フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

samedi, le 24 decembre
d0135907_113455.jpg


夕方の5時半頃のコルマール中心の街並みは、こんな風に適度な人々で賑わっていました。♪

この通りには素敵な小さなお店が建ち並んでいて、私達のお気に入りのサロン・ド・テ(喫茶店のようなお店)もこの近くにあります。


d0135907_113510100.jpg


夜の木骨造りの古い建物と、シンプルなクリスマスの飾りの組み合わせが本当にきれいでした。

私が10年以上前に初めてヨーロッパに来た時に感動したのは、この日本には無い夜の青い空の色でした。日が暮れた後に濃い水色から青、濃紺へと少しずつ変わっていく澄んだ美しい空の色は、いつまでも眺めていても全く飽きることがありません。^▽^


d0135907_1137188.jpg


こんな晴れた空のきれいな夜には、冬もなかなか良いものだなあ、、、と思う私です。

今日のクリスマス・イブは、夫と久しぶりにレストランで食事をしました。
結婚式の後に食事をしたちょっと格式高くてとても素敵なお店で、素晴らしい時を過ごすことができて嬉しかったです。♪

食事を終え、デザートを食べ終えるともう夜の11時半!
去年と同じように、大聖堂のクリスマス・イブのミサに行ってきました。
厳かな雰囲気の中で行われたミサに感動、、、とても素敵な夜でした。♪




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-12-25 12:11 | アルザス地方
samedi, le 24 decembre
フランスのクリスマス・マーケットの発祥の地アルザス地方。
d0135907_20103884.jpg


普段は静かに黄色い街灯がぽつぽつ灯っているコルマールの街には、12月1日になると、大きなクリスマス・ツリーが飾られ、たくさんの光のランプがキラキラ輝きだします。


d0135907_20111477.jpg


冬の日照時間が日本より大分短く、5時には真っ暗になるこの国で、街がクリスマスの飾りに彩られる12月の1ヶ月は本当に素敵で、人々は皆ウキウキしているように見えます。


d0135907_20115395.jpg


中世の街並みがそのまま残っているコルマール。


d0135907_20122872.jpg


この街に来ると、何故か心の中にいろいろな希望が湧いてきます。


d0135907_20131421.jpg


この街にいる温かい人達の発する雰囲気が、ほのぼのとし優しい空気となって、そこに流れているからなのでしょうか。。。



d0135907_20145888.jpg


アルザス地方のワイン街道沿いには、中世のかわいくて素敵な街や小さな村々がたくさんあってとても魅力的だけど、何故かコルマールだけは私達にとって特別な場所なのです。

理由は分からないけど、懐かしい土地に帰って来たような、そんな感覚を覚えます。


d0135907_20154389.jpg





d0135907_20165613.jpg


明日はクリスマス。
みんながいつもよりもっと幸せな気持ちで1日を送ることができますように!!


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-12-24 22:21 | アルザス地方
lundi, le 19 decembre
先週久しぶりに行ったコルマールの街も、やっぱりとっても素敵でした。♪
d0135907_1385844.jpg


フランスの街で一番好きかも知れません。

それは街の美しさも大きいけど、温かい人とのふれあいがあることが多分にあると思っています。

コルマールには、訪れる度に必ず寄る小さなサロン・ド・テ(喫茶店)があります。とても素敵なお店で、そこで働いている経営者家族が温かくて、お店はいつも優しい雰囲気に溢れています。そして何故かそこにいるお客さん達も感じの良い人ばかりなのです。

今回も1年以上ぶりに訪れた私達を温かく迎えてくれ、本当にほんわ〜りした気分になりました。

このお店には80歳位のおばあちゃんも働いていて、おしゃれで、かわいくて生き生きしていてとても素敵な人なのです。

フランスで暮らしていると、日本では考えられないような感覚を持った人や出来事に遭遇することが時折あります。例えば一昨日は、夫と車で郵便局に寄った時、前に停まっていた車がバックで思いっきりぶつかってきました。すごい衝撃でしたが、運転していた人は車から降りてぶつかり具合を確認していましたが、全く謝ったりはせず、私達の顔すら見ようとしませんでした。日常に起こるいろんな自分の中でのビックリな事件、自分の中で無意識にあまり深く考えないようにしているような気がします。。。

