フランスでの毎日の暮らしを綴っています。料理やお菓子作りや自然が大好き。天然酵母パンも時々焼いています。


by cihir
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2012年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

jeudi, le 30 novembre, 2012

私のお気に入りのビスケット缶です。♪ ♪
d0135907_11527.gif

この中にビスケットの抜き型をしまっておいたり、
焼き上がったガレットやいろんなビスケットを保存しておくのに便利。


d0135907_10154529.jpg

屋根に白い雪が積もったお家の形がかわいいので、
キッチンの片隅に置いてます。♪


d0135907_10163082.jpg

雪だるまの絵も何とも言えずかわいい。。。
こういうフランスっぽい雰囲気の溢れる雑貨が大好きです。


d0135907_1017569.jpg

ビスケットの抜き型は、こんなのが揃っています。

ここのメーカーの型は生地を抜きやすくて、とてもきれいな形に焼けるんですよー。


d0135907_10174423.jpg

カトラリーの形のビスケットも、出来上がりがすごくかわいくて気に入っています。

お客さんが来た時に、温かい飲み物に添えて出すと
とても喜んでもらえます。

甘いビスケット同様、ハーブの入った塩味のビスケットもフランスでは人気。
みんなを家へ食事に招待した時は、に食前酒と一緒に出すと話題になって楽しいー。


d0135907_10181519.jpg

今フランスは、街中の通りに飾り照明がつけられ、
教会や大聖堂の前に大きなクリスマス・ツリーが置かれて神聖な雰囲気です。

フランスのクリスマスは宗教的行事なので、日本とはまた違った感じです。
この時期、各家庭ではクリスマスのためのお菓子を少しずつ準備します。

雪だるまやモミの木の抜き型でクッキーを沢山焼いたり、ドライフルーツたっぷりの発酵生地で作るお菓子を焼いたり。。。 

最近はいろんなジャム作りに夢中になっていましたが、明日はこの抜き型を使って、
たくさんビスケットを焼こうと思っています。♪ ♪


d0135907_1019251.jpg

ブレッツェル型は、ハーブとチーズの入った塩味ビスケットにしてみようかなー。
どんな風に出来上がるのか楽しみー。♪

ビスケット缶&抜き型はエクスキ・ティエリーで取り扱ってますよーーー。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-30 10:59

チャツネを煮込む夜♪

mercredi, le 29 novembre, 2012
d0135907_7282244.jpg

自家製チャツネを詰めるために、この間手に入れた物より一回り小さい瓶を買ってきました。フランスのジャムや保存食を作るための道具は種類が豊富。

丈夫で手頃で、昔から全然変わっていない簡素な形が何とも言えずかわいい。。。

このメーカーの瓶はとっても丈夫なガラスで作られていて、
別売りのゴムの部分だけ替えれば、何度でも永遠に繰り返し使えるのです。

最近スーパーで売られている台所道具はメードインチャイナがほとんど。
すぐに壊れたりします!!!

イギリス製かと思っていた”真空パックにするための機械”は「5年間保証」と書かれてあり、安心して買いましたが、実はメードインチャイナでした。壊れる以前に、最初から全く動きませんでした。。。

去年ぐらいからフランスに住んでいる他の人達のブログで、うちにあったのと同じクルミ割りを何度か見かけました、クルミを割る部分が黒で、持ち手が木で出来ている、一見なかなか良さそうな外見です。

フランスでクルミ割りを買おうとしてる人は、これを見つけたら要注意です!
小さなモニターの実演販売ビデオ付きで売られています。4〜5ユーロぐらいだったかなあ、、、。
今年から、黒だけでなく、いろんなパステルカラーが4色位加わり、何だか楽しそうな雰囲気に満ちています。そして結構熟れている様子。

この「クルミ割り」、ダメダメな品質だとは知らず、3年位前に近くのスーパーで夫と一緒に買って帰って大喜びしていました。これさえあれば、クルミを毎日簡単に割って食べれるねーなんて言いながら。

使ってみたら、3度目で壊れました。

もう使った後だし、フランスだし、お店に持って行っても絶対交換も返金もしてくれないだろうと思ったので、めちゃめちゃ悔しかったけど、どうしようもないので無かった事にしました。

クルミを割る金属(みたいな部分。古い金属のような謎の素材の上にゴムみたいにペンキが塗ってあって一見、鉄製みたいに見える。)が、木の取っ手にボンドをチョイチョイと塗って貼って差し込んであったので、クルミを割る時にかかる強い力ですぐに壊れました! 

