フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

vendredi, le 27 novembre
******************************
うちのキッチンのドアにクリスマスの飾りをつけました。。。

d0135907_22375955.jpg


去年は夫の両親の家に住んでいたので、2人でクリスマスの飾り付けをするのは今年が初めて。まだほとんど何も揃っていないので、いろいろなクリスマス・マーケット巡りをしてお気に入りのオーナメントを少しずつ集めていくのが楽しみです。


d0135907_22382545.jpg



メッスの街の中心の布地屋さんで見つけたこのサンタさん、優しい表情で、ぶら下がっているツリーとバケツも何とも言えずかわいい。。。。。
雪だるまバージョンもありました。

d0135907_2239237.jpg


プレゼントを運んでいるこちらのサンタさんの置物、こちらはカードを挟めるようになっています。

市場で買ってきた今が旬のヘーゼルナッツとくるみを一緒に飾ったら、森に迷い込んだ小人のサンタクロースみたいになりました。: D



=今日のお買い物=
d0135907_22392428.jpg


もうかれこれ3ヶ月ぐらい探していた室内履き、やっとこさ気に入ったのが見つかりました。
家の近所の大型スーパーに今朝行ってみたところ、新作を発見。
試してみると、とっても暖かくて履き心地も良く、丈夫そうなので買って帰りました。

うれしいな。。。
これでこの冬は足下がぽかぽかで快適に過ごせそうです。


d0135907_22394246.jpg


今週は結構いろいろ家の物を買ったので、少しずつ紹介していこうと思っています。
お楽しみに。♬
[PR]
by cihir | 2009-11-27 23:21 | 雑貨
mardi, le 24 novembre
******************************
先週の土曜日から、メッスの街にはクリスマス・マーケットが立っています

d0135907_2205283.jpg


おいしそうな色々な地方のお菓子、クリスマス用のきれいなチョコレート、色とりどりの暖かそうな毛糸製品、木でできたかわいい雑貨などなど、沢山素敵なお店が並んでいました。この日はあまり時間がなかったけど、今度ゆっくり見てみようと思っています。


d0135907_2211257.jpg


 この日はいつものチーズ専門店の奥様に、手作りの”ブルターニュ風サブレ”を届けに行きました。いつもチーズやバターを頂いたりオマケをしてくれるので、ずっと何か手作りの物を差し上げたいな、、、と思っていたので。。。 
 サブレ(バターたっぷりのさくさくビスケット)の生地は前日の夜に仕込んでおいて、朝起きてすぐに焼きました。いつものレシピを自分流にアレンジしてみたら、とーってもおいしく出来て大感激!! 
 小麦粉はロレーヌ地方で栽培された無農薬のtype65、有機栽培の新鮮なタマゴやバターを使いました。焼きたてを天板に乗せたまま冷ました後すぐ味見した時よりも、3時間ぐらい経ってからの物のほうが断然おいしくなっていました。

チーズ屋さんの奥様、とっても喜んでくれてうれしいな。
サブレ、気に入ってくれるといいな。。。。。



d0135907_2213619.jpg



☆先週買ったものたち☆
d0135907_222634.jpg


こちらは毛糸のカバーの付いた湯たんぽです。
大好きなメッスのの雑貨屋さんで見つけたお気に入りで、毎日愛用しています。

うちの寝室は床からの冷気のせいなのか、何故か夜寝る頃にはベッドのマットレスが冷えきっていて、背中が寒かったのです。。。。。お風呂で温まった身体でもかなり寒く感じていたのです。そんな時、インターネットで日本のかわいいカバーつきの湯たんぽを見つけ、私も欲しいなあ、、、日本から送ってもらおうかなあ、、、なんでと思っていましたが、メッスのお店で探してみたらこの湯たんぽに出会いました。

寝る1時間前にベッドに入れておくと、程よく暖かくて心地いい。。。
作品を作るときに足元を温める用にもうひとつ色違いが欲しいなあ、、、。


d0135907_2222528.jpg



そして、こちらも大変気に入って手に入れたクッション達です。
もうひとつ同じ柄で形の違うモノと合わせて3つ買いました。

うれしいな〜。
淡くて甘い雰囲気の花柄のパッチワークがとてもかわいい。
まさしく私がずっと思い描いていたクッションです。

今はまだ家にソファーが無いので、藤の収納家具の上に置いています。
このクッションが家に来てから、”やっぱりソファーはあったほうが快適だから、ikeaで買おうかな”と思って見に行ったのだけど、やっぱり”コレだ”と思える物がなかったので、もう少し待ってみます。

