フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー

<   2011年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

散歩

lundi, le 30 mai
きのう家に帰る前に散歩したノワズヴィルの村の牛たちです。♪
d0135907_3541410.jpg



夫の実家から徒いて15分程の所にある村の端っこの丘には、毎年夏になると牛が放牧されます。
その丘の向こうには緑の丘陵の風景が広がり、教会を中心に赤い屋根の家々が建ち並ぶフランスらしい小さくて古い村が遠くに見えます。まるで童話から飛び出してきたかのような懐かしいようなその風景は、ずっと昔から変わっていないのでしょうね。

散歩の途中にロバや馬、ポニー、羊やヤギ達に出会えるノワズヴィルの村を訪れると、何故だか分からないけど心の故郷に戻って来たような不思議な安らぎを感じます。東京育ちの私がどうして遠く離れた異国の小さな村に対してこんな風に感じるのか自分でも不思議なのですが、、、私はいつの頃からか自分自身の心のふるさとを探し求めていたように思います。

小学生の頃東京中北部のある市に住んでいた私は、自分の住む街が大好きで大変誇りに思っていました。11歳の時に家族の都合で遠く離れた土地に引越し、なかなかなじめずにいました。大人になってからも常に小さい時に過ごした街へ戻りたい気持ちが消えませんでした。その後東京や横浜で暮らしましたが、いつも自分の故郷だと呼べる場所が無い不安定な気持ちが心の底にあったように思います。


d0135907_3551352.jpg


夫と知り合ったばかりの頃、パリからTGV(フランス版新幹線)に乗ってこのノワズヴィル村に遊びに来ました。そこには私が渡仏する前からずっと頭の中に描いていたフランスと同じ風景が広がっていて、何とも言えない、それまで味わったことのなかった懐かしいような甘い感覚で胸が一杯になったのでした。 

ノワズヴィルの夫の実家には結婚前から半年ほど住んでいましたが、本当にこの村が大好きで、メッスや他の街を訪れた後にこの家に帰てくるとほっとした気持ちになったものです。

ノワズヴィルの村には1軒だけ空いている貸家がありますが、家賃が非常に高くて手が届かないのがとても残念。。。 メッスに通勤可能な範囲で、ノワズヴィルぐらい大好きになれる小さな村をずっと探していますが、素敵な村にはなかなか空いている家が無いもんですね。。。 ごく近い将来、私達の理想に近い家が見つかりますように。。。。。


d0135907_3564356.jpg


この小径には野生のミラベルやカリンの木がいくつもあり、秋になると沢山の実をつけます。自由に採ることができるので、今年はジャムやコンポート、ミラベル酒を作ってみたいと思っています。



この小径を手前に行くと、気の優しい馬とガンコなポニーが2匹で暮らしている野原があります。
何ヶ月か前に散歩していた時、そのポニーが柵の外に出て、草をむしゃむしゃ食べながらひとりで散歩していました。その自由気ままな姿を微笑ましくてずっと近くで見ていると、馬たちの飼い主がエサのリンゴと水をたくさんもってやって来ました。言葉を交わしているうちに、彼の動物に対する深い愛情にふれてとても感動しました。


d0135907_3572664.jpg



クリスマスの翌日から6月にかけて毎日少しずつ日の長くなるヨーロッパの夜は、10時近くまで明るくて、ついつい時間の経つのを忘れてしまいます。

まだ太陽の光がある夜9時過ぎから日が暮れる10時前にかけての散歩は本当に気持ちよくて最高です。刻々と変わる空の色や丘の向こうに沈んで行く大きなオレンジ色の太陽を見ると、自然の偉大さを感じると同時に優しさと希望に満ちた気持ちが溢れてくるのを感じます。


フランスの夏は美味しいものや太陽の恵みに溢れ、本当に素晴らしい季節だなあ、、、と毎年この季節になると実感します。

上の写真に写っているのは、秋が旬のカリンです。
まだ固くて青い実をつけています。
この実が熟すころには、自分のなりたい自分に少し近づいていたいと思います。



d0135907_4131250.jpg


こちらは夫の実家の庭のラベンダーです。
来月にはいい香りを放ち、摘み頃になるそうです。

このラベンダーで自家製の手洗い用洗濯石けんを作るのが楽しみ。♪



d0135907_401021.jpg


きのう摘み取ったサクランボは1キロ500グラムもありました。
日本のいちごケースで例えると、4〜5杯分ぐらいです。今日の午後、新聞を読みながら真っ赤に熟れたサクランボをつまんでみると、あまりの美味しさに食べる手がどうしても止まらず、ものすごく沢山食べてしまいました。。。そしてしばらく新聞に集中した後にサクランボが目に入ってしまい、止まらなくなるという繰り返しでした。おいし過ぎてキケン!!誰も止めてくれる人がいないので目につかない所にカゴごと移動させました。; D

