フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー

<   2010年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

jeudi, le 30 decembrel

d0135907_15454868.jpg


夫の祖父母へのクリスマスプレゼントに焼いたブルターニュ風ガレットの生地が少し冷蔵庫に残っていたので、スライス・アーモンドをのせて焼いてみました。♪

一段とおいしい。。。
我が家の定番お菓子に決まりです!!

ガレットの生地は6日くらい冷蔵庫で寝かしておくと、
時間が更においしくしてくれることを発見しました。。。


d0135907_15451643.jpg


前日から寝かせてあった生地で天然酵母のパンも焼きました。

朝作っておいた干しタラとジャガイモでつくるペースト「ブラダナード」を乗せたものと、シンプルにエメンタール・チーズの薄切りを乗せていただきました。

膨らみが足りなかったけど、小麦粉の味がしっかりあって香ばしく、外はフランスのパンらしくパリっと、もちっと弾力のあるおいしいパンでした。


d0135907_15445132.jpg


こちらは木のレモン絞りです。
よく絞れて素晴らしい。。。

今まではレモンを手で搾っていたけど、このレモン絞りを初めて使ってみた時は感激!!
楽に、しかも無駄無くすみずみまで、半分に切ったレモンが絞れて快適なんですよ。

久々に良い道具に出会いました。
こういう使い勝手がよくて見た目もかわいい物がキッチンにあると、なんだか毎日の料理が一段と楽しくなります。♪


d0135907_15442583.jpg


最近メッスへ向かう道はこんな風に霧と雪で全てが真っ白になっています。。。


●アルザスの小さな村オトロット●
d0135907_15435282.jpg


今年の4月頃に行った、アルザス・ワイン街道の北のほうにあるオトロットという小さな村です。


d0135907_15432836.jpg


この村は今まで訪れた村々と雰囲気が違って新鮮でした。
小高くなった教会から見下ろす村の景色がきれいで、じっと見入っていました。♪


d0135907_154374.jpg


私達が行った時はまだ寒かったせいか、観光客もいなくてとても静かでした。お昼時だったせいか、村中がしーんとしていました。


d0135907_15424325.jpg


村の中心には、教会と観光案内所、そして小さな食料品のお店やレストランが数件ありました。

観光案内所はお昼休みで閉まっていましたが、隣にあるトイレに入ってみました。

、、、!!!
こんな清潔で感じのいいトイレ、フランスでものすごく久しぶりに見ました。奇跡に近いような清潔さと快適さでした。窓から見える景色が絵のように美しかったです。♪


d0135907_15422294.jpg


村は小さいけど、ここには評判の良いレストランがあるそうです。
この時はお腹が減っていなかったので、外にあるメニューを見ただけでしたが、次回は是非おいしい食事を堪能したいなあ、、、と思っています。:P

オトロットの散歩の様子は次回に続きます。♪

これから夫と一緒にメッスの市場へ、大晦日の食事の材料を買いに行きます。
もうすぐ8時だけど外はまだ真っ暗です。。。
今年は何を作ろうかな〜。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1日1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫

きのうもフランス部門で14位になりました。^▽^
みなさまの応援のおかげです。どうもありがとうございました。♪♪
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-12-31 16:15 | アルザス地方
mercredi, le 29 decembre・・・その2
”パンデピスの家”の最終回です。