貼り合わせてある重なりの部分が2cm位だし、金属もどき部分と取っ手部分の間に隙間があるので、うちにあるボンドで貼り合わせても、使う度に外れて、なんかものすごく気分悪いので捨てました。

ものすごく雑で材料をケチった作り&悪徳商品!! 
フランスのメードインチャイナは品質管理がとても甘いらしく、お店に並んでいる品物は不良品がいっぱい。多くのフランス人も買った後にすごくガッカリしてるみたいで、買い物する時に、どこの国で作られたのか確かめている人をよく見かけます。私達もしつこいぐらいに確かめ、メードインチャイナはもう絶対に買いません!! でも、電化製品はほとんど、ちゅうごく製品なので、ドライヤーが必要なのに、損をするのが嫌でなかなか踏み切れず、髪の毛は冬でも自然乾燥です。。。

何度も騙されたのでねー、もう本当にこりごりなんです。。。
生産国が記されていない品物、PRC と書かれた物も要注意です!


そんなこんなで、折角買ったものが不良品で悔しい思いをしたので、長い間使い続けられる、素敵な道具たちに出会うと、とても嬉しくなります。

せっかく気に入って買ってきた物はやっぱり大事に愛着を持って使いたいですよねー。


今日買って来た保存瓶たちは洗った後に、オーブンに入れて130℃位で殺菌消毒。♪
鍋に湧かした熱湯で消毒するより楽で布巾を使わずにすむので、長期保存したい場合はこの方法が雑菌を防げて安心なのです。


d0135907_7291043.jpg

昨夜仕込んだチャツネの材料は20時間ぐらい寝かしました。

熟れていない緑色のトマトは、味に深みを出すために長く味を染み込ませる必要があるからです。

ステンレスの底の分厚い鍋でコトコト、、、ことことことこと、長ーい時間弱火で煮込みました。♪ ♪

煮込む前から既に甘辛くてとても良い味で、そのままドレッシングや魚料理のソースに出来そうでした。^▽^ これを煮込んで熟成させたら、どんな美味しさになるのでしょうか。。。 かなり期待出来そうです!


d0135907_7302726.jpg

出来上がったチャツネを詰める時には、このジャム用のジョウゴを使いました。
これ、とっても便利で快適に瓶詰めができるので、とっても気に入っています。♪

チャツネは大体、材料が半分の量になるまで煮詰めましたが、それでも沢山の量が出来上がりました。明日時間があったらラベルを作って写真を載せようと思います。^▽^

d0135907_7333330.jpg

最近またまた保存食作りに熱中してますが、今週からクリスマスのお菓子を作り始めようと思ってます。アルザス地方には、「ブレッツェル」と呼ばれる、塩辛くて固いパンがあります。これ、外で買うと塩辛くてあまり美味しくないけど、形がかわいいのです。

このブレッツェルの形をしたクッキーの抜き型が、とてもかわいいんですよー。
この型を使って、たくさんクリスマスのクッキーを焼くのが楽しみ。

フランスでは12月になると、家庭でクリスマスのお菓子や料理の準備を少しずつしながら過ごします。24日までの1ヶ月間、家中に一段と美味しそうな匂いが溢れる楽しい時期です。

他にもいろいろなクッキーの型があります。エクスキ・ティエリーで近々、クリスマスの缶と一緒に販売開始しまーす。
ホームページに遊びに来てくださいねー。cihiroのお気に入りのキッチン雑貨や体にやさいい食べ物がありますよ〜。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-29 09:27
mardi, le 28 novembre, 2012
d0135907_81436.jpg

