フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

フランスの小さな村

vendredi, le 30 janvier

1月初旬に雪が降った時に近くの小さな村を訪ねました。。。

d0135907_2053229.jpg


雪に覆われた連なる丘の眺めがとても素敵でした。
この村は、おとぎの国のような家々が多く、かなり気に入ってしまった私なのでした。

春になったら、ゆっくりと散歩してみたい場所のひとつです~。

d0135907_219251.jpg


1月いっぱいまでは、クリスマスの飾りがそのままになっているようです。


d0135907_21162210.jpg


緑色の鎧戸とアーチ型の大きな扉のある古い家に心ひかれてしまいました。。。


d0135907_21205726.jpg


ただ今、日本に一時帰国中です。

パソコンの調子のせいか、画像をなかなかアップロード出来ず・・・・・。
様子を見つつ、少しづつ写真を載せていきますので、また遊びに来て下さいね~。
[PR]
by cihir | 2009-01-30 21:07 | FRANCE
mardi, le 20 janvier.....no.3


d0135907_122180.jpg



私の住んでいる地方のお隣のアルザス地方の特産品のパスタです。


d0135907_1222193.jpg



パスタといえばイタリアですが、このフランスのアルザス地方で作られている
このパスタもとてもおいしい〜。

いろんな種類があり、タマゴがふんだんに使われているのが特徴。
どれもコシがあっておいしい。。。

上の写真は、スペッツェルという名前。
イタリアのスパゲッティーとはかなり違うパスタで、こちらもなかなかのものです。



d0135907_122435.jpg



大きなマッシュルームと鮭と生クリームでサッとソースを作り、イタリアの乾燥ハーブをちょっぴり加えて隠し味に。。。

この一皿、私たち2人とも大変気に入ってしまい、昼と夜、2回とも同じ物を作って食べました〜。

それにしても、フランスのマッシュルーム、本当にいい味です。。。


d0135907_123198.jpg



こちらは、先々週に遊びに行った近くの村の連なる丘の眺めです。


d0135907_12357100.jpg



今でもまだ雪が残っています。


d0135907_1242060.jpg



かなり冷たかったものの、澄んでいて気持ちのいい新鮮な空気を満喫しました。


d0135907_1244521.jpg



春になったらまた是非訪れてみたい小さな村のひとつです。


d0135907_125726.jpg


木々の葉っぱが茂り、花の咲く季節にはすばらしく美しい景色が広がっていることでしょう。。。


本日更新済みのこちら記事もどうぞ〜。
●アーモンドのふわふわケーキ●
●アリコ・ココのスープ●
[PR]
by cihir | 2009-01-21 01:55 | FRANCE

アリコ・ココのスープ

mardi, le 20 janvier.....no2

アリコ・ココというフランスのインゲンです。

d0135907_23525665.jpg



このインゲン、長さが15cmほどと長め。
このアリコ・ココ、うちでは頻繁にスープとして食卓に登場します。


d0135907_23532346.jpg



アリコ・ココのスープはあっさりした味なので、すりおろしたグリュリエール・チーズを混ぜて食べるのが私たちのお気に入り。

今回はブロッコリーの茎の部分を細かく切って一緒に煮込んでみました。。。
この部分にはたくさんの栄養が詰まっているんですよ〜〜〜。

この茎の部分を加えた事でスープに一段とコクが出て、今までより更に美味しく出来て大感激〜なのでした。。。


d0135907_23534237.jpg



写真を撮ったのが夜だったので、あまり良く色が再現されていませんが、とてもきれいなパステルグリーンのスープでした。


d0135907_23541688.jpg



こちらは、いつもの八百屋さんで買ってきた葉っぱ付きのにんじん。
皮の部分に栄養が多いので、皮付きのまま料理しています。


d0135907_23545237.jpg



そしてそして、こちらは先々週に手に入れたお気に入りのフライパン。。。
staubという会社の鋳鉄ホウロウ製の手作りのものです。
このメーカーの製品は、すべてが手作りで、同じ物はひとつとして無いのだそう。

実は、結婚前から調理道具をいろいろ見て回っていたのですが、なかなか納得出来る丈夫で美しい道具に出会えずにいました。。。。。

特に鍋やフライパンは、最近ではテフロンの薄いものが主流のよう。。。
私は昔ながらの木の取っ手のついた黒い鉄のフライパンをイメージしていたのですが、どこのお店に行っても置いてある品は同じようなものばかり。。。

