フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー

<   2010年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

vendredi, le 30 juillet
アルザス地方のお菓子、ヘーゼルナッツのケーキを焼きました。♪

d0135907_21222891.jpg


フランス語では「gateau aux noisettes ガトー・オ・ノワゼット」といいます。


d0135907_2123028.jpg


材料は卵白、バター、未精製のお砂糖、小麦粉(type 65)、ヘーゼルナッツを粉にしたものです。このお菓子も材料がシンプルなので素材の良さが大きく味や質感に影響するなあ、と思いました。


d0135907_21233668.jpg


こちらのヘーゼルナッツを使いました。♪

いつも行っているメッスの自然食品屋さんで見つけました。
有機栽培の味の濃いヘーゼルナッツを丸ごと粉にしているので、袋を開けた途端、香りと色に感動しました。これを使えば絶対においしいお菓子が出来るはず、と作る前から確信しました。: D


d0135907_21283899.jpg


このお菓子は直径18cmの小ささだけど、130℃と低めの温度で45分位じっくり焼きました。そのせいか、しっとりしたケーキに焼き上がりました。そして焼き上がりとともに家中がヘーゼルナッツの香りに包まれてしあわせなのでした〜。♪

冷めるのを待ってから味見。:D
・・・おいしいーーーーーー。
すごーくヘーゼルナッツ!!!

夫は夜ごはんの後に一切れ食べるつもりでいましたが、ごはんを沢山食べてお腹が一杯になってしまったので、夜の散歩の後にほんの少し味見しました。


d0135907_21291074.jpg


そして今日の朝ごはん(仕事が休みで起きるのが遅かったのですが)に紅茶といただきました。キケンな程においしいケーキです。。。それに紅茶にとっても合います!!

もう既に半分無くなりました。: D


d0135907_21294287.jpg


上の写真は、6月に訪れたbeblenheimベブレンハイムです。

小さいけどとてもチャーミングな村でした。


d0135907_2130161.jpg


この村への訪問はワイン酒蔵での試飲&買い物が目的でした。そうなのでゆっくり村を散策することは出来なかったけど、次回訪れた時には村の小さなパン屋さんやチーズ屋さんに立寄って地元のおいしいものを買って来ようこと思っています。♪





人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-07-30 22:03 | お菓子作り
jeudi, le 29 juillet
昨日に引き続きオベルネの街です。

d0135907_23392162.jpg


路地裏にも色とりどりのかわいい建物が建ち並んでいました。家々の壁や窓辺が眩しく輝くような緑の植物や花々が飾られ、夢のように素敵な眺めでした。。。


d0135907_2340171.jpg


街中に木組みの古い家々がたくさんあり、どれも個性があってかわいい。色合いがお菓子の家みたいで、時々おいしそうに見えてしまいます。。。: D


d0135907_23411931.jpg


今度この街を訪れた時に行ってみたいなあ、と思ったレストランです。
アルザス地方にしてはシンプルなデザインの看板だけど、色合いがなんか好きです。


d0135907_2342967.jpg


お店の窓辺にはたくさんのワインのラベルが貼られていました。

そういえば、ずっと前、まだイギリスに旅立つ前日本で暮らしていた頃はイギリスやフランスのアンティーク雑貨や古いパイン材のイギリスの家具に夢中で、いろいろと少しずつ集めてインテリアにこだわっていました。外国のジャムやワインのラベル等も、デザインがかわいい物を集めていました。今でも紙製品が好きで、自分でも作ったりしています。 

私がフランスで一番最初に住んだのはトゥールという、パリからTGV(テー・ジェイ・ヴェー フランス版の新幹線)で1時間足らずの街でした。その街の旧市街はとっても素敵で、今でも時々懐かしく思い出します。メッスからは遠くでなかなか行けないけど、いつか夫にこの街を見せてあげたいと思う程大好きな所。トゥールの旧市街にも木組みの家があり、アルザスとはまた違う雰囲気で良い所なんです〜〜〜。そしてそこには私のお気に入りの紙製品の小さなお店があるのです。ノート、便せん、封筒、ポストカード、本のしおり、バインダー、小箱など、ありとあらゆる紙で出来た小さなもの達が所狭しと並んでいて、どれもこれもデザインがかわいいのです。。。♪


d0135907_053529.jpg


オベルネの散歩はまた次回に続きます。


d0135907_2347746.jpg


今日は夫のお弁当に巾着寿司と巻き寿司、ミニ長ギョウザを作りました。

巾着寿司の中身は細かく切ったニンジンをお砂糖と醤油で煮たもの、サヤインゲンの塩ゆでの薄切りのシンプルな玄米の混ぜ寿司が入っています。巻き寿司はこの前と同じ具で作りました。少し変えてみたのは、キュウリを多めに入れたことです。: ) それからカッパ巻きも作りました。♪