実は先月近くの村に職人さん手作りの家具のアトリエを見に行って来たのですが、そこの家具たちに私達惚れてしまいました。。。金具をいっさい使っていないこだわりの家具の数々、触ってみると、今迄見て来た物とは別物。手触りが何とも言えず気持ちいいのです。このアトリエで造られているソファーがそれはそれは素晴らしいのです。土台が木で出来ていて少し細工がされていて惚れ惚れしてしまいました。値段は高めだけど、長い年月大切にしたくなるような家具を揃えていきたいので、ソファーを買うんだったらやっぱりこのアトリエで造ってもらいたいな、なんて思っています。


d0135907_22124467.jpg

[PR]
by cihir | 2009-11-24 23:35 | FRANCE

ミニ・ボンヌママン

jeudi, le 19 novembre.....no.2
******************************
近くの大型スーパーでボンヌ・ママンのミニチュアのジャムセットを見つけました。

d0135907_052139.jpg



50g入りの小さな瓶がとてもかわいくて、つい欲しくなってしまいました。。。
後ろに写っているのが、標準サイズのジャムの瓶です。

このギンガムチェックのジャム用の瓶は、何故か9月末頃になってからうちの近くのお店で沢山売り出されたので、まとめて買っておいた物ものです。季節のジャムはもちろんのこと、自家製ヨーグルトを作る時にも使おうと思っています。


d0135907_052365.jpg



まだフランスに来たばかりのトゥールに住んでいた時、同じ家で部屋を借りていた時に知り合った私にとって初めて出来たフランス人の友達の女の子が、このジャムの空き瓶にスパイスを詰めて使っていました。それがなんかとてもかわいくて、私もマネしてキッチンに置いていました。

その時の瓶は引越しの時に処分してしまったけど、久しぶりにこのジャムのセットを見て懐かしくなり、思わず買ってしまいました。


d0135907_0525647.jpg



このジャム達は、夫の仕事中の4時のオヤツの時に活躍しています。
私が自家製パンを作った時に、このジャムのどれか持って行って食べています。
5種類全部の中身が無くなったら、ハチミツや家で作ったジャムを詰めて職場に持ってくことになりそうです。


d0135907_0531690.jpg


こちらは私のアトリエの窓辺です。
レースのカーテンの向こうに見えるのはパンジーの花です。
[PR]
by cihir | 2009-11-20 01:28 | フランスの食べ物

チーズ専門店へ♪

jeudi, le 19 novembre
******************************
この夏にお世話になった方へこちらのチーズを送るために、昨日の午後にメッスの屋内市場のいつものチーズ専門店へ行ってきました。

1週間後に食べ頃になるものを選んでもらおうとお店の奥様にお願いすると、、輸送中に傷まないように特別な包装をするから翌朝に取りに来るように言われました。その特別な包装をするための機械はそちらのお店には置いてなくて、市内の本店にあるので朝一番で行って来てくれるとのことでした。それにしても、こういう事に気を配ってくれるなんて感動、さすが食いしん坊の国だなあ、なんて感心してしまいます。。。

日本へ送る2種類のチーズは、透明の袋に空気とともに入っていました。これで湿気なんかを防いで良い状態で送る事が出来るのだそうです。
今度日本にチーズのお土産を持って帰る時は、この包装をお願いしようと思います。

今朝お店に行ってお会計を済ませると、奥様に小さな包みを渡されました。

d0135907_2344437.jpg


上の写真がその中身。
小さな丸いチーズのお裾分けでした。。。
うれしい・・・・・・。

このお店の奥様、いつもこんな風にさりげなく色々なチーズを下さるのです。
今回日本に送ったチーズも、元はと言えば、以前太っ腹にも丸ごとの半分ずつを頂いて大変気に入ったものなのです。本当にいつも感謝の気持ちで一杯です。。。。。



d0135907_2345923.jpg



そして上の写真はpavé d'affinoisという、とぉーってもおいしいチーズです。
こちらも最近奥様にオマケに頂いて気に入ったので、夫が仕事中に買いに寄ってくれました。