この前の土曜日にマリーさん夫妻の農家でいただいた、未熟な緑のトマトです。♪

4キロある内、1キロちょっとを使って「緑トマトのチャツネ」を
仕込みました。

つい最近とっても素敵でワクワクする本を見つけました。
保存食や、雑穀で作るお菓子やパンの作り方がたくさん載っているのです。♪♪ 

フランスでは写真無しの文字だけの料理の本を買うことが多いけど、今回は写真入りのとてもきれいな本。使われている雑貨や麻のリネン、瓶や鍋などがアンティークで、私の大好きな世界なんです。毎日読む度に心の底から刺激を受け、毎日いろいろ試してみるのが楽しいーのです。


d0135907_824348.jpg

チャツネは野菜や果物を甘酸っぱく煮込んだもの。
きちんと作れば2年は持つので、大量に仕込みました。

ボフォー、コンテ、エメンタール等の固いタイプのチーズ、冷たい肉類、フォアグラと一緒に食べると美味しいのです。

今日仕込んだ作り方は、材料を見ただけで絶対においしいと確信!
出来上がりがとても楽しみです。

野菜、果物、香辛野菜を山のように刻んで準備しました。
切り刻む作業に時間がかかったけど、本物のおいしい食べ物を作るためなら頑張れるのです。

参考にした本によると、美味しいチャツネを作るコツは、材料を手で刻むことだそう。フードプロセッサーで素早く刻んだ材料は、出来上がりが全然違うそうです。著者の言いたい事が私にはとても分かります。今まで様々な料理を作ってみて、何となく私もそうなのだと感じていたので、そんな風に考えている人がいることが、何だかとても嬉しい!

実はうちには電子レンジがありません。
何となくマイクロ波で温められた食べ物は、栄養が壊れて切っているような気がして抵抗があって、、、。根拠には別にないけど、ただ何となくそんな風に感じるので、もう長い間使ってません、、。アンティーク風なキッチンが好みなので、場所を取るのと見た目がかわいくないのが一番最初に使わなくなった原因です。^▽^

最近、その予感は結構当たっていたことが分かりました。
何十年か前に電子レンジで調理された食品について調査をした人がいて、マイクロ波で熱した食品の栄養はほとんど壊れ、その上体に悪い成分が出来てしまうそうです。。。。。

私はシンプルに包丁とガスの調理器具を使って料理をするのが好きです。
前の日に炊いた玄米ご飯を蒸して温める作業が、何だか自分にとって心地良いのです。

チャツネや緑のトマトのジャムを作る時は、沢山の材料を包丁でひたすた刻むので、手間がかかって大変だけど、時間をかけて手で作った物はやっぱり他の物には替えられないなあ、、、と思ったりします。

時間の使い方も、人それぞれ価値観が違ってておもしろいなあ。。。と思います。
私はテレビを見ないので、その代わりにキッチンでいろいろ作って遊んで余暇を楽しんでいるのです。♪

チャツネの材料は一晩寝かせて、明日コトコト時間をかけて煮込みます。
出来上がりを詰めるために、テリーヌ用のガラスの瓶も買ってきました。♪♪

チャツネは出来上がってから暫く寝かせておきます。
ワインみたいに熟成して、時間が経つほど味に深みが出るのです。


d0135907_85383.jpg

これは、うちのお気に入りのスフレンハイム焼の「クグロフ」と「ベッコフ」。

ベッコフは、中に肉や野菜を入れてオーブンで煮込むアルザス地方の郷土料理です。料理の名前も容器の名前もベッコフと言うんですよ。♪

小さめのサイズなので、ベッコフ以外にも他のオーブン料理も作れます。

昔から長い間使われてきた陶器や鋳鉄の鍋を使って、ゆっくり時間をかけて火を通して料理をすると、素材の美味しさを引き出してくれます。寒い冬はこんな料理が心も体も温めてくれますねー。^▽^


d0135907_864271.jpg

これにスープを入れてもかわいい〜。
使わない時はキッチンのインテリアになるのもうれし楽しい。

エクスキ・ティエリーで取り扱っています。

ぜひぜひホームページに遊びに来てくださいねー。
私達のお気に入りの、フランスの体にやさしい食べ物もいろいろあります。♪ ^▽^


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-28 09:20
lundi, le 27 novembre, 2012
アルザス地方では今週の土曜日からクリスマス・マーケットが始まります。♪
d0135907_10402696.jpg

ワイン街道沿いの小さな中世の村々で開かれるマーケットでは、アルザスの工芸品や地元のおいしい食べ物、ワイン等のお店がたくさん出て、キラキラ一層素敵な雰囲気に包まれます。