長ギョウザの中身は海老とチーズ。出来立てのアツアツを夫と味見してみたらすごーくおいしかったです。。。本当はお弁当作りと並行してヘーゼルナッツのケーキをデザート用に焼くつもりだったのですが、時間が無くなったのであきらめ、午後に焼きました。

まだ味見してないけど、ゴムベラにくっついた焼く前の生地を味見してみたらその時点で既においしかったので今夜が楽しみです。今回はヘーゼルナッツの粉を100gも使ったのでとっても香ばしい香りがします。今、家中がヘーゼルナッツの匂いです。: D



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-07-30 00:45 | アルザス地方

Obernai☆オベルネ

mercredi, le 28 juillet
5月に訪れたアルザス地方のオベルネの街です。♪

d0135907_21272827.jpg


オベルネはアルザス・ワイン街道の北のほうに位置する、おとぎの国のような小さくてかわいい街です。街に一歩足を踏み入れた途端にこの街のとりこになってしまいました。。。♪


d0135907_21303698.jpg


建物の感じがアルザス地方の他の街や村とは少し違った雰囲気で、またまた大好きな街が増えました。街の中心の広場から延びるレストランやお店が建ち並ぶ通りには、他のヨーロッパ諸国からの観光客の人達で賑わっていました。


d0135907_21311913.jpg


街中に明るくて爽やかな雰囲気が漂っていました。

私達はオベルネの街の外に車を停めて、街に入るなり路上に無人の野菜のお店が出ているのを発見。小さなベルを鳴らすと家から人が出て来ました。私達は大きな袋に入った5キロの赤いジャガイモとタマネギを買いました。♪ ここのお家で作ったものを売っているようで、この日は2種類のジャガイモ、ニンジン、玉ねぎが売られていました。野菜を売ってくれた奥様もとても感じのいい人でした。:)


d0135907_2132591.jpg


とにかくどこを歩いても街並みがかわいくて、路地に入り込んだりしながら散策を大いに楽しみました。2時間位ぶらぶらと歩いていて気がついたら既に夜の8時近く。。。日が長くなるとつい時間を忘れてしまいます。。。


d0135907_21324535.jpg


この街を歩いていると、創作意欲が湧いて来て無性に作品を作りたくなってきました。またゆっくり訪れて街中を思いのまま隈無く歩きたいなあ、、、と思っています。この間まで私達の住むロレーヌ地方は猛暑で、冷房の付いていない車(フランスの車は冷房無しがまだまだ多いのです)でアルザスに出掛ける気にはなれなかったのですが、最近秋のように涼しい(日本の10月下旬位、少し寒かったりもします)ので、久しぶりにアルザスに遊びに行こうかな・・・なんて考えています。


d0135907_2134685.jpg


アルザス陶器のスフレンハイム焼きのお店があったので見たかったけど閉店していました。次回はもっと早い時間に行っていろいろお店に入ったり、レストランで食事を楽しもうと計画中。: D


d0135907_21345929.jpg


こちらはお惣菜も売っている肉屋さんです。
建物がとてもチャーミング。。。


d0135907_21365850.jpg


そして上の写真は、私達の暮らすロレーヌ地方のメッスにあるお気に入りのお菓子屋さん「Frsson」のラズベリーのケーキ。3週間位前に初めて2階にあるサロン・ド・テ(喫茶店)に入ってみました。

雰囲気が気に入ったので、ちょくちょく行ってしまいそうです。。。 
メニューを見てみると、ここはケーキだけでなく軽食もいろいろとありました。

このケーキのラズベリー、普通の2〜3倍位大きくて、ふっくら瑞々しくておいしくて感動。。。中にはピスタチオのクリームがたっぷりでした。また次回の記事に写真を載せます。♪


