フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Noël☆クリスマス

dimanche, le 27 décembre.....no.2
クリスマスは夫の実家のお食事会に呼ばれていました。

d0135907_5433295.jpg


夫の両親宅に集まった今年のメンバーは、夫の祖父母、下の妹、今年の8月に結婚したばかりの上の妹と彼女のだんな様と私達、総勢8人でした。

写真はありませんが、生ガキと大きな茹で海老を沢山いただきました。

歌を歌ったり、順番にひとりひとり何かおもしろい話を語るというゲームをしながら深夜まで一緒に過ごしました。


d0135907_54354100.jpg


こちらは私が初めて作ったフランスのクリスマスケーキ「ビュッシュ・ド・ノエル」。

飾り付けの小さなお菓子を作って上にのせたかったのだけど、24日買い物をする時間が無くなってしまったのでシンプルな出来上がりになりました。

日本から持って来た分厚いお菓子の本を見ながら、クリスマス当日の朝からスポンジケーキを焼いて作りました。生クリームが品切れで手に入らず、家に残っていた200mlのクリームの量に合わせて、3分の2の大きさにしました。

中には生クリームとマンゴーを入れてロールケーキ状に巻き、外側にはキャラメル入りの生クリームを塗りました。本当はもう少し茶色っぽいクリームにしたかったけど、少し色白の切り株ケーキに仕上がりました。

有機栽培のおいしいタマゴをクリーム状になるまでしっかり泡立てたので、ふんわーり柔らかいスポンジケーキが焼き上がり、大満足でした。

このケーキ、大好評だったんですよー。
特に食べ物にうるさい夫のおばあちゃんに絶賛されたのがうれしかったな。


d0135907_544154.jpg



d0135907_5443850.jpg


クリスマスの翌日は大いに朝寝坊。。。
なんと午後3時ぐらいまで寝ていました。


d0135907_5445882.jpg


そして朝ごはん(?)は、ビュッシュ・ド・ノエルの余りのスポンジケーキにクリームの残りを巻いたミニロールケーキでした。

普段は甘いものを朝ごはんに食べることは無いけど、たまにはこんなのもいいですね。
[PR]
by cihir | 2009-12-28 06:20 | FRANCE

ROBLOCHON

dimanche, le 27 décembre
クリスマスのために、いつものチーズ専門店で奮発して手に入れた2種類のチーズ。

d0135907_449543.jpg


写真左に写っているRoblochonはサヴォア地方の、生乳から造られた柔らかいタイプのチーズです。


d0135907_450138.jpg


前々から夫がおいしいと絶賛していたので、いただくのを大変楽しみにしていたのです。


d0135907_4503371.jpg


真剣にナイフを入れる夫の指が少し写っています。: )


d0135907_4505150.jpg


切り口に小さな穴が見えるのが特徴です。

クリスマスイブの食事の後にいただく予定にしていたこちらのチーズ、一皿目の料理だけで既にお腹がすごく一杯になってしまったので、クリスマスを過ぎた26日、昨夜のごはんの後に一切れ味見してみました。


d0135907_4511480.jpg


おいしいー。。。。。。

食べ終わるまで言葉が出ませんでした。。。

d0135907_4513457.jpg


柔らかい上品な味が何とも言えず素晴らしい!!
そして塩味が控えめでまろやか。

またお気に入りのチーズが増えました。
明日はハートのパッケージのチーズを食べてみます。; P
[PR]
by cihir | 2009-12-28 05:26 | フランスのチーズ
samedi, le 26 décembre......no.2

