フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

samedi, le 29 janvier
d0135907_3303771.jpg


以前から気になっていた「黒いんげん豆」で和風デザートを作ってみました。♪
作るっていう程ではなく、ただ厚手のお鍋で豆を30分位煮て、
ハチミツをかけただけです。^△^ 

あんみつに数粒入っている「みつ豆」にそーっくり。♡
優しくて幸せな味がしました。
私はみつ豆が大好きなので、かねてから一度にたくさん食べてみたいと思っていたので、この豆と出会えてとーってもうれしい〜。


d0135907_330383.jpg


豆はいつも行っているメッスの自然食品屋さんで手に入れました。
かなり気に入ったので、お店にあるものを全部買い占めてしまうかも。。。^^

豆は、自然に栽培された物と、化学肥料と農薬で育てられた物では栄養価が全く違うのだそうです。
そういうこともあり、少し高めだけど、なるべく有機栽培された味の濃い豆を食べたいと思っている今日この頃。うちのキッチンには、6種類の豆たちがガラスの保存瓶に入って並んでいます。 見た目もかわいく、”明日はどの豆を煮ようかなー”と考えるのも楽しい。♪

日本にはフランスよりも沢山の種類の豆があるので、食材屋さんで豆のコーナーを見るのが大好きな私。この間の日本帰国では、最後の2、3日間はスーツケースや別送する段ボールの荷造りに追われて急に激しく忙しくなりました。そんな中、成田エクスプレスの切符を買いに駅に行った帰りに、いつもは行かないスーパーに立寄ってみました。フランスにどうしても持って帰りたい日用品を買うため、お気に入りの他のお店に行く時間がどう考えてもなさそうだったので、仕方なく入ってみたのですが、品揃えがとても私好みでつい長居をしてしまい、いろいろ買って帰りました。 ザル、ゴム手袋、大豆、小豆、コクヨのノート、ボールペンの替芯などなど。 フランスでは、手頃な値段で、日本のようなしっかりした質の良いザルは見つからないんです。。。 ゴム手袋も日本のは安くて丈夫でびっくりしました。。。 フランスでは最低250円位と結構高いのです。。。 ノートなどの紙製品は質も値段も比べ物にならない程なので、いろんな店でたーくさん買いました。♪ 今回の日本滞在中最後のスーパーで、こころゆくまでノートの買い納めをして大満足!!  フランスのノート類、もう、本当に高くて悩みの種だったのでうれしい。 ノートの中は日本のように薄いグレーの横の罫線ではなく、濃いめの紫色の5ミリの格子になっているので、字が書きにくいのです、、、特に日本語がね。。。 フランスで5年近く格子ノートを使い続けたある日、日本から送ってもらった普通の横罫線のノートを使った時は、ものすごく書きやすくてストレスがなくて大感激した程なんですよー。それ以来、もう絶対日本のノートじゃないとイヤです。^△^ なんでもっと早く送ってもらわなかったんだろう、、、と思いました。

豆類も種類が豊富で全種類欲しかったけど、重量と予算の都合上、大豆と小豆だけにしました。 日本の食料品の店や本屋さんに行くと、持って帰りたい物が沢山有り過ぎて、キリが無く思えてきます。。。 そんなこともあり、フランスの食材で和風のおいしい物が出来上がった時のヨロコビは大きいのです。


d0135907_3291289.jpg


ここ最近、魚はオーブンの上火でジュウジュウ焼くのがお気に入りです。

余分な脂が落ちて、中までアッツアツに焼き上がり、日本の焼き魚と同じ位おいしくて毎回大感激しています。玄米ごはんと一緒にワシワシいただくと、たまらないおいしさ!!

上の写真は、数日前の夜ごはんのマスです。
夜に撮った写真なので、おいそうな焼き具合が伝わってませんが、
ものすごーくおいしかったんですよ〜。
メッスではおいしいマスが豊富で、ごはんに合います。

以前はフライパンでソテーにしていましたが、オーブンで直火で焼くおいしさにはかないませんね。直火でこんがり焼いた魚を食べたら、もう、それ以外の食べ方は考えられない程。

魚にはハーブ入りの海の塩を振って焼きました。
醤油にも負けないおいしさですよ!


d0135907_3274769.jpg


こちらは、付け合わせの「野菜とキノコの煮物」です。

冷蔵庫に残っていた物を適当に鉄鍋に入れて、水をほんの少し加えて(大さじ3ぐらい)煮ました。
味付けはハーブ入りの自然塩だけですが、野菜の味がしっかり濃く海の塩自体の味がおいしいので他の調味料はいらないんですよ。
中身はブラウン・マッシュルーム、タマネギ、にんじん、ポロネギ、ジャガイモです。♪