オベルネの記事は次回に続きます。♪



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-07-28 22:46 | アルザス地方
mardi, le 27 juillet
きょうは夫にシュウマイ弁当を作りました。♪

d0135907_2344215.jpg


白いんげん豆とポロネギのシュウマイです。
皮も小麦粉と熱湯でこねて手作りしました。♪

シュウマイの他に入っているのは、玄米ごはん、鮭のソテー、ニンジンとセロリの炒め物、トマトです。


d0135907_23445245.jpg


そしてお弁当の後のデザートは、昨日の夕方に焼いた全粒粉のブドウパン。
それから豆にハチミツを混ぜたものです。この甘い豆、和菓子みたいな味と食感が大好きなんです。。。

フランス人は(特に年配の人)、豆を甘くして食べることにとても抵抗があるよう。。。日本に興味のある若い人達は小豆のお菓子が結構好きな人も多いみたいです。私も日本では、食事の時のおかずとして出てくる甘く煮た豆は苦手でした。でも小豆を使った和菓子は小さい時から大好き。そうなので外国に住んでいると、豆大福などの小豆のお菓子が無性に食べたくなったりします。日本では小豆を煮て粒あんを作るなんてことは考えもしなかったけど、今はお汁粉も粒あんも家で作るようになりました。: D しかし、小豆はこちらでは手に入らないので(パリに行けば買えるけど高い。。。)、フランスで簡単に手に入る豆を使って和菓子もどきなものを時々作っています。♪ レンティル豆やひよこ豆を柔らかく煮たものにハチミツをかけて食べたり。これがおいしくて大好き。特にひよこ豆はハチミツの組み合わせが気に入っています。。。


d0135907_2345214.jpg


今日は絶対にシュウマイを作ろうと昨夜から心に決めていたので、結構起きるのが遅かったけど、起きてすぐに昨晩から水に漬けて戻しておいた白インゲン豆を圧力鍋で煮て、その間に皮の生地を用意しました :)

白インゲン豆をつぶして炒めたポロネギと合わせて、塩で味付けし、アンチョビも少し加えてシュウマイの餡を作りました。シュウマイの中身にする材料が手に入らないので、和風や中華風のおかずを作る時はこんな感じ工夫しています〜。

夫の出掛ける時間が迫る中、てんやわんやな感じで調理に没頭していた私。。。出来上がってから写真なんか撮っていたため、夫はいつもより出掛けるのが5分位遅れてしまいました。。。

用意したシュウマイの皮の生地は24個分だったので彼が出掛けた後もシュウマイ作りは続きました。皮をきれいに丸く均等な厚さに伸ばすのが難しくて、結構真剣に皮伸ばしに取り組んでしまいました。: D

出来上がったシュウマイは、鮭と白いんげんとポロネギ、ポロネギの青い部分を多めに入れたもの等、3種類です。それにしてもシュウマイを作るのは楽しい!!!


d0135907_23455057.jpg


うちには蒸し器が無いので、20cmの鍋にお湯を沸かして、圧力鍋の蒸す用のザルみたいな物にオーブン用の紙を敷いて、その中にシュウマイを6個並べました。フタの代わりは以前使っていた電気オープンの天板です。: D  1度に沢山蒸す事が出来ないので3回に分けて蒸していたら、キッチンが蒸し風呂状態になっていました。。。

それにしても、手作りシュウマイはおいしい!!
皮もちゃんとシュウマイ独特の匂いと味がして、なんか懐かしい気分になりました。。。 シュウマイを食べるのは、そういえば何年ぶりだろう。。。


d0135907_2347284.jpg


うちにはこんな豆たちを常備しています。

今はこの他に日本から送ってもらった有機栽培の小豆が3袋あります。もったいなくてなかなか使えずにいます。何に使おうか迷うのも楽しい。。。 今の所の候補は、①小豆のアイスクリーム、②小豆を入れた抹茶のパウンドケーキ、③小豆を使ったタルト④あんまん、、、です。


d0135907_234759100.jpg


上の写真は、この間のカイゼルスベルグの記事に書いたワイン・カーヴです。ここで私達は2種類のワインを買いました。


d0135907_23483054.jpg


こちらがそのワインたち。♪


d0135907_2349472.jpg


1週間程前に、食後に1本開けました。
とーってもおいしかったです。。。: D


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-07-28 01:04 | FRANCE
lundi, le 26 juillet