普段はそれほど人の多くない小さな村や街も、この時期の週末は近隣のヨーロッパ諸国から結構たくさんの旅行者がやって来るのだそう。

私達は来週、平日の人の少ない日を狙って行ってこようと計画中。♪

去年は時間がなくて行けなかった小さな村カイゼルスベルグに行ってみようと思います。。ここのマーケットはとても素晴らしいと聞いているので、とても楽しみ〜。


d0135907_10414028.jpg

アルザス地方の代表的なお菓子にクグロフというのがあります。

アーモンドや干しぶどうが入ったパンみたいなお菓子。
形がとてもかわいいクグロフは、どこか懐かしいような素朴な味です。

いくつかのパン屋さんで買って食べ比べをするのも楽しいけど、
家で作ってみると一段とおいしくてうれしいお菓子なのです。^▽^

最近は型から外しやすい金属製の物もあるけど、昔から使われているアルザス地方独特のスフレンハイム焼きの陶器の型で焼くと、柔らかく火が通るのです。♪ 使わない時はキッチンの壁に掛けておくとインテリアになって素敵。

エクスキ・ティエリーで扱ってます。
ホームページにぜひぜひ遊びにきて下さいね〜。

他にもいろいろな雑貨やスフレンハイム焼があります。♪ ♪



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-27 11:02 | アルザス地方

タマネギのジャム♪

dimanche, le 26 novembre, 2012

d0135907_3163878.jpg

イタリアやフランスには「タマネギのジャム」というのがあって、
特定の種類のチーズに少しのせて食べると、とても美味しいのです。♪


d0135907_3172812.jpg

「タマネギのジャム」と聞いて、”えっ・・・”と思いますか?
これが以外といろいろな料理やパンに合うんです。♪♪

フランス人はクリスマスにフォアグラと一緒に食べるのが大好き。

昨日マリーさん夫妻の農家に行った時、
今週初めて作ってみたタマネギのジャムのことを話すと、
いつも野菜を買いに来ている男の人とおばあちゃんが
伝統的な作り方を教えてくれました。

料理が自然に得意な人との話はおもしろくて刺激されます!!!

伝統的レシピは、果物のジャムと同じぐらい沢山のお砂糖を使って煮込みます。
これがとってもおいしいとのこと。
砂糖だけで煮込んだタマネギはどんな味なのか、まだ想像出来ないけど、
美味しいと聞いたからには、ぜひ今度試してみなくては。^▽^

私がこの間作ったタマネギのジャムは、砂糖はごく少量を使い、
赤ワインをたーーーっぷり入れて煮込みます。

ワインはカオール産の美味しい物を選びました。
このジャム、パンにのせて食べるとおいしい!

黄色いタマネギを使いましたが、ワインを入れて長く煮込んだので、
色が紫タマネギにそっくり。
とても鮮やかなきれいな色です。

今回は半分の料を作りましたが、とても気に入ったので
次はタマネギ1キロ分で作って保存しておこうと思います。♪

また我が家の素敵なジャムの定番が増えました〜。
うれしいなあ。。。


d0135907_3203989.gif

この野菜は、マリーさん夫妻のところで買ってきた根セロリです。

有機栽培なので、普通の八百屋さんの物よりも大分小さめ。
葉っぱが鮮やかな緑で、丸い根の部分も小さめで直径5〜7cm程です。
(八百屋さんの化学肥料で育った物は10〜12cmと巨大)

八百屋さんの根セロリは結構くたびれていますが、やっぱり新鮮な物は見た目が全然違いますねー。生き生きしていて、生命がある食べ物なんだと感じます。

化学肥料を使っていないセロリは水分で膨らまされてい分、実がしまっていて
味がものすごーく濃厚!!! ほんとうに本当にびーっくりしました!!!

これをミネストローネに入れてみたらものすごく美味。

切ってる途中で味見をしてみたら、これがびっくり。
生の野菜なのに、野菜ブイヨンに似た旨味が詰まっていました!

