フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

アプリコット ♪

mercredi, le 29 juin
市場にアプリコットが出回りました。♪
d0135907_2394012.jpg


太陽をたっぷり浴びた小さめの果実は、甘酸っぱくてとってもおいしい!!
先週の土曜日に市場で1キロ買って来ましたが、週末の間にあっという間に食べてしまいました。♪

そのままいただくのも大好きだけど、初夏の果物アプリコットを使ってお菓子を作ってみるのも楽しみです。ジャム等の保存食を作ろうと思い、昨日は2キロ手に入れました。♪♪


d0135907_23105149.jpg


きのうは他にも果物を買ってきました。

黒さくらんぼ、グロセイユ、ジャム作りに欠かせないレモン。
無農薬のレモンの皮は捨てずに、料理やお菓子を作る時に使います。

d0135907_23115478.jpg


まず昨日の夜は、アプリコットのシロップ漬けを作りました。

厚手の鍋でゆっくり加熱、殺菌したので長期間保存出来ます。
果物の少ない冬のお楽しみに保管しておきます。

手作りの瓶詰めや保存食を始めると、どんどん作品が増えるのが嬉し楽しくて、専用の素敵な小さな木の家具が欲しいなあ、、、なんて思っています。♪


d0135907_2313793.jpg


そして、さくらんぼのシロップ漬けも同時に作りました。

去年のクリスマスは、ケーキを作るために「グリヨット」と呼ばれる小粒のサクランボのシロップ漬けをお店で買いました。その時、「夏の間にせっせと季節の果物を自分でいろいろと保存すれば、厳しくて長い冬の間も様々なお菓子を作って楽しめるなあ、、、」と、思ったのです。

シロップ漬けはジャム作りに比べて、温度を計りながらの加熱が少し大変だけど、楽しくてどんどんのめり込んでしまいます。: D  きょうは隣村で無農薬栽培のイチゴを見つけたので、今晩シロップ漬けを作ろうと今準備しているところです。 いちごの季節はもうほとんど終わっているので、思いがけず手に入れることが出来てうれしいなあ〜。♪



d0135907_23143771.jpg


そしてそして、サクランボとグロセイユ(赤スグリ、カシスは黒スグリのことです)
のジャムもまた作りました。

サクランボのジャムは本当においしくて大好きなんです。
前回は2瓶半しか出来なかったので、サクランボお店から姿を消さないうちに是非もう少し作っておきたかったのです。


それにしてもジャム作りはワクワクします。
こだわりの素材を使い、鋳鉄の鍋でゆっくりと火を通し、自分の好きな瓶に詰めて手作りのラベルを貼って完成。ひとつひとつの作業がなんだか楽しいのです。


d0135907_23151197.jpg


今日出来上がったジャムは少しゆるめに仕上がりました。

サクランボの粒が丸ごとゴロンゴロン入っています。
グロセイユの酸味と合わさって、とってもおいしく出来上がりました。

瓶に入り切らなかった出来立てジャムをヨーグルトにかけていただきました。
むちゃくちゃおいしくて感激!!




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

昨日はまた40度を越す猛暑でした。
午後に徒歩で往復40分歩いてスーパーに行きましたが、帰路はあまりの暑さに普通に歩く事が出来なかった程でした。東京の細い路地でエアコンの室外機の熱風にあたっている様な熱風地獄でした。空気が乾燥しているので日陰に入ると涼しいのですが、ほとんど日陰がなくて大変でした。。。 

外壁と内壁を合わすと50センチもある私達のアパート。
日本の建物と違い熱を吸収する速度が遅いので、夜10時を過ぎると家中がすごい熱気でした。 窓を開けても風がなく、外も熱気が渦巻いていて、部屋の気温はどんどん上昇するばかり。扇風機をかけて眠りにつきました。

今朝は嵐の様な大雨。。。
まるで熱帯雨林地方のような激しい雨でした。
気温はきのうと打って変わって低く、18度。
外は大分涼しいものの、50センチの壁にたまった熱気は今日のお昼を過ぎても家を熱し続けました。そんなわけで午後は家中の窓を開け放して部屋を冷やしました。

                             
[PR]
by cihir | 2011-06-30 00:44 | フランスの食べ物

メッス♪

mardi, le 28 juin
アパート情報を得る為に、日曜日はメッスのタバコ屋さんへ新聞を買いに行きました。
d0135907_1517774.jpg


家の中は少し寒かったので毛糸の上着を持って行こうとすると、夫が「外はすごく暑いよ」と言いました。半信半疑で外に出てみると、すごい暑さと熱風でした。メッスに向かう途中に通る薬局の気温の表示は33度!! 前日まで何週間も寒くて冬の上着が必要な程だったんですよーーー。 最近の天気は極端だなあ。。。

新聞の賃貸情報で数件興味のある物件を見つけたので、今週は幾つか見に行くことになりました。まず週始めの昨日は、メッスの街の中心まで徒歩20分位のところにあるアパートでしたが、全く気に入りませんでした。。。 今日も明日も午前中に1軒づつ見に行きます。良い所だといいなあ、、、と切実に願っている私です。

今日も朝からものすごく暑いです。
きのうの予報は35℃でしたが、実際に外に出て計ってみると、何と45度もありました!!!!!