とても温かくて素敵な人達とのふれあいは、そんなあまり楽しくない経験の記憶を和らげてくれて、元気をたくさん与えてくれます。少しずつ、そんなつながりが増えていったらいいな、、、なんて思っている今日この頃です。

コルマールには住んだことも長期滞在したこともないけど、私にとって、訪れる度に何だかホッと心が落ち着く心の古里みたいな場所なのです。

また今週の木曜日に友人も一緒に遊びに行くことになりました。
楽しみ。。。♡ 


d0135907_1402542.jpg


その友人というのは、夫の一番仲良しの友達です。
言葉少ななその友人もとてもいい人です。

何も話さなくても、その人が近くにいるだけで、良い人なのが伝わってくる、そんな感じの人です。

数ヶ月前に仕事の関係でボルドーに引っ越したけど、3ヶ月に一度ぐらいは休暇で戻ってきます。小来週まで仕事が休みなので、昨日の午後に我が家に遊びに来てくれました。

写真はありませんがおいしい夜ごはんも作りました。♪
エビのニンニク風味のタリアテッレ(少し太めの平たいパスタ)。ツナのトゥルト(パイ料理)とジャガイモと野菜の煮込み。アルザスで買って来た「クレマン」と言う美味しい発砲ワインを一緒にいただきました。

日曜日だった昨日も、午後からずっとパソコンにかじりついてお店のホームページ作りをしていました。専用のソフトでホームページを作る作業は楽しくて、本当に時間がどんどん飛んで行きます。^▽^

フランスのお店は日曜日は通常閉まっていますが、12月は例外で、ほとんどのお店が営業しているステキな月です! そんなわけで午後に大型スーパーに買い物に行く予定にしていましたが、私は仕事に夢中になりすぎ、夫はゲームに夢中に、出掛けたのは友人がやって来る30分前でした!

簡単なものを出す予定でしたが、キッチンでいろいろ用意していると料理熱が燃え始め、結局いろいろはりきって作ってしまいました。^▽^



d0135907_3475917.jpg


いつもの有機栽培の農家で、とーってもおいしい「栗のハチミツ」を見つけました!!!

まるでハチの巣箱の中のハチミツを直接すくっているかのように、新鮮でとろーり、キラキラ輝いています。これが本当においしくて、仕事の合間にティースプーンで時々少しだけすくって食べています。♪ 

2005年にフランスにやって来て驚いたのは、ハチミツの種類が豊富でとても美味しいこと。ラベンダー、菩提樹、栗、アカシア、モミの木、オペピーヌ、森の花、春の花、夏の花、などなど。

こだわりと情熱を持って注意深く蜂の世話をする養蜂家の農家で採れるハチミツは、大量生産されたものとは全く別の食べ物です。本物の上質のハチミツは、独特の嫌なクセがなく、自然な風味でコクがあり、栄養成分も優れています。

ヨーロッパでは自然療法でハチミツが取り入れられていて、科学的に薬効が認められています。疲労回復、免疫力の強化、けが、ヤケド、整腸作用などに効果があります。最近の研究では、ガンを予防する成分も発見されました。飲み物に入れたり、ヨーグルトに混ぜたして、毎日摂取すると病気の予防になるそうです。

私達は本当にはちみつ好き。
毎日紅茶にいれて飲んでます。♪ 

健康を意識していたわけではなく、単においしいから毎日飲んでいたのですが、
こんなに体に良い食べ物だと分かってうれしいです!!
そういえば、こんな厳寒の地でも風邪を引かなくなりました。

私たちが住んでいる地方は、「フランスのシベリア」と呼ばれる特に寒い所。
1月、2月は寒すぎて雪も降らなくなるほどです。暖房をしても部屋の温度は17℃より高くならないので、ハチミツ紅茶や冬野菜の料理で体の中から温めるように心がけています。♪


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-12-20 03:18 | アルザス地方
samedi, le 17 decembre
何度来てもアルザスは素敵で特別な場所だなあ、、、と感じます。♪
d0135907_20451554.jpg


