

あっ、私のニョッキ、ちょと大きくなってしまったので、余った生地で再び普通サイズのニョッキを作ってみます。次回はバターのソースで食べてみようかな。。。


念願のニョッキを作れるようになってとても嬉しい。
今年の4月にボローニャの小さなレストランで食べたトマトソースのニョッキがおいしくて、忘れられずにいたのです。

テーブルに運ばれてきたそのお店のニョッキを見た途端、すごーくおいしいのがわかりました。すごくおいしいものって、見た目もおいしいオーラを発しているのかなあー。。。


ニョッキ、あのおいしいボローニャのお店のものと同じぐらい、すごーく美味しいのが作れるように、しばらく研究してみよう〜


d0135907_5284965.jpg



上の写真は、昨日作ったフォカッチャ(もどき)です。
イタリアで買ってきた料理の本のレシピでは、ビール酵母を使っているのですが、パリでは手に入るのか不明。。。
近所の品揃えに良い自然食品屋さんやスーパに行ってみましたが、発見できず。。。
仕方ないので、ビールに小麦粉の酵母を溶かして作ってみました。

酵母をどのぐらい入れていいのか分からず、少なめにしたら、生地の膨らみもすくなめでした。焼き上がりは、”ファカッチャに似たパン”といった感じでした。
ビール酵母、イタリアの友人に送ってもらおうかなあ〜。。。


フランスにも猛暑がやってきました。
昨日の夜は、日中にアパートの建物の壁に吸い込まれた熱気で、私の部屋は真夜中になってもどんどん気温が上がり、のぼせ気味の私でした。

窓を閉めていると部屋中すごい湿気と熱気で体力を消耗するほど。。。 
昨夜の私、頭から湯気が出ていたかも・・・。

窓を閉めて一旦眠ったものの、暑くて目が覚めた程です。
うち、扇風機も無いので。。。

今朝は、信じがたい暑苦しい部屋で目覚めました。

夕方の5時現在、昨夜から朝にかけて冷やされたアパートの建物の壁のおかげで、ひんやりとやっと涼しくなった我が家。

しかし今日の最高気温は33℃。
またまた時間差攻撃で、今夜もものすごい湿気と暑さに包まれるのであろうことは確か。。。今から扇風機を探しに行こうかなあ〜。。。


去年も一昨年も、猛暑になりかけた時に扇風機を買いに行こうと思っていたのですが、1週間近く30度を超す暑さが続いた後は、急に涼しくなってしまったのです。
そうなので、今回も扇風機を買うか買うまいか悩む所です。。。

私のミニミニ・ストゥーディオは20平方メートルとものすごーく狭いので、涼しくなって使わなくなると、ものすごく場所を取るので。。。
この猛暑が続かない事を祈るのみ。

[PR]
by cihir | 2008-08-01 00:12 | 料理