アルザス地方の小さな村Wettolsheimウェットルシャイムです。

d0135907_5515256.jpg


コルマールの南、中世の美しい村エギザイムの近くに位置するワイン街道沿いのウェットルシャイムの村へ、アルザスで個人旅行ガイドとしてお客さんを案内してきました。


d0135907_5523936.jpg


この村へ行った目的は、有機栽培のワイン酒蔵を訪問するためでした。この日は日曜日。村の中心の広場の辺りが人々で賑わっていました。結婚式かな、、、と思って、立ち止まって少し見学しました。

d0135907_5532492.jpg


しばらくして結婚式だと思っていた人々の集まりは「コミュニオン」という、8歳の子供達のためのカトリックの儀式だということが分かりました。着飾った子供達が沢山いて妖精のようにかわいかったです。。。


d0135907_554218.jpg


d0135907_555784.jpg


村中の住人が全て集って来たかのように広場は人で埋め尽くされ、音楽の演奏が始まると和やか雰囲気の中で儀式が始まりました。


d0135907_5554748.jpg


ウェットルシャイムは、村の中心の広場から延びている道を少し歩くとすぐにブドウ畑が見えてくる程のとても小さな村。そしてどの家も窓辺や庭が花で飾られ、絵のようにかわいいのです。


d0135907_5562038.jpg


私達が目指すワイン酒蔵が見えてきました。: D

d0135907_5571970.jpg


d0135907_5575512.jpg


酒蔵の奥様はとても気さくで優しい方でした。日曜日だったのにも関わらず醸造所の見学まで快く引き受けて下さり、本当に感謝の気持ちで一杯でしたー。♪ ワインも数種類味見しましたよ。おいしかったです。♪ でも私達は前日に何本かワインを買っていたので、ここでの買い物は次回のお楽しみにとっておくことにしました。私達が案内したお客さんは気に入ったワインを何本か見つけ、ご購入されましたよ。♪

この村、また今度ゆっくりと散歩してみたいです。
そして次回は、ずっと行ってみたかったエギザイムに足を伸ばしてみようかなと思います。♪: D


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-07-27 06:54 | アルザス地方
dimanche, le 25 juillet

プロヴァンス地方のパン、フーガスを焼きました。

d0135907_0135247.jpg


高さ35cmぐらいの大きさに焼き上がりました。
本当はもっと巨大にしたかったので、次回は小麦粉を1キロ使って2倍の大きさに焼いてみようと思っています。♪ 楽しみー。


d0135907_0142841.jpg


このパンの中には、黒オリーブ、アンチョビ、トム・チーズとプロヴァンス・ハーブが入っています。焼き上がったのは夕方。夫にこの大きなフーガスの姿を見せてあげたかったので、 帰って来るまで味見したいのをじーっと我慢しました。: D 何をしててもパンの事が気になって仕方ありませんでした。。。。。 えへへっ: D

セロリのスープを作って、夜ごはんにフーガスと一緒に食べました。♪ 
アンチョビやオリーブがきいていてとても香ばしくておいしかったです。。。 そして全粒粉の風味も香ばしい。。。今までで一番おいしいフーガスが焼けて大満足〜。今度焼く時は刻んだトマトやモッツァレッラ・チーズを入れてみるつもりです。どんな味になるのかなあ。。。


d0135907_0151892.jpg


昨日の夜にあっという間に半分食べてしまったフーガスの残りは、今日の昼ごはんになりました。


d0135907_0155419.jpg


スープをたくさん作ってあったので、昨日の夜とほとんど同じメニューです。: D


d0135907_0165343.jpg


このセロリのスープ、とーっておいしいんですよ。。。

よーく炒めたタマネギ、ポロネギ、ズッキーニ、じゃがいもに水を加えて煮込んだだけですが、野菜の味が濃くて本当においしい。。。 味付けは海の塩だけ。野菜だけで作るスープは、ブイヨンなんて入れなくてもコクがあっておいしくてビックリしますよー。。。


d0135907_0172464.jpg


日本に住んでいた頃はスープを作ったことが無かったけど、フランスに暮らし始めてから自然とよく作って食べるようになりました。スープにするとおいしい野菜が多いことや、気候が関係しているのかも知れませんね。。。