なんか今までに経験した事のねい熱気が渦巻いていました。


でもおかげで、午後中洗濯をしまくり、永遠に減る事がないと思っていた山盛りの洗濯物が一気に片付きました。うれしい&スッキリ! 

ちなみにこの時の家の中は18度。
教会並みに寒い我が家。。。  

夜になると外壁が昼間吸収した熱で少しずつ暑くなり、日が暮れた10時を過ぎてからどんどん室内の気温が上昇。 外は気持ちの良い風が吹いていました。

しかし隣人達が夜中までバーベキューをしていたので、すごい匂いのため窓を開ける事が出来ず。。。 無茶苦茶暑くて、仕方なく扇風機を出しました。 その後やっと窓を開けて涼しい風を部屋に入れる事ができたのは12時半を過ぎてからなのでした。

夜の風、とっても気持ちいいですね。
星空のきれいな夜でした。♪




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-06-28 16:18 | お散歩

ボンヌママン

samedi, le 25 juin
春の初め頃に見つけたボンヌママンの缶入りビスケットです。♪
d0135907_3514146.jpg


子供用だけど缶が気に入ったので、友達にプレゼントしようと思って買いました。
そして自分達にもひとつ。♪


d0135907_3523090.jpg


側面にも裏側にもかわいい絵がついています。
食べた後は、キッチンの小物入れとして使っています。

こういう缶は画材や文具を入れたり、お菓子の型を入れたり、いろいろ使い道がいろいろあるので、気に入った物を見つけたらなるべく買うようにしています。


d0135907_3534190.jpg


ボンヌママンの子供のお菓子は保存料や防腐剤を使っていないので、賞味期限が他の市販のお菓子より短めです。


d0135907_3542617.jpg


昨日の午後、洗濯物を干そうとした矢先に雨が降り出しました。
キッチンの窓の外は雨でしたが、反対側の庭では降っていなかったのでしばらく待ってみたら止みました。その後は雲があったものの晴れたので、久しぶりによく乾きました。良かった!! 気分もすっきり〜。♪

天気は今日も相変わらずで、また雨が降りました。
今も空は分厚い雲に覆われています。


d0135907_35563.jpg
d0135907_356055.jpg












d0135907_4251889.jpg


きのう作った特大フォカッチャ(イタリアのパン)です。

小麦粉は全粒粉、天然酵母を使用。
生地にローズマリーを混ぜ込んで、オリーブオイルで炒めたみじん切りのタマネギをたーっぷり乗せ、ハーブ入りのう海の塩を振ってオーブンで焼きました。

日が暮れてから写真を撮ったので写りが悪いですが、とーってもおいしかったです!!

フォカッチャも全粒粉で作ると、小麦の風味が濃厚で美味です。
このタマネギのフォカッチャ、かなり気に入ったので今日も焼きました〜。♪♪


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-06-26 04:40

ティラミス

jeudi, le 23 juin
もう3週間位、毎日雨が降っています、、、。
d0135907_6363018.jpg


この家は雨が続くと、湿気をどんどん壁に吸収します。
家の中が外よりも大分ジメジメするので、モヤモヤ気分が最高潮になってきた私。。。 

この地方の冬の6ヶ月間は「雨期」と呼んでもいいほど、毎日果てしない様な分厚い雲に空が覆われ雨が多く、毎日湿度が80%以上。冬の低温多湿は本当に気分的に大変です。以前は日本の蒸し暑い夏が苦手だった私ですが、2003年の猛暑をイタリアで扇風機すら無い環境で乗り切った後は、日本の夏が全く平気になってしまったのです。。。
長年のヨーロッパ暮らしでエアコンが苦手になり、パリの酷寒多湿を乗り切った後に日本で夏を過ごした時は、ヨーロッパのように強すぎず、柔らかい太陽の陽射しと暑さがとにかく嬉しかったのです。日本の夏の匂いにキュンとした気持ちになったのを思い出します。以来日本の夏が大好き。 自分でも感じ方の変化に驚きましたが、今もやっぱり暑い夏を含め日本の気候が大好きです。季節ごとの空気のにおい、初夏の暖かく湿った空気や冷たさを帯びた秋の風、暖かい秋の陽射し、、、乾燥した空気と青空のきれいな冬、日本の四季は本当にいいものだなあ、、。

辛い季節が過ぎ、太陽の陽射しが爽やかなはずのフランスの6月は本当に雨ばかり。うちの洗濯物のたまり方、半端じゃなくなってきました。 月曜日に洗濯済みのタオルが無くなったので、洗って浴室に干しておきましたが、3日も乾かず、部屋干し独特の匂いがついてしまいました。。。