長い葉セロリと違って、根の部分は筋がないので生のままが最高ーーー。
食べる手が止まらなくなりました。。。

これはセロリが苦手な人も生野菜が苦手な人も、好きになりそうな食感と味です。
またまた素晴らしい野菜を見つけて感動。。。。。♪

フランスのミネラル豊富な大地が生み出す野菜って、本当に素晴らしいです!


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-26 04:22 | 自家製ジャム
samedi, le 24 novembre, 2012
d0135907_8252462.jpg

きのう作ったカボチャのジャムは、こんな風に出来上がりました。
ラベルも手作り。♪♪

d0135907_8255415.jpg

毎日時間を見つけてはキッチンでいろいろ煮込んで気分転換な毎日です。


d0135907_8264114.jpg

オレンジの風味がたっぷりのカボチャのジャム、とても気に入って昨夜は味見し過ぎてしまいました。。。 明日はこれを半分に切ったバゲットに塗って食べるのが楽しみ。♪


d0135907_827934.jpg

今日の朝マリーさん夫妻の農家に行った時に、
「カボチャのジャムを作ったんだよっ」と話したらみんな驚いてました。
やっぱりフランスでも珍しいみたいです。

今日のお買い物の一番の目当ては、先週見つけたダンボール山盛りの緑トマト!
この間作ったトマトジャムが大層気に入ったので、再び作ろうと2、5キロの購入予定。

緑のトマトは今の時期を逃したら来年まで待たないといけないので、まだ残っていますように。。。と祈るような気持ちで農家に向かった私なのでした。^▽^

まだまだ沢山ありました。
カゴに山盛りを、またまた無料で譲ってくれました。感激!!

家に帰って量ってみたら、なんと4キロもありました。
これで思いっきり緑トマトのジャムと、念願の「緑トマトのチャツネ」が作れます。
それでも2キロも余るので、他の果物と一緒にジャムにしてみようと計画中。。。

この間見つけた保存食の本にすごく美味しそうな「チャツネ」の作り方を載っているので、それを試してみたくて仕方ないのです。材料をみただけで絶対おいしいのが確信出来るレシピなんです。
今日は材料が全て揃わず、明日は日曜日でお店が休み。
また月曜日の早朝に材料を調達しに行ってきます。。。

上の写真はマルメロです。
旬が終わったと思って諦めていたけど、無農薬&有機栽培のおいしそうなのが手に入りました。これも来週ジャムにするのでーす。 マルメロのジャムは普通のジャムと作り方が違うので、上手くできるか、ちょっとドキドキ。。。 作る時に麻の袋が必要なので探しに行かなくては。


d0135907_8275543.gif

我が家で使っているお気に入りのジャムの瓶、キッチン雑貨、アルザス地方の陶器などをエクスキ・ティエリーで取り扱っています。^▽^ ぜひぜひホームページに遊びにきて下さいねー。

クリスマスの小さな雑貨も近々販売開始します。

私達の住んでいる街では、今日からクリスマス・マーケットが始まりました。
フランスのいろんな地方の選りすぐりの食べ物や、職人さんの素敵な工芸品など素敵なお店が一杯出ていて、とても楽しいんですよ〜。



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-25 09:42 | 自家製ジャム
vendredi, le 24 novembre, 2012
d0135907_8412131.jpg

オレンジ色のカボチャでジャムを作りました。♪ ♪
これが、とってもきれいな色で感動。。。

出来上がったのが夜だったので、写真が暗めですが、
キラキラ、本当にきれいなのです。^▽^


d0135907_8415838.gif
d0135907_843334.jpg

昨日から2日がかりで、2回に分けて煮込みました。
それそれの段階で、カボチャと果物たちがどんどんきれいな色合いに変化していったので、次はどんな風になるとかワクワク、とっても楽しかったんです!!