お店やレストランには、アルザスらしいかわいい絵が描かれた
看板がかかっています。

それがよく手入れのされた古い伝統的なアルザスの建物にとても似合っています。


d0135907_20455099.jpg


フランスに来てからずっと探し求めていた、私が日本にいた頃から漠然と頭の中に
描いていた「古くて素敵なフランス」をこの地方には沢山詰まっているのです。


d0135907_20462848.jpg


何故かヨーロッパの家の窓辺や鎧戸に心惹かれる私。。。

フランスに来て初めて暮らしたトゥールという街の建物や家は真っ白でした。
窓辺も鎧戸の真っ白で、それはそれで素敵なのだけど、きれいで優しい色に塗られた
鎧戸や窓枠のある家々が立ち並ぶ街並みに憧れていました。

その後2年間暮らしたパリも生成りや白い建物が多かったので、アルザス地方の
小さな街やワインが街道沿いの美しい村々を初めて訪れた時は
本当に感動しました。

こんな街があったらいいな、と想像していた、絵本の中のような場所が実際に存在して、
そこで人々が生活をしていることに驚きました。


d0135907_204719100.jpg


アルザス地方の人達とお話をすると、彼らが自分たちのの歴史や文化をとても誇りに思っているのを強く感じます。自分たちの生まれ育った場所が本当に大好きなのだと率直に話してくれます。それは本当に素晴らしいことだなあ、、、といつも思います。


d0135907_2048838.jpg


午前中、空は雲で覆われて真っ白でしたが、お昼を過ぎると綺麗な青空が見えました。

澄んだ美しい水色の空の下でエギザイムの村がとてもキラキラ輝いて見えました。
屋根の上には小鳥がいました。♪


d0135907_20485081.jpg


クリスマス市で買い物したり、村をのんびり散策しているうちに
午後2時を過ぎてしまい、予定していたレストランには行けませんでした。。。

残念だけど、また次回のお楽しみができて良かったです。♪

次の村に向かう途中、車の外には今の時期には珍しく、
晩秋のような色合いの黄金色のぶどう畑の風景が広がっていました。

d0135907_20493310.jpg


フランスの冬は長くて本当に厳しくて日本が恋しくなるけれど、
アルザスの色とりどりな街並みの中にやって来ると、
あと3ヶ月は続く冬を元気に楽しめそうな気がしてきます。


d0135907_20503311.jpg

フランスの体にやさしい食卓★おいしい暮らし 
 エクスキ・ティエリー

   がもうすぐオープンします。♪♪

毎年冬になると、カナダのケベック州からやって来る
純粋メープルシロップを楽しみにしている私達。

カエデの樹液を自然な方法で採取、製造した純粋なメープルシロップなので、
これが本当においしくて、私達2人とも大好きなんです。

ヨーグルトに入れて食べるのがとても気に入っています。
もちろんホットケーキやパンケーキにもかてていますよー。

メープル仲間のメープルバターやキャンディーもおいしい。
キャンディーのメープルバターもメープルシロップ100%から出来ているんですよ。♪





人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-12-17 22:01 | アルザス地方

12月のエギザイム♪

vendedi, le 16 decembre
アルザス地方の小さくて素敵な村エギザイムを再び訪れました。
d0135907_2358106.jpg


初めてここにやって来たのは1年以上前の9月でした。

初秋のエギザイムは、木骨作りの古い家々の窓辺に色鮮やかな花が美しく飾られてていて、おとぎの国のようなかわいい街並みに深く感銘を受けた私達なのでした。

久しぶりのアルザス訪問を計画した時、最初に頭に浮かんだのはこの魅力的な中世の村エギザイムでした。

前回立ち寄った小さなレストランは、淡い黄色の壁の木骨作りの建物がとても素敵で、内装も食事の内容もとても素晴らしかったので、是非またこのお店で食事をしたいと夫も私も楽しみにしていました。


d0135907_23592044.jpg


2度目のエギザイムもとても素敵でした。♪

前回と違って今回はクリスマス・マーケットが村の中心の広場で開かれていて、温かくてワクワクするようなクリスマス前の優しい雰囲気が溢れていました。


d0135907_00266.jpg


12月になると、クリスマスの翌日までの約1ヶ月の間、フランス中の街でクリスマス市が開かれ、民芸品やおいしい食べ物、クレープやパン・デピス(スパイスの入ったクリスマスのお菓子)、ホットワインなどが売られています。