自然になったサクランボってビックリするほどおいしいですね。。。
こんなおいしいのを食べてしまったら、もうスーパーのは食べられません。。。



d0135907_444395.jpg
d0135907_454572.jpg



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-05-31 08:16 | お散歩

さくらんぼ♪

dimanche, le 29 mai
今日はさくらんぼを沢山摘んできました。♪
d0135907_982668.jpg


他のヨーロッパの国々では母の日は5月の初旬の日曜日だったと記憶していますが、
フランスの母の日は何故か5月の最後の日曜日です。夫のお母さんは旅行中でしたが、2番目の妹に会いにノワズヴィル村にある夫の実家に遊びに行って来ました。

4時のお茶の時間に一緒に食べようと思って今朝作ったリュバーブのタルトをおみやげに持って行きました。とっても気にいってくれたようで、明日の朝ごはん用にもう一切れ欲しいと言ってくれました。うれしいなあ。♪♪


d0135907_995212.jpg


おしゃべりをしながらお菓子を食べた後は、庭に出てさくらんぼを摘みました。
土曜日のイチゴの収穫の時もそうだったけど、こういう小さくてかわいい果物を摘み取るのは楽しくてワクワクします。そして少し鼻息が荒くなっている自分に気付いたりもします。。。: D

この10日間は気分の良くない事がいろいろあって精神的に緊張状態が続いた毎日だったので、こんな風に大好きなノワズヴィルの村で身内と一緒に過ごす休日は、気持ちが休まり心がポカポカ温かくなりました。

d0135907_9104145.jpg


木に実っているサクランボを見るのは初めて。
太陽の光を浴びてキラキラ、宝石みたいでとてもきれいで感激しました。

自然の力ってすごいなあ。。。


d0135907_9113952.jpg


この大きなサクランボの木は、夫の両親がこの家に住み始めたばかりの頃に植えたもので、今年で34年になるそうです。夫婦で一緒に木を植える、、、とても素敵なことのように思えます。。。この木を見るといつも思い出すのは、私達が結婚する少し前に夫が言ってくれた、”いつか自分達の家の庭に2人で一緒に木を植えたい”という言葉。とても嬉しかったです。。。


d0135907_9122795.jpg


夜の9時頃に妹にさよならを言った後に少し村を散歩しました。

牛や羊が放牧されている丘の近くの小径には、秋になるとたわわに実をつけるのミラベルやカリンの木々があり、既にまだ青くて固いオリーブみたいな実をなっていました。自然の中で次々と実をつける果樹や季節の花々を見ると、すこしずつ季節は移り変わっていることを実感し、、、いろいろあったけど創作活動に仕事、交友関係など、毎日精一杯がんばって生きよう、、、と、新たな気持ちになることができました。。 自然の力と人の温かさに感謝!!




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-05-30 10:50 | フランスの食べ物

いちご&隣人の畑

samedi, le 28 mai
今朝摘みたての無農薬のいちごです。♪
d0135907_2341426.jpg


土曜日の今日は、いつものように有機栽培の農家を訪れました。

1週間前はまだ薄緑色や小さな実がほとんどだったイチゴ畑には、たくさんの真っ赤に熟れたいちご達が実っていました。♪ 前回のリュバーブ同様、きょうも自分達で収穫しましたよ。

ドキドキ、わくわく、とても楽しい時間でした。
来週はもっとたくさんの収穫が期待出来そうなので、早起きして沢山持って帰ってこれたらいいなあ、、、と、今からとっても楽しみです。

生のままのイチゴもすごくおいしいけど、コンポートやお砂糖控えめのジャムにしても感動的な美味しさ。ほんの短いイチゴの旬の間に、お菓子やイチゴ酒、いちごソースなどの保存食作りに励もうと張り切っている今日この頃です。♪

我が家の場合保存食を作っても、保存が出来ないのがちょっぴり悩み。。。
自家製は本当においし過ぎて、あっという間に食べてしまうのです。
先日、新鮮なイワシが手に入ったので、有機栽培のエキストラ・バージン・オリーブオイルやハーブ類を使ってオイルサーディンを作りました。

ちょうどこの日は警察騒ぎの翌日であり、その騒ぎの発端となった件について警察署(正確には憲兵)に出向いたばかりだったこともあり、むかつきを禁じ得ない気分でした。そんなわけで、塩水に漬けていたイワシの事を忘れてしまい、本来は1時間から2時間漬け込むところ、気がついたら5時間も放置してしまったので、少し塩辛いオイルサーディンになってしまいました。それでもやはり自家製は美味だったので、食べる手がとまらなくなってしまい。30匹全てを2日間で食べてしまいました。。。 : P