フランスの食材はとても興味深く、うちに沢山ある文字だけのレシピが沢山詰まった本を参考にいろんな食べ物を作るのが楽しくて楽しくて。。。

このオレンジ色のカボチャは、北海道の種からフランスで作られたんですよーーー。でマリーさん夫妻の旦那さんが取り寄せ、有機栽培&無農薬で作ったのです。

日本にもヨーロッパのようなカボチャがあるなんて知らなかったので驚きました。どうりで、西洋カボチャのように水っぽくなく、実が詰まってたわけだ〜、と大きく納得。

このジャム、1回目に煮た後に味見してみたら、この時点で既においしくて感激!
カボチャに柑橘類の香りと味が移って、とっても爽やか〜。

意外な組み合わせのようだけど、ジャムになる前の状態でもデザートとして食べられそう。♡

1.7キロのカボチャを使って、400g位入る瓶に4個出来上がり〜。
これを使って、いろんなお菓子を作れそう。とても楽しみ。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-24 09:06
jeudi, le 23 novembre, 2012
d0135907_222373.jpg

昨日ブログに載せた「未熟な緑トマトのジャム」、作ってみて
ホントに良かったです!!!

d0135907_235485.jpg

日本のカボチャまで育てている野菜好きのマリーさん夫妻の旦那さんは、
小さい時から本物の食べ物だけを食べてきた人。

その彼が「未熟な青いトマトのジャム」はマズいと言っていたので、
作る時はとてもドキドキでした。。。

緑トマトのジャムの作り方はいろいろあって、
刻んだトマトだけを砂糖で煮詰める方法もあって、
彼が食べたのは多分このタイプなのかも。。。


d0135907_243779.jpg

何でも上手く作れないと人一倍悔しく思う性格なので、
どうしても美味しいジャムを作りたくて、レシピを読んだ後
最高においしく出来る方法をあれこれ考えてみました。

トマトは細く刻んだほうが美味しくなるような気がしたので、
深夜近くなのに包丁を研ぐところから始め、ただ無心に細く細く切り刻み続けました。

すると、彩りもきれいな美味しくて素敵なジャムが出来上がったのでした。♪
文字だけを頼りに、美味しい物が自分の手で出来上がると、とっても感動。
うれしくてうれしくて。。。

今日は、バゲットにこのジャムを乗っけて「タルティーヌ」にしました。


d0135907_242211.jpg

「タルティーヌ」と言うと、すごく洒落た食べ物のような響きがありますが、
ただのジャム付きパンのこと。

ケシの実の入った、セミ全粒粉で作られた、近所のパン屋さんのバゲットに、
薄く無塩バターを塗り、ジャムを乗っけました。

色がきれいでかわいいーーー。

瓶に入っていると、どんよりくすんだ色で緑トマトが全然見えないけど、
パンの上では、半透明の緑トマトが所々にキラキラ。。。

やっぱり美味しい食べ物は見た目も美しい、、、。


d0135907_253649.jpg

日本にいた時は家で作るごはんは殆ど和食で、和菓子をこよなく愛していた私だったので、将来パンやジャムを作ることになろうとは全く想像してませんでした。^▽^ 
成城石井で買ってきた輸入物の小麦粉を使って、本を見ながらタルトを作ってみたら不味かったので、フランスに来るまで本物のフランスのお菓子のの美味しさを知らなかったのでした。。。

良い素材があると、ホント、簡単においしい物ができるので、
ここでの暮らしは毎日が新しくて新鮮で感動の連続です。食べ物に関しては、、、ですけどね、、、。 ^▽^

この間うちの換気扇の無いキッチンについて書きましたが、古い建物が多いフランスは、問題のあるアパートが多く、快適に暮らすにはいろいろと大変だったりします。

湿気が多い冬に換気扇の無いキッチンでパスタを茹でるのはちょっと大変。。。 
窓を全開にしないといけないので、せっかく沸騰した鍋のお湯がどんどん冷めていくので、超強火にしないといけないのも難点のひとつ。。。。。

パリの一軒目の小さなアパートには換気扇が付いていて、スイッチを入れると工事中のような激しい音がしました。 しかし全く機能せず。大きな鍋にぐらぐらお湯を沸かしてパスタを10分位茹でたら、家の中なのに雨が降ってきて心底驚きました! すごい湿気のために、水滴が天井にたくさん出来て、それが雨みたいになって少しづつ降ってきたのでした。フランスって驚きに満ちてます!!!