アルザス地方は、クリスマス・マーケットの本場。
フランスのクリスマス・マーケットの発祥の地なのです。

さずが本場だけあって本当に素敵で輝いていました。
他の街よりもクリスマスの雰囲気が濃くて、とても感激しました!!!

d0135907_01077.jpg


古いパステルカラーの建物には、簡素だけど可愛いい装飾がされていて、絵本の中から飛び出してきたような風景にウットリしてしまいました。♪♪


d0135907_014051.jpg


村のメインの通りを曲がると、こんな細い路地があり、かわいい家が立ち並んでいます。

この通りに小さなソーセージとサラミの専門店があって、小さなお店の造りがとってもかわいいのです。このお店がクリスマス・マーケットに出店していたので、沢山味見をさせてもらい、5種類のサラミを買いました。

フランスのサラミは種類が15種類以上あり、ヘーゼルナッツ入り、ハーブ入り等、もう様々な種類があり、本当にフランス人は食いしん坊な国民なのだなあ、、、と感心させられます。色も形もいろいろあって、見ているだけでも楽しいのです。

この村のマーケットでは、どもお店も味見をすすめてくれるので、短時間の間に普段では考えられない早さで買い物してしまいました。^▽^


d0135907_022052.jpg


普段は結構節約して暮らしている私達なので、クリスマス・マーケットでのお買い物はとっても楽しかったです。

私が特に気に入っているのは、職人さんの造ったこだわりのオリーブの木で造られたスプーンとフォーク。表面加工無し、ニスの塗られていない、本物の木のカトラリーはなかなか質の良い物が見つからないので、即購入決定しました♪ 手作業でていねいに造られているので、丈夫で使い心地も満点です。他にもまな板や木べら等、良い物がたくさんあったので、来週また行こうと夫と話しています。


d0135907_025663.jpg


上の写真がエギザイムのクリスマス・マーケットです。


d0135907_034865.jpg


近くには、キリスト生誕の模型が飾られていました。

この日は晴れたり曇ったり雨が降ったりと、忙しい天気でした。
雨空や雪の多いこの時期ですが、1日の半分は晴れていたので楽しく散策ができました。♪

エギザイムの後は、ニーデルモスシュビルというとっても小さな村を訪ねました。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-12-17 01:10 | お散歩

1年ぶりのアルザス

jeudi, le 15 decembre
きのうは久しぶりに日帰りでアルザス地方に車で遊びに行きました。♪
d0135907_2345555.jpg


1年ぶりに訪れて、やっぱりアルザスには独自の文化が大変興味深く、とても素敵で特別な場所だなあ、、、と実感しました。

クリスマス前にこの地方を訪れたのは今回が初めてでした。

小さくて素敵な村々では小さなクリスマスマーケットが開かれていて、地元の職人さん達が作った素敵な工芸品たち、クリスマスのお菓子「パン デピス」、とびきり美味しいワインやソーセージ、サラミ等が売られていました。

お店の前を通ると味見をさせてくれるので、ついついいろいろと買ってしまってしまいました。♪


d0135907_236663.jpg


訪れた村々には、キリスト誕生の模型が飾られていてクリスマスの盛り上がった雰囲気に溢れていました。♪  

今日は写真の要領の都合であまり紹介できませんでしたが、明日から少しずつアルザスの素敵なクリスマスマーケットと街の様子を紹介します。

★ ★ ★ ★ ★
なんと2日前から突然、私のパソコンからブログにログインが出来なくなり、ブログの更新が出来なくなってしまいました。。。 なぜかブログ記事を作成するためのログインのページが真っ白で、ログインが出来ないのです。。。

そんな訳で、今は夫のウインドウズのパソコンを使ってこの記事を書いています。

もし更新が1週間以上止まっていたらこちらを覗いてみてください。
2つめのブログフランスの暮らし2を近々立ち上げる予定です。(現在はまだ記事を書いていません。 12月20日ぐらいから始める予定です、よろしければ遊びに来てくださいね〜♪)




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-12-16 03:10 | アルザス地方
mardi, le 13 decembre
私達のお気に入りの緑オリーブの「タプナード」です。♪
d0135907_6321845.jpg