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1日1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-01-30 05:13 | フランスの食べ物
vendredi, le 21 janvier

d0135907_1284372.jpg


日本では私が大変信頼している歯医者さんがいらっしゃいまして、15年以上お世話になっています。特にフランスに来てからは本当に言葉では表せない程お世話になり、感謝の気持ちで一杯です。
パリに滞在していた頃に事故で帰国した時は、予定をわざわざ私の治療の為に何日も空けて下さり、集中的に短期間で治療をくださり大感動でした。。。 その後も本当に良くしていただき、助けていただき何とお礼を伝えていいのか分からない程でした。こんなに深く信頼出来る歯医者さんと出会った私は幸せ者だなあ、、、といつも心から思っています。

去年の11月の日本帰国の一番のきっかけは虫歯でした。
10代の時にヤブなお医者さんの治療に何年も気付かず大変なことになった経験があるので、以来、知らない歯科医院にはどうしても行きたくないのです。「フランスには腕の良い歯医者さんがいるよ。紹介するよ」などと他の人が親切に言ってくれても、これだけはどうしても信頼出来ないので、何か問題があると飛行機代をかけてでも日本に帰るのです。。。

日本に帰らなかった2年間の間、ちょっと帰りたいなあ、、、と思う事は何度もありました。
インターネットで航空券の値段を調べた後、ダラダラ考えているうちに面倒になってそのままというパターンが多かったのですが、今回は虫歯発見の翌々日にはチケットを手配していました。 

日本では帰国の翌日と出発前日に診察をしていただき、安心してフランスに戻る事ができました。♪ そして検診をしていただいた後に、とーっても美味しいうなぎ料理をご馳走してくださいました。ずっと夢にまで見ていたウナギは、いつも何故か時間が足りなくなって食べる機会を逃していたので、もう3年ぶり以上でした!!!

昨日はいつものチーズ専門店に行き、大のチーズ好きの先生に食事をごちそうになったお礼にチーズを2種類選んできました。本当は、少し前にブログで紹介した私達のお気に入りのカマンベールとリヴァロ・チーズを送るつもりで予約をしていたのですが、日本に送る事の出来る賞味期限の長い商品が品切れなのでした。 取り寄せにあと1週間ほどかかるそうだったので、違う農家のカマンベールと、サヴォア地方のロブロッションというチーズを送ることにしました。 どちらのチーズも3種類あったので、チーズ屋さんの奥さんに一番美味しいものを教えていただきました。♪

両方とも農家で丁寧に生乳から造られた物なので、スーパーで売られている殺菌乳から出来た工場の大量生産品とは全く違うんですよ〜。 切ってみると、チーズが生きているのが実感出来ます!

日本にチーズを持って帰る時や送る時は、上の写真のように特別の機械で真空パックにしてもらえるんですよ。こうしておくと傷まずに日本に届くので安心です。♡


d0135907_1275855.jpg


自分達には、写真の右に写っているアルザス地方のトム・チースを買いました。
このチーズ、そのままでも温めてもどちらもおいしくて大好き!

クセがないので日本人好みのチーズかと思います。
うちで焼いた天然酵母の全粉粉のパンに乗せてグリルで焼いたら、とーってもおいしかったです。

おいしい素材は、こんな風にシンプルな食べ方が一番ですね〜。♪

左の二つは、農家産の生乳で造られたカマンベールとモンドールというチーズです。
チーズ屋さんの奥さんが太っ腹にオマケにつけてくれました。^▽^

フランスの生活はいろいろ大変な部分もあり、今の私はいろいろ事が受け入れられない時期なのかも知れません。外国に住んでいるとそんな時期もやってくるので、あまり深く考えずに日々仕事をがんばっていこうかと思っています。こんな時期でも、フランスのこだわって造られてたおいしい食べ物に出会うと、この国に暮らしていることに喜びを感じます。


d0135907_1265141.jpg


日本から送ってもらったお餅は、夫と一緒にお雑煮にしてほとんど食べてしまいました。
最後に残っていた3つは、夫の外出中にこっそりひとりで食べることにしました〜。 ^▽^