私達のクリスマスイブの夜の食事は、こんな風でした。

d0135907_7124943.jpg


前もって沢山買い出しをしてなかったので、24日当日のお店では品切れが多く、必要な材料が全て手に入りませんでした。そんな中、いろいろ工夫をして私なりにおいしいごちそうを作ってみました。


d0135907_713101.jpg


一皿目は、玄米とシーフードのグラタン。
表面には溶けたエメンタールがたっぷりです。

本当は海老やホタテを入れたかったけど、あいにく品切れだったのです。。。
(フランスのクリスマスは、茹で海老や生ガキを食べる習慣があるので、クリスマスの数日前からいきなり魚屋さんにはいつもより値上がりした海老と牡蠣だらけになり、庶民的な魚は姿を消していました。そして人々は沢山海老を買っていくので、24日の夜には既に売り切れていたのでした。。。)
なにはともあれ、いろいろ工夫したこのグラタン、とってもおいしく出来上がってで大満足でした。


d0135907_7133457.jpg


第二の皿は、マスのハーブ焼き。
写真写りがいまひとつですが、こちらも大変おいしくいただきました。


d0135907_7135647.jpg


食後にいただいたのは、ロレーヌ地方で造られた2004年のシードル(リンゴのお酒)。

シードルといえばノルマンディやブルターニュ産しか知らなかったけど、ロレーヌの農家でていねいに造られたこのシードル、とーーーってもおいしくて沢山飲んでしまいました。


d0135907_7143455.jpg



そして上の写真は、24日の朝に初めて作ったパン・デピスです。

参考にしたレシピにはベーキング・パウダーが使われていましたが、お菓子や料理には化学物質を使わない主義なので、タマゴをクリーム状になるまで泡立てて生地をつくりました。

すると少し山形に膨らみましたよー。
うれしいな。

そして自家製パン・デピス、とーってもおいしく出来上がりました。
ハチミツがたっぷり200gも入っています。
粉は全粒粉とライ麦を使用し、砕いたクルミを混ぜ込みました。

やっぱり家で作ると、お店で買うよりおいしいですねー。
夜までに夫と2人で3分の2ほど食べてしまいました。 : P


d0135907_715186.jpg


こちらは、クリスマス・マーケットで夫が買ってきてくれた、私の大好きなお菓子です。
薄いチョコレートの殻の中に、マシュマロが混じったような生クリームが詰まっています。


d0135907_7152332.jpg


中はこんな風になっています。
15種類の味があるそうです。

クリスマスがすでに終わった明日、27日もまだクリスマス・マーケットは開いているので、また食べ物や手作りの雑貨のお店を覗いてこようかと思っています〜。♬
[PR]
by cihir | 2009-12-27 08:03 | FRANCE

Créche de Noël

samedii, le 26 décembre

クリスマスの少し前から食料品の買い物や準備をしているうちに、何だかあっという間に時が過ぎていき、あまりインターネットを見ない日々が続きました。。。

d0135907_6105377.jpg


うちの近所の公園には、12月に入ってから「Créche de Noël」と呼ばれるキリスト生誕の馬小屋の模型が飾られています。

d0135907_611189.jpg


左から、天使とジョゼフ、


d0135907_6114355.jpg


そして、マリアと羊を抱いた羊飼い。


d0135907_6121832.jpg


マリアとジョゼフの間には、産まれたばかりのキリストがいます。

色使いや洋服の模様が私好みだったので、しばらく見入ってしまいました。


d0135907_613516.jpg


こちらは、クリスマスツリーが飾られたうちの近所の教会です。
クリスマスイブの夜には、この教会で行なわれた11時から始まるミサに参加してきました。


d0135907_6133348.jpg


上の写真を撮ったのは、夕方に歩いて20分程の場所にある大型スーパーに買い物に行った帰り。しかし、うちに着いてしばらくして、翌日のクリスマス当日に作る予定にしていたケーキ用の生クリームを買い忘れた事に気付き、再び歩いてスーパーに舞い戻ったのでした。ところが私がいつも使っている保存料の入っていない生クリームは品切れになっていて、残っていた物は、添加物が多く含まれている物ばかり。。。この時すでに夜の6時前。いつもは8時半まで開いているこのスーパーも6時で閉店。
クリスマス当日は全てのお店が閉まっているので、ケーキを作るのはあきらめてシュークリームを作ろうかなあ、、、なんて考えながら家路に急いだのでした。

