フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

jeudi, le 30 avril

復活祭の月曜日だった4月13日は、夫の両親の家で午後を過ごしました。

d0135907_17502694.jpg



下の妹のクリステルは休暇で帰省中、上の妹のマリーも婚約者のヤニックと一緒に来ていました。

上の写真は、夫の両親宅のあるノワスヴィル村で出会った馬です。
毛並みがとても美しい馬で、くりくりの大きな目が愛らしかったなあ〜。


d0135907_17504636.jpg



この日は天気がよく春らしい暖かい一日で、村をゆっくり散歩して太陽の恵みと静けさを堪能。ノワスヴィルは空気が大変澄んでいて、爽やかな緑の匂いが本当に気持ちいい。。。

そして鳥の歌声にも心が和みリラックス。。。


d0135907_1751899.jpg



夫の両親宅のお向かいさんは、既に結婚した息子さんを3人持つイタリア人夫婦。

とても感じが良くて家庭的なマリーは夫のお母さんの大の仲良しで、一緒に買い物に行ったり工作のカルチャーセンターで創作活動を行ったり、お互いの家を頻繁に訪ね合っておしゃべりを楽しむ日々を送っています。

ノワスヴィルに住んでいた頃は、私も時々ご一緒させていただきました〜。


d0135907_17512589.jpg



マリーのダンナさんは、私たちが引越すしばらく前から庭仕事に精を出していて、来る日も来る日も一日中庭の塀作りに励んでいました。

私たちが出掛ける度に顔を合わせ、2、3種間後に低い塀が完成し植木を何本か植え終わる頃には、結構な日焼け具合になっていました。


d0135907_1751439.jpg



こちらのお隣さんのクリーム色のお家もとても素敵なんですよ〜。
マリーのダンナさんが庭仕事を始める数日摩前から、庭師さんが庭木の手入れをしにやって来ていました。

春になるといろんな所で庭の手入れが始まるんですねー。
夫のお母さんも毎日庭仕事に張り切っていて、庭中どんどん花が増えていっている今日この頃です。
 

その4につづく
[PR]
by cihir | 2009-04-30 18:52 | FRANCE

コンテの田舎パン♪

mercredi, le 29 avril.....no.3

引越しの2,3日前に焼いた、コンテ・チーズ入りの田舎パンです。

d0135907_2512951.jpg



無農薬のりんごで起こした自家製酵母と全粒粉の生地に、さいころ状に切ったコンテをゴロゴロと入れて焼いてみました〜。


d0135907_252530.jpg



これ、見た目は素朴ですが、とーってもおいしかったです。。。
コンテがより一層香ばしくなっていて、後を引くお味でした〜〜〜。


d0135907_252271.jpg



なんと焼いたその日に2人で(ほとんど私が・・・)食べてしまいました。


d0135907_2524782.jpg



このパンを焼いた日は、朝からはりきって前日の夜に仕込んでおいた3種類のパンを焼きました。

すべて焼き上がったのは昼過ぎで、その後いつも行っているチーズ屋さんの奥様にお裾分けを持って出掛けました。いつもオマケをしてくれるので、ちょっとしたお返しの気持ちを込めて・・・。

そして夕方からは今住んでいるアパートの本契約に大家さん宅を訪ねました。
このアパートは夫のいとこのダンナ様でアンティーク家具の修理販売をしているマニュの紹介で借りたので、なんと4月分の家賃を無料にしてくれました。わーい、うれしいな〜。

契約前は、不動産屋さんと大家さんの娘さんの立ち会いでアパートの現状確認をしました。さすが書類の国フランス、細かい事まで書類に記入し、1時間半ぐらいかかりました。。。

その後、私たちのアパートの上の階の大家さん宅で何枚かの書類に署名をし、契約完了。引越す場合は3ヶ月前の通知が必要だとの事。


d0135907_2531763.jpg



引越すのは次の週辺りかなあ、、、と思っていたのですが、私達の希望の日でその週の土曜日に入居出来る事になり、翌々日の引越しに向けて出来る限りの洗濯を済ませ、荷物を段ボールに詰めまくった2日間を過ごした私なのでした。

なにしろクリーニング屋さんが好きではないので洋服はすべて手洗いの私。
しばらく着なさそうな冬物のセーターなんかをまとめて洗い、庭に干しまくりました〜。
なんといっても私たちの新居は街中のアパートなので外に洗濯物を干せないし、セーター類はあまり絞らずに自然乾燥してふっくら柔らかに乾かしたかったので。。。