気候と言えば、2、3日前から急に少し寒くなりました。昨日の夜に夫と近所へ散歩に出掛けた時は、毛糸で出来た長いカーディガンを着て、冬の帽子をかぶって行きました。この真夏にこんな格好をするのはどうかなあ、、、と一瞬ためらったけど、それだけ着ても少し寒かったです。。。 


d0135907_1274255.jpg


きょうも空は曇りがちで気温が低めです。。。
こんな日が続くと熱いオーブン料理を作りたくなります。


d0135907_018053.jpg


さっきパンの本を読んでいたら、またいろいろと焼いてみたいパンや見つけてしまいました。そしてパンに合う温かい料理もおいしそう。。。明日はとりあえずブドウ入りの田舎パンを焼こうと思っています。


d0135907_1282670.jpg



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-07-26 01:21 | 天然酵母パン
samedi, le 23 juillet
きょうの夫のお弁当です。♪

d0135907_2393495.jpg


本当は具がたっぷり入った太巻きとおかず2種類を作ろうと思っていましたが、昨夜はすごく夜更かししてしまったので起きれず、簡単なお弁当になりました。


d0135907_2311104.jpg


今日はチーズをたっぷり3種類も入れました。: D
このチーズたち、全部おいしいんですよー。

私は特に左上に写っているアルザスのトム・チーズが大好き。


d0135907_23115797.jpg


お弁当の中身は、マッシュルームとアンチョビとポロネギの味噌焼き玄米ごはん、ズッキーニと紫タマネギの炒め物、ニンジンと緑の乾燥豆の煮物、そしてごはんの上にゆで卵をのっけてみました。♪


d0135907_23123337.jpg


麻の実入りの無発酵パンも焼きました。
時間が無くて形が適当になってしまいましたが、このパンがとってもおいしいのです。

今日の粉の配合はライ麦粉60%、全粒粉40%にしてみました。パンも今朝早起きしてフーガス(南フランスのハーブ、オリーブ、チーズ等が入った平たいパン)と干しぶどう入りの田舎パンを焼くつもりにしていましたが、4時間前に粉を捏ねて準備しないといけないので、今日もいつもの簡単無発酵パンになったのでした。: D

きょうの午後一番にフーガスを作るためのパン生地を捏ねて、今寝かせているところです。おいしく焼けるといいな。。。


d0135907_23135681.jpg

d0135907_23143552.jpg



d0135907_23152716.jpg


上の写真は少し前にメッスの本屋さんで手に入れたロレーヌ地方のお菓子の本です。ロレーヌのいろんなお菓子の作り方はもちろん、お菓子にまつわるお話が書かれていて興味深い本です。

実はこの本は大分前から欲しいと思っていたけど節約生活をしていたこともあり、その内いつか買おうと思っていました。しかしある日、どうしてもこの本を買わなくちゃ、、、と朝起きた時に強く思ったのです。自分でもなんでそんな風に思うのか不思議だったけど、夫が休みの日だったこともあり、メッスの屋内市場で食料品を買った後に目的の本屋さんに行ってみると、なんとこの本だけが何故か割引になっていたのです!! 15ユーロが7ユーロになっていました。理由が無いけど何か心に強く感じることって、幸運を引き寄せたり危険から自分を守ってくれる何かがありますね。♪ この事はパリに住んでいる時に本当に実感した事です。心の声を聞くことって大切だなあ、、、と改めて思いました。。。

きのうはこんな事がありました。
とてもよく晴れていたので洗濯をして、後は干すだけという時になんか分からないけど「外に干すの何となく嫌だなあ。。。」と思ったのです。もう一人の私は太陽の下でカラッと洗濯物を干したいと思っていたのだけど、その奥にいる私は何となく気が進まなくて、、、。外はあんなに晴れているのにわざわざ浴室や居間に洗濯物を干す自分を滑稽に思ったのだけど、それは後で予感だったのだと分かりました。部屋に干し終わった5分ぐらい後に、あの天気の良さがウソのようにまさに「バケツをひっくり返したような」という表現がぴったりの大雨が降り出したのでした。自分の心の声にとーってもビックリしました。何となく感じる事って何でも意味があることをまたまた実感。。。


d0135907_23195081.jpg


こちらは先週買ってきたチーズ料理の本です。
チーズフォンデュやラクレット。その他にもいろんなチーズを使った料理の作り方が載っているとっても楽しい本。お値段はお手頃なのに内容が濃くて素晴らしい。。。