オーブンの上火で焼いたら、こーんなにプックリとおいしそうに焼けました。
海苔は無いので、カツオブシと本醸造のコクのあるお醤油をかけていただきました。
。。。直火で焼いたお餅は最高でした!!!!!
今度は大好物の玄米モチを美味しい焼き海苔で磯辺焼きにしたいなあ。。。


d0135907_1262455.jpg


こちらは既に料理に使ってしまいましたが、先週作り置きしておいたタマネギ炒めです。これでタマネギ15個分です。とーっても便利なのでまたまとめて作っておかなきゃ。

来週は他にもいろいろ保存食を造る予定です。♪
今、厚手のお鍋でヒヨコ豆を煮ています。
豆類もまとめて煮ておくと、おかずに簡単和風デザートにと重宝します。^△^



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1日1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-01-22 04:14 | フランスのチーズ
jeudi, le 20 janvier

d0135907_7545015.jpg


とってもおいしいチョコレートに出会いました。♪


d0135907_754565.jpg


純粋カカオが72%含まれている、濃厚なチョコレート。
添加物である乳化剤を使わずに作られているので安全です。

カカオ、カカオバター。砂糖、バニラのみで作られ、余分な物が入っていないので、味は濃厚なのに後味がさっぱりしています。


d0135907_7532946.jpg


最近は簡単な保存食作りに凝っていました。^▽^♪
玉ねぎを大量にアメ色に炒めて瓶に入れて保存したり、ニンニクのペーストをたくさん作ったり、無農薬のオレンジの皮でオレンジピール(オレンジの皮の砂糖漬け)を作りましたよ〜。♪

玉ねぎ炒めはまとめて作っておくと1週間位保存出来るのでとーっても便利です。
オムレツやスープを作る時にサッサッと出来るので大変重宝しています。
ニンニクのペーストも、料理する時に手軽に使えるので本当に便利!!!

今日はおいしいチョコレートを手に入れたので、この間作って保存瓶に入れておいたオレンジピールを利用してオレンジピールチョコを作ってみました。作り方は簡単。溶かしたチョコレートを細く切ったオレンジピールにつけるだけ。♪


d0135907_752548.jpg


これ、とっても手軽でおいしい!
家で作るオレンジピールはおいしいんですよー。

オレンジとチョコレートの相性はとてもよくて、チョコレート王国のフランスではよくオレンジの皮を細かく刻んだ物が入っているチョコレートが結構あるんですよ。

このオレンジピールチョコ、あっという間に食べてしまいました。
夫も私もとても気に入ったので、明日も作ってみようかと思っています。

今日はいつものアカシアはちみつ入りのアツアツ紅茶と手作りアーモンド・サブレ(バターたっぷりのビスケット)と一緒にいただき、しあわせでした〜。♡


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていたくと1日1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-01-21 08:19 | フランスの食べ物

カマンベール♪

lundi, le 17 janvier
土曜日にいつものチーズ屋さんで手に入れたカマンベールです。♪

d0135907_3142321.jpg


少し前に紹介したものと同じ物ですが、
今回は小さいサイズが売り切れていたため、大きい250g入りの物にしました。


d0135907_3135421.jpg


このAOCのカマンベール、本当においしい〜〜〜。


d0135907_3132891.jpg


きのう箱を開けたばかりなのに、もう半分以上食べてしまいました。♪♪


d0135907_31253100.jpg


週末に初めて1キロの小麦粉を使って、大きな小麦の天然酵母パンを焼きました。

今までは500グラムの粉で作っていましたが、1キロの粉だと1キロ500グラムのパンが焼き上がり、かなりずっしり重みがありました。夫の祖父母に少しお裾分けし、残りは3日間で全部平らげてしまった私達です。。。 焼き上げた日に、おししくって4分の1ぐらい食べてしまったのです〜。^▽^


d0135907_3122036.jpg


私達のお気に入りはこんな食べ方です。♪
無農薬のエクストラバージン・オリーブオイルを振りかけた上に、プロヴァンス・ハーブをパラパラ振りかけてイタリア風にいただきます。 シンプルだけど、とってもおいしい。

フランスに来てから気がついたら、無意識のうちにパンには何もつけずにそのまま食べるようになりました。こちらの小麦粉は味と香りがあって本当においしいので、小麦粉と水と海の塩だけで作られたパンは何もつけなくてもおいしいのです〜。


d0135907_3114473.jpg


こちらは土曜日の夜に作ったお雑煮です。

日本からお餅が届いたので、うちにあるおいしいカツオブシでダシをとって、
海の天然塩と本醸造のこだわりの醤油でお澄まし風の出し汁を作ってみました。

具にブラウン・マッシュルーム、ポロネギ、ニンジンを入れてみると、これがなんと絶品なウマさでした!!! 日本のお雑煮に全然負けてませんでしたよ。 そして、ブラウン・マッシュルームが和風ダシに合うこと。これは私にとって結構大きな発見です! シイタケみたいでとってもおいしかったんです。♪ しばらくは和風の汁物にマッシュルームにはまってしまいそうです。^▽^