パンに乗せて食べるのが一般的ですが、エメンタール・チーズ等の硬質チーズにのせたり、茹でたエビにちょこっと乗せても合います。軽く食事をしたい時にとっても便利なので、仕事が忙しい最近の我が家の食卓によく登場しています。♪


d0135907_634610.jpg


今日はシリアル入りの全粒粉のバゲットに乗っけてみました。
これに野菜スープとおいしいチーズがあれば、大満足です。

今日のスープは、「根セロリとジャガイモのポタージュ」でした。
熱ーいスープがあると気持ちまであったまりますね〜。


d0135907_6351893.jpg


こちらは今日紹介した「ウサギのテリーヌ」の中身です。
今日も夫はパンに乗っけてうれしそうに食べていました。
相当おいしいのだそうです。♡


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-12-14 06:52 | フランスの食べ物

ホタテとウサギ♪

lundi, le 12 decembre
ものすごく久しぶりに大好物のホタテ貝を食べました。♪
d0135907_355861.jpg


最後に食べたのはフランスにやって来る前だったと思うので、もうかれこれ6年以上ぶり!!

こんなに大好きなホタテを何故すっと食べてなかったかというと、フランンスではとっても高価なのです。

魚屋さんでホタテ貝はキロ単位の値段が53ユーロ等と表示されていて、好きな数だけ買うことができます。しかし、5.6個買うといくらなのか全く想像出来ず、買うかどうか分からないのに聞いてみるのを躊躇っているうちにこんなに長い年月が経ってしまいました。

ホタテは日本に帰る度に食べたい物リストの上位にいつも入っていましたが、食べたい物がありすぎて毎回時間が足りずに後ろ髪を引かれながらフランスに戻ってきます。^▽^

先週郊外の巨大スーパーに夫といってみると、ホタテがお買い得になっていて、いつもの約半分の値段になっていました!!! その時に買ったものが大変美味で大感激! 美味しさのあまり夫と大騒ぎして食べたのでした。

きのうも安くなっていたので迷わず10個買いました!!!
1キロあたり24ユーロのものを10個買うと、8ユーロぐらいでした。

このホタテを食べてみて高い理由に納得!
実が分厚くて、新鮮、生なんです。

ホタテはフランスの方が断然おいしい!!!!!、


d0135907_356346.jpg


小麦粉をはたいて、鉄のフライパンにオリーブオイルと無塩バターを半分半分に熱く熱して、香ばしく焼きました。 ソースは焼き汁にバターを更に少し加えて溶かし、醤油を少し垂らしてジューッッと熱したものです。外側をカリッと焼いた柔らかくて実の厚いホタテにこの醤油バターソースが絶品でした!!

昨日の夜ご飯に大変おいしく、あっという間に食べ終えてしまいました!
興奮しすぎて写真を撮るのをすっかり忘れてしまったので、冷蔵庫に残しておいた2個を今日のお昼に焼いてカメラに収めました。

d0135907_415111.jpg


こちらは夫のお気に入りのウサギさんのテリーヌです。♪
私は肉類が苦手なので味見してませんが。とーーーてもおいしいのだそうです。

フタを開けるととても良い香りがします。

ページ内の写真の容量が足りす、今日は中身の写真は掲載出来ないので、
また明日紹介します。♪♪


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-12-13 04:37 | フランスの食べ物
dimanche, le 11 decembre
バゲットにおいしいバターも大好きだけど、
南フランス風にオリーブオイルをかけて食べるのが大好きです。♪
d0135907_2055518.jpg


時々オリーブオイルをかけた後に、パラパラとプロヴァンス・ハーブを振りかけます。
これがまた素朴だけどシンプルにおいしい。♪♪

プロヴァンス・ハーブは、オレガノ、タイム、ローズマリーなど南フランスで採れるハーブを混ぜたもの。うちでは有機栽培・無農薬で作られたものを常備しています。

日本にいた頃に何度かハーブを使って料理をしてみたことがあるけど、全くおいしいと思えず、以来ハーブはまずいものだと思い込んでいました。

しかしフランスに来てからハーブに目覚めました。^▽^
やっぱり本場のハーブはおいしいのですね〜。
特にオレガノは魚料理や塩味のお惣菜タルト、トマトを使ったソースを作る時に大活躍です。プロヴァンス・ハーブは、南フランスのパン「フーガス」を焼く時に生地に混ぜ込むと風味が増します。

d0135907_20531150.jpg


オリーブオイルも、日本にいた頃は輸入物を扱っているお店で買ってはいろいろ試していましたが、そんなに美味しいとは思ってなかったのです。

しかしイタリアのトスカーナ地方に1年間滞在した時に考えが全く変わりました!!