言葉では上手く表現出来ないけど、クリーミーな感じの風味も素晴らしい大変良いチーズです。
これを食べると一瞬でう〜っとり・・・・・、そしてお酒があまり飲めない私も美味しい赤ワインが少し欲しくなります。


d0135907_23452858.jpg



全体的に雪のように白くて、見た目も味もデリケートな感じです。
少しずつ少しずつ大切に味わいながら食べたくなるチーズです。


d0135907_23454726.jpg



このチーズを知ってからまだ1週間程ですが、我が家の定番になることは間違いありません。友達が遊びに来る時は絶対に買っておこう!! ; D

写真だと大きさの想像がつかないかと思って、今測ってみました。
幅が8cm、高さが4、5cmでした。


d0135907_23461448.jpg



そして、こちらも最近頂いたもので、コンテの36ヶ月物です。
本当に頂いてばかりなんです。。。

私達がいつも食べている物は18ヶ月物ですが、こちらは2倍の年月寝かされたもので、とてもとてもたまらなく美味でした。


d0135907_23463256.jpg



こういう切り売りのチーズも色々おいしい物がたくさんあるので、日本のお友達に送りたいなあ、、、なんて思うけど、やっぱり個別包装されていない物を送るのは難しいのかなあ。。。


d0135907_23465374.jpg



夫が仕事に出掛けた後にちょこっと味見してしまいました。。。
[PR]
by cihir | 2009-11-20 00:35 | フランスのチーズ

さくらんぼ柄のカップ

vendredi, le 13 novembre
******************************

この間の日曜日は、うちの近くにある小さな村の蚤の市に出掛けて来ました。
そして、さくらんぼ柄のこんなカップを見つけましたよ。♪


d0135907_2142918.jpg



見つけた途端に、色合いのかわいさとポッテリとした感じに心惹かれてしまいました。


d0135907_215265.jpg



うちに持って帰って早速洗って、キッチンで写真を撮りました。まずはガスレンジの上で1枚。♪ フランスのオーブン付きガスレンジはフタが付いていて、使わない時はフタを閉めて配膳台替わりにも使えるんですよ。 このレンジの上に蚤の市で見つけたお気に入りの雑貨を置くと大抵は何でもしっくりと似合ってしまうので、ここにいろいろなモノを飾りたくなってしまいます。(実際にいろいろ置いてしまうと、フタを開けて使う時に不便ですけどね。・・・・・・); D



d0135907_2162075.jpg



それにしても優しくて懐かしいような色合いが何とも言えず好きです。。。



d0135907_2204595.jpg



あまりにも気に入ってしまって、うれしくてキッチンのいろんな場所でパチリ。 まずは以前に他の蚤の市で見つけたクリーム色の秤と一緒に。



d0135907_2254474.jpg



買う前は、小さな観葉植物を入れて飾るのがいいかな、、、なんて思ってたけど、小さな果物や木の実を入れても似合うかも。。。 春になったらさくらんぼを入れようかな、、、なんて想像してひとりワクワクしてしまいました。

自家製ヨーグルトをたっぷり入れて、手作りのジャムを乗っけるのもいいな。。。 いつものヨーグルトが一段とおいしくなりそうな気がします。




d0135907_226696.jpg



うちのお気に入りの冷蔵庫ともパチリ。



d0135907_2263326.jpg



そしてキッチンの窓辺にも似合います。



d0135907_2265685.jpg



まだ置き場所を決めてないけど、今のところ料理中以外はフタを閉じたガスレンジの上に並べています。
[PR]
by cihir | 2009-11-14 03:12 | フランスの蚤の市

黒砂糖のビスコッティ

jeudi, le 12 novembre
******************************
こちらは最近作った黒砂糖のビスコッティです。♪

d0135907_23525736.jpg


去年イタリアで買ってきたトスカーナの郷土料理の本のレシピを少しアレンジしてみました。

このお菓子のすばらしいところは、バターやオリーブオイルなどの油脂を使わないこと。材料は粉と砂糖とタマゴだけ。黒砂糖と全粒粉を使ったので、懐かしいような優しい味がします。
夫も私もこのビスコッティがすっかり気に入り、週に1度は焼いたりしています。

元々のレシピでの材料には、アーモンドとオレンジの皮が入っていました。
アーモンド入りは既に作ってみたので、今度はクルミやヘーゼルナッツの砕いたのを入れてみようと思っています。


d0135907_0112539.jpg


昨日のフランスは、第一次大戦休戦日で祝日でした。
そんなわけで、また近くの村の蚤の市に出掛けてきました。

そして掘り出し物を見つけて来ましたよー。♪
蚤の市はだいたいどこに行っても、何かしらお気に入りの物が見つかるのが楽しい。
今日撮った写真は今イチだったので、また別の日に撮り直して紹介しますね。。。


上の写真は、先週うちの近くの大型スーパーCORAで買ってきたノートです。
サイズは17cm×22cm、紙質はわら半紙をすごーく薄くした感じで、値段はたったの50サンティームでした。ずっとこんな感じの手軽に使える安いノートを探してたのです。