d0135907_155951.jpg


内部の古い梁には、バスケット類や、パンを発酵させる時のカゴが展示されていました。

博物館はアルザスの伝統的な一軒家の内部にあるので、古い家の内部の造りも興味深かったです。


d0135907_15583893.jpg


数々のアルザス陶器も素敵で、古いキッチン雑貨が大好きな私にはとても楽しい空間でした。♪


d0135907_1558556.jpg


左上の木の型についた説明の紙には、「1820年頃の馬車の形ををしたパンデピスの型」と書かれています


d0135907_15573880.jpg


アルザス陶器のお菓子の型もたくさん展示されていました。こんな陶器の型で焼いたお菓子たちは、オーブンの中で優しく火が通っておいしく焼き上がったのだろうなあ。。。


d0135907_15571078.jpg


古いお菓子の缶もいろいろあって、蚤の市を訪れた気分も味わえました。♪


d0135907_15562412.jpg


博物館を見終わると、パンデピスを作っている調理場に案内されて、作る行程を見せてくれました。そしてチョコレートとパンデピスを少し味見させてくれました。


d0135907_15555537.jpg


こちらはお店の入り口です。
パンデピスの他にちょっとした雑貨類、ジャムもありました。
アルザスのジャム、おいしい物がいろいろあるんですよー。


d0135907_15552335.jpg


アルザス地方はロレーヌ地方のすぐ隣だけど、ヴォージュの山々が間にあるので、独自の文化が発達し今もそれが受け継がれ守られているのが素敵なことだなあ、と訪れる度に感動があります。


d0135907_15544163.jpg


パンデピスの村はこんな感じです。20分もあればぐるっと一周できる程のとても小さなかわいい村です。

フランスでは小さな村に行くと、知らない同士でも道ですれ違うとあいさつをします。
そういうの素敵だなあ。。。♪


d0135907_1623458.jpg


私達の暮らしているロレーヌ地方も相変わらず雪が積もっています。
ニュースで気温がマイナス20度とかマイナス15度になったと毎日のように聞いていたので、寒さに関する感覚が麻痺してきました。。。 0度まで気温が上がると暖かく感じるようになった今日この頃です。

もう太陽を最後に見たのは何週間前だったのか思い出せない程、毎日空には真っ白な分厚い雲が広がっています。。。 寒くていもいから太陽の光を浴びたい、、、という思いが切実になってきました。。。 なんか、夏になるとやたら太陽の光を浴びたがるヨーロッパの人たちの心境がものすごく分かるようになってきました。。。^▽^


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1日1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫<

きょうも見に来てくださって、とてもうれしいです。
きょうもフランス部門で14位になりました。^▽^ ♪
応援して下さるみなさまのおかげです!!!
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-12-30 17:03 | アルザス地方
mercredi, le 29 decembre・・・その1
きょうも2部構成になっています。

d0135907_1331557.jpg


久しぶりに昨日ココアを作りました。♪
クリスマス・マーケットで飲んだチョコレート分の濃いココアがおいしくて感激したので、家で再現してみました。今回はメープルシロップで甘みをつけてみました。


d0135907_13303975.jpg


我が家のココアはカカオの粉だけで作ったり、カカオにチョコレートを混ぜたり、アーモンドやヘーゼルナッツの粉を混ぜてみたりと、その時の気分でいろいろ試して楽しんでいます。今回は濃厚に仕上げるため有機栽培のカカオで作られたチョコレートだけで作ってみました。

このチョコレートはカカオ分が80%で砂糖が大分控えめなので、このままだと少し苦めでかなり大人の味です。♪ココアにしたりチョコレートのお菓子や手作りチョコ・トリュフにすると持ち味がいかせておいしい。


d0135907_13301032.jpg


こちらはいつも行っている自然食品のお店で買ってみて感動した黒砂糖です。
ココアに入れるとコクが出てとてもおいしくなるんですよ。
ハチミツやメープルシロップで甘みをつけるもの大好きです。

黒砂糖にはには亜鉛、鉄、ビタミンBやカリウムが豊富に含まれ、カルシウムは白砂糖の150倍もあるんですよ。黒砂糖やハチミツを飲み物に入れたりお菓子作りに使っていますが、身体に良い上に白砂糖には無いコクやうまみがあるので、今では私達の食生活に欠かせないものになりました。


d0135907_132941100.jpg


こちらは最近見つけたお気に入りのメープルシロップのアメです。

カナダ産の100%純粋なカエデの樹液とブドウ糖だけで作られていて、シンプルにおいしい。。。
余分な成分が入っていないので、メープルシロップのやさしい味がして、食べた後は口の中が全然ベタベタせず、さっぱりしています。