この本でまたいろいろなおいしい料理を覚えられます。うれしいな。。。

この本の出版社はアルザス地方のコルマールにあり、他にもアルザスのジャムやお菓子の本、保存食の作り方等、楽しくて実用的な料理の本が揃っているんですよ。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-07-25 00:22 | FRANCE
vendredi, le 23 juillet
6月に訪れたアルザス地方のカイゼルスベルグの村です。♪

d0135907_9161561.jpg


前日まで1週間程雨ばかりで冬のコートを着る程寒かったのですが、私達が出掛けた日はとーってもいいお天気で空が真っ青でした。: D

上と下の写真は村の入り口のすぐ近くに建っているシュヴァイツアー博士の生家です。


d0135907_9165213.jpg


とてもかわいくて素敵な建物です。
この家がある通りには、雰囲気の良いカフェやアルザスの特産品、おいしいパン屋さん、アルザス陶器のスフレンハイム焼きのお店などが建ち並んでいます。雑貨感覚のベッコフやクグロフのスフレンハイム焼きの陶器たちはとてもかわいくて、お店の中を覗いてみると時間を忘れてしまいそうです。

この日はパン屋さんで小さなクグロフを初めて買ってみました。おいしかったです。値段は2ユーロとお手頃でした。♪ ハチミツを売っているお店も気になっていたのですが、ワイン酒蔵に試飲に行く時間が迫っていたので次回のお楽しみにとっておくことにしました。


d0135907_9174219.jpg


村の周りはアルザス地方の他のワイン街道沿いの村々と同じように、こんな風にブドウ畑が広がっています。この季節はブドウの葉っぱが緑に茂っていてとてもきれいでした。冬に訪れた時とは印象が結構違って、全てがキラキラ輝いていて色鮮やかで夢のように美しかった。。。 ブドウの木には既にとーっても小さなブドウの実ができていました〜。


d0135907_919018.jpg


村から丘の上の城跡まで散歩しました。10分程緑の茂る小径を登って行くと、こんなに素敵な村全体の景色を眺めることが出来ます。

本当にきれいで感動しました。。。


d0135907_9195984.jpg


上の写真は城跡です。


d0135907_9213164.jpg


d0135907_9224698.jpg


上から眺めたカイゼルスベルグの村です。


d0135907_9321750.jpg


村の散歩を楽しん後は、村の外にある有機栽培のワイン酒蔵へ。

とってもエレガントで格調高い雰囲気の素晴らしいワインカーヴでした。5種類程試飲させて頂き、2種類のワインを購入しました。こちらのワイン、どれもとーっても美味しくて感激しました。カーヴの奥様もおしゃれで素敵な方でした。

私達が買ったワインは次回の記事で紹介しますね。♪


d0135907_930045.jpg


きのうの巻き寿司と長ギョウザのお弁当、夫に大好評でした。きのうお寿司を作って以来、巾着寿司や具が沢山入った太巻きを作りたくて仕方ありません。。。: D いろんな海の幸や玉子焼きを用意して手巻き寿司もいいなあ、、、。 明日早速作ってしまうかも知れません。。。:)

私達のアルザス地方ツアーのホームページ「ラ・クルール・アルザシエンヌ」の
トップページを修正、更新しました。良かったら見に来てくださいね。♪


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-07-24 10:25 | アルザス地方
jeudi, le 22 juillet
カマルグの玄米で巻き寿司を作りました。♪
d0135907_22271654.jpg


私の人生で巻き寿司を作ったのはこれが2度目です。

1回目はパリで知り合ったイタリア人カップルを訪ねてシチリアに行った時でした。そして今回は、いつも圧力鍋で炊いて食べている有機栽培のカマルグの玄米で作りました。


d0135907_2228263.jpg


同じカマルグのお米でも白く精製されたものはサラッとしたタイプの粘り気の無いお米ですが、玄米だと程よい粘り気があって、日本のお米に少し近い感じでおいしいのです。そして、多分に日本の玄米よりも簡単においしく炊けるように思います。私は白米よりも玄米のほうが香ばしくて好きなので、このお米を見つけてからは日本のお米が全く恋しくないんですよ。♪