トスカーナはオリーブの産地で、最高級のオリーブオイルが作られています。薬品を使わずにていねいに絞られ、保存料等の添加物を加えられていない上質のエクストラヴァージン・オリーブオイルはクセが無く、生のオイルそのものが本当に美味なのです!! 機械と薬品を使って絞られた大量生産品とは全く別の食べ物だということをこの頃に実感しました。

私の住んでいたトスカーナの小さな村の近くにオリーブオイルを作っている農家があり、周りのイタリア人達は空き瓶やペットボトルを持参で樽から直接買っていました。ここのエキストラヴァージン・オリーブオイルが絶品なのでした。 こんな素朴な買い物の仕方って本当に素敵だなあ、、、と今でも思います、

イタリア滞在時に上質のおいしいオリーブオイルを使って料理したり、生のオイルをそのままパンにかけたり、トマトやサラダ、水牛のミルクで出来たモッツアレッラ・チーズにかけて食べていたので、それ以来オリーブオイルにはものすごくこだわっている私です。^▽^

エキストラヴァージンのオリーブオイル以外は絶対に買いません。
「ピュア・オリーブオイル」と呼ばれているものは、オリーブオイルに元々含まれている天然の酸化防止剤が取り除かれてしまっているので、酸化させないために添加物である「酸化防止剤」が加えられるからです。私は調味料こそ、昔ながらの製法で作られた本物を使いたいといつも思っています。

フランスにやってきた2005年から美味しいオリーブオイルを探し求めていましたが、なかなか納得できる品に出会うことが出来ずにいました。そして最近とってもおいしいものを見つけることができて、とってもうれしい!!

黄緑色がとてもきれいで、最初に味見した時は一人でバゲット1本あっという間に食べてしまいました。♪ とってもおいしい有機栽培・無農薬のエクストラヴァージン・オリーブオイルです。

この上質のオリーブオイルは生のまま味わうのが美味しいので、もったいなくて料理には使わず、少しずつパンにかけて食べています。夏になったら真っ赤なトマトにかけて海の塩をパラパラして食べたいです。^^

このオイルで作る自家製の野菜や魚のペーストも絶対おいしいはずです。
あと手作りマヨネーズにしても最高です!!


d0135907_2057304.jpg


無添加の黒オリーブのペースト「タプナード」をオリーブオイルで溶いて、パンに少し乗せて食べてみるとおいしかったです。

アペリティフ(フランスで人を食事に招待した時、食事の前にワインなどの食前酒と一緒に出す軽いスナックを食べながらおしゃべりをする習慣)の時に食べるのにいいなあ、、、なんて思いました。


d0135907_2103970.jpg


南フランスの太陽をたっぷり浴びた黒オリーブがたっぷり入ったペーストを食べると、夏の素晴らしさを思い出します。フランスの冬はもう本当にキビシい季節で、「忍耐」という文字がいつも頭の中にちらつきますが、夏はもう本当に楽園かと思うぐらい全てが美しく、次から次へときれいで美味しい果物や野菜が実ります。

フランスの保存食は、農作物の全く育たない長い冬を生き抜くために考えられた生活の知恵と文化だという事を、長くて寒い冬を過ごす度に実感します。昔は添加物や保存料なんて無かったので、長く保存するために塩または砂糖を多めに使います。

このタプナードも添加物無しで長期保存するために塩が多めに入っています。そんなわけなのでオリーブオイルで3.4倍に溶くと丁度いいまろやかな味わいになります。

このペーストにはほんの少しコニャックが入っているので、少し大人な味わいです。
オリーブオイルで溶くと、味がまろやかになってアルコールの味を感じなくなって、私はこの食べ方が好きです。

他に緑オリーブのペーストもあるので、また今度紹介します〜。♪


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-12-11 22:27 | フランスの食べ物
samedi, le 11 decembre
今年は春から夏にかけて沢山お菓子を作ったり、張り切って新しいフランスの伝統的な料理作りに挑戦しました。
d0135907_3524881.jpg