上の写真はきょう作ったティラミス。
フランスの人は「ティラミツ」と発音するようです。


d0135907_637784.jpg


こちらは、ティラミス用にきのう焼いておいたビスキュイ・ア・ラ・キュイエール(フランス語で、スプーンの形のビスケットという意味)です。

卵白を泡立て器で角が立つくらいまで泡立てるのって結構大変ですね。。。
力足らずで十分固く泡立てることができず、生地が少し柔かめになってしまい、うまく絞り出せませんでした。形がバラバラになってしまいました。。。


d0135907_6375043.jpg


材料には、こんなものを使いました。

きょうも頑張って卵白と卵黄を別々に泡立てました。
卵黄はうまくいきましたが、卵白が全く泡立たずに参ってしまいました。。。

身体中汗だらけになる程がんばりましたが、全くメレンゲにはならず、卵白に小さな細かいあぶくが出来る程度にしかなりませんでした。いくら時間をかけても卵白に変化が無いのであきらめました。きっとタマゴの鮮度に問題があったのかもしれません。。。。。。


d0135907_6384662.jpg


ティラミスを作り始める前にキッチンでお湯を使って洗い物をし、その後居間に行くと何だか蒸し暑くてビックリしました。「もしかして、、、」と思い、部屋の壁に設置されている暖房機を触ってみると、勝手に暖かくなっていました。。。

そういえば、、、と、先週夫が言っていたことを思い出しました。

先週ガス料金の請求書が届いたのですが、その請求額の高さにショック!
「5月は暑かったから暖房を入れたことが無いのに、何でこんなに高いんだろう」。。。

冬の間は、お風呂のお湯を出すと、浴室が暖めるため自動的に暖房が入るように設定をしていましたが、その設定がそのままになっていることに気付き、夫に設定を変えてくれるように言ってみました。

すると、「去年の湯沸かし器の修理の時に、ガス会社の修理の人が、お湯を出すと自動的に暖房が入るようにしたので、私達にはどうする事も出来ない」と言うのです。「浴室の暖房が入らないようにすると、今度は他の部屋の暖房が全部入ることになる」とも言っていたのですが、そんな奇妙な事が起こるなんて全く想像出来ず、その時は聞き流し、そのまま忘れていました。そして今日、彼の言っていた事が本当だと分かったのです。

全くぶっ飛んでしまいそうです!!!
暖房のスイッチを入れていないのに、キッチンでお湯を使う度に、勝手に家が暖房されてしまうのです!!! たとえ夏であろうとも! 
そんな馬鹿な!! ことってあるんですね。。。
全く、いい加減な修理に憤りを感じます。 
冬の間なるべく節約していたつもりのガス代が高かったのは、このせいだったのか、、、。 
フランスは光熱費にも20%近い税金がかかるので全く大変です。。。。。

早くこんな信じられない事ばかり起こるアパートから1日も早く引越したいのですが、引越し先はまだ決まっていません。どうなるのか、、、私達??

日本の心穏やかな暮らしが恋しくて仕方ない今日この頃です、、、。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-06-24 08:36 | お菓子作り

ヴォージュのはちみつ♪

lundi, le 21 juin
ロレーヌ地方のヴォージュ県にも、いろいろおいしい物があります。♪
d0135907_942135.jpg


こちらは、自然がいっぱい広がるヴォージュ平原のハチミツたち。

左端の乳白色をしているのは、オベピーヌというバラ科の落葉低木の白い花から採れたハチミツです。ほんのり甘くてクセがなく、私の大好きなハチミツのひとつです。パンに塗ったり、そのまま食べてもおいしい。。。

その隣はアカシア、ボダイジュ、一番右は栗のハチミツです。

右の手前に写っているのは、蜜蝋でできたロウソク。
天然のロウソクは、ほんのり甘い蜜の香りがします。



d0135907_9432394.jpg


そしてこちらは、ヴォージュ名物のアメです。

ここのアメは全て天然の植物や花の色素が使われています。
香料も植物から抽出したものを使っているので、初めて口にした時はおいしくて感動。アメがこんなにおいしいなんて、さすが食い辛抱の国フランス!! 

真ん中に写っているのは、スミレ、右側はラズベリーとブラックベリーのアメです。どれもおいしくてとても気に入ってしまい、ヴォージュのアメ専門店を訪れた日から、毎日アメを舐めるのが止まらなくなってしまった程です。。。


d0135907_9443776.jpg


少し前にノワズヴィルの村で出会った子ヤギ達。。。

右の子が登っているのはサクランボの木です。
真っ赤なサクランボがたくさん実っていたので、取ってあげたけど食べませんでした。葉っぱが食べたくて、一生懸命ジャンプしているようでした。子ヤギは愛嬌があって、犬みたいに元気に走り回って遊ぶので、ずっと見ていても全然飽きません。