使う程に油がなじんで、使い勝手が良くなるようなそんなフライパンはもう売られていないのかなあ、、、と、諦めかけた頃にこのフライパンに出会いました。


d0135907_23551727.jpg



大事に使っていきたい道具に出会えてうれしいな。。。
使う程に愛着が湧くんだろうなあ〜。

料理好きの私としては、鍋やフライパンの質はどうしてもこだわってしまうのです。
そして、やっぱり良い道具は美しい。

うちに連れて帰り、早速オリーブオイルを塗ってお手入れしました〜。

*おまけ*
今日の夫のおやつ

d0135907_23555311.jpg


先日作ったアーモンドのケーキとりんご。

それに、メープルバターつき&ラズベリー・ジャムつき
のシリアル・バゲット2切れです。


本日更新済みのアーモンドのふわふわケーキもどうぞ〜001.gif056.gif
[PR]
by cihir | 2009-01-21 00:48 | フランスの食べ物
mardi, le 20 janvier


d0135907_22435198.jpg



アーモンドパウダーをたーっぷり入れて作ったふわふわ、しっとりケーキです。


d0135907_2244304.jpg



大好きな島本薫さんの本を参考に、少しアレンジを加えて作ってみました。
生地には、たまごやレモンの皮のすりおろしが入っていて、とってもやさしい味。


d0135907_22445437.jpg



お砂糖は、未精製の無農薬の金色がかったものを使いました。
とっても美味しいお砂糖です。

すりおろしたレモンの実の部分は絞り、このお砂糖を加えてレモンジュースにしていただきました。
う〜ん・・・おいしかったなあ。。。


d0135907_22451096.jpg



ヘーゼルナッツを半分に切ったものを散らして焼いてみました。

出来立ては、ナッツとケーキがしっくり合ってませんでした。。。
しかし1日置いてみると、不思議な事になかなかおいしい組み合わせになっていました〜〜〜。

焼いた2日後のほうが一段としっとり、おいしくなっていました。。。


d0135907_22455832.jpg



こちらは、夫が昨日買ってきてくれた森のはちみつ。


d0135907_22461886.jpg



ひと口味見してみてうっとり・・・。
シリアルのバゲットとも良い相性でした。。。


d0135907_22465476.jpg



いつも飲んでいる有機栽培の紅茶に入れてみると、これまた大変美味でした。。。


d0135907_22475020.jpg



このケーキ、本当に紅茶にぴったりです。


d0135907_22482028.jpg



上の写真の本は、パリに住んでいた時に、ルーブル美術館の建物に入っている雑貨屋さんで見つけました。

ハーブの自家製化粧品の作り方や、エッセンシャルオイルのいろいろな実用的な使い方が載っている楽しい本です。。。
[PR]
by cihir | 2009-01-20 23:16 | フランスの食べ物
samedi, le 17 janvier

d0135907_1922040.jpg



木曜日は夫の仕事が休みの日。
そうなので、2人でお隣の街へ食料品や日用品の買い物へ。


d0135907_19223812.jpg



フランスの学校は水曜日が休みです。
そのため、両親も水曜日に仕事を休む人が多く、街の中心は結構混んでいます。

しかし、その翌日の木曜日は、人通りも少なめでとっても快適に買い物をする事が出来ます。


d0135907_1923135.jpg



12月にはこの広場でクリスマス・マーケットが開かれていて、とても賑わっていました〜。


d0135907_19232546.jpg



この自然食品屋さんでやっと、3ヶ月近く探していた、パリ時代から愛用しているお気に入りのシャンプーを探し出すことが出来ました〜〜〜。

思い起こせば、ありとあらゆる薬局、自然食品屋のお店、自然石けんとシャンプーの専門店などを見て回ったけれど見つからず、、、
やっぱりパリに行かないと見つからないのかなー・・・と、諦めかけていた矢先だったので、本当にうれしい。