カエデの葉の形をしているところが何とも言えずかわいくて大好きです。


d0135907_13283464.jpg


アルザスのパンデピス博物館の続きです。♪


d0135907_13273875.jpg


上の写真は、アルザス地方で作られているバニラの入ったお砂糖など、
パンデピスを作る時に使う材料です。


d0135907_13265568.jpg


パンデピス博物館の後半は、この後更新します。もう少ししてからまた見に来てくださいね。♪



◆フランス発 テレビニュース◆ (音が出ます)
↓↓下の青い文字をクリックすると見ることが出来ます。
ニュースの前にコマーシャルが入っています。


■ストラスブールのイルミネーション■

フランスではクリスマスの1ヶ月前から街はイルミネーションの光に彩られ、12月いっぱいか、1月までそのまま飾られています。アルザス地方、ストラスブールの街の様子です。




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1日1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫

きのうはフランス部門で14位になりました!!
応援して下さるみなさまのおかげです。
どうもありがとうございます。^△^ ♪♪
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-12-30 14:40 | アルザス地方
mardi, le 28 decembrel
昨日炊いた玄米ごはんの残りでぞうすいを作りました。♪

d0135907_135316.jpg


出し汁は冷凍しておいた海老の頭と殻で取り、醤油と塩で味付けしました。
具はシンプルにポロネギ(長ネギに似たフランスのネギ)とブラウン・マッシュルーム。
最後に溶き卵を回しかけて余熱で火を通して出来上がりです。♪


d0135907_135689.jpg


これはとてもおいしくて至福の一時でした。

しょうゆ以外は全部フランスの材料で作りましたが、日本で作るぞうすいに負けない味でした!!
これまた昨日の焼き鮭同様、ヨーロッパ在住のお友達に食べさせてあげたくなりました。

夫もとても気に入ったので、この冬はいろいろな種類のぞうすいを作ってみることになりそうです。

こういう出し汁を使う料理は言うまでもなく、カツオブシなどの良いダシが取れる材料が手に入らないと作るのは不可能ですが、、海老の頭と殻で大変美味しいダシが取れることを発見した今は、フランスでの和食生活に明るい希望の星を見つけたかのように心強い気持ちでいっぱいです。このダシはスープやピラフ、グラタンなどの洋風料理はもちろん、和風の料理にもぴったりなのです。

我が家ではよく海老を食べるので、食べ終わった後の頭と殻を冷凍しています。
冷蔵庫の中身が乏しくなってきた時には特に重宝しています。この海老のダシに残り物の野菜が少しあれば結構おいしいひと皿が出来上がるんですよ。