すし酢は、シードル・ビネガー(リンゴのお酒で作ったお酢)、精製されていない薄茶色のお砂糖、海の塩を混ぜて作りました。このすし酢でとっても美味しい寿司飯が出来るのです。♪ おいしいものはいつでもシンプルですね。

すし酢を作った後は、玉子焼きを焼いたりと具の準備。

巻き方を長年愛用している日本料理の本で確認してから、日本から持って来た巻きすで巻く時はちょっと緊張の一瞬でした。。。: D 何と言ってもきちんとした作り方で巻き寿司を作るのは今回が初めて。イタリアで作った時は、突然前日に作って欲しいと頼まれたので、何だか見た目がすごかったです。。。。。 具が端っこに寄ってたり、、、。

今回は、海外で作る日本料理にしては良く出来たなあ、、、と満足。♪ : D


d0135907_22333978.jpg


きょう巻き寿司を作ろうと思ったのは、夫のお弁当に入れてあげたかったからなのです。彼のお気に入りの長ギョウザも、起きてすぐに皮の生地を用意して、出掛ける時間ギリギリに何とか焼き上がりました。なんか今日のお弁当作りはとっても達成感があってさわやかな気分でした。


d0135907_2235735.jpg


上の写真は、デザートのパウンドケーキ。
きのう知り合いの人に半分おすそわけするために、またパウンドケーキを焼いたのです。一日経ったパウンドケーキはしっとりと、焼いた当日と少し違った味わいでおいしいー。 未精製のお砂糖を使っているためか、微かにハチミツのような優しい風味があるんですよ。


d0135907_22354994.jpg


お弁当を用意しながら巻き寿司をひとつ味見。お醤油をちょっぴりつけて。♪
このお寿司、とってもおいしいです。白米のお寿司より好きだなあ。


d0135907_22363367.jpg


それにしても巻き寿司を巻くのって楽しいーですねーーー。

ひとつ巻いてみたら、どんどん巻いてみたくなってしまいました。そんなわけでもう1本巻きました。それでももっと巻いてみたくて、カッパ巻きを2本巻きました。♪ 細巻きはきれいに巻くのが難しかったです。。。 ちょっとご飯がはみだしました。。。

うちの包丁は切れ味が悪くてきれいに切れなかったので、包丁を研がなくては。


d0135907_22371422.jpg


こちらは私が20歳ぐらいの時に買った日本料理の基礎の本です。初版が発行されたのはなんと昭和46年!! 私の本は昭和60年発行、第33刷です。ずっと前に包装して手作りのブックカバーをかけて大切に使ってきました。: )

初めて暮らした外国のイギリスに行く時は、他の本と一緒に船便で送り、日本へ帰国する時も船便で送りました。イタリアで長期滞在する時は郵便事情が不安だったのでスーツケースに詰めて持って行きました。


d0135907_22374680.jpg


写真を撮ってみようと、久しぶりにカバーをはずしてみました。

・・・なつかしい。。。
長い間会っていなかった友人に会った時のようなしみじみとした懐かしさが込み上げて来ました。。。 20歳ぐらいの時に買った本は殆ど古本屋に持って行ったり、人に譲ったりしてそんなに残っていないけど、考えてみればこの本は私の近くにいつもある一番古い本でした。。。


d0135907_22435837.jpg


上の写真は、6月にパリで買ってきた料理道具たちです。

上のほうに写っているのが昨日の記事に書いた長いめん棒です。
これを買ったのは手打ちうどんを家で作るため。それにお菓子作りの時にタルト生地を伸ばしたり。(以前は気に入っためん棒が見つからなかったので、タルト生地をハチミツの瓶や手で伸ばしていたんですよー)