シャンプーが切れてしまったその翌日に、偶然通りかかったこのお店で見つけました。
私って、探しまわって諦めかけた時に、求めていたものが見つかる事が多いなあ。。。

その上、パリ時代に愛用していたレモンやラベンダーのエッセンシャル・オイル入りの自然派の掃除用洗剤なども見つけて、大満足な私なのでした〜。


d0135907_19235454.jpg



こちらは、昼ごはんの前に作ったプリンです。
オーブンで焼き上がったカスタード・プリンにカラメルソースをかけました。

d0135907_19241751.jpg



うちにあるレシピを見て作ったのですが、いまいちでした。。。。。
なんだか、たまごっぽさが強過ぎて固めでした・・・。
次回は違うレシピを試してみよう〜。


d0135907_1924381.jpg



昨日の夜は、近所の人がダンナさんと大学生の息子さんと一緒にうちへ遊びに来てくれました。
ダンナさんは陶器でいろんな動物を作っているアーティストで、とても楽しい人。
奥様は元学校の先生で、優しい雰囲気の漂う素敵な人です。
とても楽しいひと時を過ごせて、うれしかったなあ〜。


ひとつ前に更新したページCrème caramel à la patete douce ☆ さつまいものプリンもぜひぜひご覧くださいませ〜060.gif001.gif
[PR]
by cihir | 2009-01-17 20:20 | FRANCE
verdredi, ie 16 janvier

つい最近、初めて作ってとても気に入ったさつまいものプリンを
再び焼いてみました〜。


d0135907_155279.jpg



このプリン、それはそれはとろけるおいしさでした〜〜〜。
生クリームを入れてないのに、とってもクリーミーな味にうっとり。。。

手持ちのプリンのレシピを応用して作ってみました。。。


d0135907_17134.jpg



フランスでは地方によって、市場の八百屋さんでサツマイモが売られています。
外身は日本のものに似ていますが、味と中身の色がかなり違っています。

中身はオレンジ・シャーベットのような明るいパステル・オレンジのきれいな色。

いつも行くお店には、ごろ〜んと大きくて立派なのがカゴに山盛りに盛られています。
ただ、こちらのサツマイモは西洋カボチャ同様にかなり水っぽいので、日本のもののような調理法だとあまりおいしくない。。。

そこで、スープやプリンにするととーってもおいしくいただけます〜。

d0135907_17348.jpg



こちらは、先日に予定していた夫の仕事の休み時間のためのおやつ。
サツマイモはオーブンで焼く予定にしていました。

しかし、サツマイモが水っぽいため、ほっくりと焼き上げるには時間が必要。
そこで急遽、このサツマイモのプリンで作ってみることにしました。


d0135907_175659.jpg



材料はこんな感じです〜。

今ではお菓子に入れる砂糖は、ほとんどカソナード(未精製の砂糖の結晶)を使っています。
やさしい味に仕上がるので、かなり気に入っています。


d0135907_182258.jpg



そして、こちらはプリン用の陶器の型。
クラシックな形が気に入っています。


d0135907_1104677.jpg



よく火を通して柔らかくしたサツマイモをつぶして、
(火を通すと鮮やかなオレンジ色に・・・)


d0135907_111896.jpg



軽く温めた牛乳+カソナード、バニラ・ビーンズ、たまご等を加え、なめらかになるまで混ぜ混ぜ。。。


d0135907_1113223.jpg



オーブンで蒸し焼きにした後は、表面がぷっくり膨らんでいます。

表面の黒っぽいツブツブはバニラ・ビーンズです。


d0135907_1115110.jpg



あら熱を取った後、冷蔵庫で3、4時間程冷やして出来上がり〜。
型の底には、あらかじめカラメルソースを塗ってあります。

このカラメルソースもカソナードで作ったので、粒が溶けず少し大変でした。
上の写真は、数日前に初めて作ったプリンです。


d0135907_1121752.jpg


そして、こちらは昨夜焼いたもの。
2度目のプリンは、バニラ・ビーンズの代わりにバニラエッセンスを使いました。





プリンはあまり手間がかからないし、バターも入っていないのでこれから度々作りそうな予感です。
010.gif058.gif
[PR]
by cihir | 2009-01-17 02:02 | フランスの食べ物
mercredi le 14 janvier