それにしてもフランス人の人達のクリスマスの買い物はものすごい量。。。20個入りの巨大なパック入りたまごが3つもカートに入っているのを見た時はびーっくりしました。。。。。
[PR]
by cihir | 2009-12-27 06:54 | FRANCE
vendredi, le 18 décembre

d0135907_23472841.jpg


d0135907_2347536.jpg


Metzのクリスマスマーケットにカナダのメープルシロップのお店が出ていておいしそうだったので、小さいのと中ぐらいの缶を2つ買ってきました。

中身は同じで、他にもカエデの形をしたガラスの瓶入り等、いろいろありました。

お店のお兄さん、「うちのメープルシロップは自然なもので、他の店で売られている物とは全く違うのだ」と私達に力説し、彼のこだわりと製品に対する愛情を感じました。

味見はせずに買って来ましたが、家に帰ってひと口食べてみてビックリ。。。
今まで食べてきたメープルシロップと同じ物とは思えないおいしさ。。。。。。。

自然の味ってすごいですね。。。
甘いのだけどすっきりしていて、食べた後に口の中がサッパリしているのです。
カナダ風に雪に垂らしたら、さぞかしおいしいことでしょう・・・・・。


d0135907_23481431.jpg


そして、上の写真は頂き物の「メープルバタ」ーです。

先月知り合った、Metzに住む日本人のお友達が先日我が家に遊びに来てくれた時に、お土産に持って来てくださいました。それも偶然に、私達が行ったのと同じメープルシロップのお店で買ってきてくれたのでした。うれしい。。。 

d0135907_23503348.jpg


このメープルバター、絶品です。
ひと口食べてみて感動しました。。。

d0135907_2351136.jpg


夫も仕事から帰って来て、早速味見。
とっても感動していました。 : D

d0135907_23514522.jpg


残りは、おいしいパンを買って来て一緒にいただこうと思っています。

しかし、毎日冷蔵庫の中に保存中のメープルバターを見てしまうと、ついついスプーンでひと口すくって食べてしまいます。。。そのままいただくのも最高です。

d0135907_23524879.jpg


メープルシロップは、パンケーキを焼いてバターと一緒にたっぷりかけていただこう、と思いつつ、クルミにかけたり、ヨーグルトに入れたりして楽しんでいます。


d0135907_23532249.jpg


今度の週末にはまたクリスマスマーケットに出掛けて、大きな缶入りのメープルシロップ&メープルバターを買ってくる予定。そしてクリスマス用に、メープルシロップのたっぷり入ったビスケットを焼いてみようかな、なんて思っています。♬
[PR]
by cihir | 2009-12-19 00:56 | FRANCE

ヨーグルト

dimanche, le 13 décembre

d0135907_3381934.jpg

こちらは、うちでよく食べているDANONのヨーグルトです。
昔のデザインの復刻版のガラスの瓶がかわいい。

空き瓶には、スパイスや海の塩を入れてガスレンジの近くに置いています。


d0135907_3385063.jpg


これでリンゴのラッシー風ヨーグルトの飲み物を最近よく作ります。
さわやかな味が、朝ぴったりで気持ちよく目が覚めるような気がします。


d0135907_3391317.jpg


ハチミツをたっぷり入れたのも大好きです。

最近近所のスーパーで良さそうな自家製ヨーグルトの機械を見つけました。
圧力鍋でも作れるので大分迷いましたが、購入することになりそうです。

フランスには、台所関係の機械の種類がいろいろあって見ているだけで楽しい。
さすが食い辛抱の国だなあ、、、。食べ物関係の機械のコーナーが他の電化製品に比べて相当広い。。。
手動の機械もデザインがかわいくて色々と欲しくなってしまいますが、フランスに住み始めて買い物に慎重になるクセがついてしまい、お店に行く度に眺めるだけで、数ヶ月もの間決心出来なかったりします。。。