d0135907_3103641.jpg


お餅はひとり2個にしましたが、3個入れれば良かったとちょっぴり後悔。。。
すごい早業で食べ終えてしまった私なのでした。♡

以前は他のフランス人同様、大変な猫舌だった夫も私のアツアツ汁物料理に鍛えられ、日本人並みに熱〜い味噌汁を飲めるようになって大変驚いています。




◆アパートのこと◆
日曜日の朝遅く起きて、外に出ようとしてショック!!
アパートの建物のすぐ外がフランスの中世の頃のような状態になっていました!!!!!
とにかく尋常ではない状況。
それ以来どうしても玄関から外に出る気がしなくて、夫も私も窓から出入りしています。
(うちは1階なんです。)
早く次の家が見つかるように祈るばかりの今日この頃です。。。。。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑ 1日1回クリックの
応援をして頂ければとてもうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-01-18 04:03 | フランスの食べ物

ANDLAU☆アンドロー

dimanche, le 9 janvier
去年の4月に訪れたアルザス・ワイン街道の北部にある小さな街、ANDLAUアンドローです。
d0135907_945591.jpg


小川沿いの緑に囲まれた街並が印象的でした。


d0135907_9411399.jpg


小川の水の流れる音が好きな私は、こんな川沿いの家に住む人々がうらやましいなあ、、、と思ったりします。:D


d0135907_9404469.jpg


昔はここで洗濯をしていたのが容易に想像できます。♪
実際アルザスの小さな村には昔の洗濯場があり、近所に住むおばあさん達が利用しているのを見たことがあります。

この近くには小さな喫茶店や雑貨のお店がありましたが、私達が着いたのは夜の7時を過ぎていたので残念ながら中に入ることは出来ませんでした。また今年の春に再び訪れるのが楽しみです。


d0135907_9402012.jpg


去年は10月からいきなり冬に突入し年末まで非常に寒い日々が続きましたが、最近急に気温が上がり、日本よりも温かいようです。天気は相変わらずで曇りの毎日でしたが、 昨日は1ヶ月ぶりぐらいに水色の空が見え、久しぶりに清々しい気分になりました。♪

クリスマスを境にヨーロッパは日照時間が少しずつ長くなっていきます。
そして春には夜の7時でもまだ外は明るく、6月までそんどん日が時間が長くなります。

フランスの冬は長いけど、1月になると何となく春の気配を感じるのは私だけなのでしょうか。。。いつの年も12月よりも寒さが和らいだのを感じ、春が少しずつ近づいて来ることがうれしいのです。


d0135907_939509.jpg


そうえいば最後にアルザスに行ったのは去年の10月頃でした。

もう雪が溶けたことだし、今週末は久しぶりにワイン街道の小さな村々に遊びに行きたいと思っています。


d0135907_9392249.jpg


アンドローもとても散策の楽しい街でした。
この地方の他の村や街とはまた違った雰囲気が新鮮で、1時間程ぶらぶらと思いつくままに歩いてみました。


d0135907_9385627.jpg


昼間の街並も美しいけれど、8時頃の日が暮れてくる頃に街灯の黄色い光がポツポツと灯り、静かで中世の雰囲気がたっぷりの夜の風景もとても素敵でした。


d0135907_9382813.jpg


今年もいろんな季節のフランスの小さな街や近隣諸国の素敵な場所を訪れたいと思っています。♪ 散策に最適な季節、春がやって来るまで、毎日の仕事を積み重ねて目指している事を形に出来るよう、進んでいきます。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1日1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-01-10 10:59 | アルザス地方

栗の簡単デザート♪

samedi, le 8 jenvier
思いたってモンブラン風の栗のデザートを作ってみました。♪

d0135907_4314784.jpg


栗きんとんを作ろうと思って買っておいた栗を茹でて潰して、生クリームとお砂糖を混ぜて栗のクリームを作りました。これは簡単でおいしいです。スポンジ生地なしのモンブランといった感じ。


d0135907_4434275.jpg


あっという間に無くなりました。^▽^
次回は本格的にモンブランを作ろうかな、と思いました。♪


d0135907_4444322.jpg


こちらは、おとといの夜に作ったサケとポロネギとリヴァロ・チーズのラザーニャです。

ホワイトソースを作って、冷蔵庫に残っているマッシュルーム、ポロネギを混ぜ、耐熱容器にホワイトソース、ラザーニャの順に3回重ね、グリルであらかじめ焼いておいた鮭を乗せ、リヴァロも乗せてオーブンで焼きました。 残り物料理と思えないおいしさでした〜。


d0135907_4462731.jpg


こちらはイカのふわふわフリットです。
アツアツを食べたかったので、イカがはみ出したフリットばかりの写真しか撮れませんでした。。。
見た目が冴えないけど、とーってもおいしかったです。