うちの定番、にんじんのスープです。

d0135907_252205.jpg



寒いこの季節、身体の芯から温まります〜〜〜。


d0135907_2524573.jpg



材料は野菜とオリーブオイルと海の塩のみ。

スープ・ストックを使わなくても、黄金色になるまで気長に炒めた大量のタマネギが素晴らしく良い味を出します。

タマネギの力、すごいです。。。


d0135907_2531614.jpg



オリーブオイルでよく炒めた野菜を牛乳でコトコト20分間煮込みます〜。


d0135907_2535416.jpg



私のお気に入りのスープのレシピは、フランスの子供向けに書かれた、無農薬の材料を使った料理の本で見つけました。。。

この本に載っていたかぼちゃのスープが絶品だったため、この基本のスープをアレンジして、いろんなスープを作っています。

今欲しいのは、ホウロウ製の分厚い煮込み鍋。
この鍋でより快適なスープづくりを楽しむ日を心待ちにしている今日この頃です。。。

d0135907_2541981.jpg



良い香りが漂い始め、ほどよいツヤが出て来たらおいしくなっている印です。。。


d0135907_2544365.jpg



夫の仕事は夜の9時に終わるので、夜ごはんが食卓に並ぶのは9時半ごろ。。。
いろいろおしゃべりをしながらの軽い食事の時間、とても大好きなひと時です。


d0135907_2551422.jpg



ほんの少しにんじんの粒が残った出来具合が私好みでした〜。


d0135907_2554366.jpg



おととい辺りから、スープの残りの冷凍作業に励んでいる私。。。

結婚後の書類の申請のために私が日本に帰っている間、夫が仕事から帰った後に温かいスープを食べられるようにと。。。


d0135907_2565725.jpg


最近のフランスは、昔ながらの良い料理道具がなかなか見つかりづらいなあ。。。
品質があまり納得出来ないのに値段が高かったり・・・・・。

そんなわけで、日本からいろいろと台所関係の物を持って来ようと計画中。
なんたって日本のお店は楽しくて、手頃で質のいい物が揃ってるのが素晴らしいなあ〜〜〜。


d0135907_2582916.jpg


12月には真っ暗だった午後5時頃の空も、最近では明るい水色をしていて、とてもきれいです。。。
[PR]
by cihir | 2009-01-15 03:35 | フランスの食べ物

おしるこ&雪景色

jeudi, le 12 jannvier.....no.2


d0135907_2302893.jpg



おしるこを作りました〜〜〜。


d0135907_2305524.jpg



つやつやの小豆がとーってもおいしかった。。。

私の夫は、フランス人にしては大変珍しく、あずきが大好き。
そうなので、時々日本から持ち帰った小豆をコトコト煮込んで、おしるこを作っています。


d0135907_2312481.jpg



こちらが、私の気に入っている有機栽培のおいしい小豆です〜〜〜。

もうすぐ日本に一時帰国。
今回もたくさん小豆を買ってこよう〜。。。


d0135907_2314943.jpg



上の写真は、私が普段愛用しているお菓子づくりの道具達です。


d0135907_232764.jpg



そして、こちらは夫の両親の家にある、フランスらしくてかわいいタルト皿。

最近は、こんな食器をなかなかお店で見つけることが出来ないので、春になったら古物市に出掛けて、いろいろと昔ながらのかわいい食器や台所で使う道具を探すのが楽しみだなあ。。。



d0135907_2323341.jpg



1週間前の雪が降った日に、隣街へ散歩に出掛けました。


d0135907_2325777.jpg



外はかなり寒く、小川が凍っていました。。。


d0135907_2333141.jpg



それでも美しい雪景色の中、週末の散歩を楽しむ人達と何度かすれ違いました。


d0135907_2351984.jpg



あれから雪は降っていないけど、相変わらずそこいら中に雪景色が広がっています。


d0135907_2354181.jpg



毎日少しずつ日照時間が長くなり、晴れた日には春のような柔らかい日差しを楽しむことのできる今日この頃です。

ヨーロッパの冬は厳しいけれど、結構好きだなあ〜〜〜。


本日更新したもうひとつの記事、ヨーグルトのケーキこちらへどうぞ〜056.gif
[PR]
by cihir | 2009-01-13 03:11 | FRANCE
jeudi, le 12 janvier.....no.1