それに洗濯機をまだ買っておらず、新居では暫くは手洗いをする予定だったので、タオルやシーツ、手洗い以外の普段の洋服等手洗いが大変そうな物は全部洗っておきたくて・・・・・。

実は引越し後約1ヶ月たった今も、まだ洗濯機を買っていなくて、パリの一人暮らし時代の時のようにタオルまで手洗い&手絞りをしております。・・・少し大変だけど、結構こういう暮らしが嫌いじゃない私。。。 先週辺りからはバスタオルの手絞りで少し腰が痛くなってきたので、絞る担当はもっぱら夫になりました。。。。。
優しい夫に感謝感謝です。。。

今思えば、このコンテの田舎パンが夫の両親宅での最後の手作りパンになったのでした。
あれからパン作りも酵母作りもお休み中ですが、来週にはオーブン付きのガス調理台を買う予定になっているので、近いうちにパン作りを再開出来そうです。
(夫の実家の近くの電気器具屋さんで、調理台と冷蔵庫を引越し前に予約してあるので、明日お店に行くつもりにしています)

上の写真は夫の両親宅のさくらんぼの花です。
[PR]
by cihir | 2009-04-30 03:41 | 天然酵母パン
mercredi, le 29 avril.....no.2

今回もついこの間まで暮らしていたノワスヴィル村のつづきです。

この村には結婚前の去年の11月から4ヶ月の間、夫のお母さんと、週末だけ帰って来るナンシーで学生をしている下の妹と一緒に住んでいました。

d0135907_0504131.jpg




2週間程前に立寄った時には、村の外れの草原にマーガレットの小さな花たちがたくさん顔を出していました〜。

この辺りは去年の夏に初めて訪れて以来、夫や彼の家族と一緒に何度も散歩をしたものです。。。
すごく前の出来事のように懐かしく感じてしまうのは何故なんでしょう・・・・・。

初めてこの村を訪れたのは去年の8月の中旬で、私はまだパリの小さなストゥーディオで暮らしていました。1ヶ月後には学生としての滞在許可証が切れるのを機に、更新せずに日本に帰る予定にしていたのです。ところが8月に夫と出会って以来すべてが変わり、今に至っています。。。

知り合って間もない頃から、何かお互いに深い所で繋がっているような不思議だけど自然な感覚を覚え、以前から申し込んでいたパリでの語学研修を9月中旬に終えた後、日本帰国までの2週間の間、夫(この時は2人の間では結婚を決めていましたが、まだ誰にも話していませんでした)の両親の家で夏の休暇中の彼と一緒に過ごしました。

この頃、このノワスヴィル村とその周辺の村々の美しさに日々益々魅了されていったのでした。
この地方はまさに、私が渡仏以前にイメージとして描いていたけれどなかなか出会えずにいたフランスらしい小さな村々や田園の景色が至る所に広がっていたのです。。。


d0135907_051030.jpg



マーガレットの草原の近くには、ヤギの親子がいました。
上の写真に写っているのは、2匹の子ヤギのお母さんです。

ヤギってなんでも食べるんですよーーー、本当に。。。
とにかく視界に入ったものをとにかく全部食べてみる様子でした。

この日は木に咲いていた小さな白い花、ビニールのヒモ、木の枝なんかを食べていました〜。。。


d0135907_0511946.jpg



お父さんヤギかなあ・・・と思ったら、こちらもメスのヤギでした。
雄のヤギは小ヤギにとって危険なので一緒にいることはないのだそうです。


d0135907_053143.jpg



2匹の子ヤギ達はすごく活発で、子猫のように走り回っていました。
この古い風呂桶がお気に入りのようで、何度も突進していて笑えました。♪


d0135907_0532137.jpg



そしてこちらは、夫の両親の家の庭のさくらんぼの木。
しばらく見ないうちに花が満開になっていて、とーってもきれいでした。

5月か6月には沢山のさくらんぼが実るのだそうです。
今からお裾分けが楽しみな私。。。わくわく〜。

さくらんぼのジャムなど作ってみたいなあ。。。なーんてと密かに思っている今日この頃の私です。
[PR]
by cihir | 2009-04-30 01:41 | FRANCE
mercredi, le 29 avril