ストウブの鋳鉄鍋で作るぞうすい、アツアツでおすすめですよ〜。


d0135907_1344297.jpg


きょうも夕方からメッスの街に出掛け、
クリスマス・マーケットに行ってきました。:D

そしてその帰りに川沿いのプロテスタント教会の辺りを散歩しました。


d0135907_1342252.jpg


夏の夜の濃紺の空の下でライトアップされた教会も素敵だけど、
屋根に雪の積もった姿もロマンチックな雰囲気がしていいなあ、、、と思いました。


d0135907_1334733.jpg


教会の近くには中世の雰囲気の残った小径があって、静かな夜の散歩を楽しめます。♪


d0135907_1332486.jpg


きょうクリスマス・マーケットで大晦日のために買ったカナダのビールです。

左手に写っているのは、おまけにつけてくれたシロップ。真ん中のビールにはスコッチ・ウイスキーが入っています。右手のものは発酵ビールだそうです。


d0135907_1325341.jpg


明日でクリスマス・マーケットは終わるので、今年最後のベル型のチョコレートのお菓子を2つ買いました。

左のプラックチョコとココナッツの組み合わせは私のお気に入りです。♪ 
右側の物は名前を忘れましたが、こちらもおいしかったです。


d0135907_1321955.jpg


次に食べられるのは来年のクリスマス前です。
今度自分で作れってみたいなあ。。。


◆フランス発 テレビニュース ◆ (音が出ます)
↓↓下の青い文字をクリックすると見ることが出来ます。
ニュースの前にコマーシャルが入っています。

■南ドイツ、ロマンチックな冬のバヴィエール■

内容:湖と山に囲まれた南ドイツのバヴィエール(バイエルン)は、オーストリアと国境を接する、ロマンチックな雰囲気に溢れた冬景色の美しい地方である。冬はマイナス20度まで気温が下がるが、激しい水の流れによって河は凍らず、白鳥の泳ぐ姿が見られる。「バヴィエールの冬はロマンチック。外の寒さと家の中の暖かさのコントラストが好き』だと地元の女性は話している。ロマンチック街道に位置するフセンは700年の長い歴史のある街で、ヨーロッパで初めてバイオリンの製造が始まった所でもある。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1日1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫

応援してくれる皆様のおかげで今日もフランス部門で15位になりました。
どうもありがとうございます。^△^♪
とってもうれしいです。♪
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-12-29 13:14 | FRANCE

メッスの街を散歩♪

lundi, le 27 decembre
メッスの駅のクリスマスのイルミネーションです。

d0135907_9432466.jpg


クリスマスは終わってしまいましたが、今年始めて見に行って来ました。^▽^
去年より小さなモミの木に、シンプルな飾り付けでした。

d0135907_9425895.jpg


ドイツ領だった頃に建てられたこの駅舎は日中の姿も素敵だけど、夜になると一段と重厚な雰囲気に包まれて美しく、私のお気に入りのメッスの眺めのひとつです。


d0135907_9423553.jpg


光がしずくが下に流れ落ちるように見える、モミの木のイルミネーションがとてもきれいでした。右下に写っているのは、キリスト誕生の時の馬小屋の模型です。


d0135907_942558.jpg


夫は火曜日までクリスマスの休暇です。
きょうも午後遅くまでゆっくり過ごし、夕方から今年最後のクリスマス・マーケット巡りを
楽しむためにメッスの街に出掛けました。♪

11月下旬から始まったクリスマス・マーケットは今週の水曜日まで開いているそうです。


d0135907_9413345.jpg


上の写真の右手のお店では、ヒマラヤの塩の結晶を彫って造ったランプを売っていて、とってもきれいなんですよ。私達はこのお店でロウソク立てを買いました。ひとつひとつ手作りなので、どれひとつとして同じ物がないんですよ。


d0135907_941937.jpg


こちらは今日の私達の夜ごはんです。♪

この鮭がとても良く焼き上がり感動。。。
オーブンの上火(グリル)で鮭を焼いたら、もしかして日本の焼き魚に近い物が出来るのでは、と突然ひらめいたので、早速今晩試してみました。

大正解でした!!!
あつあつ、ジュウジュウでめちゃくちゃおいしくて、玄米ごはんが進む進む。。。 ものすごい早業で食べ終えてしまいました。夫が自分の分を少し分けてくれた程です。。。^▽^ それにしても、なんで今まで思いつかなかったんだろう、、、。 考えてみれば日本の魚焼き器と、オーブンの上火を使って焼くことは、大きさが違うだけで構造はそっくりだから、おいしい焼き魚が出来るわけですね。この方法で他の魚を焼いてみるのが今すごく楽しみ! 