何でも食べるのも笑えます。♪

実は私達は、ヤギと羊のチーズが大の苦手なんです。。。
あの特有の強烈な匂いがどうしてもダメなのです。

ヤギは小さくても大人でも、ヤギ・チーズと同じ匂いがします、、、、、。

そういえば、去年日本に帰る時に利用したルクセンブルグ発ミュンヘン行きのルクスエアーでは、朝食にサンドイッチが配られました。2種類あった内の、黒パンのチーズとトマトのサンドイッチを選ぶと、ヤギ・チーズが入っていてショック!! チーズの付いていないパンしか食べられなかったので、2時間後の成田行きの飛行機に乗り込むと、お腹がものすごく減ってしまい食事の事ばかり考えてしまった私なのでした。。。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-06-22 09:46 | フランスの食べ物

ロレーヌ名物

lundi, le 20 juin
ロレーヌ地方の名物、ベルガモットの飴です。♪
d0135907_6165085.jpg


ベルガモットは、レモンとダイダイが自然の中で突然交配されて出来た果物です。

イタリア南部のカラブリア地方の土壌を最も好みますが、シチリア、アフリカ西部の国コートシヴォワールでも栽培されています。

このアメは、ベルガモットの天然香料とブドウ糖のシロップだけで作られています。殺菌効果のあるベルガモットの飴は、のどの痛みを取ってくれると言われています。


d0135907_618191.jpg


こちらはベルガモットのジャム。

先月訪れた段ボール屋さんのお兄さんが、とてもおいしいと力説していたので試しに買って食べてみました。手作りで1年間に限られた数しか生産されていないという、こだわりのジャムなのだそうです。

ナンシーの街の近くのジャム工房を訪れるつもりでいましたが、うちの近くの大型スーパーに少しだけ置いていたのを発見。その日は持ち合わせが足りなかったので週明けに再びスーパーへ。ジャムをレジに持って行き会計をすまそうとすると、私の渡したお札が受け入れられませんでした。。。 理由はお札の真ん中が5ミリ位破れていて、少しかけていたからです。。。 普通は2カ所あるお札番号がきちんと確認出来れば問題ないはずですが、どうしてもダメだと言われ、せっかくジャムのために出掛けたのに手ぶらで買えるはめになったのでした。。。。。 わざわざ20分も歩いて行ったのに、、、何だか腑に落ちない気分でした。

パリにいた時もスーパーで買い物をした時に同じような事がありました。それ以来、お店で破れたお札のおつりを渡された時は、必ず破れていないものに替えてもらうように頼むようにしている私。

メッスの街の中心のスーパーでのこと。
ここのレジの人達、ちょっと感じ悪い人が多いので普段は行かないのですが、メッスに住んでいた頃に必要な物があり仕方なく買い物をした事がありました。

その時、レジで破れた5ユーロ札をおつりで渡されました。
破れたお札でもお店で使うのに問題が無ければいいのですが、自分が支払いの時に使えないと困るので、別の破れていない物に替えてくれるように丁寧に頼んでみました。

その日のレジの人もとても感じの悪い人で、「お金はお金じゃない!」と吐き捨てるように言われました。 こういう人に当たると本当に。その後何時間もブルーな気分になります、、、。



何度も足を運んで手に入れた念願のジャムは、「大人のマーマレード」といった感じでした。

ベルガモットの皮の部分を刻んで甘さ控えめに煮てありました。
ほろ苦がくて酸味があって、好みの別れる味かも知れません。好きな人はすごく好きな味かも。。。




d0135907_6201827.jpg


上の写真は、秋に紫色に熟すロレーヌ地方の果物、クエッチです。
夫の実家のあるノワズヴィル村では、みどり色の堅い実がたくさんついていました。

秋の果物のミラベルやクエッチがもう実をつけているなんて、季節の移り変わりの早さを実感します。今年の秋は是非、クエッチのタルトやシロップ漬けを作りたいなあー。


d0135907_6214166.jpg


少し前に夫の実家で収穫してきたミントは、乾燥させて保存瓶に詰めました。いろんなハーブを乾燥させてハーブティーを作ってみるのも楽しいかも知れませんね。♪



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-06-21 07:29

ラズベリー

samedi, le 18 juin
今年初めてのラズベリーです。♪
d0135907_1172553.jpg


今朝、隣村のイチゴやサクランボを育てているおじいさんとおばあさんの所に行ってきました。

買おうと思っていたサクランボはもう終わってしまって残念でしたが、そのかわりラズベリーが2ケースだけ残っていました。自然な形で育てられている果物たちは、とても繊細。今年もこちらは異常気象で、4月から30度を越す暑さが続いていました。そして最近は梅雨のように夕方になると毎日大雨が降り、冬物の上着が必要な程冷え込んだりしています。。。 雨がたくさん降ると、サクランボは地面に落ちてしまったり簡単に傷んでしまうのです。

自然食品屋さんのサクランボも残りがほんのわずかでした。
今朝は市場に行く時間が無かったので、夫にもし仕事中に時間が出来たら八百屋さんのサクランボを買って来てくれるように頼みました。 長い間待ち望みとっても楽しみにしていたサクランボのジャム作りを、今年は是非実現したくて、、、、、。

今日手に入れたラズベリーはよく熟していて、甘くておいしい!!!
このラズベリー、どうやって食べようかな。。。
そのままがもちろん一番おいしいと思うけど、たくさんあるのでチョコレート・タルトに入れてみようかと思っているところです。