この間ブログに載せたお砂糖かなり控えめのソースのようなイチゴジャムは、危険な程おいしくて、すでに2瓶が空になりました。 ヨーグルトにとっても合い、フルーティーで最高なのです。これもまた作らなくては、、、。


d0135907_2341971.jpg


今日農家で買ったのは、いちご1キロ200グラム(日本のいちごパックで言うと、山盛り2箱ぐらいの量)、ルバーブ1キロ、ほうれん草1キロ、産みたてタマゴ18個です。

自然農法で作られたホウレンソウは、見た目からして元気そう!!
市場で売られているものとは全く別の野菜に見えます。

先週手に入れたリュバーブで、今週またタルトを焼きました。
今回は夫の同僚達に半分おすそわけ。大好評だったそうで、とてもうれしい。。。
先週入手したものがまだ残っているので、今我が家には沢山のリュバーブがカゴに盛られています。コンポートかジャムにしようかな、、、「イチゴとリュバーブのジャム」にするのも捨てがたいなあ。♪



d0135907_23403557.jpg


農家には3種類の違う品種のイチゴが育てられています。
どれも中まで真っ赤で最高においしい。。。

1cmぐらいの小粒のいちごは、森に自然に生えている野生のイチゴみだい。
何だかかわいくて食べるのがもったいなく思えてきます。



☆隣人の畑作り始まる
d0135907_2340411.jpg


昨日の夕方の窓の眺めはこんな感じ。
モミに木が焼かれた庭で隣人の畑作りが始まりました。

うちの上に階の住人の庭は、隣の同性カップルとその上の階に住む男女カップル(いつも庭で半裸の男とその彼女)に譲り渡されたので、その4人で共同で使うようです。

私を驚かせたのは、発展途上国の焼畑農業と全く同じ方法で畑作りが始まった事。
燃やして灰になったモミの木を肥料にして土壌を作っていました。


d0135907_23393953.jpg


木々や植物で緑いっぱいだった我が家の窓からの眺めは、むさ苦しい風景に一変。机に向かって仕事をしていると、動き回る5人の男達の姿がちらちらと視界に入るのには参りました。。。。。

こういう眺めがこれから毎日夕方から日が暮れるまでの時間続くのでしょう。
そして土日は一日中。。。。。 



d0135907_23391057.jpg


予想はしていましたが、今日は更に最悪です!!!
まるで建築現場のよう!

機械を使って午後の間中、土を耕しています。
一般家庭で行なう家庭菜園の域をはるかに超えていて、かなり苦痛。。。

あまりに騒音が激しいので、天気が良いのに庭側の窓の鎧戸を全て閉めて、ろうそくを灯しています。それでもものすごい音がするので、耳栓を着用中。今日は家で用事があるので仕方が無いけど、来週からは午後から日の暮れる夜の9時半まで家を留守にすることにします。パソコンを持って図書館で仕事をします。不便だけど仕方あるまい。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-05-29 01:43

静かな一日

vendredi, le 27 mai
昨夜のアパートの建物内は静まり返っていました。
d0135907_20104529.jpg


庭で物を燃やす人の問題については、未解決です。
日を改めて本人に警告すると言って帰っていた警察は、その後音沙汰がありません。このまま忘れられてうやむやになるのでしょうか。こんなもんなのかも知れません。法律は存在するけど、あって無いようなものです。

夜中の騒音については同様もしくはそれ以下に扱われています。
一昨夜の警察騒ぎの結末は、なんともフランスらしいというか、原因となった問題をそっちのけで、話題がどんどん変わり井戸端会議みたいになりました。

深夜の騒音について、フランスでは集合住宅や住宅街等での夜の10時以降の騒音は法律で禁止されています、しかしそれは机上のものでしかなく殆ど機能していなのではないでしょうか。。。警察の人達が大した問題と考えていないようなので、仮に騒いでいる最中に通報しても結局井戸端会議程度の話で終わってしまい、何の解決にもならない事が分かりました。嫌なら引越す以外に方法は無いのだと悟りました。

毎年8月中旬の1週間の間、この町の主催の移動遊園地がこのアパートのすぐ裏にやってきます。この辺りは商業地ではなく住宅地です。朝10時から遊園地が始まるのは問題ないのですが、夕方4時から夜中の2時頃までの間は大音響の音楽とディスクジョッキーの声がスピーカーを通してこの界隈一帯に響き渡り、全く悪夢の1週間でした。そういう所なのです。

週末に人を集めてパーティーをするフランス人達は、夜10時や11時を過ぎてから音楽の音量を最大に上げて明け方まで大騒ぎする傾向があるようです。

パリに住んでいた頃のある土曜日に友人に誘われてある集まりに行った時のこと。
出版社に勤める30歳前後のカップルのアパートに30人ぐらいが集まり、夜の9時頃から軽い食事をしながらのパーティーが始まりました。そして深夜0時近くになった時、突然音楽のボリュームが大音響になり、椅子やテーブルが部屋の一角に押しやられ、みんなが踊り始めました。マンションの一室で、大勢の人が踊りまくっている風景に大きなカルチャーショックを受けました。下の下の階の住人が何度も苦情を言いに来ましたが、開けっ放しだった窓を閉めるぐらいでした。私は友人カップルに車で送ってもらう事になっていたので、彼らにつき合って一緒に過ごしました。音楽は私達が帰った夜中の3時を過ぎても大音響のままでした。下の階には相当ヒールや革靴の足音が響いていたはずです。私はこの時近所の人達が気の毒でしかたありませんでした。