同じフリットの生地でマッシュルームを丸ごと揚げても最高においしいですよー。

●うちのお風呂●

うちのお風呂は結構広くてかわいい。。。
しかしここはフランス、問題点も本当にいろいろ。。。。。

うちのお風呂のお湯の出が悪くてぬるい事はうすうす気付いてましたが、
まさかこんなにも日本と雲泥の差があるとは!!!

日本に帰ってお風呂に入った時、
まず、蛇口のお湯の勢いよく出ることに驚き! 
しかも、そのお湯はすごく熱い!! 
日本に住んでいた頃には当たり前だったこんな事にも、フランスから戻ってみるといちいち感動に値する素晴らしい事だらけ。お風呂上がりの身体からは湯気が出てホッカホカ。♪ 本当に久しぶりの感覚にびっくりしました。そしてそういう事にビックリしてしまうようになったしまったフランスでの暮らしをこのまま続けていくべきか、、、という事をこの頃よく考えてしまいます。

日本はお風呂の国だなあ、、、。
確実にお湯から出た後の温まり具合がフランスとは違う。。。 
お風呂上がりのゆったりした気分が最高。

一方フランスの我が家のお風呂は出た瞬間に湯冷めしているような感じです。。。
、、、というよりも、お湯に浸かっている間にどんどんお湯が冷めていくので、あまり温まってないような感覚があります。

困った事に最近一段とお風呂のお湯がぬるくなってきました。

陶器の浴槽と壁のタイルがヒエヒエに冷えきっているので、お湯を貯めている間にお湯の温度がみるみる下がっていきます。ヨーロッパの寒い冬の間のお風呂は私にとってとても大切なもの。パリ時代は、3分しかお湯のでないシャワーの暮らしを我慢したために身体の具合が悪くなってしまいました。

今住んでいるアパートは全くお湯が出ないわけではないし、湯沸かし器は作動しているので解決方法がないので、最近はお風呂のお湯をためながらキッチンの電気ポットでも同時にお湯を沸かします。1回に1リットル沸かせるので、沸く度に浴槽に注ぐ事を5回繰り返しています、、、。この頃はそれだけでは足りなくなったので、更にガス調理台で鍋にお湯を沸かしています。 どんどんお風呂のお湯を用意するのが大変になってきました。。。 湿気のたまりやすい家なのだけどキッチンに換気扇が無いので、お湯を沸かしている時は窓を全開です。。。。。。。 うちは湯気厳禁なんです、、、。 料理中も湯気が出る度に窓を開けないとアパート中に湿気がたまって、他の部屋に置いてある本や紙類がグニャグニャになってしまうんです。。。

見た目はかわいいアパートなので非常に残念だなあ。
去年日本に帰った時の快適さが本当に心地良かったのもあり、いくら不便な生活がそうイヤでもない私もちょっと考えてしまう今日この頃。

...と、こんなことを書きながら、今夜もせっせとお湯を沸かすんだろうなあ。。。
やっぱり温かいお風呂は何にも代え難いしなあ〜。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1日1票入ります。
いつも応援ありがとうございます。^▽^♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-01-09 06:12 | FRANCE

リヴァロ&モンドール♪

jeudi, le 6 janvier
少し前に紹介したノルマンディー地方のチーズ、「リヴァロ」です。

d0135907_232511100.jpg


賞味期限が近づいてきたのでお昼に少し食べてみました。


d0135907_23244536.jpg


実はこれまで何度も切ってみようと試みたのですが、このリヴァロ、匂いがとにかく強烈!!
なかなか味見してみる気になれなかったのです。。。 
少しでも触れると手にすごーい匂いがベタッリくっつくので怖じ気づいていました。。。^▽^