今になって考えると、器具を取り付けただけで、空気を排出する穴には繋がってなかったのだと思います。。。 このアパートの前の住人も排気が出来ないのに、換気扇の器具だけは取り付けていた様子。フランス人ってなんて謎の多い人達なのでしょう、、、。

d0135907_26793.jpg

またまた突然話が変わりますが、
つい最近、とってもかわいいリネンを見つけましたー。


d0135907_271177.jpg

70cm x 50cmもあって、かなり大判。
とてもしっかりした生地です。

綿と麻で出来ていて、ベージュがかった生地の自然素材の風合いが素敵。 
麻混紡の生地の風合いが写真で表しきれず、ちょっと残念。。。

d0135907_265772.jpg

食器を拭いたり、グラスを磨くキッチンタオルとしても使えますが
、食卓でテーブルマットみたいに使うのがオススメ。♪

夏になったら、みんなを呼んでバーベキューをする時に使ってもカワイイ!


d0135907_28935.jpg

現在フランスで売られているキッチン雑貨は、”メイド・イン・チャイナ”が殆どで
品質がダメダメなんです! 生産国の記入の仕方もどんどん変えて消費者を騙そうとする所もホントに嫌です。。。。。 以前はフランス語でcineでしたが、少し前はprc、最近はcinaと何故かイタリア語になっています。

でもこのリネンは、とても珍しくフランス製。
きちんと作られている、とても良い品物です。

近いうちにエクスキ・ティエリーで販売を始める予定です。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-23 04:00 | フランスの食べ物
mercredi, le 21 novembre, 2012
d0135907_193547.gif

うちにある数冊のフランスの料理の本に、「Confiture de tomates vertes 未熟な緑のトマトのジャム」の作り方が幾つか載っています。

未熟の固いトマトで作るジャムがあることは、アルザス地方の小さな村にある小さなジャム専門店に行った時に知りました。トマトを砂糖漬けにするなんて、どんな味なのか最初は全く興味がありませんでした。

いつも野菜とタマゴを買っているマリーさん夫妻の農家で、今年の夏の初めに未熟のトマトを見かけたのをきっかけに、何となく気になり始めました。その時は買わずに帰り、そのまま何ヶ月も過ぎていきましたが頭の片隅にいつも緑のトマトの事があり、何でかどんどんずんずん「未熟な緑のトマト」への気持ちが大きく膨らんでいったのでした。

先週農家を訪れた時、再びカゴに一杯入っている、ぎゅーんと固そうな未熟トマト達を発見。
今度は迷わず、たくさんジャムが作れるよう、カゴ山盛り手に入れました。

マリーさんの旦那さんは、「僕のおかあさんが昔、緑のジャムを作ったんだけど、すごくまずかった、、、」と言って、全て無料で譲ってくれました。♪ ♪

その日のうちに材料を揃えて、緑トマトのジャムを早速作ってみました。
私が選んだのは、オレンジやレモンをたくさん入れて作る方法。

前日の夜にトマトと果物を砂糖に漬け込む下準備を始めたら、想像より遥かに大変。。。
固いトマトを千切りみたいに薄く刻むのって、難しいですねーーー。
こんな時間に始めてしまったことを後悔。。。 2キロのトマトをひたすら細く刻むのが大変で、1時間近く切り刻んで刻んで、刻みまくりました。。。^▽^

私、料理はすごく好きで得意だけど、切る作業が結構苦手。。。
スピードも遅くて、とんとんとん、、、とリズム良く切れないのです。その姿を人が見ると、とんでもなく料理が出来ない人かと思われるので、学校の調理実習はダイキライでした。^▽^
その点、フランスの普通の人は日本人のように包丁使いがすごく上手くないので、助かります。♪

お砂糖は、いつものように、無農薬、有機栽培の未精製のもの。
とっても味のある美味しいお砂糖なので、出来上がりが白砂糖で作ったジャムとは全然違うんですよーーー。


d0135907_1102549.jpg

翌日漬け込んだ材料を鍋に移して火にかけた時、何となく本で作り方を確認したほうが良い予感。。。そして下準備の所で少し誤解していたことに気付く。。。

いつも作るジャムと違って、トマトのジャムは強火でブクブク沸騰させながら長い時間煮込みます。灰汁がたくさん出ると本には書いてあったので、ものすごく気合いを入れて灰汁を取り除く気満々でしたが、有機栽培の材料のおかげなのでしょうか、、、あまり灰汁が出ませんでした。^▽^