今他に欲しい思っている物は、手動の野菜を潰す道具、パスタマシーン、小さいサイズのミル等です。ミルは、丸ごとのアーモンドやクルミ等を自宅でで手軽に粉末に出来るので、大活躍しそう。市販の物をより安心な材料でお菓子作りができていいな、と思っています。きっとヨーグルトの機械と共に近々我が家にやって来ることになりそうです。 ・・・わくわく、楽しみだなあ〜〜〜。 

d0135907_340174.jpg


上の写真は、うちでたまに使っている有機栽培の牛乳です。
賞味期限の長いタイプで、フランスではこういった牛乳が一般的で種類も多いのです。

日本にあるようなフレッシュな牛乳はあまり数が無くて売り切れの時が多いので、そんな時はこちらの製品を使っています。

私は牛乳をそのまま飲むのが小さい時から苦手なのですが、ココアや料理に混ざっているのは不思議と大好きなんです ; P  冬は牛乳をたっぷり使ってグラタンやラザーニャをよく家で作ります。そして生クリーム大好きで、日本に居た頃は、ボウル一杯、泡立てた甘い生クリームをスプーンですくって食べていた程です。。。 
[PR]
by cihir | 2009-12-14 04:38 | フランスの食べ物
samedi, le 12 décembre
きのうのお昼ごはんに、作ったポタージュです。

d0135907_22543941.jpg


ニンジンをはじめ4種類の野菜を煮込んで作りました。
そして、これがまた真に美味なのでありました。。。
このポタージュも我が家の冬の定番料理に仲間入りです。


d0135907_2255031.jpg



スープ類は基本の作り方をいくつか知っていれば、あとは好きな材料でアレンジ出来るのが楽しい。今回も作る前に材料の分量を全て秤で測ってメモしたので、後々同じ味を再現出来ます。


d0135907_22553055.jpg



全粒粉と塩と水だけで作った、うちの定番の無発酵パンととても良く合います。

ピューレ風に少し濃いめのポタージュをパンに乗せて食すのもいいし、


d0135907_22555859.jpg



水分を少し多めにしてアツアツをいただくのも最高です。♪

それにしても本当においしかった〜〜〜。
お腹がとてもぽかぽか、身体も心も温かくなりましたよ。
                             
写真は撮りませんでしたが、きのうの夜はピーマンのポタージュを作ってみました。
これもおいしかったなあ。。。言わなければピーマンだとは分かりません。とろみの出る他の野菜と一緒に煮込んで作りました。
[PR]
by cihir | 2009-12-12 23:20 | 料理

いわしごはん♪

venderedi, le 11 décembre
新鮮な小さなイワシが手に入ったので、
昨日の夜ごはんにオーブンで香ばしく焼きました。

d0135907_23435587.jpg


このオーブン焼きとーっても美味でした!!!

良い素材は簡素な調理が一番ですね。
このイワシ達、玄米ごはんに乗っけて、どんぶり風にいただきました。

あっ、もちろん、お醤油をかけて!


d0135907_2344218.jpg



上の写真では上品に3尾しか乗っていませんが、撮り終えた後に更に3尾追加し、ワシワシとすごい早業で食べ終えてしまった私。。。 いわしと玄米の組み合わせ、本当に最高、おいし過ぎて暫くの間余韻に浸ってしまいました。。。 また市場で新鮮なイワシを見つけたら今度は1キロ買ってこようと決心した夜なのでした!!

パリに住んでいた頃は魚の値段が高過ぎて冷凍されたものしか買ったことが無かったけど、ロレーヌ地方に来てからは手頃な値段に感激し、魚介類をよく買うようになりました。

日本では高い鯛も、こちらでは安く手に入るので頻繁に食卓に登ります。
その他、マスも手頃で大変おいしいし、アジも安くてとてもおいしい。その他白身の魚や鮭などもよく食べています。

私の魚の調理法は大抵ごくシンプル。
塩を振ってオーブンで様子を見ながら香ばしく焼き上げるのが一番好きで、玄米と食すと最高。

オーブンで焼くと、魚自体の脂で調理されるので、旨味が凝縮されてとってもおいしく焼けるのです。


d0135907_23445474.jpg



そしてうちのごはんには、よくこれが登場します。
ニンジンをチーズおろし器で削って、リンゴ酢を少しだけかけたものです。

ロレーヌ地方のニンジンはそのもの自体がおいしいので、こんなシンプルな食べ方が気に入っています。

                              次回の更新は「野菜ポタージュ」です。お楽しみに。♫
d0135907_23451444.jpg
d0135907_23453321.jpg
d0135907_2345502.jpg