フランスで売られている鮭は、日本のものより脂が大分のっているので、グリルで焼くことにより、余分な脂が思いっきり落ちるので、外側がカリッと香ばしく、日本の甘塩サケに負けないおいしさに焼き上がったようです。♪ この焼き鮭でヨーロッパ在住の日本人のお友達をもてなしたら、きっと喜んでもらえるだろうなあ〜〜〜。

今度新鮮なアジを見つけたら、開いて干して”アジの開き”に挑戦してみます。
フランスでも時々新鮮なアジが手に入るので、きっとおいしいアジの干物ができるはずです。♪
日本風の食べ物を現地の材料だけを使って、工夫して作るのは楽しくて、おいしく出来た時のうれしさは格別です。

実は魚屋さんにはウナギも生のまま売られているんですよ。
いつか蒲焼きを焼いて、うな重を作ってみたいと密かに考えています。:D
それには調味料がいろいろ必要なので、今度パリに行った時に買って来ようかな。。。


d0135907_9401499.jpg


こちらは、とてもおいしいハーブ入りのゲランドの海の天然塩です。
今日はこの塩を鮭に少々振りかけていただきました。

天然の海の塩は淡いグレーの色なんですよ。
ほんの少しなめてみると、ミネラル豊富な塩本来のコクのある味がしておいしいのです。。。
(”塩がおいしい”という感覚は、フランスに住み始めて天然の塩を使って料理するまでは分からなかった感覚です。。。 )

焼き魚や半熟卵など、シンプルな食べ物に少しつけて食べると、塩自体のおいしさを一番味わうことができるんですよー。


d0135907_9392288.jpg


そして私の大好きな玄米です。
こんな風に麻の実を入れて炊くと、香ばしくておいしい。。。

炊きたての玄米に、香ばしくフライパンで炒った黒ゴマと少しの塩を振りかけて食べるのも大好きです。この間は、お腹が減り過ぎていて何も作る気がしなくて、玄米ごはんにカツオブシと醤油をかけたらおいしくて、ひとりで2合以上食べてしまいました。。。: D


d0135907_9383419.jpg


上の写真は、最近好きな紅茶とフィンガー・ビスケットの組み合わせです。♪
このビスケットはバターが入っていなくて、タマゴと未精製のお砂糖だけで作りました。
とっても優しい味で、紅茶にぴったりなお菓子です。


◆フランス発 テレビニュース (音が出ます)◆
↓↓下の青い文字をクリックすると見ることが出来ます。
ニュースの前にコマーシャルが入っています。

■ジュラ山脈のスキー場■

スイス国境近くのジュラ地方はフランスで最も寒い地方。
人口300人の小さな村ペスの今日の気温はマイナス12度。近くのスキー場ではクリスマス後の休暇をゆったりと楽しむ人々の姿がありました。

森林、渓谷、湖と大自然に恵まれたこの地方では、モンドールというチーズが生産されています。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫

今日もフランス部門で15位になりました!!!
応援して下さる皆様のおかげです。
とうもありがとうございます。^▽^ ♪♪
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-12-28 11:48 | Metz メッス
dimanche, le 26 decembre

d0135907_10532355.jpg


クリスマスが終わった今日は、2人とも午後遅くまでぐっすり眠り過ぎてしまいました。。。

日本から戻って来たばかりの頃は、時差の関係で朝5時に目が覚める早起きの日々でしたが、クリスマスの休みに入ってからどんどん夜更かし生活になっている私達です。。。 早起きすると時間を有効に使えるので、今週からはまたがんばって早く起きて活動をしなくては、、、、、。

上の写真は、きょう起きて最初に食べたはちみつパンと紅茶です。

24日に焼いた天然酵母のパンに、おいしいバター(無塩)を塗り、その上にお気に入りの栗のハチミツをかけました。この組み合わせ、とってもおいしいくて大好きです。♪♪

天然酵母のパンは、2日経ってもあまり固くならず、味も落ちていないんですよー。


d0135907_10521065.jpg


私達がいつも飲んでいる有機栽培のアッサム紅茶です。クセがなくてとてもおいしいので、もう2年以上同じ物を毎日飲んでいます。

南方産のコーヒーは身体を冷やす飲み物ですが、お茶の葉を発酵させた紅茶は身体を温める飲み物です。あっさりしたアカシアはちみつは紅茶と相性が良くて本当においしい。冬でもぽかぽか、身体があったまります〜。 