このノートは単語&動詞活用を書いて覚える為に使うつもりです。
フランスのノートは高めなので、練習用にはふんだんに使えるこんなチープなノートが最適。
しかし、紙が薄過ぎて、家に持って帰る途中に外の湿気を吸って、ノート全体がビヨンビヨンになってしまったのでした。。。
[PR]
by cihir | 2009-11-13 00:40 | お菓子作り

Gorzeの村へ♪

vendredi, le 6 novembre
******************************
前回紹介した「ル・プティ・フ」というチーズが造られているGorzeという村で行ってきました。

d0135907_23301711.jpg


どんよりした天気でしたが、紅葉や丘の緑が輝くようにきれいでした。


d0135907_23304146.jpg


うちから車で30分程の所にある村に着くまでの間、ずっとこんな田園風景が広がっていました。森を抜ける道では、赤やオレンジ、山吹色の木々の葉っぱが色とりどりで、その素晴らしさに感動。。。

ここロレーヌ地方は、上の写真のように、晩秋から冬にかけてこんな風に分厚い何層もの雲に覆われています。ここ5日ぐらい雨続きで湿気ています。多分湿度は80%ぐらいだと思います。

今日は昼頃に久しぶりに太陽が顔を出したので、大喜びで洗濯物を庭に干すと、なんと干し終わった途端に雨が降り出しました・・・・・。急いで取り込んで室内に干し終わった途端また晴れてきました。なんか悔しかったけど再び外に干し直し、そんな事をしているうちに1時間があっという間に過ぎてしまったのでした。


d0135907_233144.jpg


街で暮らしている時は雨が好きじゃなかったけど、田園には雨も似合うなあ。
緑が生き生きして、一段ときれいに見えました。


d0135907_23312992.jpg


こちらがGorzeの村です。
村の中心の広場の前には古い教会が建っていて、その周りに石造りの赤い屋根の家が建ち並んでいました。辺りを1時間ぐらいふらふら散歩しているうちにとんでもなくトイレに行きたくなったので一旦帰宅。それにしても底冷えのする寒さでした。。。


d0135907_034980.jpg

[PR]
by cihir | 2009-11-07 00:05 | FRANCE

ガペロン

dimanche, le 1er novembre.....no.2
              

こちらは私達がとっても気に入っていチーズ達です。

d0135907_3303442.jpg


夏の始め頃、いつも行っているメッス市内のチーズ屋さんの奥さんに、この2種類のチーズを半分ずつ頂き、食べてみてそのおいしさの虜のなってしまった私達。。。

この奥様は時々オマケしてくれたり、注文してないチーズをそっと袋の中に忍ばせてくれるんです。そのおかげで、今まで知らなかったいろんな地方のおいしいチーズに出会うことができて本当に感謝しています。


d0135907_330547.jpg


上の写真は、オベルニュ地方のPont Asitierという村の農家で造られた黒こしょう入りの「ガペロン」というチーズです。柔らかめのタイプで、少しピリッとした粒丸ごとの胡椒との組み合わせが素晴らしくて感動しました。

お酒はあまり飲めないのだけど、このチーズを頂くと、たまらなくおいしい赤ワインが飲みたくなってしまいます、、、、、。


d0135907_3311464.jpg


いつもより薄めに切って食べるのが気に入っています。


d0135907_331394.jpg


よく熟れた外側と真ん中辺りの少し若めの味の違いもまた楽し。


d0135907_332393.jpg


こちらはル・プティ・フという、私達の住むロレーヌ地方のチーズです。
うちからそう遠くないGorzeという村で造られたもので、こちらも柔らかめのタイプ。
少し濃厚で苦みのある味がたまらない、私達の大好きなチーズです。
[PR]
by cihir | 2009-11-02 04:10 | フランスのチーズ

Mont Saint Pierre その2

dimanche, le 1er novembre

先週訪れたモン・サン・ピエールの散歩の続きです。

d0135907_2523468.jpg


こちらは、丘のてっぺんに建つ小さな礼拝堂、1865年に造られました。


d0135907_253582.jpg



黄金色の葉っぱが素晴らしかった巨大な木。。。


d0135907_253304.jpg



雲の隙間を通って降り注ぐ太陽の光が神秘的でした。

冬時間になった今、夕方の刻一刻と変化していく空や大地の色を見ていると、
なんだか一瞬一瞬が大切な瞬間のように感じられました。


d0135907_2535657.jpg



帰り道に車の窓から眺めた秋の丘の色とりどりの景色は格別でした。
[PR]
by cihir | 2009-11-02 03:25 | FRANCE