[PR]
by cihir | 2009-12-12 00:29 | 料理

セロリのポタージュ♬

jeudi, le 10.....no.2 décembre
きょうの昼ごはんにセロリのポタージュを初めて作ってみました。

d0135907_1361932.jpg



このポタージュ、すごくおいしい!!!
感動しました。。。


d0135907_1364584.jpg



いつものチーズ専門店の奥様は、私達の買い物かごから長いセロリが顔を出しているのを見つけると、毎回のように”あなた達もセロリのスープを作るのね。私もさっきセロリを買ったのよ、スープのためにね。”とうれしそうに微笑みながら言います。

きっととてもおいしいのだろうな、、、と奥様の話を聞いて以来気になっていた「セロリのスープ」を自分流の野菜の配合で作ってみました。いつもスープを作る時は少し牛乳を入れて煮込むのですが、今回は水と野菜のみで作ってみました。そしてこれが大成功!!

セロリは玉ねぎ同様「野菜界のうまみの王様」だなあ、、、。炒めて他の野菜と煮込んで海の塩を加えただけで絶品なスープが出来るのですから。今までセロリは、スープを作る時に隠し味のように少し入れてみたり、玄米ごはんでチャーハンを作る時に少し使ってみる程度でした。

しかし、このセロリのポタージュが本当に美味だったので、この冬は頻繁に食卓に登場することになりそう。。。田舎パンとチーズと一緒に食べるのも最高だろうなあ。。。
それにこのポタージュ、身体がぽかぽか温まるんですよ。


d0135907_1374098.jpg


フランスの野菜はとても味が濃厚でおいしく、特にこのロレーヌ地方に住むようになってからは、以前にも増して野菜を沢山消費するようになりました。

味が濃い新鮮な野菜があれば但それだけで味わい深いスープが出来上がるのにはいつも感動します。野菜の旨味だけで驚く程おいしく出来上がるのです。

d0135907_138886.jpg



次回は、八百屋さんに行く度に気になっていた、直径18cmぐらいのボールのように丸いセロリを買って来てスープにしてみようと思っています。どんな味なのか今から楽しみ。。。

本日1つ目の記事えびねぎもちもどうぞ♫
[PR]
by cihir | 2009-12-11 02:15 | 料理

えびねぎもち♪

jeudi, le 9 décembre
きのうの大分遅めの昼ごはんに作った”えびねぎもち”です。

d0135907_121786.jpg



栗原はるみさんの本に載っていた中華風食事風おやつの”ねぎもち”を私流にアレンジしてみました。

小麦粉で作った皮(うちにはめん棒がないので、ハチミツの空瓶ですのすご〜〜〜く薄く伸ばしました)に、フランス版長ネギのポワロー(ポロネギ)と海老を細かく刻んだものを中に入れて香ばしくカリッと焼きました。小麦粉は全粒粉を使いましたが、白い小麦粉で以前作った時よりも大分香ばしく出来て大満足。

大きさは直径20cm、高さ4cmぐらいに出来上がりました。
これを切り分けて食べるのがうれし楽しいのです。: D


d0135907_124550.jpg



酢醤油をたっぷりかけると、とーってもおいしい。。。

酢醤油は、うちでいつも使っているリンゴ酢と、日本から持って帰ったお気に入りの本石杉桶仕込みの古代醸造醤油を混ぜてみました。


d0135907_13686.jpg


2人で食べるには量が多いかな、と思ったものの、全部あっという間に無くなりました!!
夫が大変気に入ってくれたのがうれしかったなあ。今度は小さめのひと口サイズを作ってみようと思っています。

                             
うちの居間

d0135907_135285.jpg


少し前に天井の照明をつけました。
写真では分かりにくいのですが、ロウソク風の電球を付けているので、明かりを灯すととってもきれいなんですよ。。。
[PR]
by cihir | 2009-12-11 01:32 | 料理