その反動のせいか最近シンプルな食べ物を楽しんでいます。♪

12月に入ってからは、分厚い鋳鉄鍋に季節の野菜をゴロゴロ入れた煮込み料理が食卓によく登場します。野菜を適当に切って少量のオリーブオイルで炒めた後はフタをして7〜10分ぐらい放置しておくと鍋がおいしく調理してくれるのです。

水を全く入れなくても野菜の水分だけで調理されるので栄養分が逃げず、野菜の味が濃厚になってとってもおいしいのです。これに海の天然塩を振るだけで味付け終了。

天然の塩は旨味とコクがあるので、これだけで本当においしい!冬はこんな野菜料理がおいしい季節です。♪ 冬野菜の煮込み料理にグリルで焼いた魚と炊きたて玄米ごはんがあれば、とっても幸せです。^▽^

今年は例年に比べて暖冬とはいえ、日本に比べたら厳し〜い冬なので、週に3回以上は野菜だけをコトコト煮込んでスープを作っています。これがとーーーっても美味で、しあわせを感じます!!!

フランスって本当に食べ物に関してはとても良い国です。♡食材が本当においしい! 

日本に帰ると分厚い油揚げの入った熱ーいみそ汁に感動しますが、フランスの冬はスープがおいしくてたまりません。体がものすごくあったまってポカポカ。。。


フランスのお店でカプチーノやコーヒー等の熱い飲み物を頼むと、思いっきり生温いことがほとんどなので、外でお茶をすることがあまりなくなった私。よく行くお店でも、作る人によってぬるい時があり、大層ガッカリすることがあるんです。。。 

私達が気に入って毎週1度はお茶しに行くサロン・ド・テのカプチーノは毎回アツアツでおいしいのですが、最近は人肌の温度ぐらいぬるくって、なんか美味しさ半減なんです。。。 前回行った時は半分以上残してしまい、夫がうれしそうに飲み干していました。フランス人はぬるめの飲み物が好きなのです。

日本でぬるい飲み物を出すと「ぬるいっ!!!」と言われたりしますが、所変わってフランスでは、日本のような熱々の飲み物を出すと、身内の場合「あっつう〜!! ヤケドさせる気?」と怒られます。^▽^  

夫はイギリス人並みに熱くておいしい紅茶を入れるのがとても上手なのですが、彼の実家に行った時にうっかり、家で作るのと同じ位熱いのを妹に出してしまい、結構本気で気分を害した様子でした。国によって常識もいろいろで面白いですねー。

家で作る飲み物やスープは自分の好きなように思いっきり熱々にできるのがうれしい。♪ 


上の写真は、おいしいバゲットに無塩バター&森のハチミツを乗せた、私達のお気に入りのオヤツ&日曜日の朝ごはんです。 クリーミーでおいしい無塩バターとコクのあるハチミツの組み合わせが最高。♪ 大好きです。


d0135907_354543.jpg


見つけて以来、もう2年以上気に入って食べている「森のはちみつ」。
ヨーグルトに入れたり、パンにつけて食べるのがとってもおいしいのです。♪

先週、うちから車で1時間程の有機栽培のハチミツ農家に出かけ、たくさんハチミツを買ってきました。もうずっと採れなかったモミの木のハチミツが、今年は10年ぶりに採れたのだそうです。

自然環境や生態系の変化等で「モミの木のハチミツ」は年々採れなくなってきているので、大変貴重なのだそうです。大地と命の食べ物、大切に食べなくては、、、といつも思います。


d0135907_358266.jpg


うちでコーヒーは家でほとんど飲まないけど、去年エスプレッソ用の小さなデミタス・カップを買い揃えました。

何十年か前まで製造されていたアンシの食器のシリーズの復刻版です。
大のお気に入りなので食器棚の一番目立つ所に飾ってあり、いつも眺めてはニヤニヤしたりしています。^▽^ 


d0135907_3585649.jpg


このカップ、裏もとーってもかわいいのです。

おそろいのコーヒータイムやシュガーポットなどいろいろ揃えたので、今度また紹介します。♪


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif


                             
[PR]
by cihir | 2011-12-11 05:47 | フランスの食べ物