こういった騒音問題で警察に通報しても、来てくれないことが多いと聞きましたが実際はどうなのでしょうか。。。来てくれたらすごくラッキーなのかも知れません。一昨日の騒ぎで初めて知りましたが、フランスでは午後10時以降に他人の家の呼び鈴を鳴らしたり、玄関をノックをするのは法律違反で、騒音を注意する等の正当な理由があろうとも、逆に訴えられる可能性があるのです。ひどい隣人の騒音に悩まされた場合、来てくれる当ての無い警察を寝ずに待っていなければいけないのでしょうか。理不尽ですが、これがこの国の現実なのでしょうか。


もっとも、こんな迷惑な人達はほんの一部ですけどね。。。


上の写真は、うちで愛用している食品たちです。
大きな広口瓶に入っているのは、最近うちの常備食の仲間に加わったオートミール
(日本語ではえんばく、マラカス麦、フランス語ではavoineアヴォワンと呼ばれています)。

オートミールはおいしくないと聞いたり読んだりした事があったので、
ヨーロッパに長く住んでいるのに試してみた事がありませんでした。
食物繊維が豊富で身体に良さそうだと思っていた時にちょうどスーパーの有機栽培食品のコーナーで見つけたので買ってみました。

ハチミツをかけて食べてみて、市販のシリアルのミックスに入っている白くて平らに押しつぶされた麦だと分かりました。私はこのオートミール、結構好きです。砕いたアーモンドやラズベリーやイチゴなどを乾燥させたドライフルーツ、クルミなどのナッツを自分の好きな配合で混ぜて、ハチミツをかけると、少しお腹が減った時の健康的なオヤツになりそうです。今度自然食品屋さんに行った時に、量り売りのナッツやドライフルーツを少しずつ買ってくるのが楽しみです。♪

オートミールの隣に写っているのは精白されていない自然な無農薬のお砂糖です。
黒砂糖(フランスでは赤砂糖と言います)は、マグネシウム、カリウム、亜鉛、銅、リンなどの微量栄養素であるミネラルが豊富に含まれています。カルシウムは白砂糖の
240倍も入っているので、黒砂糖は白砂糖と栄養的に全く違う食べ物で、食べると骨や歯が強くなります。そして何より砂糖本来の味がして本当においしい。このお砂糖で作るアイスクリームが最高なんですよー。



d0135907_20112621.jpg


こちらは、自然食品屋さんで手に入れたアーモンドの粉。
アーモンドの風味と味が濃くて美味です。♪

スーパーでよく売られている大量生産品は、一袋125g入りが4ユーロ近と高めです。しかし自然食品屋さんの物は5キロ入りで仕入れた物を量り売りで売っているので、スーパーの商品の半分以下の値段なのです。量り売りは必要な量だけ買うことが出来る上、ブラスチックののゴミも出ないし、良いシステムだなあ、と思います。このお店では、いろんな種類のお米、ドライフルーツ、ナッツ、シリアル、クッキーなど、20種類ぐらいの乾物が量り売りで購入出来ます。お試しで買ってみたい時にもうれしいシステムですね。



d0135907_20125258.jpg


こちらは先週の土曜日に、いつも行く農家で手に入れた産みたてタマゴ、リュバーブ、ラディッシュ(二十日大根)です。

リュバーブは、菜園で自分達で収穫しましたよ。
たくさん実っているリュバーブの中から食べ頃のものを選んで、腰をかがめて収穫するのは結構大変な作業なんですねー。もっと沢山欲しかったけど、このくらいにしておきました。これで750gです。こんな風に自然な農法で大切に育てられた食べ物を収穫すると、より一層自然の恵みに対する感謝の気持ちが深まります。

この時は、イチゴの畑も見せていただきました。
市場やスーパーなどでは2週間位前から旬のイチゴが売られていますが、無農薬、有機栽培のイチゴはゆっくりと大きくなります。夫が味見をさせてもらい、ものすごく甘くておいしかったそうです。明日あたり、食べごろのイチゴが手に入るかも知れません。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り,ブログランキングのサイトに飛びます。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-05-28 00:09

全て灰に

mercredi, le 25 mai
今日の午前中に警察に行きました。
d0135907_20195820.jpg


昨夜の1時過ぎ、赤々とした炎の中で木が燃やされたまま放置されているのを目撃。
我慢の限界を感じ、午前中に警察に行き通報しました。

15分後には庭に3人の警察官が検証にやって来て、在宅していた私達の上の階に住むイタリア人の住人に、木が焼かれたのは彼の庭であるという事実の確認に行きました。木を切り焼いた住人4人(私達の隣の同性カップルとその階上の男女のカップル)は不在だったため、改めて本人達に警告するとのことでした。