やっと勇気をだして、おそるおそる切ってみました。


d0135907_23241779.jpg


さすが農家で生乳から丁寧に作られた物だけあって、切った断面が美しい。。。
ひと目でおいしいのが分かります。

ひと口食べてみると、うっとり〜、、、。
予想以上のマイルドなおいしさでした。

質感はカマンベールに少し似た感じです。
外皮のあたりが納豆に似た風味が少しあって、何とも言えません。。。♪♪、
日本人好みのチーズだなあ、と思いました。


d0135907_23234254.jpg


昨日は夫の仕事が休みだったので、家でゴロゴロしていました。

実は大晦日の日に、うちの隣に住んでいる男同士のカップルと問題が起こり、今でもまだ自分の中で消化できていない私なのです。。。 強烈なキャラクターと独特の口調に心が胸焼けを起こしてしまいました。それ以来いま一つやる気が起こらず、気持ちがどよよよーんとした毎日を送っていました。

もう1年以上前から引越すつもりでいたのだけど、フランスでは良いアパートや家を探すのは本当に大変。。。 特に冬の間は引越す人があまりいないので空きが出ない状態。。。 そろそろ気に入るアパートが見つかるよう祈るばかりです。。。。。

そんなわけで昨日は夜の7時近くになってからようやく、夫と一緒に食糧の買い物に出掛けました。市場は7時で閉まってしまうので、久しぶりに巨大スーパーの「Auchanオション」に行ってきました。

海老とイカを買うつもりでしたが、海老は破格値の1キロ当たり5ユーロになって一番目立つ所に山盛りになっていたので、買うのをやめました。 (
普通は1キロ当たり12ユーロ位) お得なのになんで???と思うかも知れませんが、フランスで値引きがされる時は何か商品に問題ありの場合がほとんどなんです。日本みたいにお店のサービスで”良い物を安く”という感覚は無いことがだんだん分かってきた私。。。 あの安い海老は絶対にクリスマスの残りの古い物だと、ピンと来たのでした。*e_e* 

ここではイカだけを購入し、夜ごはんはイカスミのスパゲティーを作りました。♪


d0135907_2323985.jpg


パスタを食べている間に、オーブンでサヴォア地方のチーズ「モンドール」にワインを振りかけて焼きました。これを蒸したジャガイモにつけていただくのです。♪


d0135907_23224257.jpg


いつものチーズ専門店で直径20センチの大きなモンドールを切り分けてもらいました。


d0135907_2322852.jpg


火を通してもおいしいけど、生のままも大好きです。


◆夜のメッス◆
d0135907_23214218.jpg


メッスの街の一番の名所、サンテティエンヌ大聖堂です。
夜になるとライトアップされた姿は、昼間よりも神々しい雰囲気に溢れています。


d0135907_23211628.jpg


ライトアップされた古い劇場も素敵です。♪



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑1日1回クリックの応援をして頂ければうれしいです。

今日もフランス部門で14位でした。^▽^♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-01-07 00:53 | フランスの食べ物
mardi, le 4 janvier
きのうの夜ごはんに、初めてイカスミを使って料理をしてみました。♪

d0135907_7541166.jpg


年末に魚屋さんで買ったイカは、前回の失敗を教訓に、内蔵を取ってもらわずに持って帰りました。
期待していた通り、”墨イカ”だったのでお腹の中に小さな墨袋がありました。♪ 

うちにあるイタリア料理の本には「イカスミのスパゲッティ」の作り方が載っていたので、自分流にアレンジして玄米リゾットにしてみました。

これが大正解で、感動のおいしさでした。
イカの本胴の部分は前日にフワフワの衣でフリットにして食べてしまいました。:P
泡立てた卵に小麦粉と水、ハーブ入りの天然塩を入れて衣にしたので、衣がふわっとして最高でした!!
イカスミ料理を作るために少し残して置くつもりでしたが、アッツアツのフリットがあまりにも美味し過ぎて足しか残りませんでした。。。:D

そんな訳で初めて作ったイカスミのリゾットにはあまりイカが入ってませんでしたが、最高に満足でした。夫も大変気に入ってモリモリ食べていましたよ。:D

材料はイカスミ1ぱい分。白ワイン、オリーブオイル、イカの足、天然塩、
そしてアレンジとして卵黄も加えてみました。


d0135907_7533358.jpg

リゾットに入れた白ワインは。
サヴォア地方の”モンドール”というチーズ料理を作るために買っておいたサヴォア・ワインです。

食事の時にもこのワインをいただきましたところ、とーっても良いおいしいワインでした。


d0135907_752513.jpg


副菜は”フィレンツェ風タマゴのココット”という、オーブンで焼くだけの簡単料理にしました。耐熱容器に塩を振ったほうれん草、タマゴ、生ハムを入れ、チーズをふりかけて卵が半熟になるまでオーブンで焼きました。