4月初旬に引越しをしてからほぼ1ヶ月の間にもいろいろなことがあり、そして周りの景色もどんどん変化していきました。

d0135907_21374656.jpg



引越した後も、こまごまとした荷物を取りに夫の両親の家にちょくちょく立寄っていた私達。

たった1週間見ない間に、ノワスヴィルの村中が植物の葉っぱや花で色鮮やかになっていることに驚きを感じました。


d0135907_21403162.jpg



やっぱりこの村は本当にきれいで素敵だなあ。。。

実は私達もメッスからそう遠くない場所にある、小さなかわいい村に住もうとまだ家探しを続けているんです。・・・まだ引越したばかりなのですが、やっぱり街からそう遠くない静かな村の暮らしは魅力的です。


d0135907_21391719.jpg



夫の両親の家に寄る前に村を散歩中、夫の友人夫婦に遭遇。
この村を歩いていると、本当にしょっちゅう知り合いや友人にばったりと会います。


d0135907_21412167.jpg



それにしても緑と花でいっぱいのこの村は、本当に気持ちのいい場所です。
毎日でも散歩しに行きたいほど。。。


d0135907_21415882.jpg



冬の間は寒々しい雰囲気だった草原には牛が放牧されていました。
草原の向こうには、まだまだ葉っぱの茂っていない木々がたくさん。
これからどんどん緑が増えていって、緑だらけになるのが本当に楽しみ。。。

こんな風景を眺めると春の到来を実感し、心の中がなんだか暖かくなりうれしい気持ちで満たされるのでした。。。
[PR]
by cihir | 2009-04-29 22:19 | FRANCE
mardi, le 28 avril

今週の日曜日は、車で1時間程のところにある動物公園に行って来ました。

d0135907_2145559.jpg



その動物公園は元々は森だったので広大で緑がいっぱい。
1日中かけて歩き回り、いろいろな動物を見て来ました。

公園に着くまでの眺めがとっても素晴らしく、ため息の出るような美しい景色に感動。。。
車の中から撮ったので写真の写りがいまいちですが、黄色が鮮やかな菜の花畑があちこちに広がっていました。


d0135907_2151431.jpg



先週は2日程雨の日が続いたおかげで田園地帯の緑が一段と増え、生き生きとしていました。


d0135907_2153390.jpg



4月初旬にメッスという街に引越して来て以来、自然と緑を求めて週末ごとに近くの田園地帯や小さな村にピクニックや散歩に出掛けるようになった私たち。


d0135907_2155997.jpg



やっぱり田舎にやって来ると空気が澄んでいて気持ちいいし、ほっとするな。。。
それ緑の匂いや静けさが好きだな。


d0135907_2161875.jpg



公園の動物たちは、こんなふうに自然な感じで飼育されていました。
上の写真は雄鹿です。


d0135907_2163856.jpg



そしてこちらは黙々と草を食む羊さん。


d0135907_21374848.jpg



4、5日前に夫の契約しているインターネットを、ついこの間まで住んでいた彼の両親の家から、私たちのアパートに引越す手続きをしました。

それにしても、さすがフランス・テレコム!!
めちゃくちゃ仕事が速くて感動です。。。

予定通り、昨日の朝8時に電話回線の工事にテレコムの人が来てくれました。

インターネットが使えるようになるのは1週間後、と担当してくれた人が言っていたのですが、なんと午後には夫の携帯にフランス・テレコムからメッセージが届き、既にインターネットが開通したとのこと。

すばらしい早さ。。。
そして今朝夫が設定を済ませ、久しぶりにブログを更新することが出来ました。
うれしいな〜〜〜。
[PR]
by cihir | 2009-04-28 22:09 | FRANCE