庭の持ち主の住人によると、彼の隣室の住人(中心になって木を焼いた人)に庭を譲ったのだそう。

そうだと予測していたけど、この庭はうちの居間の真ん前なので、この先、引越すまでの2ヶ月間が思いやられます。。。 毎日夕方から暗くなる夜10時頃迄と週末の3日間、半裸の姿でうちの前でずっと庭仕事とバーベキューをされるのかと考えただけで、今までの数々の信じられない行動を思い出して嫌な気分になります。。。


d0135907_20203716.jpg


昨日の午後もずっとずっと、まだ外の明るい夜の9時を過ぎても木は激しく燃やされ続けました。
夕方にはのどが痛くなり、咳が出るようになりました。


d0135907_20214148.jpg


庭でゴミや雑草を燃やすのは私達の建物に住んでいる人だけではなく、この辺りに何人もいます。

夜中にすぐ隣の家の庭からすごい煙が上がっていたり、焦げ臭い匂いがするこ事はこの界隈では珍しいことでは無く、もしかして私達の感覚がおかしくて燃やすのが普通のような錯覚をおこしそうな程です。

この辺りは昔炭坑の町でした。
その頃からの古い習慣で、この土地にずっと住む人達にとっては普通のことなのかも知れません。

このアパートの大家夫婦も本当に話にならない人達で、粗大ゴミ処理の施設に持って行くつもりで庭に置いていたマットレスを見て、庭で燃やすように勧めるような人達です。

去年アパートの建物の鎧戸のペンキを塗りに業者の人が来た時は、信じがたい事件が起こり最低な1ヶ月間を過ごすはめになりました、この家の周りの人達も似たような人々が集まっています。自分の庭の雑草や犬のフンを隣の庭に捨てるような人達です。


d0135907_2022276.jpg


大きな60歳を超える大きなモミの木は、一部の幹以外は全て灰になりました。
4日間の間ほぼ休み無く昼も夜も、その次の朝も延々と燃やされ、ただの灰になりました。
燃やした中心人物は、草までも全部燃やし尽くしました。
どれほど燃やす事のが好きなのでしょう。。。。。

昨日もふれましたが、幹は同性カップルの植木鉢が飾られ、その向こう側には白いベンチと椅子が置かれ、その間には低めに切られた幹がテーブル代わりに置かれています。無職の40代の男2人のカップルは生活手当を受け、犬、ネコ、小鳥をたくさん飼い、庭で野菜や花を育て、週末には家族を食事に呼んで、朝から夜中までずっと庭でおしゃべりと日光浴を満喫し、幸せそうです。フランスはこういう人達が呑気に暮らすことの出来る国でもあります。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り,ブログランキングのサイトに飛びます。
応援をして頂ければうれしいです。♫
今日はフランス部門で17位になりました。
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-05-25 22:34

4日目

mardi, le 24 mai
d0135907_21253295.jpg


庭に木を燃やした灰が積もっているので、今日も洗濯ができません。

3日間閉め切っていた寝室の窓を思い切って開け、布団を干してみました。
すると庭でルサーンジュがすごい勢いでサンドイッチを食べているのが見えたので、”やばいっ!! また燃やされる!!”と、急いで布団を取り込みに走りましたが、既に燃やし始めていました。

窓の外はこんな景色が広がっていて最悪です!!


d0135907_2126512.jpg



d0135907_21263513.jpg



d0135907_2127856.jpg


この人が木を燃やしているのは、うちの階上の人の庭です。
うちの庭は写っていませんが、右隣にあります。

d0135907_21274271.jpg




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-05-24 21:44

翌々日

lundi, le 23 mai
今朝の窓からの眺め。
d0135907_20423790.jpg


起きて鎧戸を開けると、また木が燃やされていました。
土曜日からもう3日目!


d0135907_20434787.jpg


今日は、隣の無職の同性カップルが作業をしています。

早く燃えるようにアルコールをかけて燃やしているので、嫌な匂いがします。。。
もう3日も窓を開けられないし、たまった洗濯も出来ないし、はっきり言ってすごく腹が立ちます。

こんな丸太まで燃やしています。
冬に暖炉を使う人にあげればいいのに、、、と思います。

こちらの各市町村には、粗大ゴミやプラスチックのゴミ、剪定した木の枝や雑草等を無料で処理してくれる施設があります。せめてそういった施設に持って行って欲しい。。。 庭でアルコールをかけて燃やして空気を汚染するのはやめて欲しい。。。 

、、、と思ったところで、こんな事を平気で、しかも嬉しそうにする人達、話しても無駄なのは分かっているので何も言いませんけどね。。。。。


d0135907_20443644.jpg


切られた幹をうちのアパートとの仕切りにして、植木鉢を飾っているのを発見した時は吐き気がするほど頭に来ました。

☆☆☆☆事の始めリ☆☆☆☆☆

木が切られる3日前に、うちの玄関のドアに紙切れが挟まっていました。
その紙にはパソコンで打たれた文面があり、まずスペルの間違いだらけのその文章にびっくりしました。