農家で自然に育てられている鶏の卵なので、半熟でいただくとコクがあって、卵自体の味を堪能できます。。。♪

結婚する前は緑の野菜が苦手だった夫も、今ではほうれん草が好きになりました。


d0135907_7515443.jpg


久しぶりにパンデピスを作ってみました。♪
こちらも自分流にアレンジして、チョコレートとアーモンドを入れました。

夜ごはんの後に紅茶と一緒にいただきました。チョコレートやココアにスパイスの混じった味が独特で、後を引くお菓子です。♪♪


d0135907_7502396.jpg


こちらは、夫にプレゼントしたデジカメです。
古いカメラが1年以上前に壊れていましたが、フランスでは値段が高め。
選択の幅も少ないのでなかなか購入に踏み切れず、日本帰国中に買って来ました。

日本のデジカメは1万円以下の物がたくさんあって本当に驚きましたー。
色もいろいろあって、日本の電化製品は本当にすごいなあ、、、と改めて思いました。とにかく種類の多さに圧倒され、さんざん迷った末に、この黄色いキャノンにしました。

ついでにケースも購入。
日本はこういったケース類もデザインや色が豊富で、その上品質が良いので買い物が楽しい。。。 安心して買い物出来るのって、本当に快適で精神的にいいなあ、、、なんて思ったりもしました。 

以前はこんな感じの鮮やかな色の物は好みではなかったけど、最近明るい色を求める傾向が強くなってた私です。これはフランスの長く薄暗い冬の影響かな、、、なんて思っているのですが、どうなんでしょう。。。  一昨年のフランスは薄暗い冬が長く、去年も10月初旬から既に無彩色な寒々しい冬が始まっていたので、日本で見るありとあらゆる明るい色のもの達が珍しくて仕方が無い状態でした。。。。。


d0135907_7494437.jpg


こちらは私の新しい靴です。♪
メッスの靴屋さんのウインドウを見て気に入った私に、
夫がプレゼントしてくれました。

折角の新しい靴も、外は雪が積もったり、溶けてぬかるんだりしているのでなかなか履く機会がない今日この頃なんですけどね。。。^▽^


●オトロット●
d0135907_822333.jpg


前々回紹介したオトロットの村の風景の続きです。
同じアルザス・ワイン街道周辺でもコルマールに近い南部の村々とは雰囲気が大分違っていました。


d0135907_83326.jpg


オトロットの近くには他にもたくさん小さな魅力的な村々があります。
また少しずつ紹介していけたらいいなあ、、、と思っています。


◆フランス発 テレビニュース◆ (音が出ます)

↓↓下の青い文字をクリックするとご覧いただけます。
ニュースの前にコマーシャルが入っています。

■アルザス地方冬の朝■




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑1日1回、クリックの
応援を頂ければうれしいです。♫

今日もフランス部門で14位になりました。^▽^
みなさまのおかげです。ありがとうございます。
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-01-05 09:41 | 料理
lundi, le 2 jenvier
新年2日目のきょうは、家でのんびりしていました。♪

d0135907_11433384.jpg


大晦日は爆竹を鳴らして大騒ぎしていた人達がいましたが、新年が明けた途端静まり返り、元旦も今日も普通の祝日といった雰囲気でした。日本の華やいだ美しいお正月が恋しくなりました。。。


d0135907_114395.jpg


上の2つの写真は、最近紹介したアルザス地方のオトロットの村の様子です。


d0135907_11423635.jpg


昨日の夜は、とても簡単なデザート”焼きチョコレート”を作ってみました。
生クリームとチョコレート、お砂糖をとタマゴを混ぜてオーブンで焼くだけでアツアツのおいしいお菓子の出来上がりです。


d0135907_1142732.jpg


チョコレートは有機栽培のカカオ85%のものを使ったので、濃厚で美味でした。♪ 寒さの厳しい冬にハフハフしながら熱いデザートをいただくのは幸せな気分でした。♪


d0135907_11413943.jpg


こちらは元旦に焼いた天然酵母のパンです。♪

本当は大晦日に焼くつもりで前日に生地をこねて発酵させていましたが、家の中の気温が低くて思ったように発酵しなかったので、丸2日以上生地を寝かせておきました。


d0135907_11411489.jpg


時間がいつもよりかかった事もあり、おいしく焼き上がってうれしいなあ。。。


d0135907_11404650.jpg


今日の夜ごはんは簡単にパンとスープとチーズにしました。

スープの材料は玉ねぎとニンジンとカブです。
この野菜たちをストウブのお鍋で炒めてコトコト弱火で煮込みました。


d0135907_11401683.jpg


シンプルだけどこういう食事も大好きです。


d0135907_12394930.jpg


昨日の記事に載せたカマンベールも一緒にいただきました。:P
とてもおいしかったので、これからも時々買おうかと思っています。♪

◆フランス発 テレビニュース◆ (音が出ます)
↓↓下の青い文字をクリックすると見ることができますよ〜。

■トゥールの大晦日の市場■

市場やスーパーで大晦日のごちそうの買い物をする人々の様子です。
クリスマス同様、フランスでは大晦日も海老やオマール海老、ホタテ貝などの海の幸を楽しむ家庭が多いようです。