ラズベリーはサクランボやイチゴよりも旬が短いので、もっとたくさん買ってきて、シロップ漬けにして冬に楽しみたいな、、、なんて考えています。日本ではクリスマスの時期に合わせてイチゴがビニール栽培されていますが、フランスの冬の間はほとんど初夏の果物は店頭に並びません。そんなこともあり、春から夏の間に色どり鮮やかなおいしい果物をいろいろな形で保存しておくと、果物が少ない暗くて厳しい冬の間もきれいなお菓子を楽しめるというわけです。

ラズベリーは、フランス語でフランボワーズといいます。♪


d0135907_228945.jpg

土曜日の今日は農家を訪ね、いつも通りタマゴを手に入れました。

いつもは18個だけど、今日は24個買いました。
今週はティラミスを作ってみる予定なのです。

ティラミスって、たくさんタマゴを使うんですねー。
私の持っているイタリアのお菓子の本のレシピは、5個使います。
マスカルポーネ・チーズとタマゴで作るクリームの間に入れる細長いビスケットも手作りするので、更に2個必要です。 西洋のお菓子は本当にタマゴをたくさん使う物が多いですね。。。 だからあまりタマゴが食事に出て来ないのかなあ。。。??


d0135907_1191934.jpg


私は以前イギリスとフランスのトゥールの近くの街で2ヶ月づつ一般の家庭でホームステイを経験したことがあります。肉類が小さい時から食べられないので、滞在先がごく限られてしまうのが悩みでした。日本だと肉類がダメでも魚やタマゴ料理があるし、野菜料理も豊富ですが、ヨーロッパでは受け入れてくれる家庭は、ベジタリアンの人を受け入れることの出来る人達だけなのです。イギリス人は特に魚介類が嫌いな人が多く、私が暮らしていたケンブリッジのスーパーにはびっくりするような鮮度のひどい魚がパックに入ってほんの少し棚に並んでいました。色が浅黒くなったサケが2切れ、パックの中で水浸しになっていて、日本なら店頭に並ぶ事はありえない古い魚が売られていることに食文化の違いを実感。そんな魚の値段は1、800円ぐらいで、とてつもなく驚いた記憶があります。 

最初のホームステイ先のおばあさんは料理が得意で、魚料理をいろいろ作ってくれました。2軒目のステイ先のお母さんは料理が大の苦手で、夜ごはんはキュウリとトマトを切ったもの、ゆで卵半分、シーチキンスプーン1杯ぐらい、それと缶詰のゆでたお米少しという内容がほとんど毎日でした。。。。。それもとーーーーても量がお上品で、食べた後も全然お腹が一杯にならず、毎食後スーパーでポテトチップスとチョコレートを買って食べていました。 イギリスのスーパーにはあまりお惣菜などを売っていないのでした。おかげでその時は3ヶ月で10キロも太り、イギリスを去る日までチョコレート中毒に悩まされ、体重が物に戻らなくて苦労しました。。。 日曜日のお昼ごはん用に、小さいホテトチプスのパックと、コッペパンみたいな小さなパンにチーズを挟んだ物が冷蔵庫に入っているのを見た時は心底哀しかったのも、今は笑える思い出です。♪あまりにも食事が悲し過ぎたので部屋を借りて一人暮らしが始まった日は、天にも登る気持ちで、食べ物に対する希望に胸がはちきれんばかりの私でした。

1ヶ月半の超ハード食生活中は栄養不足になってしまったのか、学校の授業中で頭がクラクラしてくる始末でした。学校のみんなは食堂の昼ごはんがマズイとこてんぱんに文句を言っていましたが、ホームステイの食事と呼べない夜ごはんを毎日食べていたせいか、私にはものすごく美味しくて素晴らしいごちそうにしか思えなかったのです。今でもあの食堂のお昼ごはんは本当にマズかったのか疑問な私なのです。。。  

イギリスで念願の一人暮らし。 学校が終わってホームステイ先からタクシーを使って引越ししました。荷物が少なかったのでサッと片付けた後は、夢にまで見たスーパーでの食材の買い物! 「これから毎日好きな物を作って食べられるー!!!」と、何度も心の中で叫び、ヨロコビをかみしめたのでした。 そして、ずっとずっと1ヶ月半の間食べたくてたまらなかったタマゴを買って、大きなオムレツを作ってワシワシ食べたのを今でも鮮明に覚えています。


d0135907_1195818.jpg


有機栽培農家の元気なニワトリさんです。♪

ここの鶏達のタマゴで作る卵料理が大好きな私たち。
一番おいしいのはストーブの鍋で作る半熟蒸しタマゴかな、、、。

最近夫が土曜日仕事の時は、玄米ごはんを炊いてタマゴかけご飯を食べたりもしています。きょうもいただきました。♪ むちゃくちゃ大満足!!!