内容は、「大家の了解を得て21日の土曜日にモミの木を切ります。汚れる恐れがあるので庭に洗濯物は干さないで下さい。その他壊れたら困る物は置かないで下さい。」とのこと。すごく驚いたけど、ここの住人の常識には衝撃を受け続けて1年以上経つので、以外とそれほど驚かない自分に驚きました。


木が切れれる理由は、庭の向こう側の家の人達の希望だとばかり思っていました。

当日、もしかしたら根元から切られる訳ではないのかも、、、と、少し希望的な予測をいだいていました。向かいの家の陽当たりの為に木を切るのなら、下の方の枝だけを切れば問題ないことに気付いたからです。

土曜日の午前中に農家にタマゴや野菜を買いに行って家に戻ると、モミの木の下3分の1ぐらいの枝が切り落とされていて、向かいの家の窓や庭にかかる枝は取り除かれていました。この時点で沢山の枝が地面に落とされていたので、これで終わったのだと安心していました。

しかし午後になり、ふと窓の外を見ると、木のてっぺんから3分の1が切り落とされていてショック。。。 この時はなんの為に木を全て切らなければならないのか全く理解が出来ませんでした。

とうとうモミの木が根元から倒された後、少し離れたことろにあった木も切られ唖然とした私。。。この木の枝は庭の向こうに建ち並ぶ家々の屋根より大分高い位置にあり、どの家の太陽の光も遮っていなかったのです。


そして昨日、分かりました。


d0135907_20454216.jpg


上の写真に写っているアルミの小屋を建てた人が原因です。
(上の写真は、切り倒される前の大きなモミの木)

この小屋は、同性カップルの階上に住んでいるカップルの片方ルサーンジュが建てたもの。(本来こういうものを建てる時は許可が必要なのですが、無許可で建てました)


d0135907_20462469.jpg


この人がルサーンジュ(と私が勝手に呼んでいる)。

庭で物を燃やすのが趣味なのか、時々ゴミや雑草を燃やします。
アルコールをかけて燃やすので、ものすごい嫌な匂いが洗濯物に染み付いてすごく迷惑な人です。

これまでに10数回は被害に遭いました。
一旦洗濯物に染み付いた匂いは簡単に取れず、1回洗濯機で洗っても匂いが残ります。あまりのことに捨ててしまいたい衝動に何度もかられましたが、その度にお風呂の浴槽に熱いお湯と洗剤を入れて丸1日の付け置き洗いを2度繰り返し、その後洗濯機で洗いました。

すぐに洗う気分になれない時に、匂いのついた洗濯物をカゴの中に入れておきました。すると時間とともに匂いが強烈になり、アパート中がすごい匂いになってしまったのです。部屋を換気しようと窓を開けると、外はもっとすごい匂い。。。 暑い夏は窓を開ける事が出来ずに本当に困ったものでした。

いつ燃やされるか予想出来ないけど、月曜から木曜日までの午前中はほとんど燃やさないので、この4日間のうちの早朝に洗濯をするようにしていました。4月から9月の間は晴れると昼も夜も必ず庭でバーベキューをし、これまたアルコールをかけて草や紙を燃やすのて、平日の夕方+金曜日からの週末の3日間はどんなに天気が良くても洗濯ができないのです。。。。。

この半年の間に、燃やす人はルサーンジュだけではなく、他にも近所に何人もいることが分かりました。私はこれ迄イギリスとイタリアとフランスの街や田舎のいろんな場所に住んできたけど、こんな隣人に出会ったのは今回が初めてです。ものを庭で燃やす行為が理解出来ません。それも空気を汚染するアルコールをかけて燃やすなんで、、、。

話がそれましたが、このルサーンジュが自分の庭にアルミの小屋を建てたのが原因で、自分の庭の陽当たりが悪くなったのです。庭で家庭菜園をして野菜を育てているので、陽当たりが足りないのをモミの木のせいにして、今回木を根元から切り倒す事になったのです。

この事実が分かってから、本当にムカムカ腹が立って仕方ありません。
野蛮人もいいとこ! そして彼に賛同する人がここには多数いるようです。

それにしてもこの人、半裸でうちの前をうろうろするので、家にいると視界に入って、本当に情けない気分です。。。

d0135907_20475492.jpg


早朝、モミの木に集まる鳥の歌声と窓いっぱいに広がる緑の風景がとても気に入っていました。

しかし今日は、もう鳥達はやって来ませんでした。


d0135907_20471582.jpg


昨日の夜に撮った庭の写真と、今朝撮った写真を比べてみると、あまり変わっていないことにに気付きました。どうやら丸太は昨日の夜からずっと燃やされ続けられていたようです。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-05-23 22:33

翌日

dimanche, le 22 mai
昨夜のアパートの隣人達の庭での宴は夜中の3時まで続きました!