■モンペリエの新年■

フランス南部のモンペリエは気候が温暖なことで知られていますが、今年の元旦は青空が広がり、気温は10度もありました。ここで年末年始の休暇を過ごす人達は初日の出を見たり、スポーツ、海辺の散歩やサイクリングを楽しんでいたようです。大人も子供達も明日から学校や職場に戻ります。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1日1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫

きょうもフランス部門で14位になりました。^▽^♪
みなさまのおかげです。どうもありがとうございます。
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-01-03 13:09 | 天然酵母パン
dimanche, le 1er janvier
明けましておめでとうございます。^▽^♪

d0135907_9505314.jpg


ブログを見に来てくださるみなさま、お世話になった方々、
昨年中はどうもありがとうございました。

今年もどうぞよろしくお願い致します。
みなさまのご多幸と更なるご活躍を心よりお祈りします。


d0135907_9502823.jpg


大晦日は朝早くメッスの市場に食料品のお買い物に行きました。
そして午後は大掃除を兼ねてアパートの模様替えをしました。

上の2つと下の写真が模様替え後の我が家の様子です。


d0135907_950324.jpg


私の仕事部屋を隣の部屋に変えました。♪
これで今年は新たな気持ちで仕事が出来ます。

実は2010年最後の日、大晦日の午後は実はアパートの隣の住人と問題が発生。。
この事は、またいつか機会があったら書こうかと思います、、、、、、、。


d0135907_9484557.jpg


メッスのいつものチーズ専門店で、生乳で造られたカマンベールを買いました。♪
d0135907_10241744.jpg


大晦日の夜ごはんの後はお腹が一杯になってしまったので、
また別の日にいただくことにしました。。:P 
専門店でカマンベールを手に入れたのは初めてなので、とっても楽しみです。


d0135907_948168.jpg


見た目からしてスーパーで売られているものとは違います。
とてもおいしいんだろうなあ。。。♪


d0135907_9473538.jpg


チーズ屋さんには、ワインやシードルも少し置いています。

お店の人にオススメを聞いてみると、アルザスの”ピノ・ノワール(赤ワイン)2007年”がすごくおいしいそう。彼女の旦那さんが大変気に入っているのだと言っていました。お店にはもう3本しか無いので、”「ピノ・ノワール2008年”の後ろに隠してるのよ」なんてことも言っていたので、なんだか笑えました。


d0135907_947451.jpg


フランスの他の街もそうなのか分からないけど、メッスの市場の魚屋さんでは、クリスマス2、3日前と大晦日になると魚類は端に追いやられ、ほとんどのスペースが海老、カニ、ホタテ、牡蠣に占領されます。特に海老はいつもより大きいものが3種類もあり、値段が跳ね上がります。おせち料理もどきを作りたかったので、海老を買うつもりでしたが、いつもの3倍以上の値段なので諦めました。。。 
代わりにノルウェー産のサケとイカにしました。

フランスの魚屋さんでは1キロ単位の値段が表示されていて、欲しいものを告げるとその場で秤で計って値段を言ってくれます。そんな訳でイカもいつもより高くなっているのに気がつかず、1ぱい6ユーロ(700円ぐらい)もしました。がーーーん、、、。
イカにそんなに散財してしまったなんて結構ショックでした。。。


d0135907_10453556.jpg


お正月と言えば栗きんとん、と思ったので八百屋さんで栗を買いました。
こちらで手に入る材料だけで栗きんとんに挑戦してみようかな。。。

フランスの1月1日は祝日ですが、日本のお正月のような特別な雰囲気はなく、
2日から学校や仕事がいきなり始まります。こちらではクリスマスが日本のお正月のような感じで休暇がありますが、新年はとてもあっさりしています。

今年は1日が日曜日なので、振替休日で2日も休みです。うれしいな。♪
大晦日や元旦の食事はまた別の日に紹介しますね。^▽^



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1日1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫

きょうもフランス部門で14位になりました。
応援して下さる皆様のおかげです。
どうもありがとうございます。^▽^ ♪♪
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-01-02 11:24