d0135907_1211093.jpg


今日は農家での買い物の後にメッスに行きたかったので、いつもより1時間位早く農家に到着する、ととても賑わっていました。

あんなに沢山実っていたイチゴはもう終わってしまいました。
きょうは今年最後のイチゴを収穫できるかな、、、と少し期待していたのでとーっても残念でした。。。
突然のイチゴと別れは、突然去って行く友を見送った後のような気分でした。。。。
イチゴの季節が終わってしまったのかと思うと、何だか夏が終わってしまったかのような一抹の寂しさを覚える私です。。。。。  

来年また楽しみにしています。♪


d0135907_1253616.jpg


6月に入ってから、毎日梅雨のように雨が降る日々です。。。
そんな訳で浴室は洗濯物の山が出来ています。

今日は午前中は晴れてて洗濯日和だったのですが、週末はアパートの隣人達が庭でバーベキューや菜園仕事をしていて、洗濯物を干せない状況なので、洗濯したい気持ちをぐっと押さえるのがちょっぴり大変でした。

ところが意外にも、今日は誰も庭に出ていなくてものすごく快適&平和な午後でした。こんなことなな洗濯すれば良かったなあ。。。

上の写真は、うちの居間の窓から眺めた。このアパートの建物の隣の家の庭の様子です。
この家にはフランス人ではなく、アラブ移民の夫婦が暮らしていますが、この人達もうちのアパートの住人や近隣のフランス人達同様に、時々庭で何かを燃やします。。。 写真に写っている黒っぽい建物は、数ヶ月前までは白壁のかわいい庭の小屋でしたが、草やゴミを燃やした時に焦がしてしまったようです。。。。。 つい先日、庭の洗濯物を取り込もうとした時に、この写真の光景を目撃したので、あわてて取り込みました。。。

こんな風に燃やすのはここでは日常茶飯事なので、ホント安心して窓を開けたり洗濯を干せないのです。。。。。 写真のような白い煙ならまだマシな方で、黒っぽい煙を出す人もいて、何を燃やしているのか、考えると怖くなってしまいます。。。。。 ここの人達、ダイオキシンの事など知らないのでしょうか。。。。。


d0135907_123745.jpg



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-06-19 05:16 | フランスの食べ物

タルティーヌ

jeudi, le 16 juin
うちでは時々おやつにタルティーヌを食べます。

d0135907_8234575.jpg


「タルティーヌ」と言うとおしゃれに聞こえますが、フランス語で「ジャムつきパン」のことです。おいしいバゲットに手作りの無塩バター、果物がぎっしり入ったジャムを塗ったパンと、ハチミツ入りの熱い紅茶をいただくと、元気がモリモリ出て夕方まで仕事をもうひと頑張りする気満々になります。


d0135907_8245387.jpg


自宅でひとりで仕事や創作活動をしていると、人と会話をかわして気分転換をすることが出来ないので、飽きてくるとキッチンでお菓子や保存食を作って遊んでいます。 時々気分転換のつもりだったのを忘れて熱中し過ぎてしまい、仕事そっちのけになってしまう私です。。。: D

以前はジャムを食べることはあまりなかったのですが、アルザス地方の小さなジャム専門のお店で「3種類の赤い果実のジャム」を買って帰ってからジャムが大好きになってしまいました。季節の果物をキビ砂糖でゆっくり煮たジャムは本当にフルーティーで驚きのおいしさ。。。♪ ジャムがこんなにおいしいなんて、さすが食い辛抱の国です。

それ以来、気になったジャムは試してみることにしています。

私達のお気に入りのひとつである、山ブルーベリーのジャムは、プレーン・ヨーグルトが進みます。
このジャム、小さなブルーベリーの実がたっくさん入っています。♪


d0135907_826052.jpg


食べた後の瓶は、絵を描く時に使う色鉛筆を入れています。


d0135907_826408.jpg


このジャムもキビ砂糖を使って作られているので、甘さがまろやかです。

この間、ジャムを作るつもりで手に入れた自然食品屋さんのサクランボは、ものすごくおいしくかったので1日で全部無くなってしまいました。。。 明日は隣村のおじいさんとおばあさんが育てたサクランボをたくさん買ってきてジャムを仕込もうかな。。。♪

毎日手作りな暮らしをしていると、1日があっという間です。
この間買った生乳の賞味期限が今日までだったことに気が付き、1リットルの牛乳で何を作るか悩んだ結果、黒砂糖のアイスクリーム(むちゃくちゃ美味)と、野菜スープ、ホワイトソースを作りました。ホワイトソーズは明日クリームコロッケかラザニアに変身させる予定です。♪

我が家のアイスクリームは、製氷器で凍らせ、食べる分だけフードプロセッサーでよく混ぜます。こうし凍らせておくと、急に友達や家族が遊びに来ることになってもおもてなしが出来るので、とっても便利。家で作るアイスクリームは簡単だけど、おいしくて感動しますよ〜。今まで作ってみたのは、チョコレート、抹茶、バニラ、黒砂糖で、どれも最高!! 今年の夏は、黒ごま、いちご、栗クリームのアイスに挑戦してみます。♪