まだ日本に住んでいた頃は紅茶があまり好きではありませんでした。
イギリスの有名なブランドの缶入りの高級な紅茶の葉を何度か買って飲んだこともあったけど、苦くてあまりおいしいと思わなかったのです。これは、日本の水が軟水なので、紅茶が出過ぎて苦くなってしまっていたように思います。

私にとって初めての外国、イギリスに住み始めてから紅茶が身近になり、そしてイギリスで飲んだイギリスの紅茶はとってもおいしくて、それ以来紅茶は私の生活に欠かせない飲み物になりました。寒いイギリスの冬の間、紅茶を飲むと身体がぽかぽか温まることも実感しました。

その後イタリアやフランスのいくつかの街に住み、引越した先々で最初に探す生活必需品のひとつが紅茶でした。イタリアもフランスもコーヒー文化圏なので、おいしい紅茶を探すのに苦労しました。スーパーで買ったティーバックの物は最悪でした。。。 お湯を注ぐとすぐに、着色料が入っているのかと思う程のコーヒー色の飲み物に変わります。 色は濃いけど全然紅茶の味がしなくてビックリしたのが印象に残っています。

フランスに来てからもスーパーでは飲める紅茶は見つからず、いろんなお店のものを試したけど2年位納得出来る味の物が見つかりませんでした。 パリの隣町のヌイイに引越したとき、自然食品屋さんで見つけた有機栽培のアッサムティーに出会ってからは、やっと毎日はちみつ入りのおいしい紅茶が飲めるようになりました。そしてロレーヌ地方にやって来てからは、夫の妹が教えてくれた紅茶専門店が気に入り、最初はいろいろなフレーバー・ティーを試してみましたが、有機栽培のアッサム・ティーに落ち着いたのでした。紅茶は夫がいつも仕事の合間に買って来てくれるので、お店ではおなじみさんになっています。♪^▽^

d0135907_10514250.jpg


甘いハチミツのパンを食べた後はなんだか塩味のものが欲しくなったので、
チーズやドライ・ソーセージをパンにのせていただきました。^▽^


d0135907_10511730.jpg


チーズは「pave' d'affinois パヴェ・ダフィノワ」という、クリーミーな柔らかいチーズを乗せました。


d0135907_10561338.jpg


そのまま食べてもとーってもおいしいチーズです。


d0135907_10504599.jpg


そして夜ごはんに、またまた南仏のおそうざい「ピサラディエール」を焼きました。

きのうのクリスマスの集まりで、夫に実家にオーブンの天板を忘れて来てしまい、
代わりのアルミの小さな天板を使って焼いたのですが、なかなか火が通らず、
本来は10分程でこんがり焼けるはずが2倍以上の時間がかかってしまいました。。。

最後にはおいしく焼けて満足。


d0135907_10501257.jpg


前回はタマゴとバターの入ったブリオッシュの生地で作りましたが、今回は天然酵母のピザの生地で作りました。

ピザ生地のピサラディエールも香ばしくてとーってもおいしかったです!!!


◆フランス発 テレビニュース (音が出ます)◆
↓↓下の青い文字をクリックすると見ることが出来ます。
ニュースの前にコマーシャルが入っています。
■アルザス地方、ミッテルベルガイム村の雪景色■

フランス東部、アルザス地方の「最も美しい村」のひとつであるミッテルベルガイムの今日の気温はマイナス20度にまで下がった。この週末のアルザス地方は、他の多くの地方と同様に酷寒にみまわれたが、今日26日は太陽が姿を見せ淡いみず色の空が広がり、村の人々は満足している様子。雪が積もった地面には、2羽のコウノトリが休んでいる姿があった。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1日1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫

いつも見に来てくださって、とてもうれしいです。^▽^
昨日は、フランス部門で15位になりました。
応援して下さる皆様のおかげです!!! どうもありがとうございます。♪♪<
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-12-27 12:19 | フランスの食べ物
semedi, le 25 decembre・・・その2
メッスの大聖堂のクリスマスのミサは25日の夜中0時になる少し前に始まりました。

d0135907_11123051.jpg


私達は少し遅れて到着しました。


d0135907_1112339.jpg


聖堂内は、神々しい光に照らされていました。


d0135907_11113958.jpg



d0135907_1111163.jpg


教会の音楽を演奏するパイプオルガンがとても高い位置にありました。


d0135907_11105091.jpg


上の写真中央に写っているのは司教です。


d0135907_11102252.jpg


写真の右手には、聖歌隊がいます。歌声が大変美して感動しました。。。


d0135907_1194627.jpg



d0135907_1191698.jpg


ミサの終わりです。


d0135907_1183768.jpg


こちらはフランス語で「クレッシュ」という、クリスマスに教会に飾られるキリスト誕生の時の馬小屋の模型です。




人気ブログランキングへ
<ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-12-26 11:54 | Metz メッス

真っ白なクリスマス♪♫

samedi, le 25 decembre・・・その1
きょうのブログも2部構成です。

d0135907_102137.jpg


いつも通り、クリスマスの今夜は夫の実家で過ごしました。♪ 
今夜の集まりのために、午後はクリスマス・ケーキを作りました。

デゴレーションの生クリームがあまり上手く出来てませんが、中のスポンジケーキはとーっても良い具合にきれいに焼き上がりました。同時にサブレを焼いたり、ピザの準備をしていたので、写真を撮るヒマが無かったのが残念です。。。


d0135907_1014132.jpg


ケーキの間には、グリヨットという小さなサクランボのシロップ漬けと桃のシロップ漬けを生クリームと一緒にたっぷりはさみました。
集まっていた夫の家族には今回も大好評で、「お菓子屋さんが開けるよー。」とほめてもらってうれしかったなあ、、、。


d0135907_101514.jpg


出掛ける前にすごく大きなピザを作って食べました。♪
ピザの生地は天然酵母を使い、昨日の夜から12時間以上かけて発酵させました。

家で時間をかけて発酵させたピザは本当に最高で、
ひたすら無言で夢中になって食べてしまいました。^▽^

半分はドライ・ソーセージ、もう半分にはツナを乗せました。


d0135907_100799.jpg


上の写真は、昨日の記事に載せきれなかったデザートの写真です。

今日の午後は他にも、この間初めて作った南フランスのピザ風スナック「ピサラディエール」をピザ生地で作るつもりでいましたが、ピザだけで結構お腹がいっぱい!!

5個の玉ねぎをじっくりとアメ色に炒めてあるので、ピサラディエールは明日のお楽しみです。


d0135907_9592018.jpg


こちらは、昨日の深夜の大聖堂のミサの帰りに通った古い劇場です。雪の中のイルミネーションがとてもきれいでした。

昨日まで降り続いた雪はやみましたが、どこも雪が積もって真っ白です。積もった雪の表面には、雪の結晶がキラキラ輝いてきれいでした。

雪はやんでいたものの今夜は極寒で、車で出掛けて間もなくバリバリバリバリ、、、とすごい音がして窓が凍りついて開かなくなりました。。。 一般道は凍結していて危ないので、高速で夫の実家まで行ったのですが、料金所で窓が開かないので、私達だけでなく他の人達もみんなドアごと開けて料金を払っていたのが可笑しかったです。。。 


これから第2部の記事を書くので、しばらくしてからまた見に来てくださいね。^△^


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1日1票入ります。
今日も応援をして頂ければうれしいです。♫
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-12-26 10:46 | FRANCE
vendredi, le 24 decembre・・・その2
クリスマス・イブのうちの食卓です。♪

d0135907_149502.jpg


前日の夜にパンの生地をこね、当日は午後から夜ごはんの準備を始めました。

写真の右側に写っている淡いオレンジ色のものは、ヒマラヤの塩の結晶を彫って作られたロウソク立てです。メッスのクリスマス・マーケットで昨日買ってきました。火を灯すときれいで、とても気に入っています。♪