今日は夫の冬休み最後の日だったので、のんびりと家でくつろぎました。


d0135907_1203274.jpg



昼ごはんの後に、カスタード・プリンに初挑戦するつもりでした。

しかし、冷蔵庫を覗いてみると、賞味期限ぎりぎりのヨーグルトを発見。。。
そこで急遽、いちごヨーグルトのケーキを作ることにしました。


d0135907_1205994.jpg



焼きたてを少し冷ましてから切ってみると、ほのかに自然ないちごの良い香り〜。


d0135907_1212223.jpg



ヨーグルトは、農家で手作りされた自然なものを使いました。

手作りのヨーグルトには添加物が入っていないので、牛乳のようなサラッとした液状です〜〜〜。このヨーグルト、素朴な味がとってもおいしいんですよー。


d0135907_1214553.jpg



材料はこんな感じです〜。
うちにあるレシピをかなりアレンジしてみました。

*材料メモ*
 無農薬のいちごヨーグルト ・・・1つ(125g)
 カソナード(未精製の砂糖)・・・110g
 小麦粉(type65)・・・・・・・145g
 無塩バター ・・・・・・・・・・95g
 たまご Sサイズ ・・・・・・・・2個

ベーキングパウダー無しでケーキを膨らませるために、
砂糖を加えた卵液を湯煎で温めながら泡立て、
更にクリーム状になるまで泡立てました。


d0135907_122797.jpg



今日は、まだ外に雪景色が広がっていましたが、春のような暖かい日差しに恵まれた、気持ちのいい1日でした〜。

日当りの良いキッチンで過ごす、午後のお茶の時間は至福のひとときでありました。


d0135907_1223387.jpg



いちごヨーグルトのケーキ、とってもやさしい味でした。
私たちのお気に入りのお菓子のひとつになりました〜。


d0135907_1225523.jpg



本日更新のもうひとつの記事はおしるこ&冬景色こちらへ。
[PR]
by cihir | 2009-01-13 01:49 | お菓子作り
samedi, le 10 janvier -3℃/-9℃


d0135907_9265324.jpg



きのうは初めてチョコレートのタルトを作りました〜。


d0135907_9283880.jpg



昼ごはんの前にタルト生地を準備し、その後半日程寝かし、
焼き上がったのは、夜ごはんの前の7時頃。


d0135907_9293743.jpg



週末に実家に帰って来ている夫の妹とおかあさんにもお裾分けしました。

2人とも大変気に入ってくれて、”お菓子屋さんを開けるよー”と言ってくれました。
おお〜、、、がんばったかいあり。うれしいなあ〜〜〜。

ちなみに、もし私がお店を開いた場合、夫のお母さんは
レジ係を担当したいんだそうです。:D


d0135907_9392723.jpg



フランスのチョコレートは本当においしい。。。
スーパーで売られているものでも、カカオの分量が多い
美味しいものがたくさんあります。

今回使ったのは、デザート用のブラック・チョコレートです。


d0135907_9425079.jpg



牛乳、生クリーム、チョコレート、卵でタルトの中身を作りました。


d0135907_9442420.jpg



こちらは、オーブンで空焼き前のタルト生地です。

私の持っているレシピより卵を多めに入れてみたら、サクサクおいしいビスケットのタルト生地が出来ました。


d0135907_9445474.jpg



うちにはタルトの空焼き用の金属の重しが無いので、ちょっとひと工夫。
台所にある金属製のものをいろいろ乗っけて重し代わりにしてみました。。。

こんな事をするのは私ぐらいかな。。。
でも、とっても良く焼けて満足〜〜〜。


d0135907_9455829.jpg



焼き上がったタルトは、よく冷ました後に冷蔵庫で少し冷やし、ココアを振りかけました。


d0135907_947881.jpg



そしてそして夜ごはんの後に、おいしい紅茶と一緒にいただきました〜。
このタルト、本当にとーっても美味でした〜〜〜。010.gif


今日の午後は、残ったタルトを持って夫の祖父母宅へ。001.gif
おじいちゃんとおばあちゃんからも”とってもおいしい”と、お褒めの言葉をいただきました〜。。。

とても好評だったタルト、きょうも張り切って同じ物を作りましたー。
タルト生地のためのおいしいバターを買うために、いつもより早く起きるという気合いの入れ用でした〜〜〜。。。
出来立てを、結婚祝いのプレゼントのお礼に、お向かいさんのイタリア人夫婦のお家に持って行きました〜。
[PR]
by cihir | 2009-01-11 10:42 | お菓子作り