引越しました

lundi, le 13 avril

4月4日に隣街のアパートに引越しました〜。

d0135907_2361577.jpg



その後、毎日忙しくてなかなか更新できずにいました。

上の写真は、引越ししてから初めて買った私たちのカフェオレ・ボールです。
ひとつひとつ手描きの花模様がかわいくて、ひと目惚れしたものです。


d0135907_2383569.jpg



我が家は街の中心ですが、車で20分も走れば緑でいっぱいの田園風景が広がっています。


d0135907_239255.jpg



先週の木曜日からの復活祭の休暇は、毎日とってもいい天気でした。
近くの湖や森でピクニックを楽しんだ私たち。。。


d0135907_2392265.jpg



1日ごとに緑が瑞々しく輝き、いつも間にかあちこちにたくさんの花が咲いています。


d0135907_2405735.jpg

[PR]
by cihir | 2009-04-14 02:58 | FRANCE

りんごの砂糖煮

jeudi 2em avril

りんごをフライパンでコンポート風に煮詰めてみました。♪

d0135907_1635205.jpg



りんごの酵母液が出来上がった後に残ったりんごを丸ごと使って作りました。
無農薬のりんごなので、皮ごと安心して食べられます〜。


d0135907_16371284.jpg



上の写真は、適当に切ったりんごを水に漬け込んで5日経って完成した酵母液。
シードルみたいな良い香りがします〜。

この液体と小麦粉を混ぜ、毎日かき混ぜて4〜7日程経つと自家製天然酵母の完成〜。

酵母液を使った後に残ったりんごは、パウンドケーキに入れるととってもおいしい。。。

前回は、パウンドケーキに入れた後に残った物を、細かく切ってフライパンで煮詰め、未精製の砂糖で焦げる寸前まで煮詰めてみたところ、そのおいしさに感動。。。

そんなわけで、今回は酵母液から取り出したすべてのりんごを砂糖煮にしてから、パウンドケーキに入れる予定にしていました。・・・しかしっ、味見をしているうちに、後でケーキに入れようと思っていたことをすっかり忘れてしまい、ほとんど食べてしまった私達なのでした。。。。。


**アパートのその後**
d0135907_16373769.jpg



きのうはとってもいい天気でしたー♪

午前中に夫とアパートの契約に出掛けました。
大家さんはとっても気さくで感じのいい女の人。
私たちのアパートの上の階には、大家さんのお母さんが住んでいます。

契約の第一段階を終えアパートの建物を出たその時、夫の従兄弟のカリンのだんな様のマニュに偶然会いました。そして、その場の話の流れで、すぐ近くにあるマニュのアンティーク家具のアトリエを訪ねる事になりました。


前回日本に一時帰国した時に、以前に住んでいた横浜のアパートで撮った私のお気に入りのイギリスのアンティーク家具やイギリス、フランス等のキッチン雑貨の写真が見つかり、フランスに持ち帰りました。

その写真を見た夫も、彼も古い家具や、かわいい昔の古い台所の道具が大好きなのだと話してくれした。

そして、今回マニュとばったり道端で会った時に、夫が私のアンティーク好きの話をしたのです。するとマニュ、その場でアトリエに置いている売り物のテーブルやイスを私達に貸してくれると提案してくれました。
早速見に行ってみると、マニュのアトリエの家具達は、まさに私好みもの。

とっても素敵な100年前に作られた本棚と机を、ものすごーーーく安く売ってくれるとも提案してくれました。とってもとっても素敵な家具、うれしいな〜。
そして、水色のかわいい机上のランプも見つけました。

それにしても、アパートを契約した後でマニュにばったり会い、家具まで揃ってしまうなんで、私達って本当に運がいい。。。 これもすべて周りの人達が良くしてくれるおかげです。本当にみんなに感謝の気持ちで一杯です。。。。。


**きのうのパン**
d0135907_16381236.jpg



きのうは自家製酵母のパン種がまだ出来上がっていなかったので、またまた無発酵のぺったんこなパンをフライパンで焼きました。

今回は、オレガノ入りで、少し塩を多めに入れてみました。
これ、とーってもおいしい。。。
適度な塩気とオレガノの風味がなんともいえません〜。
そのままで、いくらでも食べてしまいます。。。


d0135907_16404456.jpg



そしてこちらは、最近編み始めたガーンジー・セーターです。
初めて挑戦した交差目、上手く出来るがドキドキしながら編み始めましたが、ちゃんと模様になっていてうれしいなー。
[PR]
by cihir | 2009-04-02 17:36 | 天然酵母パン
mercredi, 1er avril

2週間前に出来上がった夫のセーターです。

d0135907_2391919.jpg



最後の襟ぐりの拾い目と、5本針を使って襟のゴム編みを輪に編むのにとっても苦労しました。。。何度も失敗して、襟ぐりだけで6,7回も編み直しました・・・・・。

しかし、頑張れば何事も達成できるものですねー♬
このセーター、おしゃれな形とシンプルな編み込み模様がとっても気に入っています。

上と下の写真では、セータよりも小さめのハンガーにかけているので、襟ぐりが大きく写ってしまいました。


d0135907_240579.jpg



実はこのセーターは、去年のとクリスマスの夫へのプレゼントにと、11月の初めに編み始めたもの・・・・・。 しかし時間が足りず、クリスマスが過ぎてもせっせと編む毎日でした。

遅くとも1月末の日本への一時帰国の前日までには完成させたいなー、と思っていましたが、身ごろや袖のはぎ合わせに思ったより時間がかかる事が分かり、その上、ラグラン袖のはぎ合わせが難しくて、1日かけてはぎ合わせたものを、夜には全てほどき、そのまま、身ごろや袖がばらばらの状態で日本に持ち帰りました。