d0135907_1491523.jpg


こちらは今日焼いたパンです。
今までで一番良い焼け具合で、外側はカリカリに、中はモチッと大変おいしく焼けてうれしい。。。

小麦粉の天然酵母を使い、12時間以上パン生地を発酵させました。


d0135907_1483237.jpg


粉はtype80、小麦の外皮だけ取り除いて粉にしたものを使いました。

小麦粉と天然塩と水だけで出来たパンは何とも香ばしくて、そのままいただくのが最高!!
それにしても家で作るパン、とってもおいしいです。。。
夫と2人で大きなパンの半分以上を平らげてしまいました。:D


d0135907_148619.jpg


主役のおかずは、鮭のソテーのアーモンドバターソースでした。

ソースは、オーブンでこんがり焼いたスライス・アーモンドと農家産の新鮮なバターで作りました。こんがり炒めたブラウン・マッシュルームもおいしかったです〜。

鋳鉄のフライパンで調理すると何でも魔法のようにおいしくなるんですよ。
重いので料理をお皿にのせる時は、かなり熱くなっているフライパンでヤケドしないように注意を払ったり落とさないようにするのが少し大変ですけどね。 重くてニノ腕いつもぷるぷるしてくるので、筋肉がついてたくましくなりそう。。。^▽^


d0135907_1473045.jpg


こちらはフランス人に人気のじゃがいも料理で、我が家でも時々食卓にのぼる
「グラタン・ダフィノワ」という、じゃがいもとチーズのオーブン焼きです。


d0135907_14135019.jpg


そしてデザート「トライフル」というイギリスのお菓子を作りました。♪


d0135907_1462728.jpg


シロップに漬けたフィンガー・ビスケットの上に果物をのせ、その上にカスタード・クリームをかけ、アーモンドスライスと粉砂糖を振りかけました。

中に入っているフィンガー・ビスケットも手作りですよ。^▽^

食事を始めたのが遅かったので、デザートを食べ終わって少しくつろぐと、もう11時過ぎでした!メッスの街の大聖堂の夜のミサに行く予定にしていたので車で出掛けました。

外は細かい雪が降っていてものすごい寒さでしたが、大聖堂のミサはとても素敵でした。帰りはまた車のドアが凍り付いて開かず、少し大変でした。。。  この記事にミサの時の写真を載せたかったのですが、容量が足りなくなったので、また明日紹介しようと思います。


◆フランス発 テレビニュース◆ (音が出ます)
ニュースの前にコマーシャルが入ります。
↓↓下の青い文字をクリックすると見ることが出来ます。

子供たちのクリスマス■

長ソックスにたくさんのクリスマス・プレゼントが入るのを心待ちにしている、ピレネー地方のかわいい子供たちの映像です。




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1日1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             
[PR]
by cihir | 2010-12-25 15:13 | 料理
vendredi, le 24 decembre
今日のブログも2部構成です。♪

d0135907_12443789.jpg
d0135907_1244826.jpg
d0135907_12434346.jpg
d0135907_1242571.jpg


フランスはただ今夜中の4時半で、雪が降り路面は凍っていてとても寒いです。。。
きのう夫が仕事に出掛ける時には、車のドアが凍りついて開かず、お湯をかけて溶かしました。


一番上の写真は12月24日のクリスマス・イブのミサに行った時の、
メッスの大聖堂です。雪の中でライトアップされた姿が神々しいほどに美しかったです。

その他の写真は、私が食事の用意をしている時に夫が撮影したものです。♪

では、これから第2部の記事を書きます。
もう少し後でまた見に来てくださいね。^▽^♪


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫

きのうはブログランキング、フランス部門で16位になりました!!
いつも応援してくださり、どうもありがとうございます。^▽^♪
emoticon-0100-smile.gifemoticon-0155-flower.gif


                             

コメントを下さった方達へ
もう少しお返事を待っていてくださいねー。。。

[PR]
by cihir | 2010-12-25 12:56 | FRANCE