d0135907_22172298.jpg


うちの窓のすぐ近くにテーブルが置かれ、モミの木を切り倒した隣の同性カップルとその階上に住むカップル&その家族達が集まっていたので、大きな話し声や笑い声は本当に本当に迷惑でした。 夜の間中、根元から切り倒されたモミの木の枝は延々と燃やし続けられ、窓を閉め切っていても焦げ臭い匂いが家の中に入ってくるのには、息苦しいけど換気する事も出来ず困ってしまいました。


d0135907_22165256.jpg


上の2つの写真は、以前の庭の様子。
窓からは緑が溢れていて、大好きな眺めでした。

夜中の3時半近くになってやっと静かになり、眠りにつくことができました。

そしてお昼過ぎに起きて鎧戸を開けると、なんと再び庭に隣人が集まってバーベキューをしました。金曜日の夜も昨日も夜中までバーベキューをしていたのに、、、この人達どれだけ野生児なの??と、心底びっくりしました。 今日も家の中まで下品な感じの話し声が聞こえて来て、すでに3日連続なのでかなりウンザリです。。。。。


d0135907_22161586.jpg


同時にモミの木の枝も燃やされ、煙がもうもうと上がり、地面には黒っぽい灰がたくさん。


d0135907_22154463.jpg


切られた木の幹向こう側に大きなテーブルが置かれ、人々が集まっています。


d0135907_22151279.jpg


今うちの窓からの眺めはこんな風になってしまいました。
何時間も木を燃やし続けているので、モヤがかかったように空気が灰色になっています。

昨日まで生きていたモミの木は、今日も夜中まで燃やされるのでしょうか。。。
木の枝はまだ山積みになっています。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-05-22 23:07

モミの木

samedi, le 21 mai
d0135907_322836.jpg


今住んでいるアパートを見つけたのは、ちょうど2年前の今頃でした。
裏庭には緑が溢れ、ひと目で気に入りました。

庭は4世帯の住人のために4つに仕切られていました。
私達が入居するアパートの隣の住人が庭で何かを収穫していました。
静かで穏やかな雰囲気のとても感じのいい20代半ばぐらいのカップルでした。


d0135907_2592199.jpg


素敵な隣人と仲良くなれたらいいな、、、なんて思っていました。

このアパートのある建物は昔炭坑で働いていた人達が共同生活をしていた一軒家で、私達の真上の階には、離婚したというオランダとフランス人のハーフの40代の男の人が住んでいました。彼の隣には20歳ぐらいの結婚していないカップルが住んでいました。フランスでは結婚してなくても一緒に暮らすのは当たり前のことなのです。

ハーフの隣人は庭を使っていなかったので、右端かその隣か、どちらかを好きな方を選ぶ事ができました。右端にはバラの木があり、その隣の庭は大きな古いモミの木がありました。

迷ったけど右端を選びました。
ハーフの隣人が、モミの木のある庭で犬の散歩をさせていたからです。

どんな庭にしようかな、何を植えようかな、、、と、わくわくしていた頃でした。


d0135907_2584413.jpg


このアパートに住み始めて8ヶ月位過ぎ、まわりの環境が変わり始めました。

まず引越してすぐに、感じがいいと思っていた隣人が引越してしまったのはショックでした。物音が結構響くフランスの古い建物では、騒がしい隣人にあたってしまうと騒音に悩まされることになるからです。とても静かな隣人はアパート生活の宝なんです!!そしてひと月後に引越してきたのは男同士のカップルです。同性愛の男の人と前から友達になってみたいと思っていたので、仲良くなれたらいいなあ、、、なんて楽しい想像をしていました。

その年の年末にハーフの隣人は引越していき、冬の間に引越しをする人のすくないフランスの習慣のせいか、翌年の3月まで新しい住人はやって来なかったので静かな暮らしを満喫出来ました。このままずっと誰も引越して来なかったらいいのになあ、、、と、いつも思っていましたが、ある日ものすごい工事の音が上から聞こえた時には心底がっかり。。。 そしてその若者が激しく騒々しいのです。週末には友達を呼んでパーティーをし、音楽と話し声、それに靴の激しい足音の騒音が朝の4時や5時まで続くのです。その後、だんだん他の住人の騒音も激しくなり、同性カップルも日の長い季節の金曜から日曜日はうちの窓辺の近くに大きなテーブルを置いて、夜中の2時や3時迄大騒ぎするようになりました。。。 庭に食べ物や飲み物を運ぶのに、大げさではなく2、3分おきに玄関のドアをバタンを閉めるので、うちのアパート中に響いてすごいことになっています。(日本みたいにベランダに直接出られる大きな窓が無いので、庭に行くには玄関からで出入りするため。)今は何だか騒音に対する感覚がマヒしてしまって、もう何が普通なのか分からなくなってしまったし、考えたくも無くなってしまいました。


d0135907_2573934.jpg


アパートの庭では、本当にいろいろビックリすることが色々とありました。

引越して来たばかりの時にはとてもかわいかった庭。
ある日、ある住人がアルミみたいな素材の小屋を建て、窓からの眺めが悪くなりショック。。。

庭の向こうには家が建ち並んでいますが、私達が引越して来た頃は木々で覆われていて家があるのが見えませんでした。1年位前からそこの家の人達が少しずつ木を切り始め、その建物がどんどん見えるようになりました。