日本に帰ってから2、3日もあれば完成すると想像していたのですが、全く手に付けず。。。 

フランスに戻る直前の直前、飛行機の出発時間の5時間前に成田空港に着いた後、搭乗手続きの出来る出発3時間前まで、ロビーでせっせとセーターをはぎ合わせ。。。
めちゃくちゃ集中していたのか、2時間がものすごくあっという間でした。。。。。

しかし半分も進まず、フランスに戻って来てから2週間かけて、やっとこさ完成させました〜。

幸い、こちらは3月に入っても結構寒いので、結構着る機会があって良かった。。。


d0135907_240693.jpg



苦労した襟ぐり、夫に着てもらうと、なかなかおしゃれな感じに出来ていて大満足。

毛糸はアルパカ・ウールを使ったので、とーっても柔らかです〜。
フランスの家族や近所の編物好きの人達は、日本の毛糸の柔らかさに感動し、大絶賛していました。こんな時は、なんだか日本人としてちょっと誇らしい気持ちになります〜。


d0135907_2402491.jpg



上の写真は、私が作ったセーターの作り方が載っている本と、編み方が分からない時に参考にしている本です。

今週から、同じ本を見ながら、2着目のセーターを編んでいます。

今回のは、イギリスとフランスの間にあるガーンジー島で伝統的に編まれていたという、ベージュのガーンジー・セーターです。

次回の更新で、編み始めたばかりのセーターの写真の載せます。♪
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0157-sun.gif
[PR]
by cihir | 2009-04-02 03:29 | FRANCE

ぺたんこパン♪

merdi, le 31 mars
今日で3月もおわり。
この1ヶ月の間にいろんな事がありました。

d0135907_1521569.jpg



今日の午前中に買い物に行っていなかったので、冷蔵庫には野菜が少しづつ残っているだけでした。。。

そんなわけで今日のお昼ごはんは、残り野菜とお米で作りました。
メニューは、タマネギとニンジンの葉っぱの古代米入りチャーハンと思いつきで作ってみたカリフラワーの胡麻醤油和え。

残りものごはんだっけけど、結構おいしくて大満足でしたー。

そして、夫の仕事中のオヤツ用に無発酵のパンを焼きました。


d0135907_1512759.jpg



材料は全粒粉、リンゴ酵母の液、すりつぶしたジャガイモ少々、海の塩。
時間が無かったので、材料を混ぜてすぐ、油を引かないフライパンで焼きました。

上の写真は、お昼に焼いた後に残った生地を2時間程ねかせてから焼いたものです。
ねかした生地はしモチモチした感じになっていて、一段とおいしく出来上がりました。


d0135907_1515799.jpg



ただ今自家製酵母の元種が切れているので、ここ最近は無発酵のパンを作って食べています。
この無発酵のパン、作るのが簡単なのにとーってもおいしい。。。

硬質のチーズと一緒にいただくのが私たちのお気に入りです。


d0135907_152204.jpg



こちらは、カンタルという硬質のチーズ。
やぱりフランスの小麦粉で作ったパンにはフランスのチーズが最高に合います〜♪


d0135907_154543.jpg



そしてこちらは、カリフラワーの胡麻醤油和え。
これ、本当においしいです。。。

洋風の野菜で作ったとは思えない程、和風なお味です〜〜〜。
作り方は簡単。
ゆでたカリフラワーにすりゴマと醤油少々を混ぜるだけ。
(うちはすり鉢がないので、胡麻を包丁で刻んでみました。。。)
少し時間がたって醤油味がカリフラワーにしみた頃が食べ時です〜。


d0135907_1542556.jpg



無発酵のパンは、フライパンで焼いている時に、わずかに生地がぷぅーっとふくれます。
焼き上がった後は、簡単にパンを袋状に開く事が出来るので、中いろいろ挟めるのが楽しい。
チーズを入れてかぶりつくのが私の大好きな食べ方です〜。。。

今日はチーズとカリフラワーの胡麻和えを入れてみました。
この意外な日仏コンビ、なかなかいけるお味でしたー。
emoticon-0109-kiss.gifemoticon-0157-sun.gif


今日の夜にはリンゴ酵母の元種が出来上がるので、またいろんなパンを焼くのが楽しみです。♪
[PR]
by cihir | 2009-04-01 02:25 | 天然酵母パン