そしてそして、こーーーーんな美味しいそうなのが出来上がり〜。♪
トマトと柑橘類のマーマレードといった感じ。

これ、とーーーーってもおいしいーーーです。♡

本にはヤギや羊のチーズに少し乗せて食べるのが良いと書いてありました。

イタリアでもフランスでも、チーズにハチミツやジャムを乗せる食べ方があります。
最初はびっくりしましたが、チーズによってはとても美味しくて、とても合うんです。

私達はヤギと羊のチーズは苦手なので、「トム・ダルザス」(アルザス地方のトム・チーズという意味)にほーんの少しだけ乗せてみました。何だかおいしくってすっかりお気に入り。♪


昨年から同じ人が書いた料理の本のジャムを、旬の果物が出回るのを待ち、材料がそろった物は殆ど作ってみました。
その中で気付いたのは、そのまま食べておいしい果物はやはり加熱時間が短いようです。未熟のトマトはそのままでは食べられないし相当マズいので、おいしく仕上げるには長時間煮込む必要があるのかな、、、と思いました。

保存食作りは、出来立てを瓶に詰めてフタを閉める時はワクワク&ドキドキな瞬間。^▽^ これできちんと1年以上持つかな、、、と少し緊張しながら、オーブンで殺菌したての熱〜いフタを、軍手をはめた手でギュッときっちり閉めます。

日本から持ってきた軍手を鍋掴み代わりに使っています。
これが使いやすくて丈夫なので、毎日愛用。すごく大切にしていて、洗濯する時は洗濯ネットに入れています。♪ こちらでは手に入らないので。

d0135907_2245571.jpg


トマトのジャムは大きな瓶6個と、小さな瓶3個分出来上がりました。

今回は初めて作ったので、ちゃんと美味しい物が出来るのか不安だったので、本の作り方通りにしました。砂糖がたっぷり入るのでしっかり甘みのある、昔ながらのジャムといった感じで気に入りました。全粒粉の田舎パンにすごく合いそうです。


d0135907_22741.jpg

ジャムに使ったのは、赤くなる種類のトマトですが、こちらには完熟で緑のトマトもあります。これがとーっても美味!! 見た目は固そうですが、切ってみると、瑞々しく熟れていて、最高なんです。これは生のままが一番。来年も出会えるといいなあ。。。


農家の未熟トマトは、まだまだ箱に一杯入っていました。
今週も残っていたら、また大量に買ってきて、今度は「秋のジャム」や「チャツネ」を作ってみるつもり。楽しみだなあ〜〜〜。

あっ、昨夜、また素敵なジャムのレシピを見つけてしまいました。^▽^
「タマネギのジャム」です。

これは砂糖はあまり使わず、赤ワインで煮込むのです。
料理の付け合わせや、チースにも合うのだそうです。

今日早速、おいしい赤ワインを買ってきましたよー。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-22 02:28 | フランスの食べ物
mardi, le 20 novembre, 2012
d0135907_102640100.jpg

とーってもかわいい、リンゴの形のオーブン容器を見つけました。♪


d0135907_10265487.jpg

これで、フランスの伝統的な「おばあちゃんの焼きりんご」が作れるのです。♪♪


d0135907_10273158.jpg

この中に芯をくり抜いたリンゴを入れ、中にドライフルーツ、砕いた木の実を
入れて、オーブンでゆーっくり、じっくり時間をかけて焼きます。

甘酸っぱい香りとともに、素焼きの器が柔らかく火を通してくれて、
懐かしくてやさしい味の素朴なオヤツが出来上がります。


d0135907_1028574.jpg

ドイツと国境を接するフランスのアルザス地方の人々に、
昔から愛用されている台所道具。とても素敵です。

焼きリンゴを作る以外にも、キッチンの調味料や小物入れにしてもかわいい。。。

エクスキ・ティエリーで買えますよ〜。^▽^ ♪



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
↑↑クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。
1日1回応援をして頂ければうれしいです。♫
001.gif056.gif

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
↑こちらのランキングにも参加しました。
どうぞ応援をよろしくお願い致します。♪♪
クリックしていただくと1票入り、ブログランキングのサイトに飛びます。



                             













                             
[PR]
by cihir | 2012-11-20 10:44 | キッチン雑貨