上の写真の木が、このアパートの庭の大きなモミの木です。
2階建ての建物の2倍ぐらいの高さです。

日の長い季節の9時頃に、寝室に寝そべると、こんな風にモミの木と青い空しか見えません。

他の住人が外にいない静かな夜に、ただ風邪にそよいでゆらゆら枝を揺らすモミの木を見るのが大好きでした。まるで緑溢れる丘のてっぺんの一軒家に住んでいるような錯覚を起こすような素敵な眺めでした。

今朝もねそべってモミの木をじっと見つめました。
何羽もの鳥がやって来てモミの枝で休んだり、飛び回ったり、食べ物をさがしたり、そこには木を中心とした小さな世界が存在していました。。



d0135907_257539.jpg


そして今日の午後、木は倒されました。



d0135907_2553430.jpg


寝室からはもうモミの木は見えません。
小鳥たちもやって来ません。


d0135907_2544955.jpg


そして切られた木の枝は、木を切るのに携わったこのアパートの住人達によって庭で燃やされました。

彼らは今庭でパーティー。
とても盛り上がっています。

夜になっても庭では延々と木を燃やす白い煙が上がり、
10時過ぎの現在、大きな炎があがり焼畑みたいになっていて驚きました。
火の粉が空中に沢山舞い、真っ黒な煙が出ています。。。


私は本当に、ここに住んでいる人達も、いろんな事もよく分からなくなりました。。。







人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-05-22 04:51
vendredi, le 20 mai
d0135907_2274727.jpg


ついこの間のページにちょこっと登場しました
ヨーグルト・ケーキです。


d0135907_2271765.jpg


材料は小麦粉、タマゴ、バター、ヨーグルト、さとうきびのお砂糖、それにオレンジの皮をすりおろして混ぜました。ヨーグルトとバター以外はすべて有機栽培のものを使用。以前は高くて手が届かなかった無農薬、有機栽培の農産物や小麦粉なども、最近はとてもお手頃になってきて、スーパーの商品より安くなっている物も増えてきました。


d0135907_2264374.jpg


このケーキ、もう、とっても優しい味でおいしい。
あまりにも気に入ったので1ヶ月の間に3回も作ってしまいました。

最高においしいタマゴや粉、精製されていないさとうきびのお砂糖など、すばらしい素材のおかげです。外見は変わらないのに、自然な形で栽培された食べ物は本当においしくて感動します。

そして有機栽培農家でいつも買っているタマゴが本当に素晴らしいのです。
シンプルにオムレツや半熟タマゴにして食べても、お菓子に使っても最高。
ケーキを作る時に泡立ててみると、普通のタマゴやスーパーで売られている有機栽培タマゴとも全然違うのがはっきり分かるのです。

すりおろしたオレンジの皮の風味も良くて、私達2人ともこのケーキのとりこです。♪
いつも行く自然食品屋さんには再び今年の冬に収穫されたオレンジが入荷されていたので、無くならないうちにもう一度作りたいと思っています。


d0135907_2254334.jpg


私たちの住むロレーヌ地方では。いちごの季節が始まったばかりです。
フランスの自然な方法で栽培されるいちごの旬は、5月から6月のたった1ヶ月間。

今年初めてのいちごは、いつもと違う農家に買いに行きました。
この農家がとっても素敵な場所で、広い敷地にかわいい家が建ち、丘陵や森を一望出来る絵本のような景色なのでした。いちごの他にも様々な野菜や果物を育てていて、週1回販売しているとのことでした。私達はいちご1キロ(日本にあるいちごパック2個分ぐらいの量)を買いました。

しかし、家に帰って食べてみてがっかり。。。
味が無くて、甘みも無い。。。。。
全然おいしくないのです。


d0135907_2251077.jpg


ナイフで2つに切ってみると、中が白っぽくて少し空洞がありました。

実は、この農家のいちご栽培の風景を見た時に気になっていたことがあったのです。
ここでは直に地面に植えられていなくて、プラスチックの細長い植木鉢で育てられていて、その植木鉢は収穫しやすいように、地上1メートルぐらいの高さに固定されていて、その上がガラスの屋根(温室)で囲まれていました。

せっかく素敵な土地があるのに、もったいないなあ、、、。
この農家では温室で11月までいちごを栽培していることが後で分かりました。
来週は、去年とおととし何度も訪れたwoippy村に露地栽培の甘くておいしいイチゴを買いに行きます。♪


d0135907_2232153.jpg
d0135907_2242384.jpgこちらは去年のwoippy村の路地植えの無茶苦茶おいしい真っ赤ないちごです。♪ おいし過ぎて毎回感動します。♪

















今回買ったおいしくないイチゴは、今からジャムを作るために火を通します。
24時間お砂糖とレモン汁に漬けてあるので、3日間煮込んで作ります。

1日目の今日は、2分間だけ火にかけます。♪




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入ります。
応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-05-21 03:44 | お菓子作り