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-06-17 09:35 | フランスの食べ物

ブロッコリーのスープ

mercredi, le 15 juin
きょうの私のお昼ごはんは、きのう作ったブロッコリーのスープ♪
d0135907_393096.jpg


1日置いたら、野菜の旨味とコクが出て一段とおいしくなりました。


d0135907_310864.jpg


きょうは午後中寝室の窓を開けていたら、たくさんハエが入って来て閉口しています。。。

庭の向こうの家々の人達が牛フンを使って家庭菜園をしているので、4月からハエが発生し、まだ6月なのにすごい数です。。。 ここのハエは何故か昼間でも照明の周りをぐるぐる飛んでいます。今日は30匹ぐらい入ってきてしまい、ユーカリのエッセンシャル・オイルをスプレーしまくって、やっと今ましになってきたところです。。。 それでも巨大な青光りする銀バエまでパソコンの近くを挑発的にブンブン飛びまくっています。。。いま家にあるユーカリは去年使っていたものより効き目が弱いので、原液を床や照明器具の周りに振りまいたら、目が痛くなってしまいました。。。。。
しかしハエだけは我慢出来ない私。。。


d0135907_3114439.jpg


こちらは、きのう作ったパンナコッタです。

昨日の話の続きですが、EDF(フランス電力)から莫大な金額の請求書が届いてから、電話やファックスで何かの間違いで口座から引き落とされた約6万円の返却を要求し続けました。

そして、忘れかけた頃の6ヶ月後にやっとフランス電力から解凍があり、
「以前の電気の契約者が支払いをしていなかったので代金は返金出来ない」とのことでした。(そんな馬鹿な!!! )

大家が私の前に貸していた日本人男性が電気代を払わずにアパートを引き払ったらしく、その時の電気契約者は大家夫婦でしたので、支払いの義務は彼らにありました。
d0135907_3114439.jpg


私は仲介している不動産屋か前の住人に直接連絡をして支払いを催促するように言いましたが、連絡が取れないの一点張りでした。、、、よくよく話を聞いているうちに、どうやら大家達は前の住人が電気代を支払ってなかった事に気付いていて、知らない振りをしていたのを何となく感じました、、、。


結局大家は、私が払い過ぎた電気料金を現金で返してくれることになりました。
フランス人は計算が苦手な人が多く、彼らの計算を全く信用していない私は、請求書を見て返金してもらうべき数字をあらかじめ計算しておきました。しかし大家の計算は、どこをどう割って足したらこんな結果がでるのか理解出来ない様な数字。。。 1ヶ月しか住んでいない私の使用した電気代が4万円で、6ヶ月分の前の住人の電気代が2万円なんて額になっていてビックリ!!!

気を取り直して計算方法を説明しても全然分からない様子に愕然としてしまいました。。。 それでもしつこく食い下がった私に、妥協策が提案され、それでも私が5000円位多く支払うはめになりましたが、以前の大家の計算に比べたら全然マシだったので、それで我慢することにしました。。。(本当は返して欲しかったけど、、、)

その後、以前の住人に電話してみたり、彼の両親に日本語で手紙を書いてあげたりと、電気代回収の為に親身になって手伝いましたが、そんな私の努力も全く裏目に出ました。。。

1年後にこのアパートを引き払う時に、不当に敷金を返さなかったのです。
大家から請求される事は100%無い住民税がその理由になっていました。
その額は丁度、あの莫大な電気代の請求書と同じぐらいです。

もう2年も前の事ですが、フランスでは証拠の書類や手紙さえあれば5年間は、返金請求をすることが出来ます。まだあのアパートに事は私の中で生々しい思い出なので、なかなか実行に移せないでいますが、返金を求めるために手紙を書くつもりです。。。 しかし考えるだけでやる気がゼロになってしまい、ついつい先延ばしにしてしまっている私なのです。。。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-06-16 04:51

きのこのキッシュ

mardi, le 14 juin
今日は夫の妹を夜ごはんに招待しました。♪
d0135907_7354791.jpg


こちらは2番目のお皿に出した、キノコのキッシュです。

中にはブラウン・マッシュルームとシブレット(英語風に言うとチャイブ)という青ネギを極細にしたみたいな野菜、それからエメンタールチーズ等が入っています。これがとってもおいしくて大好評!!みんなで感動しながら食べました。♪


d0135907_7363412.jpg


キッシュの生地には、農家産の手作りバターとおいしいタマゴを使ったので、サクサク軽くて旨味がたっぷり。私の自慢の塩味タルトの生地です。


今日は4種類の料理を同時進行で作ったので、結構大忙し。
オーブンで空焼きした後のキッシュの生地にマッシュルームを敷き、タマゴ液を流し入れて後はオーブンで30分程焼くだけという段階で、タマゴ液が全然足りず、分量を違えていたことに気付いた私、、、、、。大慌てで生クリームとタマゴと混ぜてタマゴ液を作り、ネギとチーズを散らして急いでオーブンに入れました。そんな訳で味には影響がありませんでしたが、表面のネギが大分かたよってしまいましした。。。 実物が焼き上がった時は全然気が付かなかったけど、写真を見て驚いた私なのでした。。。。。