あとは、フライ返しとジャガイモを潰す道具、お菓子の型など。
日本ではこのフライ返しにそっくりな形のものを使っていたので、こういうのがずっと欲しかったのです。(木の柄の部分と、返す部分の微妙な角度がすばらしい!!)フランスで売られている大多数のものは、返す部分が四角くて使いにくいのでフライ返しをずっと持っていなくていつも菜箸を使っていました。このフライ返しを見つけたのは実は1年以上前にパリに行った時。しかし少し高めだったので結局買わなかったのですが、翌日に後悔、、、。 便利だし買っておけば良かったなあ、、、なんて思いつつ次回にパリに行った時には絶対に買って帰ろうと心に決めていた品なのです。この間のパリ行きは、他のお菓子の道具を買うことも目的だったけど、このフライ返しも大きな目的なのでした。: D (日本だとこういう道具はすごく簡単に手に入るし、何でも必要な物はすぐに見つかるけど、こちらではなかなかです。。。)

この間から中華風の小麦粉料理に凝っていて、花巻やパオズ(中華まんじゅう)をよく作っています。圧力鍋についているアルミの蒸し器を直径20cmの鍋にのっけてセイロ風にして蒸していますが、サイズが小さくて4つ入れると出来上がった時にはくっついてイビツな形になっています。: D 家で作るパオズがとってもおいしくて気に入っているので、今とっても欲しいのが大きなセイロ。一度にいろんな種類をたくさん蒸して、友達を呼んで一緒にハフハフ食べたいなあ。今度アジア食品を売っているお店に覗いてみようかな。


私達のホームページ「ラ・クルール・アルザシエンヌ」の
アルザス地方を訪れる ①
アルザス地方を訪れる ②が完成しました。♪ 
良かったら見に来て下さいね〜。: )


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-07-23 00:24 | FRANCE
mercredi, le 21 juillet
今日の夜ごはんに、長ギョウザを作りました。

d0135907_7524177.jpg


中国名はターリャンフォシャオ(昔からある中国の長い財布という意味だそうです)。

この長ギョウザ、皮も手作りしました。
そしてこの皮がとーってもおいしい。。。
今日はT65の粉を65%、T150(全粒粉)を35%ぐらいの割合にしてみました。

全粒粉を混ぜた粉で作る皮のほうがモチモチして香ばしくておいしいです。♪中身は海老とエメンタール・チーズを入れました。昨夜は鮭を入れて作ってみたら夫に大変好評だったので今日は海老を入れて再び作ってみました。私もとても気に入ったので我が家の定番料理になりそうです。

先月の末にパリに行った時に、製菓道具のお店でずっと欲しかった長いめん棒を買って来ました。それ以来、以前は出来なかっためん棒を使う小麦粉料理をいろいろ楽しめるようになってうれしいい。。。 小麦粉と水で捏ねた生地を薄く長方形に大きく伸ばす作業が何だか楽しい〜。♪


d0135907_7533170.jpg


そして、こちらも今日の夜ごはんに食べた料理で「ボヘミアン」という名前の南仏の野菜料理です。ナスとトマトがたっぷり、それから玉ねぎ、ニンニク、アンチョビが入っています。これもおいしかったです。


d0135907_7572223.jpg


上の写真は日曜日に行ってきたメッスの植物園です。
入り口はこんな感じです。


d0135907_7582027.jpg


中に入るといろんな植物が植えられていて、のんびり歩きながら眺めました。ラベンダーが沢山咲いていて、触ってみるととてもいい香り。。。


d0135907_759224.jpg


d0135907_80135.jpg


黒鳥が6羽ぐらいいて、行動を眺めているだけで可笑しかったです。♪


d0135907_832523.jpg


いろんな種類の花が咲いていたけど、暑過ぎてくたびれているものが多かったです。


d0135907_7552852.jpg


きのう夫の同僚の人達におすそわけしたロッシェ・ココ、とーっても気に入ってもらえたようです。うれしいな。


d0135907_8113953.jpg


こちらは大分前に作ったマドレーヌ。

冷凍庫にはまだアイスクリームを作った時に残った卵白が6個分保存されています。卵白をたくさん使うお菓子、フィナンシェを作ってみたいけど専用の型がないのてマドレーヌの型で焼いてみようかな。。。♪

パリに行くといつも寄る製菓道具の専門店にフィナンシェの型が売られているのだけど、25個ぐらいのセットになっていて40ユーロと結構高め。他に欲しいと思っているお菓子の型や道具や鍋がいろいろあるし、使用頻度を考えるとなかなか買う勇気がでないけど、やっぱり専用の型で焼いてみたいなあ、、、なんて思ったりもします。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-07-22 09:13 | Metz メッス