今日のメニューは、前菜にブロッコリーのスープ、第一の料理は海老の春巻き、第二の料理がキノコのキッシュ&にんじんサラダ、そしてデザートはパンナコッタのいちごソースでした。

どれもこれも最高でした!!!
パンナコッタは初めて作ったのですが、自家製はものすごくおいしいですねー。バニラ風味のクリーミーなパンナコッタと甘酸っぱいいちごソースの組み合わせが何とも言えず幸せな味でした。。。

後で妹が、レストランよりもおいしかったと言ってくれました。
とーってもうれしいです。。。♪


d0135907_7372124.jpg


こちらは、きょう自然食品屋さんで買ってきたサクランボです。
ジャムにしようと思っていましたが、日本のサクランボに近いデリケートな味わいが、あまりにもおいし過ぎて煮てしまうのがもったいなくなってしまいました。。。

フランスでは昨日の月曜日は祝日でお店が閉まっていたので、今日はメッスの市場、自然食品屋さん、生乳を売っているロレーヌ地方の特産物の小さなお店、そして郊外の大型スーパーの4つのお店を回って買い物をしたので大忙しでした。

買い物をした後、私は夜ごはんを用意するために家に帰り、夫は妹が購入したアパートに工事の手伝いに行きました。


フランスで売りに出されているアパートは、日本のように内装や電気工事等が済んだ状態ではなく、いろいろ直す所があったり、ペンキ塗りや床の修理が必要だったりしますが、大抵のフランスの人達は自分達で工事をしてしまいます。妹のアパートもいろいろしなければならない事が多く、今日は夫が手伝いに行きました。浴室の作り付けの棚を外すのに妹が苦労したという話を聞いていたので、手伝ってあげたそうですが、棚が洗面台の上に落ちて、水道の蛇口が壊れてしまったそう。。。。。 元々蛇口が古かったので簡単に壊れてしまった様子。それにしてもフランス生活は本当にいろいろな事が起こります、、、。


内装工事もなかなか大変そうだけど、一番心配なのは電気代の事。
妹がアパートを購入後、前の住人が電気代を払わずに退去したことが発覚したそう。。。 
日本では光熱費の支払いがされなかった場合、電気の契約をしていた住人本人と電気会社の問題ですが、フランスでは理不尽なことに、前の住人が退去して電気の契約者の名義が変わったとしても、支払いがされていない住所宛、つまり次の住人の名前宛に請求書が送られます。妹が電気の名義変更後も、その未払いの電気代の請求は、彼女の使用した電気料金に加算されて請求されることになるのです。。。前の持ち主の人に連絡して支払うように頼むそうですが。、何度電話しても繋がらないのだそうです。 

私も同じ様な問題を抱えたことがあり、それは本当に大変でした。。。。。
私がパリで2軒目のアパートに引越した後、大家名義の電気の契約を、私の名義に変更しました。私の知らない所で、電気代を私の口座から自動引き落としにされてしまい、その後大変なことが起こってしまったのです。。。。。 

パリでは電気料金の検針は、なんと6ヶ月に1度。
電気メーターは部屋の中にあるので、郵送で検診日がそれそれの住人に知らされるのです。

私が入居して1ヶ月ほど後にその日はやって来ました。


アパートの建物の管理人さんと一緒に来た電気会社の人がメーターを見て言いました。
”メーターに何か間違いがあるから、電気会社に連絡した方がいい。ひとり暮らしの1ヶ月分の電気使用量にしては多過ぎる。”と、、、、、。 

この検針に来た人も電気会社の人なので、何とかしてもらえないのか聞いてみたのですが、請求書が届くまで待ってから、電気会社に電話して事情を話すように言われました。。。 (こういうとことが、本当に嫌になるくらいフランスの困ったところです。。。)

結局1週間後に日本円で6万円近くの莫大な電気代の請求書が届き、大ショック!!!!!

請求書によると、3日後には電気代は私の口座から引き落とされることになっています!! (料金を受け取る時だけ何故か無茶苦茶迅速なフランス。。。)

6万円の引き落としをどうしても避けなければと思い、下の階に住む大家に事情を話して何とかしてもらうように頼みました。大家が何度も電話をしてくれたそうですが、数日間電話はつながらず、ついに引き落としの日を迎えてしまったのでした。。。 

実はフランス電力は問い合わせの電話が繋がらない事で悪名が高いのです!(電気会社に限ったことではありませんが、、、)

後になって分かったのですが、銀行に出向いて引き落としを食い止める事が可能だったそう。。。

実際に私が使用した電気料金は2000円程度でした。
まず、多く引き落とされた電気代の理由を調べてもらう事だけに、6ヶ月もの月日を要したのでした。。。。。 パリのフランス電力、本当にむちゃくちゃです。。。。。

話がものすごく長くなってしまったので、続きはまた明日書きます。。。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-06-15 09:42